調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ノートブック型

「ノートブック型」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年7月26日パソコン3R推進協会フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成28年度の使用済パソコンの回収再資源化実績は446千台

平成28年度のパソコンメーカーによる使用済パソコンの回収再資源化実績は446千台 一般社団法人 パソコン3R推進協会の会員企業が、平成28年度に回収した使用済パソコン(表示装置を含む。以下同じ。)は、表1のとおり446千台となり、前年度比69.7%に止まりました。このうち、家庭から回収したパソコン(以下、家庭系パソコンという。)は前年度比89.2%の306千台で、法人から回収したパソコン(以下、事業系パソコンという。)は前年度比47.1%の140千台となっています。また、製品リユースのための回

2015年6月22日パソコン3R推進協会フィードバック数:0ビジネス

平成26年度の使用済パソコンの回収再資源化実績は862千台

平成26年度の使用済パソコンの回収再資源化実績は862千台 一般社団法人 パソコン3R推進協会の会員企業が、平成26年度に回収した使用済パソコン (表示装置を含む。以下同じ。)は、表1のとおり前年度比96.6%の862千台となりました。 このうち、家庭から回収したパソコン(以下、家庭系パソコンという。)は前年度比101.9% の483千台と前年度を若干上回りましたが、法人から回収したパソコン(以下、事業系パソコンという。)は前年度比90.5%の379千台で、前年度を10%近く下回りました。 平

2015年3月11日日本銀行フィードバック数:0ビジネス

ヘドニック推計結果(CGPI・SPPI、パソコン<デスクトップ型・ノートブック型>)

ヘドニック推計結果(CGPI・SPPI、パソコン<デスクトップ型・ノートブック型>)

2014年9月10日日本銀行フィードバック数:0ビジネス

ヘドニック推計結果(CGPI・SPPI、パソコン<デスクトップ型・ノートブック型>)

ヘドニック推計結果(CGPI・SPPI、パソコン<デスクトップ型・ノートブック型>)

2014年3月12日日本銀行★フィードバック数:0ビジネス

重回帰分析です。

ヘドニック推計結果(企業物価指数・パーソナルコンピュータ)

2016 年 9 月日本銀行調査統計局企業物価指数・企業向けサービス価格指数におけるヘドニック回帰式(再推計結果)―パーソナルコンピュータ(デスクトップ型・ノートブック型)―日本銀行調査統計局では、企業物価指数・企業向けサービス価格指数において、取扱商品がパーソナルコンピュータ(デスクトップ型・ノートブック型)である場合の品質調整に適用するヘドニック回帰式について1、以下のとおり再推計を行いましたので、お知らせします2(推計結果は、図表 1~2 を参照)。<推計の概要>対象品目適用範囲3・「パー

2013年6月17日パソコン3R推進協会フィードバック数:0ビジネス

平成24年度の使用済パソコンの回収再資源化実績は842千台

平成24年度の使用済パソコンの回収再資源化実績は842千台 一般社団法人 パソコン3R推進協会の会員企業が、平成24年度に回収した使用済みパソコン (ディスプレイ装置を含む。以下同じ。)は、表1のとおり、前年度比99.0%の842千台と なりました。 このうち、家庭から回収したパソコン(家庭系パソコン)は前年度比102.2%の446千台でしたが、法人から回収したパソコン(事業系パソコン)は前年比95.6%の396千台にとどまりました。 なお、家庭系パソコンは、リサイクルのための回収量が前年度

2013年3月12日日本銀行フィードバック数:14ビジネス

ヘドニック推計結果(企業物価指数・パーソナルコンピュータ)

2016 年 9 月日本銀行調査統計局企業物価指数・企業向けサービス価格指数におけるヘドニック回帰式(再推計結果)―パーソナルコンピュータ(デスクトップ型・ノートブック型)―日本銀行調査統計局では、企業物価指数・企業向けサービス価格指数において、取扱商品がパーソナルコンピュータ(デスクトップ型・ノートブック型)である場合の品質調整に適用するヘドニック回帰式について1、以下のとおり再推計を行いましたので、お知らせします2(推計結果は、図表 1~2 を参照)。<推計の概要>対象品目適用範囲3・「パー

2011年7月19日パソコン3R推進協会フィードバック数:0ビジネス

平成22年度の使用済パソコンの回収再資源化実績は825千台

平成22年度の使用済パソコンの回収再資源化実績は825千台一般社団法人 パソコン3R推進協会の会員企業が、平成22年度に回収した使用済パソコン(ディスプレイ装置を含む。以下同じ。)は、表1のとおり前年度比103.8%の825千台となりました。このうち、家庭から回収したパソコン(家庭系パソコン)は堅調で前年度比110.7%の390千台でしたが、法人から回収したパソコン(事業系パソコン)は前年度比98.2%の435千台となっています。なお、リサイクルのための回収量は、家庭系パソコンが前年度比112.

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ