調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ネット選挙

「ネット選挙」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2013年9月20日KAプラスフィードバック数:0社会/政治

「ネット選挙」に関する調査

「ネット選挙」に関する調査 2013年9月KAplusは、インターネット上におけるネット選挙にする検索情報需要動向を把握するために、以下の調査を実施した。ネット選挙とは選挙の候補者がインターネットを利用して選挙運動を行うこと(有権者が選挙における投票をネットで行うことではない)。2013年4月19日の改正公職選挙法によって一定のルールのもと解禁された。2013年7月28日の第23回参議院議員通常選挙が解禁後初の選挙となった。調査要綱 ネット選挙および関連ワード300語同時に検索される傾向のあるキ

2013年8月27日住信SBIネット銀行★フィードバック数:0社会/政治

ネットエイジアが協力しています。

ネット選挙に関するアンケート

[ ここから本文です ]住信SBIネット銀行 「ネット選挙に関するアンケート」 住信SBIネット銀行は2013年7月23日(火)~7月29日(月)の7日間、対象となるお客さまに「ネット選挙に関するアンケート」を実施しました。1,375名のお客さまにご協力いただきまして、誠にありがとうございました。 2013年7月23日(火)~7月29日(月)12:00(回答期限) アンケート専用のWEBサイト(対象者にメールにてご案内)個人のお客さまのうち、各年代ごとに当社がランダムに抽出(メールでご案内する

活用状況や話題の傾向を見ています。

ネット選挙元年 2013年参院選においてソーシャルメディアはいかに活用されたか

ネット選挙元年 2013年参院選においてソーシャルメディアはいかに活用されたか より詳しい内容は。下記レポートをご覧ください。 ネット選挙 ソーシャルメディア活用調査.pdf2013年7月21日に投開票が行われた参議院選挙において、各党がソーシャルメディアをどのように活用したかを、調査・分析しました。■Survey Overview調査の流れ本調査では、選挙活動期間に当たる7月4日から20日の間に各党がソーシャルメディア(主にTwitter)をどの程度活用したかを調査します。 その結果として、ソ

2013年7月30日パイプドビッツ★フィードバック数:1社会/政治

ネット選挙の振り返りです。

第11回政治山調査「参議院議員選挙とネット選挙に関する意識調査2」

「政治山」、第11回政治山調査「参議院議員選挙とネット選挙に関する意識調査2」を発表|情報資産プラットフォームを活用したソリューション提供のパイプドビッツ2013年7月29日 パイプドビッツの政治・選挙プラットフォーム「政治山」、第11回政治山調査「参議院議員選挙とネット選挙に関する意識調査2」を発表~ネット選挙解禁、有権者の利用はまだ限定的、ネット投票できず期待外れとも~ 政治・選挙プラットフォーム「政治山」を運営する株式会社パイプドビッツ(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO:佐谷宣昭 証

ネットの影響を見ています。

参議院選挙におけるネット選挙解禁が有権者に与える影響について

HOME> リリース&レポート> ニュースリリース> 2013年/ニュースリリース> 電通PRと東大橋元研究室がネット選挙に関する共同調査実施 政党・候補者のネット情報を見た人の58%が評価し、35%が拡散お電話でのお問合わせ(土日祝日を除く9:30〜17:30)新規業務のご相談 (お客様窓口):03-5565-1058広報へのお問い合わせ:03-5565-2740採用に関するお問い合わせ:03-5565-8256その他のお問い合わせ:03-5565-1055 電通PRと東大橋元研究室がネッ

2013年7月21日ゲイン★フィードバック数:0社会/政治

7月中旬の調査です。

緊急若者ネット世論調査

ニュースリリース参院選真っ只中! 20代〜30代ネットユーザー4000名対象 緊急若者ネット世論調査 ◯若者の「ネット情報を参考する」は47%、先月の59%から減少 ◯政党支持率、比例投票先共に、民主党が共産党を下回り5位に転落 ◯憲法改正、原発再稼働、TPP参加は賛成が反対を上回り、消費税率引上げは反対が賛成を圧倒株式会社ゲイン(本社:東京都港区、代表取締役社長:岡田隆太朗)は、一般社団法人次世代戦略会議(東京都港区、代表:渡辺徹・国見健介)に調査協力を行い、全国20歳~39歳を対象に

2013年7月21日リビジェン★フィードバック数:0社会/政治

支持を公表することに抵抗があるようです。

ネット選挙に関する意識調査

【ネット選挙のホンネ】49%の若者に抵抗感「政治的なことは友人とシェアしたくない」ITソリューション・アプリケーションサービスの提供を行う株式会社リビジェン(本社:東京都港区、代表取締役:孫尚均、URL:)では、10代~30代の男女500人を対象にネット選挙に関する意識調査を実施しました。本調査は、ネット選挙が解禁される参議院議員選挙に合わせ、若年層の投票率の低さが問題視されるなか、投票率向上が期待されているネット選挙の実態について調査し、周知することを目的としています。【調査概要】• 調査手法

各ソーシャルメディアでの閲覧、発信についての調査です。

ネット選挙元年 ソーシャル・メディア(SNS)は、若者の選挙への関心を幅広く喚起できるのか

日本のマーケティングリサーチ、市場調査をリードする日本リサーチセンターはギャラップ・インターナショナルのメンバーです。 日本リサーチセンター(本社:東京都中央区、社長:鈴木稲博)は、昭和35年に設立された民間の調査研究機関です。民間企業および官公庁、大学をはじめとする学術機関などの依頼を受け、各種の調査研究を行なっています。この6月に全国に在住の15〜79才の男女個人1,200名を対象に「ソーシャル・メディアによる見聞き/発信状況」「見聞き/発信するジャンル」について訪問留置調査を実施いたしまし

2013年7月5日鈴木寛事務所フィードバック数:2社会/政治

ソーシャルメディア論調分析第3弾

利用企業1,500 社以上(累計)、掲載本数100,000本以上! ネット選挙活動最前線レポート Vol.14ソーシャルメディア論調分析第3弾「ネット選挙」に関する書き込みストレートニュースと公式リツイートが約7割「ネット投票」と勘違いツイートも参議院議員 鈴木寛事務所2013年07月04日 13時00分添付資料1:「ネット選挙」に関する書き込み数推移(2013年4月1日~2013年6月26日) 鈴木寛(すずきかん)事務所からのお知らせです。鈴木寛は、インターネット選挙活動(以下、ネット選

2013年7月4日パイプドビッツ★フィードバック数:1社会/政治

ネット選挙関連の調査データが増加しています。

第10回政治山調査「参議院議員選挙とネット選挙に関する意識調査」

「政治山」、第10回政治山調査「参議院議員選挙とネット選挙に関する意識調査」を発表|情報資産プラットフォームを活用したソリューション提供のパイプドビッツ2013年7月4日 パイプドビッツの政治・選挙プラットフォーム「政治山」、第10回政治山調査「参議院議員選挙とネット選挙に関する意識調査」を発表~ 安倍政権の評価を背景に自民が最多支持をキープ、争点は景気対策が突出 ~ 政治・選挙プラットフォーム「政治山」を運営する株式会社パイプドビッツ(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO:佐谷宣昭 証券コー

2013年7月3日ドワンゴフィードバック数:164社会/政治

政治意識に関するアンケート調査

PRESSRELEASE2013 年 7 月 3 日 グリー株式会社 Twitter Japan 株式会社 株式会社ドワンゴ ヤフー株式会社 Ustream Asia 株式会社 LINE 株式会社 株式会社角川アスキー総合研究所「わっしょい!ネット選挙」共同企画 6社合同で「政治意識に関するアンケート調査」実施 参院選の投票先は自民、次いで共産グリー株式会社、Twitter Japan 株式会社、株式会社ドワンゴ、ヤフー株式会社、Ustream Asia 株式会社、LINE 株式会社は、今夏の参

2013年7月3日ライフメディア★フィードバック数:0社会/政治

未成年対象の調査です。

未成年者のネット選挙に関する調査

自主アンケート・調査結果のレポートサイト未成年者のネット選挙に関する調査。67%が未成年者のネット選挙運動が違反ということを知らない。 未成年者のネット選挙に関する調査。67%が未成年者のネット選挙運動が違反ということを知らない。2013年7月 3日■テーマ:未成年者のネット選挙に関する調査■有効回答:787件■調査期間:2013年6月28日から7月1日■対象者:16歳から19歳の全国男女■キーワード:未成年者,ネット選挙運動,ネット選挙7月の参議院選挙よりインターネットを利用した選挙運動の規制

ネット選挙:各政党の勢いと広がりに鮮明な差

ネット選挙:各政党の勢いと広がりに鮮明な差2013.7.1 20:40 公職選挙法の改定に伴い、選挙活動にインターネットがより活用できるようになった。各政党はTwitter、Facebook、LINEなど、複数のソーシャルメディアを駆使して、有権者への情報発信を行っている。各政党のTwitterアカウントを見ると、フォロワー数と情報発信数で鮮明な差が出ていた。 各政党アカウントのTwitterアカウントのフォロワー数をみると、6月22日現在、最もフォロワー数が多いのは「みんなの党」(61,464

未成年者の見分け方は…?ネット選挙

2013.6.20 13:39公職選挙法により、未成年者による選挙活動は禁止されている―― ネット選挙運動が今夏の参議院選挙から解禁される。候補者および有権者がWEBサイトやSNSを活用した選挙運動ができるようになったが、上記のとおり公職選挙法により未成年者の活動はできず、総務省は選挙運動を行わないよう注意を呼び掛けるチラシをホームページ上で公開している。6/19の時点で16%が未成年―― BuzzFinderで参議院選挙についてのツイートをしているアカウントの属性を見てみみると(ユーザーが自身

2013年7月1日ゲイン★フィードバック数:1社会/政治

20代?30代対象の調査です。

ネット選挙解禁直前 緊急若者ネット世論調査

ニュースリリースネット選挙解禁直前! 20代〜30代ネットユーザー3000名対象 緊急若者ネット世論調査 若者の「ネット情報を参考する」は6割にのぼり、ネット選挙に期待も 若者の無党派層6割、「分からない」の回答続出、 若者の政治に対する無知無関心が浮き彫りに  株式会社ゲイン(本社:東京都港区、代表取締役社長:岡田隆太朗)は一般社団法人 次世代戦略会議(東京都港区、代表:渡辺徹・国見健介)に調査を行い、全国20歳〜39歳の男女3000名を対象に、「ネット選挙解禁直前 緊急若者ネット世論調査

SNSでつながりたいかどうかは別問題かもしれません。

Facebookユーザーに聞く ネット選挙に関する意識調査

Facebookユーザー4,000人に聞いた「ネット選挙に関する意識調査」 ~57%が「友達の『いいね!』や『シェア』の影響で投票先が変わる可能性がある」と回答86%が「政党や政治家のFacebook活用で政策を知るきっかけが増える」、 38%が「Facebookで選挙活動の情報を受け取りたい政党がある」 ~Facebookがネット選挙運動に与える影響が浮き彫りに~2013年06月27日 ソーシャルメディアマーケティング事業を手がけるアライドアーキテクツ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社

2013年6月13日マクロミル★フィードバック数:3社会/政治

ネット選挙についての調査です。

選挙に関する調査

有権者はネット選挙解禁に何を期待するのか? 2013年06月13日政党や立候補者に関する今後の“ネット上の情報”に、48%が「関心あり」参議院選挙期間中に注目度が高まるネット上の情報「政党・政治家・候補者のホームページ・ブログ」がTOP有権者からみた“ネット上メディア”のイメージ「ホームページ・ブログ」は理想・政治見解がわかる、「SNS」は人柄・価値観がわかるネット選挙解禁の魅力若い人は「既存メディアでは報道されにくい情報が入手できる」年代の高い人は「詳細な情報が得られる」「政策・見解が比較しや

2013年5月19日Yahoo!★フィードバック数:10社会/政治

「関連銘柄」と一緒に検索されています。

話題の「ネット選挙」、関心があることは......?

話題の「ネット選挙」、関心があることは......?解禁に向け法改正が進んでいる「ネット選挙」。期待や懸念など、さまざまに報道されています。「ネット選挙」とともに検索されるワードをみると、「関連銘柄」といった株関連のワードの検索数が多く、「ネット選挙とは」など、制度自体を調べるワードを大きく上回っています。今のところ、世の中の関心は選挙制度の変化より、株価の変化に集まっているようです。「ネット選挙」「ネット選挙とは」「ネット選挙 関連銘柄」の検索数推移集計期間:2013年1月1日~2013年5月

2013年5月9日鈴木寛事務所フィードバック数:21社会/政治

ネット上の「ヘイトスピーチ」調査

利用企業1,500 社以上(累計)、掲載本数100,000本以上! ネット選挙最前線レポート Vol.1ネット上の「ヘイトスピーチ」調査結果のお知らせ参議院議員 鈴木寛事務所2013年05月07日 17時30分■排外主義的言動が昨年12月以降、増加傾向に■特定の人種、民族差別するキーワードの出現は約7,500件から約25,000件にネット上のヘイトスピーチに関するデータ①  インターネットを活用した選挙運動を解禁する公職選挙法改正案が4月19日、参院本会議で可決・成立しました。本運動を主導

2013年3月19日アイレップ★フィードバック数:10社会/政治

情報源にフォーカスしています。

有権者1,000人に聞いたネット選挙解禁に関する意識調査

アイレップ デジタルマーケティング レポート 有権者1,000人に聞いたネット選挙解禁に関する意識調査 ネット選挙解禁で、情報収集にネットを活用する有権者が8割に! ~SNSを活用して候補者・政党と関わっていきたい有権者は約3割 候補者・政党からのメールを受け取りたい有権者は約1割 検索エンジンによる検索結果上位20件が選挙に影響する可能性大~この記事をブックマークする プレスリリース 平成25年3月18日株式会社アイレップJASDAQ(証券コード:2132) 広告主のマーケティングを最適化する

2013年3月17日パイプドビッツ★フィードバック数:7社会/政治

有権者側の調査です。

第8回政治山調査「ネット選挙とSNSに関する意識調査」

第8回政治山調査「ネット選挙とSNSに関する意識調査」を発表|情報資産プラットフォームを活用したソリューション提供のパイプドビッツ2013年 3月15日 パイプドビッツの政治・選挙プラットフォーム「政治山」、第8回政治山調査「ネット選挙とSNSに関する意識調査」を発表~投票先決定の情報源にネットは不可欠、ネット選挙解禁で若年層の参政意識向上を示唆~政治・選挙プラットフォーム「政治山」を運営する株式会社パイプドビッツ(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO:佐谷宣昭 証券コード3831、以下「パイ

2013年2月26日ジャストシステムフィードバック数:2社会/政治要登録

ネット選挙に関する意識調査

「ブログ」を利用した選挙活動に6割は賛成だが、「SNS」での活動は意見が二分 ネット選挙に関する意識調査 ネット選挙が解禁された場合、なりすまし・誹謗中傷・スパムを不安視 株式会社ジャストシステムは、20代〜60代の男女2,000名を対象に、「ネット選挙に関する意識調査」を実施しました。 詳細をまとめたの調査結果レポートをダウンロード提供いたします。 セルフ型ネットリサーチ Fastaskが実施する様々な調査レポートの更新情報がTwitterで届きます。 情報収集にお役立てください。 調査概

ネット選挙についてのまとまった調査です。

ネット選挙に関する調査

ページ内を移動するためのリンクですこのサイトのメインメニューです ここから本文ですニュースリリース 2012年2012年9月11日会 社 名 ライフネット生命保険株式会社代表者名 代表取締役社長 出口 治明(コード番号:7157 東証マザーズ) ※「ネット選挙」とは…インターネットを選挙に活用することを意味し、候補者やその支援者がインターネットを通じて情報提供や投票のよびかけといった選挙活動を行うことを指しています。また、有権者が投票を行う際にインターネットからでも投票が可能な選挙制度をネット

2012年5月24日パイプドビッツフィードバック数:5社会/政治

インターネット選挙に関する意識調査

政治情報プラットフォーム「政治山」、インターネット選挙に関する意識調査結果を公開|情報資産プラットフォームを活用したソリューション提供のパイプドビッツ2012年5月24日 政治情報プラットフォーム「政治山」、インターネット選挙に関する意識調査結果を公開~ インターネット調査では賛成多数、電話調査では反対多数、賛否が別れる結果に ~株式会社パイプドビッツ(本社:東京都港区 代表取締役社長 CEO:佐谷宣昭 証券コード3831、以下「パイプドビッツ」)が運営する、政治情報プラットフォーム「政治山」は

2009年12月22日アイシェアフィードバック数:4社会/政治

ネット選挙解禁で候補者サイト炎上の可能性「あると思う」9割~解禁なら「賛成」4割半も半数近くが判断しかねる結果に

ネット選挙に関する意識調査 ネット選挙解禁で候補者サイト炎上の可能性「あると思う」9割~解禁なら「賛成」4割半も半数近くが判断しかねる結果に現在は禁止されているが、ネットを使った選挙運動解禁への動きが進んでいるという。このことについてどう思うか。意識調査を行い、ネットユーザー男女502名の回答を集計した。選挙の投票があれば行くかとの問いには、全体では「必ず行く」「行くことが多いが」の合計74.7%の人が『投票に行く』と回答。年代が上がるほどその割合は高く、40代では80.8%が『投票に行く』とし

インターネットと政治に関する意識調査

SBヒューマンキャピタル ホームプレスルームプレスリリース2007年度 2008/03/05 インターネット関連業界勤務の20・30代の方400名にアンケートを実施 インターネットと政治に関する意識調査政治へのインターネット活用に8割以上が賛成もっとインターネットを政治に活用するべきだ 83%インターネット活用で選挙に対する意識が高まると思う 79%インターネットから投票できれば投票率アップインターネットで投票できれば投票する(投票に行かないと答えた方に設問) 73%政治に関する情報収集にインタ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
 

お知らせ