調査のチカラ TOP > タグ一覧 > パスワード

「パスワード」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年6月2日全国銀行協会フィードバック数:0社会/政治

盗難通帳、インターネット・バンキング、盗難・偽造キャッシュカードによる預金等の不正払戻し件数・金額等に関するアンケート結果および口座不正利用に関するアンケート結果

ニュース&トピックス詳細平成24年1月19日各 位一般社団法人全国銀行協会インターネット・バンキングにおけるセキュリティ対策向上について 一般社団法人全国銀行協会(会長:永易克典 三菱東京UFJ銀行頭取)は、本日開催の理事会において、インターネット・バンキングにおける預金等の不正払戻し事案が急増している状況にあることを踏まえ、お客さまに安心してインターネット・バンキングをご利用いただくための取組みを一層強化すべく、別紙のとおり、セキュリティ対策向上に関する申し合わせを行いましたので、ご連絡申しあ

2015年12月11日エムオーテックスフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

スマートデバイスの紛失実態調査

【MOTEX NEWS LETTER】忘年会シーズンの情報漏えいに要注意!一年の苦労は忘れてもスマホは忘れるな!「スマートデバイスの紛失実態調査」を実施MOTEXが社会的問題である「情報漏えい」の解決・防止に貢献していく“NO MORE 情報漏えいプロジェクト”から最新のNEWSを配信します。今回は「忘年会シーズンの情報漏えいに要注意!一年の苦労は忘れてもスマホは忘れるな!」です。忘年会シーズンに起こり得る情報漏えいのリスクと対策に関するレポートに加え、都内12店舗の居酒屋チェーン「笑笑」での啓

2015年11月30日シマンテックフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

ノートン サイバーセキュリティ インサイト レポート

日本におけるネット犯罪の被害総額は、2,258億円 被害者1人あたりの損失額は2万8,697円 - ノートン調査 常に安全なパスワードを使用している日本人は、世界平均を下回る5人に1人未満 セキュリティソフト「ノートン」は本日、消費者調査「ノートン サイバーセキュリティ インサイト レポート」を発表し、ネット犯罪の最新動向と日本の消費者へ及ぼす影響を明らかにしました今回の調査で、全世界の消費者の62%がクレジットカード情報は財布から盗まれるよりオンライン上で盗まれる可能性の方が高いと考えてお

2015年7月31日総務省フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

ウェブサービスに関するID・パスワードの管理・運用実態調査

報道資料ウェブサービスに関するID・パスワードの管理・運用実態調査結果 総務省は、この度ウェブサービスを提供する企業におけるID・パスワードの管理・運用実態について調査した結果を取りまとめましたので公表します。 1 背景 現在、インターネットショッピングやインターネットバンキング、ソーシャルネットワーキングサービス等、インターネットを通じて様々なサービスが提供されています。総務省では、ウェブサービスにおいて利用者を確認する主な手段としてID・パスワードが利用されていることを踏まえ、ウェブサービス

2015年6月17日価格.com★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

セキュリティソフトについての調査です。

セキュリティソフト利用状況調査-パソコン、スマホ、守ってますか?-

価格.comリサーチ第84回のテーマは「セキュリティソフト」。価格.comユーザーのセキュリティ対策事情から、お使いのソフトの種類や満足度についてまで詳しく調査しました。人気のソフトはどれでしょうか?セキュリティ対策の実施率:何らかの対策を講じている人は全体で93.4%と高い比率パソコンへのウイルス感染や不正アクセスによる被害が日々報道されている昨今、パソコンユーザーのセキュリティ対策の状況を明らかにするべく、メインで使用しているパソコンに講じているセキュリティ対策について調査しました。まず、パ

2015年4月14日日経BPフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

調査から浮かび上がる業務PCのセキュリティ対策の実態

企業におけるセキュリティ対策は力の入れ方が難しい。セキュリティ事故が万が一発生した場合、経営に大きな影響を与える可能性があるが、潜在的なリスクを挙げればきりがなく、投資対効果を把握しにくいからだ。多忙な情報システム担当者にとっては、「いたちごっこ」的な対策に手間を取られ、どのレベルまで対処すべきなのか判断に迷うところだ。そうした時は、自社の対策を一度客観的に振り返ってみてはどうだろうか。日経BPコンサルティングが2015年2月に実施した調査結果を解説しながら、業務PCを中心としたセキュリティ対策

2015年4月1日マイナビフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

ビジネスパーソンが個人で行っているセキュリティ対策を実態調査

ついに今年も新たなシーズンが始まる時期がやってきた。卒業や転居、異動などにより今までとは違う生活が始まる方も少なくないことだろう。そんな新生活に合わせ、PCやモバイル機器を新調された方も多いと思う。パソコンのみならず、最近ではスマートフォンやタブレットの性能も十分向上し、一昔前の機種とはまるで違う快適な動作速度を実現している。しかし、それらのデバイスへのセキュリティについては特に意識していない方も意外といらっしゃるのではないだろうか。デバイスが高速化した今こそ、セキュリティについて真剣に考える時

パスワードや生態認証についての調査です。

パスワードに関するインターネット調査

[DDS] ,セキュリティー 疲れ パスワード 指紋認証 生体認証 SNS ログインできない アカウント乗っ取り

2014年10月24日IPAフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

コンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況および相談状況 [2014年第3四半期(7月~9月)]

HOME情報セキュリティコンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況および相談状況 [2014年第3四半期(7月~9月)] コンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況および相談状況 [2014年第3四半期(7月~9月)] 第14-17-322号掲載日:2014年10月24日 独立行政法人情報処理推進機構技術本部 セキュリティセンター (PDFはこちら)1. コンピュータウイルスおよび不正プログラムの検出数1-1. 四半期総括 2014年第3四半期に寄せられたウイルスの検出数(*1)は、2014

2014年8月5日IPA★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

IPAのレポートです。

「オンライン本人認証方式の実態調査」報告書

「オンライン本人認証方式の実態調査」報告書について掲載日 2014年8月5日独立行政法人情報処理推進機構技術本部 セキュリティセンター 2013年以降、流出した個人のID・パスワード(以後、アカウント)が、不正アクセスに悪用される、“パスワードリスト攻撃“が多発しています(*1)。IPAではこれを受け、インターネットサービスにおける利用者(個人)とサービス事業者双方のオンライン本人認証(*2)の実態調査をおこない、安全なオンライン認証を実現する上での利用者側、サービス事業者側の対策を検討し、優先

2014年7月25日IPAフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

コンピュータウイルス・不正アクセス届出状況および相談受付状況[2014年第2四半期(4月~6月)]

HOME情報セキュリティコンピュータウイルス・不正アクセス届出状況および相談受付状況[2014年第2四半期(4月~6月)] コンピュータウイルス・不正アクセス届出状況および相談受付状況[2014年第2四半期(4月~6月)] 第14-12-317号掲載日:2014年 7月25日 独立行政法人情報処理推進機構技術本部 セキュリティセンター (PDFはこちら)1. コンピュータウイルスおよび不正プログラムの検出数1-1. 四半期総括 2014年第2四半期に寄せられたウイルスの検出数(*1)は、2014

2014年7月15日大和総研フィードバック数:0社会/政治

電話には出ない

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 振り込め詐欺(オレオレ詐欺、架空請求詐欺、融資保証金詐欺、還付金等詐欺の4種類)の被害が減らない。特に東京都におけるオレオレ詐欺は、被害の認知件数が36%、被害額が32%で全国最多となっている。犯人がなりすましたのは息子が多く全体の約8割を占め、被害者の8割以上は女性だったことから、「息子を持つ母親」をターゲットにしているようにも見える(図表1)。ただし、なりすまされた者の職業の約7割が会社員であるこ

2014年3月7日マイナビフィードバック数:0モバイル

スマホのパスワードをかけない人はどれくらいいるの?

自分で撮影した写真や、友人の連絡先などスマートフォンの中には様々な個人情報が保存されている。では、こうした情報を守るために、端末にパスワードをかけている人はどれくらいいるのだろうか。マイナビニュース会員300名に聞いてみた。スマートフォンにパスワードをかけていますか?スマートフォン利用者に対して、端末にパスワードをかけているか聞いたところ、「はい」が45.7%、「いいえ」が54.3%とパスワードをかけていない人の方が多いことが分かった。この結果を端末別にみると、iPhoneユーザーでは57%、A

2013年6月11日アイティメディア★フィードバック数:7セキュリティ/ネットワーク

キーマンズがID管理についての調査結果を公開しました。

ID管理ツールの導入状況

キーマンズネットでは、2013年2月13日〜2月25日にかけて「ID管理ツール」に関するアンケートを実施した(有効回答数:479)。回答者の顔ぶれは、情報システム部門が全体の42.2%、一般部門が57.8%という構成比であった。今回、お聞きしたのは業務で利用している「ID数」やユーザ・管理者の「満足度」や「不満点」など業務利用IDの現状と、「システム導入のきっかけ」「満足度」など、ID管理システムの導入状況を把握するための質問。その結果、業務上利用しているID数は「2〜3個」が最も多く、ID管理

2013年3月12日IPA★フィードバック数:73セキュリティ/ネットワーク

IPAによる資料です。

2013年版 10大脅威 身近に忍び寄る脅威

「2013年版 10大脅威 身近に忍び寄る脅威」を公開 独立行政法人情報処理推進機構技術本部 セキュリティセンター 本資料は、情報セキュリティ分野の研究者、企業などの実務担当者など117名から構成される「10大脅威執筆者会」メンバーの知見や意見を集めながら、近年の情報システムを取り巻く脅威について解説しています。資料は、下記の3章構成となっています。 第1章 情報セキュリティの変遷1章では、情報セキュリティの変遷として、情報セキュリティが定着してきた2001年から2012年までのセキュリティ

2012年12月11日IPA★★フィードバック数:39セキュリティ/ネットワーク

セキュリティ上の脅威やその対策についての意識調査です。

2012年度 情報セキュリティの脅威に対する意識調査

「2012年度 情報セキュリティの脅威に対する意識調査」報告書について掲載日 2012年12月11日独立行政法人情報処理推進機構技術本部 セキュリティセンター 家庭でも一般的になったインターネットには、便利なツールとしての利用価値がある反面、ウイルスやワンクリック請求、フィッシングといった様々な脅威が存在しています。例えば、フィッシングによるインターネットバンキングの不正送金やウイルスに感染したことによるパソコンの不正利用といった被害が一般のインターネット利用者にも発生しています。身近にあるこれ

ビジネスでのメール利用についてのまとまった調査です。

ビジネスメール実態調査2012(平成24年)

「ビジネスメール実態調査2012(平成24年)」発表2012年08月01日更新仕事で受け取った不快なメールワースト3 文章が失礼(47.17%)、文章が曖昧(33.67%)、文章が冷たい(20.83%)「ビジネスメール実態調査2012(平成24年)」発表 ビジネスメール教育の専門企業であるアイ・コミュニケーション(代表取締役:平野友朗、本社:東京都千代田区)は平成24年8月1日(水曜)に、仕事におけるメールの利用状況と実態を把握した「ビジネスメール実態調査2012(平成24年)」を発表し

2012年7月4日IPAフィードバック数:39セキュリティ/ネットワーク

コンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況[6月分および上半期]

コンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況[6月分および上半期]について第12-15-251号掲載日:2012年 7月 4日独立行政法人情報処理推進機構技術本部 セキュリティセンター  IPA (独立行政法人情報処理推進機構、理事長:藤江 一正)は、2012年6月および2012年上半期のコンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況をまとめました。(届出状況の詳細PDF資料はこちら)1. 今月の呼びかけ「 フィッシングに注意するとともに、自分が加害者にならないよう気をつけよう! 」~ 不正アクセ

2012年4月10日アイティメディア★フィードバック数:6セキュリティ/ネットワーク

キーマンズがシングルサインオンについての調査結果を公開しました。

シングルサインオンの導入状況

キーマンズネットでは、2012年2月21日〜 2012年2月28日にかけて「シングルサインオンの導入状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数:644)。回答者の顔ぶれは、情報システム部門が全体の50.5%、一般部門が49.5%という構成比であった。今回、お聞きしたのは導入・検討しているシングルサインオンの「導入のきっかけ」や「重視ポイント」、「満足度」など、シングルサインオンの導入状況を把握するための質問。その結果、大企業を中心に23.0%の企業で既に利用されており、その中で72.6%が「

2012年3月14日アイティメディアフィードバック数:1セキュリティ/ネットワーク

忘れちゃいけない重要なパスワード、バックアップはする?

忘れちゃいけない重要なパスワード、バックアップはする? 新しい恋人ができた!昔の恋人の思い出は、頭の中でどう整理する?新しい恋人ができたとき、昔の恋人の思い出を「上書き」して消去してしまう人は19%、「フォルダ分け」して整理する人は81%という結果になった。思い出はその善し悪しに関わらずきちんと整理しておきたいと考える人が圧倒的に多いようだ。しかし「上書き」派のコメントには、「ちょっとした拍子に昔の思い出が蘇る」という内容のものがいくつも見られたから、上書きといっても“完全消去”ではなさそうだ

2010年10月26日産労総合研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

2010年度 大学・大学院卒新入社員教育に関する調査

人事・賃金・労務管理・人材開発に関する調査・研究・出版産労総合研究所では、各定期刊行誌において各種調査を行っております。ホームページにおけるアンケート調査は、これらを補完するもの、またはインターネットを利用した独自調査を行うものです。 さらに、読者ニーズやホームページ・ニーズなど、広くユーザーのご意見・ご要望をお聞きする重要なツールとして活用します。 そして、このインターネットにおける調査結果は、ユーザーの皆様に定期刊行誌または可能な限りホームページ上でフィードバックし、ご活用していただけるよう

2009年11月9日IPAフィードバック数:6セキュリティ/ネットワーク

2009年度 情報セキュリティの脅威に対する意識調査

「2009年度 情報セキュリティの脅威に対する意識調査」報告書を公開掲載日 2009年11月4日独立行政法人 情報処理推進機構セキュリティセンター  IPA(独立行政法人情報処理推進機構、理事長:西垣 浩司)は、インターネット利用者を対象とした「2009年度 情報セキュリティの脅威に対する意識調査」を実施し、報告書をIPAのウェブサイト上で公開しました。(URL: )  「情報セキュリティの脅威に対する意識調査」は、PCインターネット利用者へのウェブアンケートを通じて、脅威に対する認知度、対策の

2009年6月29日日経BPフィードバック数:0デジタル家電

自宅のパソコンは共有している?

本コンテンツの無断転載、配信、共有利用を禁止します。[画像のクリックで拡大表示] 前回は家の中のどこにパソコンが置かれているか聞いた。今回は家庭の中でのパソコンの共有方法を、1000人のネットユーザーに尋ねてみた。 共有していないという回答は全体の3分の1ほどなのに対して、約半数の人は自分と家族で共有している。さらに、共有パソコンの半数弱が全員共通の設定で使われており、「ログインパスワードなどを設定して環境を使い分けている」のは3割に満たない。「環境設定などの管理が面倒」という声もあり、共有パソ

2009年6月15日野村総合研究所★フィードバック数:14セキュリティ/ネットワーク

平均3.1個程度のパスしかユーザは覚えられないようです。しか、というか多い気もします。

インターネットユーザーのIDに関する意識についてアンケート調査

インターネットユーザーのIDに関する意識についてアンケート調査を実施 ~ ユーザーの9割以上がID・パスワードを複数のサイトで併用 ~株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、会長兼社長:藤沼彰久、以下「NRI」)は、2009年3月に、全国の16歳以上69歳以下の男女を対象に、インターネットで使用するID ※1とパスワードに関する意識について、インターネットアンケート調査を実施しました。その結果、インターネットユーザーのID・パスワードに関する実態や意識について、大きく3つの傾向があることが

2008年12月9日アイシェアフィードバック数:0マーケティング

会員登録時などでの確認用2回目入力、メルアドは5割半が「コピペする」~パスワードは7割弱が「直接入力」

会員登録時などでの確認用2回目入力、メルアドは5割半が「コピペする」 ユーザーインターフェイスに関する意識調査 会員登録時などでの確認用2回目入力、メルアドは5割半が「コピペする」~パスワードは7割弱が「直接入力」オンラインサービスの会員登録などでは、登録するメールアドレスやパスワードの内容確認のため、2回入力することを求められる。このとき、ネットユーザーはどんな操作をしているのだろうか。20代から40代を中心とする男女422名の回答を集計した。会員登録時などにメールアドレス確認で2回目の入力を

ユーザー側のフィッシングに関するまとまった意識調査です。

フィッシングに関するユーザ意識調査報告書2008

~ フィッシングとは金融機関などを装った電子メールを送り口座番号、パスワード、クレジットカード番号などの個人情報を詐取する行為です ~ フィッシングに関するユーザ意識調査報告書2008について2008年07月30日フィッシング対策協議会は、2008年2月にインターネット利用者を対象とした「フィッシングに関するユーザ意識調査」を実施し、その調査結果をまとめました

2008年5月12日日経BPフィードバック数:1セキュリティ/ネットワーク

パスワードは「8文字以上」が当たり前!?

パスワードは「8文字以上」が当たり前!?

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ