調査のチカラ TOP > タグ一覧 > バーゼル規制

「バーゼル規制」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2014年9月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治

農協の再編に関する法律など

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 農協の再編に関する法律など農協同士の合併を例に、法律ごとにワンポイント解説 ◆貯金や資金貸付などの金融サービスを提供する信用事業を行う農協の数の最近の推移を見ると、減少している。この減少の原因の中には、合併などの再編があったものと推測される。◆農協が再編を行う場合にどのような法律が関わってくるのだろうか。再編は大変複雑な行為であるので、多くの法律が関係していると思われる。◆ここでは農協同士が合併する場

2014年8月19日大和総研フィードバック数:0ビジネス

大手銀行に新たな試練?:"PERDARR"(「実効的なリスクデータ集計とリスク報告に関する諸原則」)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 大手銀行に新たな試練?:"PERDARR"(「実効的なリスクデータ集計とリスク報告に関する諸原則」) 銀行をとりまく規制やその議論においては、しばしば、イニシャリズムやアクロニムによる略語が一般化することがある。最近の例として挙げられるのは、バーゼル規制における新たなカウンターパーティ・リスク計測の標準的手法を表す“SA-CCR”(「サッカー」)、銀行勘定の金利リスクを表す“IRRBB”(「アイアール

2014年7月29日大和総研フィードバック数:0社会/政治

非清算店頭デリバティブ取引の証拠金規制案

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 非清算店頭デリバティブ取引の証拠金規制案【金融庁内閣府令案・監督指針案】BCBS/IOSCO合意を概ね踏襲 ◆2014年7月3日、金融庁は、金融商品取引業者等に対して、一定の非清算店頭デリバティブ取引について、証拠金の預託を受けるなどの所定の措置を講じていないと認められる状況を禁止する旨の新規制の導入案(証拠金規制案)を公表している(コメント提出期限は2014年8月4日)。◆証拠金規制案は、バーゼル銀

2014年6月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治

巨大金融機関、規制自己資本比率が2倍に?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 巨大金融機関、規制自己資本比率が2倍に?破綻処理に資する“GLAC”(ベイルイン債務)の拡充が求められるか ◆ここもと、巨大金融機関を対象とした新たな自己資本比率規制に関する議論が注目されている。その議論とは、“GLAC(Gone concern Loss Absorbing Capacity)”である。◆GLACは、G-SIFIs(グローバルなシステム上重要な金融機関)の破綻処理時の損失吸収力の充実

2014年6月12日大和総研フィードバック数:0社会/政治

政府が期待する活用方法と各社の対応-「金融資産ゼロ世帯」と先取り貯蓄-

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 政府が期待する活用方法と各社の対応-「金融資産ゼロ世帯」と先取り貯蓄-なるほどNISA 第7回(前編) 近年、「金融資産ゼロ世帯」の割合の上昇に歯止めがかかっていません。2013年には、2人以上の世帯のうち31.0%が「金融資産ゼロ世帯」となっています。平均以上の収入がある世帯でも20%前後が「金融資産ゼロ世帯」となっており、問題視されています。ある程度収入がありながらも貯蓄・投資の習慣がついていない

2014年3月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治

上場株式の相続税評価額に関する試算

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 上場株式の相続税評価額に関する試算納税者不利としないためには、時価の70%を評価額とすべき ◆上場株式や株式投資信託の相続時の評価額は、原則として時価により評価される。しかしながら、実際には相続時から相続税の納付期限までの10ヵ月間で株価は大きく変動するケースもある。本稿では、過去30年間の日次の株価指数を用いて検証した。◆相続発生日の株価と相続税納付期限日の株価を比較すると、46%程度の確率で相続発

2013年11月13日大和総研フィードバック数:0社会/政治

銀行はキューピッド!?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 なるほど金融 おカネはどこから来てどこに行くのか 資金循環統計の読み方 おカネはどこから来てどこに行くのか 資金循環統計の読み方銀行はキューピッド!?おカネはどこから来てどこに行くのか ―資金循環統計の読み方― 第5回 前回は、保険会社を巡るおカネの流れについて説明しました。今回は、銀行の経済での役割と銀行を巡るおカネの流れに注目します。 この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます

2013年8月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

消費税増税等の家計への影響試算

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 消費税増税等の家計への影響試算2011年から2016年までの家計の実質可処分所得の推移を試算 ◆消費税率の引き上げ等の税・社会保障の制度改正を踏まえ、世帯構成ごとに、2011年から2016年までの家計の姿をシミュレーションした。◆消費税率の引き上げはどの世帯も一定率の負担増となるが、世帯構成によって2011年から2013年にかけての負担増の内容は異なる。このため、これまでと比べ、負担増のペースが急にな

2013年4月30日大和総研フィードバック数:1社会/政治

【検証・制度改革】利用が進まない金融・市場制度

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 【検証・制度改革】利用が進まない金融・市場制度「失われた20 年」補遺 「矢は的を射抜いたか?」 ◆この10年間に、様々な新制度の導入や既存の制度の見直しが行われてきた。これらのうちには、一定の成果をあげたと評価できるものもある一方で、必ずしも期待通りの成果をあげていないものもある。◆本稿では、これらのうち主なものについて、①導入(見直し)を行ったものの利用が進まないもの、②利用はされている(又は義務

2013年4月26日大和総研フィードバック数:1社会/政治

業績予想開示の柔軟化(総まとめ)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 業績予想開示の柔軟化(総まとめ)昨年度(2012 年度)における企業の対応を含む ◆2012年3月期決算からスタートした業績予想開示の柔軟化も、2013年3月期決算で2期目を迎える。◆準備期間が十分なかった2012年3月期決算とは異なり、2013年3月期決算においては、どのような開示の柔軟化が行われるか注目されるところである。◆本稿では、参考までに、業績予想開示の柔軟化の内容、柔軟化に対する投資家・ア

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ