調査のチカラ TOP > タグ一覧 > バイオマスエネルギー

「バイオマスエネルギー」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2017年2月13日林野庁フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成27年 木質バイオマスエネルギー利用動向調査

プレスリリース「平成27年 木質バイオマスエネルギー利用動向調査」の結果(確報)について林野庁は、「木質バイオマスエネルギー利用動向調査」の調査結果を取りまとめましたので公表します。平成27年にエネルギーとして利用された木質バイオマスの量は、木材チップが690万絶乾トン、木質ペレットが16万トン、薪が5万トン、木粉(おが粉)が37万トンで、木材チップのうち、間伐材・林地残材等に由来するものは117万絶乾トンでした。また、木質バイオマスを利用する発電機の数は232基、ボイラーの数は1,945基でし

2016年9月2日林野庁フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成27年 木質バイオマスエネルギー利用動向調査

プレスリリース「平成27年 木質バイオマスエネルギー利用動向調査」の結果(速報)について林野庁は、「木質バイオマスエネルギー利用動向調査」のうち、平成27年にエネルギーとして利用された木材チップの量(速報)を取りまとめましたので公表します。全体で719万トン、このうち間伐材・林地残材等に由来するものは、123万トンとなりました。1.当調査の概要について「木質バイオマスエネルギー利用動向調査」は、木質バイオマス(注)のエネルギーとしての利用動向を把握するため、木質バイオマスを利用している発電機及び

2013年10月6日富士通★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

富士通総研のレポートです。

木質バイオマスエネルギー利用の現状と課題

木質バイオマスエネルギー利用の現状と課題- FITを中心とした日独比較分析 -上席主任研究員 梶山 恵司2013年10月要旨戦後植林した木が成熟し、日本は世界でも有数の森林蓄積を有するまでになった。化石燃料の高騰や気候変動問題などから、木質バイオマス利用の優位性が高く、バイオマスは地域にとってまたとないビジネスチャンスを提供している。バイオマス利用で先行するドイツをみると、2000年のFIT導入を契機に、電力・熱利用ともに大幅に拡大するとともに、化石燃料を木質バイオマスに代替したことによって、地

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度国際エネルギー使用合理化等対策事業(バイオマスエネルギー研究人材育成事業)調査報告書

平成23年度国際エネルギー使用合理化等対策事業(バイオマスエネルギー研究人材育成事業)成果報告書平成 24 年 3 月 30 日財団法人新エネルギー財団はじめに本報告書は、平成 23 年 4 月 1 日付で資源エネルギー庁長官官房総合政策課から、財団法人新エネルギー財団が委託を受けた下記の事業について、その成果をまとめたものである。事業の根拠契約書番号平成 23・03・30 財資第 10 号事業名平成 23 年度国際エネルギー使用合理化等対策事業(バイオマスエネルギー研究人材育成事業)契約期間平

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ