調査のチカラ TOP > タグ一覧 > バランスシート

「バランスシート」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年4月8日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

中国の病は「日本病」、デフレとバランスシート問題

中国の病は「日本病」、デフレとバランスシート問題

2014年12月3日日本総研フィードバック数:0社会/政治

為替相場展望2014年12月号:プラザ合意以降の購買力平価の経験則が通用しなくなったドル円相場。バランスシート拡大目標を公式に宣言したECBとユーロ相場

為替相場展望2014年12月号:プラザ合意以降の購買力平価の経験則が通用しなくなったドル円相場。バランスシート拡大目標を公式に宣言したECBとユーロ相場

企業の設備投資への慎重な姿勢は続くのか?

1.今月のグラフ ~消費増税で苦しさの増す低所得者の生活2.景気概況 ~景気は弱含んでいる3.今月のトピック:企業の設備投資への慎重な姿勢は続くのか? (1)企業は新規投資に慎重な姿勢を堅持~投資性向の低下が続く(2)企業の資金繰りとバランスシートの状況~資本ストックは減少が続く(3)今後も設備投資は抑制されるのか~製造業では収益機会を失うリスクも

2014年7月4日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

【米金融政策】「前人未踏」の利上げへ

【米金融政策】「前人未踏」の利上げへ | ニッセイ基礎研究所 【米金融政策】「前人未踏」の利上げへ 研究員 高山 武士米国の出口戦略への議論が活気を帯びている。米国では、量的緩和策の縮小(テーパリング)が淡々と進められ、今年10月のFOMCでのテーパリング終了が視野に入っている。金融政策の焦点は「緩和の縮小」から「引き締め」に移り、6月のFOMC後の記者会見では、イエレンFRB議長が今年後半には「出口戦略の原則」の修正版(原案は2011年に合意)を公表すると言及している。出口戦略の中心は、大き

2013年12月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

バランスシート調整後の米国家計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 バランスシート調整後の米国家計資金調達の積極化の可能性と今後の負担増への備えが課題 2013年12月19日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆FRBの資金循環統計によれば、2013年7-9月期の家計は住宅ローン残高を増やした。所得が増加したことで、所得対比の住宅ローン残高と利払い負担は増えず、無理のないローン残高の増加だろう。家計のバランスシート調整はマクロ的には終了に近い。

2013年4月3日大和総研フィードバック数:4社会/政治

「異次元の金融政策」を検証する

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 「異次元の金融政策」を検証する“量”よりも“期待”を通じた緩和を ◆本稿では、ゼロ金利制約下で中央銀行が取りうる金融政策のオプションを整理したうえで、黒田新総裁の下で検討されるであろう、「異次元の金融政策」の政策オプションのメリットおよびデメリットについて考察した。◆ゼロ金利制約下での金融政策のオプションについて整理すると、1)時間軸政策、2)中央銀行のバランスシートの拡大、3)中央銀行のバランスシー

米国住宅市場の最新状況 ~ 本格的な市場回復への動き ~

米国住宅市場の最新状況 ~ 本格的な市場回復への動き ~ | ニッセイ基礎研究所 米国住宅市場の最新状況 ~ 本格的な市場回復への動き ~ 社会研究部 土地・住宅政策室長 篠原 二三夫1―はじめに2―米国住宅市場の最新動向1│家計のバランスシートと債務負担の改善2│回復する住宅市場3│課題が残る住宅ローン市場3―米国の住宅投資の今後の見通しわが国の長期資産デフレやデフレからの脱却には不動産市場の回復が重要だが、これまでの経験から、グローバル経済下では欧米や東アジア諸国の動向にも注目しておく必要

2013年3月26日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米住宅市場の現状と3つの注目点~住宅価格上昇でバランスシート調整にも進展~

米住宅市場の現状と3つの注目点~住宅価格上昇でバランスシート調整にも進展~

2012年7月18日日本銀行フィードバック数:1社会/政治

(日銀レビュー)米国家計のバランスシート問題の動向

ワーキングペーパー・日銀レビュー・日銀リサーチラボ ENGLISH2012年7月17日 国際局 東将人*、片桐達平**、稲村保成***、肥後雅博*現企画局 **現金融市場局 ***現業務局要旨米国家計のバランスシート動向をみると、(1)住宅ローン金利が大幅に低下し、所得対比の元利払い比 率が低下しているほか、(2)株価の回復を受けて家計の純資産も改善しており、家計の過剰な債務負担 は、全体では和らぐ方向に向かっている。もっとも、住宅ローンを抱える低・中間所得層の家計を中 心に、信用力が劣り、低利

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ