「バーゼル」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年5月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

国内外の大手銀行は、バーゼルⅢをどれだけ遵守できている?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 国内外の大手銀行は、バーゼルⅢをどれだけ遵守できている?バーゼルⅢの初歩 第19回 このシリーズでは、バーゼルⅢの仕組みを、可能な限りわかりやすく説明します。第19回は、バーゼルⅢの遵守状況を解説します。 この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。 レポート検索すべてのレポートをフリーワードで検索いただけます。 PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必要となります

関心の高まりが期待されるCoCo債~日本でも大手銀行が発行開始~

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年3月19日関心の高まりが期待されるCoCo債~日本でも大手銀行が発行開始~ これまで、欧州の銀行が中心となって発行が進んでいたCoCo債* ですが、日本においても、3月17日に、大手銀行グループによって、国内初となるCoCo債の発行が発表されるなど、新たな国際資本規制(バーゼルⅢ)への対応が拡がりつつあります。CoCo債は、バーゼルⅢのもとで、自己資本への算入が認められている資本性証券のひとつです。国際的な金融機関は、ROE(株

2015年1月27日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

家計への影響です。

消費税増税等の家計への影響試算(2015年度予算案反映版)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 消費税増税等の家計への影響試算(2015年度予算案反映版)2011年から2018年までの家計の実質可処分所得の推移を試算 ◆2015年1月14日に閣議決定された2015年度政府予算案の発表を受け、2014年12月に発表した「消費税増税等の家計への影響試算」(以下、要約内では改訂前)を改訂した。子育て世帯臨時特例給付金が2015年度は子ども1人あたり3千円支給されることとなったため、これが支給される世帯

2014年12月15日大和総研フィードバック数:0大型消費/投資

投資家と企業の対話を促す「長期投資」

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 投資家と企業の対話を促す「長期投資」長期投資VS短期志向 第6回 投資家が投資先企業と積極的に対話をして、長期的で持続的な企業の成長を実現していこうとすることを指して、「長期投資」と定義づけるような政策提言が多く出されています。こうした対話をエンゲージメント“engagement”と言いますが、今回は、対話やエンゲージメントの具体的なテーマとしてどのようなものが想定されているか、また実際にどのようなテ

2014年12月10日大和総研フィードバック数:0社会/政治

消費税増税等の家計への影響試算(再増税先送り反映版)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 消費税増税等の家計への影響試算(再増税先送り反映版)2011年から2018年までの家計の実質可処分所得の推移を試算 ◆安倍首相の消費税再増税先送りの発表を受けて、2013年12月に発表した「消費増税等の家計への影響試算」を改訂した。◆消費税率の10%への引き上げ時期が2015年10月から2017年4月に先送りされることで、2016年の家計の実質可処分所得は上方修正されるが、2015年においては大きく変

2014年11月17日大和総研フィードバック数:0社会/政治

いろいろな定義がある「長期投資」

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 いろいろな定義がある「長期投資」長期投資VS短期志向 第2回 長期投資とは、いったいどのような投資をすることでしょうか。筆者の職場は、証券系シンクタンクですが、ここで長期投資とはどのようなものかを尋ねると、大抵、保有期間が長い投資であるとの答えを聞かされることになります。しかし、マネー雑誌を開くと、投資信託などを定期的に、定額分だけ買い付ける投資のことを長期投資と記しているのを見かけることが多いようで

2014年9月19日大和総研フィードバック数:0大型消費/投資

金融庁、ジュニアNISA創設を要望

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 金融庁、ジュニアNISA創設を要望平成27年度税制改正要望①~金融庁(NISA関連) ◆2014年8月29日、金融庁は「平成27年度税制改正要望項目」を発表した。本稿は金融庁の税制改正要望のうち、NISA関連について解説する。◆金融庁は、0歳から19歳の未成年者が口座開設できるジュニアNISAの創設を要望している。主に、親や祖父母等から贈与を受けた資金を用い、親権者等が未成年者のために代理して運用を行

2014年6月25日大和総研フィードバック数:0大型消費/投資

NISAをどのように活用するか-時間分散・銘柄分散で安定的な運用を目指す-

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 NISAをどのように活用するか-時間分散・銘柄分散で安定的な運用を目指す-なるほどNISA 第8回(後編) 安定的なリターンを得るための運用手法としては、時間分散・銘柄分散を行うことが有効です。NISAの商品性は時間分散・銘柄分散による運用に適しています。今回は時間分散・銘柄分散による投資手法を解説します。 この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。 レポート検索すべてのレポート

2014年6月23日大和総研フィードバック数:0大型消費/投資

NISAをどのように活用するか-資産運用が家計改善の有力な選択肢に-

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 NISAをどのように活用するか-資産運用が家計改善の有力な選択肢に-なるほどNISA 第8回(前編) 高齢化に伴う社会保障費の増大や財政赤字の解消の必要性を考えると、今後も社会保障制度を持続していくためには、消費税率のさらなる引き上げや年金支給額の引き下げなどが必要と考えられます。こうした負担を踏まえると、これから社会に出ようとする若者は、親や祖父母の世代と同様の老後生活を実現することも難しくなるかも

2014年6月12日大和総研フィードバック数:0社会/政治

政府が期待する活用方法と各社の対応-「金融資産ゼロ世帯」と先取り貯蓄-

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 政府が期待する活用方法と各社の対応-「金融資産ゼロ世帯」と先取り貯蓄-なるほどNISA 第7回(前編) 近年、「金融資産ゼロ世帯」の割合の上昇に歯止めがかかっていません。2013年には、2人以上の世帯のうち31.0%が「金融資産ゼロ世帯」となっています。平均以上の収入がある世帯でも20%前後が「金融資産ゼロ世帯」となっており、問題視されています。ある程度収入がありながらも貯蓄・投資の習慣がついていない

2014年3月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治

上場株式の相続税評価額に関する試算

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 上場株式の相続税評価額に関する試算納税者不利としないためには、時価の70%を評価額とすべき ◆上場株式や株式投資信託の相続時の評価額は、原則として時価により評価される。しかしながら、実際には相続時から相続税の納付期限までの10ヵ月間で株価は大きく変動するケースもある。本稿では、過去30年間の日次の株価指数を用いて検証した。◆相続発生日の株価と相続税納付期限日の株価を比較すると、46%程度の確率で相続発

2014年1月29日大和総研フィードバック数:0社会/政治

年収1,000万円前後の層に負担増が集中する

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 年収1,000万円前後の層に負担増が集中する平成26年度税制改正大綱(所得税)と家計関連の予算の解説 ◆本稿は「平成26年度税制改正大綱」(以下、大綱)のうち所得税に関連する事項と平成25年度補正予算案・平成26年度予算案の家計に関連する事項について解説する。◆大綱では、現在245万円である所得税の給与所得控除の上限を、平成28(2016)年分の所得税から230万円に、平成29(2017)年分の所得税

2014年1月8日大和総研フィードバック数:0大型消費/投資

2014年、「貯蓄から投資へ」の扉は開くか!?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 なるほど金融 おカネはどこから来てどこに行くのか 資金循環統計の読み方 おカネはどこから来てどこに行くのか 資金循環統計の読み方2014年、「貯蓄から投資へ」の扉は開くか!?おカネはどこから来てどこに行くのか ―資金循環統計の読み方― 第12回(最終回) このシリーズでは、資金循環統計を手掛かりに、様々な切り口からおカネの流れの“現実”を見てきました。最終回は、少し理想を交えた“将来”を考えてみたい

2013年12月25日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日米欧で企業へのおカネの流れは異なるのか

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 なるほど金融 おカネはどこから来てどこに行くのか 資金循環統計の読み方 おカネはどこから来てどこに行くのか 資金循環統計の読み方日米欧で企業へのおカネの流れは異なるのかおカネはどこから来てどこに行くのか ―資金循環統計の読み方― 第11回 前回は日本と海外の間のおカネの流れについて説明しました。今回は日本・米国・欧州(ユーロ圏)を比べることで、日本のおカネの流れの特徴を解説します。とりわけ、企業にま

2013年12月24日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

消費税増税の影響です。

消費税増税等の家計への影響試算 (平成26年度税制改正大綱反映版)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 消費税増税等の家計への影響試算 (平成26年度税制改正大綱反映版)2011年から2016年までの家計の実質可処分所得の推移を試算 ◆「平成26年度税制改正大綱」の発表を受けて、2013年8月に発表した消費税率の引き上げ等の税・社会保障の制度改正の家計への影響試算を改訂した。◆児童手当受給世帯(所得制限世帯除く)に2014年中に子ども1人あたり1万円が給付されることにより、ケース1、2、4では、2014

2013年12月18日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

対外資産、負債のレポートです。

世界一の純資産国、日本。その実態は!?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 なるほど金融 おカネはどこから来てどこに行くのか 資金循環統計の読み方 おカネはどこから来てどこに行くのか 資金循環統計の読み方世界一の純資産国、日本。その実態は!?おカネはどこから来てどこに行くのか ―資金循環統計の読み方― 第10回 前回、株式を中心としたお金の流れについて紹介しました。今回は、日本と海外の間のお金の流れを資金循環統計などから明らかにしたいと思います。 この記事を「お気に入りレポ

2013年12月17日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

「オルタナティブ投資」についての調査です。

金融法人及び年金基金におけるオルタナティブ投資・バーゼルⅢの実態調査

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 金融法人及び年金基金におけるオルタナティブ投資・バーゼルⅢの実態調査2013年度オルタナティブ投資アンケート結果 2013年12月17日ロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト 菅野 泰夫◆大和総研では、全国の104金融法人(都市銀行、信託銀行、地方銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、生保・損保)及び125の年金基金(厚生年金基金、企業年金基金、公的年金)を対象にオルタナティブ投資状況のアンケート

2013年12月11日大和総研フィードバック数:0社会/政治

株式は誰のもの?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 なるほど金融 おカネはどこから来てどこに行くのか 資金循環統計の読み方 おカネはどこから来てどこに行くのか 資金循環統計の読み方株式は誰のもの?おカネはどこから来てどこに行くのか ―資金循環統計の読み方― 第9回 前回、中央銀行(日本銀行)を巡るお金の流れについて説明しました。今回のテーマは「株式」です。普段、日経平均など株価の推移に関する報道を目にすることも多いかと思います。資金循環統計からは、誰

2013年12月4日大和総研フィードバック数:0社会/政治

国債保有が膨らむ中央銀行

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 なるほど金融 おカネはどこから来てどこに行くのか 資金循環統計の読み方 おカネはどこから来てどこに行くのか 資金循環統計の読み方国債保有が膨らむ中央銀行おカネはどこから来てどこに行くのか ―資金循環統計の読み方― 第8回 前回、日本の政府が抱える借金、主に国債を中心としたお金の流れについてについて説明しました。今回は、資金循環統計でも特殊な位置づけにある中央銀行(すなわち日本銀行、以下、日銀)を取り

2013年11月27日大和総研フィードバック数:0社会/政治

国の借金1,000兆円。誰が貸している?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 なるほど金融 おカネはどこから来てどこに行くのか 資金循環統計の読み方 おカネはどこから来てどこに行くのか 資金循環統計の読み方国の借金1,000兆円。誰が貸している?おカネはどこから来てどこに行くのか ―資金循環統計の読み方― 第7回 前回は企業をテーマとして、お金のやりくりを見ました。今回は政府について見てみることにします。日本の政府の借金は1,000兆円規模となっていますが、このお金は一体どこ

2013年11月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治

企業は本当にお金を溜め込んでいるのか

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 なるほど金融 おカネはどこから来てどこに行くのか 資金循環統計の読み方 おカネはどこから来てどこに行くのか 資金循環統計の読み方企業は本当にお金を溜め込んでいるのかおカネはどこから来てどこに行くのか ―資金循環統計の読み方― 第6回 前回は銀行がどのような役割を果たしているのか、預金をどのように運用しているのかを説明しました。今回は「企業(民間非金融法人企業)」がテーマです。企業が事業を行う上で、工

2013年11月13日大和総研フィードバック数:0社会/政治

銀行はキューピッド!?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 なるほど金融 おカネはどこから来てどこに行くのか 資金循環統計の読み方 おカネはどこから来てどこに行くのか 資金循環統計の読み方銀行はキューピッド!?おカネはどこから来てどこに行くのか ―資金循環統計の読み方― 第5回 前回は、保険会社を巡るおカネの流れについて説明しました。今回は、銀行の経済での役割と銀行を巡るおカネの流れに注目します。 この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます

2013年11月6日大和総研フィードバック数:0社会/政治

表情が変わる保険会社のお金

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 なるほど金融 おカネはどこから来てどこに行くのか 資金循環統計の読み方 おカネはどこから来てどこに行くのか 資金循環統計の読み方表情が変わる保険会社のお金おカネはどこから来てどこに行くのか ―資金循環統計の読み方― 第4回 前回、日本の年金を通じてどのようにおカネが流れているのかということについて説明しました。今回は、保険会社を巡るおカネの流れについて注目します。 この記事を「お気に入りレポート」に

2013年11月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治

年金は金融資産ですか?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 なるほど金融 おカネはどこから来てどこに行くのか 資金循環統計の読み方 おカネはどこから来てどこに行くのか 資金循環統計の読み方年金は金融資産ですか?おカネはどこから来てどこに行くのか ―資金循環統計の読み方― 第3回 前回は「資金循環統計」とはどういうものであり、そこからどのようなことを読みとることができるかについて説明しました。今回は、「年金」という主体に注目します。年金のおカネがどのように流れ

2013年10月23日大和総研フィードバック数:0社会/政治

お金の流れの地図=資金循環統計とは?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 なるほど金融 おカネはどこから来てどこに行くのか 資金循環統計の読み方 おカネはどこから来てどこに行くのか 資金循環統計の読み方お金の流れの地図=資金循環統計とは?おカネはどこから来てどこに行くのか ―資金循環統計の読み方― 第2回 前回、「資金循環統計」を用いて、日本の家計が1,600兆円に近い金融資産を持っていて、どのような中身かを紹介しました。これと同時に、家計の金融資産がどこに流れているのか

2013年10月16日大和総研★フィードバック数:0大型消費/投資

金融資産についての調査データです。

日本人一人当たり1,250万円の資産?!

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 なるほど金融 おカネはどこから来てどこに行くのか 資金循環統計の読み方 おカネはどこから来てどこに行くのか 資金循環統計の読み方日本人一人当たり1,250万円の資産?!おカネはどこから来てどこに行くのか ―資金循環統計の読み方― 第1回 このシリーズでは、日本のお金の流れをわかりやすく解き明かしていきたいと思います。この際、手掛かりとして資金循環統計という統計を用いていきます。資金循環統計とは何なの

2013年8月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

消費税増税等の家計への影響試算

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 消費税増税等の家計への影響試算2011年から2016年までの家計の実質可処分所得の推移を試算 ◆消費税率の引き上げ等の税・社会保障の制度改正を踏まえ、世帯構成ごとに、2011年から2016年までの家計の姿をシミュレーションした。◆消費税率の引き上げはどの世帯も一定率の負担増となるが、世帯構成によって2011年から2013年にかけての負担増の内容は異なる。このため、これまでと比べ、負担増のペースが急にな

2013年7月2日大和総研フィードバック数:0大型消費/投資

みんなの年金について考えよう 第2回

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 なるほど金融 みんなの年金について考えよう みんなの年金について考えよう 第2回年金制度の保険料の仕組み 前回は、年金制度の全体イメージを確認する中で、公的年金制度は、賦課方式の仕組みであるため、保険料は年金給付のための大切なお金であるということを説明しました。今回は、その保険料の仕組みについて、もう少し具体的に解説しましょう。 この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。 レポ

2013年1月25日大和総研フィードバック数:3大型消費/投資

2013年度改正の住宅ローン減税の分析(速報)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2013年度改正の住宅ローン減税の分析(速報)年収別の最大税負担軽減額の試算 ◆2013年1月24日、自由民主党・公明党は「平成25年度税制改正大綱」(以下、大綱)を公表した。本稿では、大綱に記載された住宅ローン減税の新制度の分析を行う。◆住宅ローン減税の新制度は、消費税率8%への引き上げ後の2014年4月から適用され、一般住宅の場合、対象となる住宅ローン残高が2,000万円から4,000万円に拡充す

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ