「バレル」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

市場分析です。

原油市場:下落後回復する原油価格

原油市場:下落後回復する原油価格2015年5月21日調査部野神 隆之1原油価格の推移(2003~15年)2原油価格の推移(2014~15年)3石油市場のこれまでの経緯(1)1. 2014年12月~2015年1月(OPEC総会後):s原油価格は下落、WTIで1バレル当たり40ドル台前半に。①石油需要減速感(中、欧)②堅調な米国原油生産(シェールオイル)③OPEC産油国減産拒否(OPEC総会後)④米ドル上昇(米国金利引き上げ観測←好調な米国経済)4石油市場のこれまでの経緯(2)2. 2015年1月~

2015年5月14日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

激震 原油安経済

リサーチ TODAY2015 年 5 月 14 日『激震 原油安経済』常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創このたび日本経済新聞出版社より『激震 原油安経済』を刊行した1。各章の見出しは、端緒、震撼、試練、瓦解、分岐、転機、異常という7つの単語によって構成される。それらは、原油安経済という今日の世界経済が対処しなくてはいけない新たな環境の到来を象徴するものだ。1年前の2014年半ばに1バレル110ドル近かった原油相場は、足元で価格を戻しつつあるものの、依然としてピークから半値近い水準にある。

米原油価格が約6年ぶり安値~原油を取り巻く環境の改善が期待される~

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年3月20日米原油価格が約6年ぶり安値~原油を取り巻く環境の改善が期待される~ 国際商品市場では、今月中旬以降に原油価格が再び軟調となっており、ニューヨークWTI原油先物価格は、足元で、およそ6年ぶりとなる1バレル=43米ドル台を付けました(終値ベース)。この背景には、米国で、エネルギー当局が2015年の米原油生産見通しを引き上げたことや、週間統計により原油在庫の増加が続いていることが確認されたほか、国際エネルギー機関が、原油の供

メキシコ:原油価格下落の既存油田の生産、鉱区公開方針等の石油政策に対する影響

メキシコ:原油価格下落の既存油田の生産、鉱区公開方針等の石油政策に対する影響ペルディト(Perdido)2015年3月19日調査部 伊原 賢1経緯• 近年のメキシコにとって最大の課題であったエネルギー改革に向けた憲法の部分改正(エネルギー改革法)は、2013年12月20日にペーニャ・ニエト大統領によって公布され、メキシコでの石油開発事業への外資の参入機会が開かれることとなった。外資を導入するための具体策として、石油法やペメックス法を含む2次法制は、2014年8月11日にほぼ原案通り成立した。8月

2015年2月22日国際通貨研究所★フィードバック数:0社会/政治

原油価格と経済についてのレポートです。

1バレル50ドルまで低下した原油価格と世界経済

1バレル50ドルまで低下した原油価格と世界経済

中国:油価下落と2015年の石油需給

更新日:2015/1/19調査部:竹原 美佳公開可中国:油価下落と 2015 年の石油需給 供給・油価下落の中国国内原油生産への影響は少ないと見られる。ただし、大慶など東部の成熟油田の一部で生産調整を行う可能性がある。 需要・中国経済の構造的な変化により石油需要の伸びは鈍化している。特に軽油需要の伸びは長期に亘り低迷すると見られる。・石油製品の消費税値上げによる需給への影響は限定的。・2015 年は製油所の新増設ラッシュによる需要底上げは限定的。・ただし、国家石油備蓄基地を含む輸送・貯蔵イン

足元では軟調ながら、引き続き注目されるメキシコ・ペソ

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年1月13日足元では軟調ながら、引き続き注目されるメキシコ・ペソ 2014年半ば以降、原油をはじめとする主要商品の価格が下落傾向となっていることを背景に、投資家がリスク回避の動きを見せ、資源国や新興国の通貨が売られる中、メキシコの通貨ペソも対米ドルで軟調に推移し、先週には一時、2009年3月以来の安値をつけました。メキシコは世界第10位の産油国(日量287.5万バレル、2013年)であり、石油関連収入が連邦政府の歳入の約3割を占め

2014年11月18日丸紅フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

サウジアラビアに見る原油価格

丸紅経済研究所2014/11/11サウジアラビアに見る原油価格2014/11/18(Daily Diamond (週刊ダイヤモンド・電子版) 2014 年 11 月 11 日掲載一部加筆修正)・原油価格下落と産油国の輸出価格引き下げ原油価格が下落している。米ドル高に加え、需給が緩んでいるためだ。需給緩和の理由は、需要面は欧州を中心とした世界経済の回復遅れ、供給面は北米のシェールオイルやオイルサンドの増産が大きい。通常であれば OPECの生産調整が期待される場面だ。しかし、OPEC の生産量は、主

ブラジルプレソルトの生産量50万バレル/日を突破今後の生産増はいかに

ブラジルプレソルトの生産量50万バレル/日を突破今後の生産増はいかに

石油市況高止まりの影響要因と先行き

〈レポート〉経済・金融石油市況高止まりの影響要因と先行き理事研究員 渡部喜智1  アジア新興国が石油需要増加を牽引世界経済の先行き不安にもかかわらず、国際原油市況は高止まり推移している。石油輸出国機構(OPEC)加盟国の12油種バスケット価格から見ると、2013年6月後半から1バレル当たり100ドル以上が続く状況だ。本稿では、以上のような状況に関する影響要因について、世界石油市場をめぐる現状を考えるとともに、先行きを探ることとしたい。国際エネルギー機関(IEA)の推計によれば、世界の石油需要はリ

2014年の米国石油精製業界を取り巻く環境(1)

JPEC レポートJJPPEECC レレポポーートト2014 年度第2回平成 26 年 4 月 17 日2014 年の米国石油精製業界を取り巻く環境(1)2014 年 1 月末、米国石油精製業界各社が発表した 2013 年の決算結果では、各社とも収益を維持したものの、2012 年との対比では石油精製事業の収益が減少する結果となった。需要面では堅調な輸出需要に牽引され、製油所稼動は 2012 年を上回ったものの、原料調達コスト面の環境が 2012 年対比で厳しくなり、年間収益を減少させる要因になっ

2014年の米国石油精製業界を取り巻く環境(2)

JPEC レポートJJPPEECC レレポポーートト2014 年度第3回平成 26 年 4 月 22 日2014 年の米国石油精製業界を取り巻く環境(2)2014 年 1 月末、米国石油精製業界各社が発表1. 米国産原油輸出解禁に関する動した 2013 年の決算結果では、各社とも収益を維向と米国石油精製業界の立場 ·······12. 米国石油精製業界に関する最近持したものの、2012 年との対比では石油精製事の規制動向·······························5業の収益が減

2014年3月5日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

経済マンスリー 2014年2月(原油)

平成 26 年(2014 年)2 月 28 日~非 OPEC の生産拡大を背景に、原油価格は横這い圏内で推移~1.価格動向原油価格(WTI 期近物)は 12 月中旬以降、米国の量的緩和縮小決定や足元は 100 ドル台地政学リスクの高まりを背景に 99 ドル近辺の高値で推移した。しかし、1の高値圏月上~中旬は米国の原油在庫増加や米中の経済指標悪化、イラン核協議進展を受けて下落傾向をたどり、91 ドル台と約 8 ヵ月振りの安値をつけた(第 1 図)。1 月下旬には、米国でのパイプラインによる原油輸送

2014年3月4日中東協力センターフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

中東諸国の石油生産動向と課題

中東諸国の石油生産動向と課題東京国際大学 国際関係学部 教授 武 石 礼 司はじめにが終われば,次には,世界的な需給の関係を織 「アラブの春」の民主化運動が生じた2010年末り込んで下値を探るという市場環境への移行が以降,従来にも増して中東の政治情勢は波乱含予測される状況が2014年はじめの段階では存在みとなっている。シリアでの混乱はさらに深刻している。化し,昨今ではいよいよ過激派の訓練場所の観 この石油価格の下値を支える要因としては,を呈してしまっており,中東各国の政治の不安第一には,中東・北

2014年1月31日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

経済マンスリー 2014年1月(原油)

平成 26 年(2014 年)1 月 30 日米国の需要増加量が中国を上回った 2013 年原油価格(WTI 期近物)は 12 月中旬以降、米国の量的緩和縮小決定や地政学リスクの高まりを背景に 99 ドル近辺で推移した。しかし 1 月に入ると、米国の原油在庫増加や米中の景況指数悪化を受けて原油価格は下落傾向を辿り、13 日にはイラン核協議進展を背景に 91 ドル台に下落した。その後、①堅調な米経済指標、②国際エネルギー機関(IEA)による世界需要見通し上方修正、③米国でのパイプライン稼動による原

2013年9月20日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

2013年9月(全体版)

平成 25 年(2013 年)9 月 20 日【経済概況】Ⅰ.日 本~景気回復の足取りが強まるなか、政府は消費増税を決断へ~Ⅱ.米 国~景気が緩やかに回復するなか、FRB は慎重に出口戦略を模索~Ⅲ.西 欧~景気は持ち直しの兆しも、先行き不透明感は払拭できず~Ⅳ.ア ジ ア~米国の量的金融緩和縮小観測を巡り、海外マネーは不安定な状況が続く~Ⅴ. 中 国~景気は幾分持ち直し、一方向的な悪化はひとまず回避~Ⅵ.オーストラリア~新政権下でも、豪州経済は潜在成長率を下回るペースに~Ⅶ.原 油~リビアの大

2013年4月29日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:1製造業/エレクトロニクス

経済マンスリー:2013年4月(原油)

平成 25 年(2013 年)4 月 24 日注目されるイラクの産油量増加原油価格(WTI 期近物)は、2 月下旬から 3 月中旬にかけてキプロス問題などが重石となり、1 バレル 90~93 ドル台のレンジで軟調に推移した後、同月下旬のキプロス支援合意を受けて、同 97 ドル台まで再上昇した(第 1 図)。一方、4 月に入ってからは、世界景気の先行き不安などから下落に転じ、足元では同 90 ドルを割り込む状況となっている。原油市場では米国シェールオイルの生産拡大が注目されているが、イラクにおける

経済・金融の動向 2013年5月号

http://www.nochuri.co.jp/情勢判断今月の情勢 ∼経済・金融の動向∼米国金融・経済3 月 19∼20 日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、政策金利(0∼0.25%)を引き続き据え置くことを決定した。また、今後も失業率が 6.5%を上回り、向こう 1∼2 年のインフレ見通しが FOMC の長期目標である 2%から 0.5%ポイント以内に収まり、かつ長期インフレ期待が引き続き十分抑制されている限り、現行の政策金利を維持することが適切であるとしたほか、月額 850億ドルの資

今月の経済・金融情勢2013年04月19日号

2013.4.19今月の経済・金融情勢~わが国をめぐる経済・金融の現状~2013年4月農林中金総合研究所調査第二部http://www.nochuri.co.jp/publication/situation/index.html経 済 ・ 金 融情 勢 資 料2 0 1 3 年 4 月1.米国では、3月19~20日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で、政策金利(0~0.25%)を引き続き据え置くことを決定した。また、今後も失業率が6.5%を上回り、向こう1~2年のインフレ見通しがFOMCの長期目

経済・金融情勢のサマリー資料です。

今月の経済・金融情勢2013年01月24日号

2013.1.24今月の経済・金融情勢~わが国をめぐる経済・金融の現状~2013年1月農林中金総合研究所調査第二部http://www.nochuri.co.jp/publication/situation/index.html経 済 ・ 金 融情 勢 資 料2 0 1 3 年 1 月1.米国では、12月11~12日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で、08年12月から据え置く政策金利(史上最低の0~0.25%)の継続見通しを、これまでの「少なくとも15年半ばまで」から「失業率が6.5%を下回る

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ