「バイク」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2017年10月31日ヤマハ発動機フィードバック数:0大型消費/投資

「若者のバイク離れ」に関する実態の調査

“若者のバイク離れ”、実は世間の思い込み? 閉塞感を感じるイマドキ若者は、バイクにエモる! 単なる『バイク離れ』ではなかった… 調査で分かった「断念バイカー」な若者〈流通コンサルタント・坂口 孝則氏監修〉 ヤマハ発動機株式会社(本社:静岡県磐田市、代表取締役社長 柳 弘之、以下ヤマハ)は、バイクに関する意識調査を実施しました。今回の意識調査では、全国の18歳~29歳の男女1,038人(免許保有者519人・免許非保有者519人)を対象に、インターネットリサーチを実施いたしました。 <調査背景> 日

オートバイについての調査です。

中高年ライダーのリアルな実態 「若い時のように運転できない」7割が自覚

中高年ライダーのリアルな実態 「若い時のように運転できない」7割が自覚 平成26年、都内での二輪車による死亡事故で最も多かった年代は40代。背景には、「リターンライダー」の増加があるといわれています。このような現状を踏まえ、中高年ライダーは今、どのようにオートバイを楽しんでいるのか調査しました。中高年ならではの新しい楽しみ方や、事故につながる恐れのある本音が明らかになりました。 TOPICS 「リターンライダー」とは若い時に二輪車免許を取得したが、様々な理由でオートバイに乗らなくなり、40

2014年12月17日価格.com★フィードバック数:0大型消費/投資

アクセスデータからの分析です。

2014年の自動車業界トレンド

[株式会社カカクコム] ,調査 バイク レポート エコカー 自動車 トレンド

2014年7月3日リクルートフィードバック数:0大型消費/投資

この夏休み、何したい?

Vol.247 大学1年生に聞きました。 この夏休み、何したい? この夏休みは、どのように過ごしたいですか?(複数回答)大学生活初めての夏休みを迎える1年生に、この夏休みをどのように過ごしたいかと尋ねたところ、約7割が「アルバイト」と回答し、圧倒的多数となった。「勉強」が約半数、「旅行」も4割台で続き、約3割は「帰省」と回答した。「その他」では、「自動車の運転免許を取る」が非常に多く、「部活・サークル活動」「ボランティア」という答えも複数見られた。海外旅行を予定しています。今のうちに海外を見てお

「バイク」に関するアンケート調査

三井ダイレクト損保 | 「バイク」に関するアンケート調査〜バイクについて 三井ダイレクト損保がリサーチ〜 サービスメニューユーザーメニューアクシデントメニュー ?M 「バイク」に関するアンケート調査〜バイクについて 三井ダイレクト損保がリサーチ〜 2013年07月11日◆事故にあいそうになった経験がある方 「複数回ある」62.3%、「1度だけある」23.3%◆一緒にツーリングしたい有名人 1位「所ジョージ」25.0%、2位「眞鍋かをり」18.7%、3位「舘ひろし」8.7%MS&ADインシュアラン

2013年4月19日オウチーノ★フィードバック数:0大型消費/投資

住宅に限らない「中古品」についての調査です。

市場ごとの「中古品」に対する認識調査

市場別「中古品」に関する認識調査【O-uccino(オウチーノ)】 市場別「中古品」認識調査! 中古車や古本、古着など、様々な市場で「中古品」が安く、簡単に手に入る昨今。各市場における、「中古品」の受け入れられ方は、どのように異なるのでしょうか。今回は、20歳~69歳の男女1,113名に、『「中古品」に関する認識調査』を行いました。 「中古品」が容認されている市場、1位が「本・漫画」、2位が「住宅」。 まず、市場別に「中古品」がどれくらい容認されているのか、を知るため、「住宅」「自動車・バイ

2009年1月5日アイシェアフィードバック数:0大型消費/投資

ガソリン価格下落しても「運転頻度は変わらない」8割弱~値段が下がって欲しい商品1位「ガソリン」2割強

ガソリン価格下落しても「運転頻度は変わらない」8割弱 原油価格と消費行動に関する意識調査 ガソリン価格下落しても「運転頻度は変わらない」8割弱~値段が下がって欲しい商品1位「ガソリン」2割強ここにきてようやく値下がりの傾向に転じたガソリン価格。高騰が続いた夏と比べて、車やバイクの運転頻度に変化はあるのだろうか。ガソリン価格下落の影響を調査した。有効回答者は20代から40代を中心とするネットユーザー男女456名。うち「車やバイクを運転する」のは321名。車やバイクを運転する人に今年の夏と比べて運転

2008年10月27日アイシェアフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

エコへの関心が最も高いのは「ホンダ」ユーザー~2割強がアイドリング・ストップ実践

エコへの関心が最も高いのは「ホンダ」ユーザー ~2割強がアイドリング・ストップ実践 アイドリングストップに関する意識調査 エコへの関心が最も高いのは「ホンダ」ユーザー~2割強がアイドリング・ストップ実践停車時にエンジンを止める「アイドリング・ストップ」が個人ドライバーにも推奨されているが、実際、どの程度実行されているのだろうか。また、乗っている車やバイクのメーカーによって、エコへの関心などに差はあるのだろうか。20代から40代を中心とするネットユーザー男女402名の回答を集計した。「車やバイクの

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ