調査のチカラ TOP > タグ一覧 > パイプライン

「パイプライン」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年6月26日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

遂にギリシャがユーロ離脱へ向かうのか?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 遂にギリシャがユーロ離脱へ向かうのか?次の脅威は「Spexit」や「Italexit」。ギリシャ情勢の今後の見通し 2015年6月26日ロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト 菅野 泰夫◆2015年6月25日、緊急のユーロ圏財務相会合(ユーログループ)が前日に続きブリュッセルで開催され、ギリシャへの第2次支援プログラムの最終合意について協議が行われた。債権団側は、ギリシャの新改革案に対する修正案

石油生産量が100万b/dを超えたものの、その後伸び悩むコロンビア

更新日:2015/3/17(2015/3/17 訂正版)調査部:舩木弥和子石油生産量が 100 万 b/d を超えたものの、その後伸び悩むコロンビア(Platts Oilgram News、International Oil Daily、Business News Americas、Wood Mac 他)1. コロンビアでは、2013 年に初めて年間を通して石油生産量が 100 万 b/d を超えたが、ゲリラによるパイプラインの爆破や地元住民の妨害行動等により、2014 年の石油生産量は 200

米国の天然ガス生産を牽引する輸出の拡大

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年12月5日米エネルギー省の予想によると、同国の天然ガスの生産量は、2013、14年はほぼ横ばいながら、15年以降、伸びが高まり、堅調に増加するとみられています。15年以降の生産増加を支える主な要因は輸出で、まずはパイプライン経由でのメキシコ向けが伸びるほか、17年には日本など向けのLNG(液化天然ガス)が加わることから、19年までの5年間は毎年、前年比二桁の高い伸びが予想されています。メキシコは、天然ガスの産出国ながら、国内需要を

旺盛なインフラ需要を背景に上昇が期待されるMLP

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年9月11日旺盛なインフラ需要を背景に上昇が期待されるMLP MLPの価格は、今年7月下旬以降、米国の金利上昇懸念や地政学的リスクの高まりなどを受けて調整したものの、相対的に高い利回りや市場規模の拡大などを背景に、8月末時点で過去最高値を更新しました。MLPとは、マスター・リミテッド・パートナーシップの略で、主に米国における共同投資事業形態のひとつであり、米国の金融商品取引所に上場されているものをいいます。類似した投資形態であるR

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ