調査のチカラ TOP > タグ一覧 > バランスシート

「バランスシート」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年4月8日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

中国の病は「日本病」、デフレとバランスシート問題

中国の病は「日本病」、デフレとバランスシート問題

2014年12月3日日本総研フィードバック数:0社会/政治

為替相場展望2014年12月号:プラザ合意以降の購買力平価の経験則が通用しなくなったドル円相場。バランスシート拡大目標を公式に宣言したECBとユーロ相場

為替相場展望2014年12月号:プラザ合意以降の購買力平価の経験則が通用しなくなったドル円相場。バランスシート拡大目標を公式に宣言したECBとユーロ相場

2014年10月6日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

2020年までの長期金利、米国3%台まで、日独1%台

リサーチ TODAY2014 年 10 月 6 日2020年までの長期金利、米国3%台まで、日独1%台常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創みずほ総合研究所は「内外経済の中期見通しと人口・地域の課題」と題した『緊急リポート』を発表した1。これは、2020年までを見通したみずほ総研なりの中期展望を示したものだ。米国・ユーロ圏ではリーマンショック後の家計債務の調整や財政赤字の縮小が進み、2018年頃までは米国で2%台後半、ユーロ圏では1%台半ば程度の安定した成長が見込めるとした。日本も消費税引き

企業の設備投資への慎重な姿勢は続くのか?

1.今月のグラフ ~消費増税で苦しさの増す低所得者の生活2.景気概況 ~景気は弱含んでいる3.今月のトピック:企業の設備投資への慎重な姿勢は続くのか? (1)企業は新規投資に慎重な姿勢を堅持~投資性向の低下が続く(2)企業の資金繰りとバランスシートの状況~資本ストックは減少が続く(3)今後も設備投資は抑制されるのか~製造業では収益機会を失うリスクも

2014年9月23日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

期待外れのTLTRO第1弾 ~これで本格量的緩和に近づいた?~

EU Trends期待外れのTLTRO第1弾発表日:2014年9月19日(金)~これで本格量的緩和に近づいた?~第一生命経済研究所 経済調査部 主席エコノミスト 田中 理 03-5221-4527◇ TLTRO第1弾の利用額は 826億ユーロと、予想レンジの下限( 1,000億ユーロ)を下回った。第2 弾と合わせて4,000億ユーロの利用上限に近づくのは難しい。TLTRO全体の資金供給額は 4,500億 ユーロ前後がせいぜいか。また、現在の市場規模や格付け要件を考えれえは、ABSとカバードボン

2014年8月18日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

見通し改訂、年前半は期待外れ、我慢の期間が続く

リサーチ TODAY2014 年 8 月 18 日見通し改訂、年前半は期待外れ、我慢の期間が続く常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創8月15日にみずほ総合研究所は四半期毎に改訂している『内外経済見通し』を発表した1。今年の見通しの変遷を年初から振り返ると昨年より米国のバランスシート調整が終盤に向かったとの認識を、今年2月に更に上方修正した。同時に、ユーロ圏では2年連続の異例なマイナス成長から2014年には前年比で1%のプラス成長に回復するとし、日本は今年4月の消費税引き上げに伴う一時的な景

2014年7月22日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

ECBは量的緩和に逆行、ユーロ安誘導は困難

リサーチ TODAY2014 年 7 月 22 日ECB は量的緩和に逆行、ユーロ安誘導は困難常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創ECBは6月5日の政策理事会でマイナス金利政策を含む追加利下げと貸出促進策を打ち出した。みずほ総合研究所は、ECBのマイナス金利政策の期待される効果と懸念される副作用に関するリポートを発表している1。マイナス金利政策には、金利低下圧力を高め、海外資金の流入を抑制することによる通貨安効果が期待される。ただし、今日ユーロ圏が単独通貨圏として最大の経常収支黒字を擁する

2014年7月4日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

【米金融政策】「前人未踏」の利上げへ

【米金融政策】「前人未踏」の利上げへ | ニッセイ基礎研究所 【米金融政策】「前人未踏」の利上げへ 研究員 高山 武士米国の出口戦略への議論が活気を帯びている。米国では、量的緩和策の縮小(テーパリング)が淡々と進められ、今年10月のFOMCでのテーパリング終了が視野に入っている。金融政策の焦点は「緩和の縮小」から「引き締め」に移り、6月のFOMC後の記者会見では、イエレンFRB議長が今年後半には「出口戦略の原則」の修正版(原案は2011年に合意)を公表すると言及している。出口戦略の中心は、大き

2014年1月29日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

「新重商主義」とアベノミクスのリスク

リサーチ TODAY2014 年 1 月 29 日「新重商主義」とアベノミクスのリスク常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創みずほ総合研究所は1月23日に、「アベノミクス1年間の評価は70点」と題したリポートを発表した 1。そこでは「新重商主義」の潮流のなか、海外を意識した取り組みが重要とした。安倍首相は就任後、意欲的に30カ国に及ぶ外国訪問を行い各国首脳と会談している。下記の図表は訪問した国々を示している2。アベノミクスの対外戦略は「新重商主義」、すなわち国家が民間企業と共に市場確保を競い

2014年1月21日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

2014年、脱「失われた3、7、20年」ゴールデンサイクル

リサーチ TODAY2014 年 1 月 21 日2014年、脱「失われた3、7、20年」ゴールデンサイクル常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創今年の経済については4月以降の消費税率引き上げに伴う減速もあることから、先行きには警戒を示す見方も多い。我々も消費税率引き上げに伴う一時的な減速は不可避と見るものの、その後、再び緩やかな回復を展望する。その背景には、今年は過去の3つの大きな足枷から正常化の基調にあるという位置づけがある。それは、脱「失われた3年」、脱「失われた7年」、脱「失われた2

2014年1月8日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

米国転換による2014年のアップワードバイアス

リサーチ TODAY2014 年 1 月 8 日米国転換による2014年のアップワードバイアス常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創昨日のTODAYで2014年を展望するに当たり、2013年には先行き見通しを前向きに大きく舵を切ったとした。その背景には、結局米国経済の見通しを、それまでの2006年以降の家計を中心としたバランスシート調整の長期化シナリオから、調整進展に向けて大きく軌道修正したことがあった。それは同時に、ドル安誘導を行なっていた為替政策が終焉し、為替がドル高に向かう転換を意味し

2013年12月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

バランスシート調整後の米国家計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 バランスシート調整後の米国家計資金調達の積極化の可能性と今後の負担増への備えが課題 2013年12月19日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆FRBの資金循環統計によれば、2013年7-9月期の家計は住宅ローン残高を増やした。所得が増加したことで、所得対比の住宅ローン残高と利払い負担は増えず、無理のないローン残高の増加だろう。家計のバランスシート調整はマクロ的には終了に近い。

2013年12月2日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

100年に一度の危機がなかった2013年、来年も安定?

リサーチ TODAY2013 年 12 月 2 日100年に一度の危機がなかった2013年、来年も安定?常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創12月になり、2013年を振り返る段階になってきた。下記の図表は市場の不安度合いのバロメーターであるVIX指数の推移である。VIX指数は10月に米国の財政問題への懸念から一時的に警戒水準とされる20を超えたが、その後は再び低下して現在に至っている。米国の財政問題や欧州の債務問題は引き続き懸念材料であるが、VIX指数が特に上昇するには至ってはいない。■図

2013年11月18日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

四半期見通し、2014年に向けて米欧中心の改善に

リサーチ TODAY2013 年 11 月 18 日四半期見通し、2014年に向けて米欧中心の改善に常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創15日にみずほ総合研究所は定例の四半期毎の『内外経済見通し』を発表した1。年初来、みずほ総合研究所はシナリオ転換を行っている。そのポイントとなったのは米国のバランスシート調整が終盤に向かうとの認識だった。今回、2013年の米国の見通しは小幅ながら上方修正とした。日本経済については、2013年の見通しを下方修正したが、その後は円安と資産価格の上昇効果を反映し

2013年10月25日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

アベノミクスの最大のリスクは米国にあり

リサーチ TODAY2013 年 10 月 25 日アベノミクスの最大のリスクは米国にあり常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創安倍政権のアベノミクスとされる経済政策がスタートして10カ月近くが経過する。これまでのところ、順調に進んでいるという評価は多いが、リスクがどこにあるかも常に考える必要がある。筆者は、アベノミクスが、2013年の日本に「失われた20年」とされるバランスシート調整から脱却できる初の局面をもたらしたとして、アベノミクス効果を重視してきた。下記の図表は、筆者が用いてきたバラ

2013年10月24日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

グレート・ローテーションvs金融抑圧でゴルディロックス

リサーチ TODAY2013 年 10 月 24 日グレート・ローテーションvs金融抑圧でゴルディロックス常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創下記の図表は米国のダウ平均と長期金利の関係を示したものだ。2013年の年初、米国を中心としたグローバルな金融市場においてグレート・ローテーション(大転換)とされる債券から株式への転換が注目された1。2013年の金融市場ではリスク・オンの相場の様相が強まり、ダウ平均は2007年につけた史上最高値をつけ、米国国債10年利回りは一時3%近い水準に上昇した。

2013年9月19日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

東京五輪はタイミング絶妙、脱「失われた20年」へ

リサーチ TODAY2013 年 9 月 19 日東京五輪はタイミング絶妙、脱「失われた20年」へ常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創2020年の東京五輪の開催が決まり、流布する経済効果は招致委員会が行なった、直接的需要増加額1.2兆円、経済効果(生産誘発額)約3兆円とされるものである。一方、民間の試算は千差万別で、果ては150兆円までと広きにわたる。こうした試算は多かれ少なかれ、公共投資を行うときの乗数効果を勘案し試算されたものだ。本論は、こうした試算を正面から議論するのが趣旨でない。本

2013年8月15日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

四半期見通し、新興国下方修正だが日米がアンカー

リサーチ TODAY2013 年 8 月 15 日四半期見通し、新興国下方修正だが日米がアンカー常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創14日にみずほ総合研究所は定例の四半期毎の『内外経済見通し』を発表した1。今回の見通しは前回5月に行った米国や日本経済を中心とした上方修正の流れに沿ったものだが、世界全体の見通しは下方修正となった。年初来、みずほ総合研究所はシナリオ転換を行い、そのポイントとなったのは米国のバランスシート調整が終盤に向かったとの認識だった。今回、2013年の米国の見通しは下方修

2013年8月15日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

2013・14年度 内外経済見通し

2013・14年度内外経済見通し2013年8月14日2013年4∼6月期GDP統計1次速報の公表などを受け、みずほ総合研究所は2013・14年度の内外経済見通しを作成しました。各国・地域の成長率予測の概要は以下の通りです。[海外経済]◆米国経済:政府支出の減少が下押し圧力となるが、家計のバランスシート調整が進展し、民間需要は堅調。雇用も順調に拡大2013年:+1.4%(6月予測+1.6%)2014年:+2.2%(6月予測+2.2%)◆欧州経済:輸出主導で2013年後半の景気は緩やかに回復。201

2013年7月22日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

参院選後、日本の4つの安定要因に世界も注目

リサーチ TODAY2013 年 7 月 22 日参院選後、日本の4つの安定要因に世界も注目常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創世界を見回した今日の問題は、①欧州では、依然バランスシート調整に目処がついておらず、南欧を中心に政治的にも不安定さが続くこと、②2007年以降のアンカーとして拡張戦略をとった中国を中心とした新興国が、過剰設備を中心とした調整圧力の副作用を残したことにある。従って2013年以降、まず米日を中心とした先進国がバランスシート調整から脱し世界の成長の牽引役となる一方、これ

2013年7月10日みずほ総合研究所フィードバック数:3社会/政治海外

中国バブル崩壊、本当の不良債権はいくらか?

リサーチ TODAY2013 年 7 月 9 日中国バブル崩壊、本当の不良債権はいくらか?常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創バランスシート調整の基本は、過剰債務の調整と為替調整を主軸にした外需確保にあると筆者は考えてきた。2007年以降、日米欧の3局が同時に調整に陥る戦後初の状況が生じたが、そこで日米欧が世界経済の殆どを占めた1980年頃までの状況なら、まさしく世界大恐慌の再来であった。ただし、中国を中心とした新興国は2007年以降も財政と金融の拡張を続け、欧米に外需を供給し世界大恐慌の

2013年6月13日みずほ総合研究所フィードバック数:1社会/政治

米国出張緊急メモ、「世界B/S五輪」で日米が首位

リサーチ TODAY2013 年 6 月 13 日米国出張緊急メモ、「世界B/S五輪」で日米が首位常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創今回は昨日に引き続き、先週の米国出張記録第2弾である。昨日のTODAYで海外から日本への期待が高いとした。その一因に日本の政治の安定があるが、本日は日本企業を中心としたバランスシートが、今や世界で最も健全であることを主題とする。その結果、世界の成長の観点から日本と米国に期待せざるを得ない。同時に、それが来週の英国のG8サミットでの基本認識にもなるだろう。多く

2013年5月24日みずほ総合研究所フィードバック数:1社会/政治

「世界大恐慌再来」はなぜ回避されたか

リサーチ TODAY2013 年 5 月 24 日「世界大恐慌再来」はなぜ回避されたか常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創2007年のサブプライム問題、翌年のリーマンショックと金融面の危機が生じた欧米では大恐慌以来の最大規模のバランスシート調整を迎えた。先進国として世界をリードした日米欧の三極が同時に大幅なバランスシート調整を迎えることは戦後初であり、1930年代以来の大恐慌が起こるのではとの不安も生じた。実際、金融政策上、日米欧はゼロ金利に近い水準まで金融緩和を行い、三極同時に民間セクタ

2013年5月20日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

四半期見通し改訂、日米上方・新興国下方修正

リサーチ TODAY2013 年 5 月 20 日四半期見通し改訂、日米上方・新興国下方修正常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創先週、17日にみずほ総合研究所は定例の四半期毎の『内外経済見通し』を発表した1。今回の見通しは、米国や日本経済を中心に前回3月に行った上方修正に沿ったものである。前回はみずほ総合研究所として、ここ数年来のシナリオを大きく転換した。そのポイントとなったのは米国のバランスシート調整が終盤に向かったとの認識だった。今回も、米国についてはその後の改善を受けて更なる上方修正

2013年4月12日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国は回復するのか、今年も年央の調整はあるか

リサーチ TODAY2013 年 4 月 12 日米国は回復するのか、今年も年央の調整はあるか常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創住宅市場ではバブル崩壊後、長らく低迷が続いてきたが、2012年頃から需要が持ち直し、需給の引き締まりが住宅価格上昇にもつながる回復基調が鮮明になっている。2007年以降、米国のバランスシート調整の主戦場は個人を中心とした住宅市場問題にある。それだけに、米国のバランスシート調整の進捗を見極めるには、個人を中心とした債務調整の段階を把握する必要がある。下記の図表はみ

2013年4月3日大和総研フィードバック数:4社会/政治

「異次元の金融政策」を検証する

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 「異次元の金融政策」を検証する“量”よりも“期待”を通じた緩和を ◆本稿では、ゼロ金利制約下で中央銀行が取りうる金融政策のオプションを整理したうえで、黒田新総裁の下で検討されるであろう、「異次元の金融政策」の政策オプションのメリットおよびデメリットについて考察した。◆ゼロ金利制約下での金融政策のオプションについて整理すると、1)時間軸政策、2)中央銀行のバランスシートの拡大、3)中央銀行のバランスシー

米国住宅市場の最新状況 ~ 本格的な市場回復への動き ~

米国住宅市場の最新状況 ~ 本格的な市場回復への動き ~ | ニッセイ基礎研究所 米国住宅市場の最新状況 ~ 本格的な市場回復への動き ~ 社会研究部 土地・住宅政策室長 篠原 二三夫基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1―はじめに2―米国住宅市場の最新動向1│家計のバランスシートと債務負担の改善2│回復する住宅市場3│課題が残る住宅ローン市場3―米国の住宅投資の

2013年3月26日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米住宅市場の現状と3つの注目点~住宅価格上昇でバランスシート調整にも進展~

米住宅市場の現状と3つの注目点~住宅価格上昇でバランスシート調整にも進展~

2013年3月8日みずほ総合研究所フィードバック数:1社会/政治

今年を「脱失われた20年」第一歩としたわけ

リサーチ TODAY2013 年 3 月 8 日今年を「脱失われた20年」第一歩としたわけ常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創先日発表したみずほ総合研究所の中期見通しで、2013年の海外環境は依然、慎重な見方も必要との認識を示したが、2014年以降を展望すれば、米欧で2007年以降生じた長期のバランスシート調整の圧力が次第に減退し安定成長パスに戻るとの判断を初めて示した1。日本も海外中心の先行き期待改善を通じて、漸く前向きな方向に舵を切るとの判断に修正し、期待も込めて長いトンネルからの脱却

2013年3月1日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国の調整は終盤だがQE3は14年末まで

リサーチ TODAY2013 年 3 月 1 日米国の調整は終盤だが QE3は14年末まで常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創みずほ総合研究所は2月の『みずほ米国経済情報』でFRBの行っているQE3を中心とした金融緩和策からの出口シナリオを初めて議論することにした1。みずほ総合研究所は、今回、米国では家計の住宅分野を中心とした2007年以降のバランスシート調整は終盤を迎えたと新たな判断を行ったが、バランスシート調整にともなう回復力は従来と較べて緩やかでかつ不確実性を伴う。その結果、我々の現

2012年7月18日日本銀行フィードバック数:1社会/政治

(日銀レビュー)米国家計のバランスシート問題の動向

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 米国家計のバランスシート問題の動向2012年7月17日国際局 東将人*1、片桐達平*2、稲村保成*3、肥後雅博現企画局現金融市場局現業務局 要旨米国家計のバランスシート動向をみると、(1)住宅ローン金利が大幅に低下し、所得対比の元利払い比率が低下しているほか、(2)株価の回復を受けて家計の純資産も改善しており、家計の過剰な債務負担は、全体では和らぐ方向に向かっている。もっとも、住宅ローンを抱える低・中間所得層の家計を中

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ