調査のチカラ TOP > タグ一覧 > パテントスコア

「パテントスコア」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年5月2日パテント・リザルトフィードバック数:0社会/政治

レコメンド関連技術、特許総合力トップ3は楽天、ソニー、ヤフー

レコメンド関連技術、特許総合力トップ3は楽天、ソニー、ヤフー 弊社はこのほど、2016年2月末までに日本の特許庁に出願された「レコメンド関連技術」について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用い、参入企業に関する調査結果をまとめ、レポートの販売を開始しました。 レコメンド技術には、インターネットショッピングにおけるお勧め商品の提示や、動画配信におけるお勧め番組の提示など、ユーザーの趣味や嗜好を反映したコンテンツを提案するさまざまな技術があります。本ランキングでは、これらレコメンド技術全

デジタルコンテンツの課金技術、特許総合力トップ3はソニー、パナソニック、QUALCOMM

デジタルコンテンツの課金技術、特許総合力トップ3はソニー、パナソニック、QUALCOMM 弊社はこのほど、2015年12月末までに日本の特許庁に出願された「デジタルコンテンツの課金技術」について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用い、参入企業に関する調査結果をまとめ、レポートの販売を開始しました。 近年、映画や音楽、ゲームなどさまざまなデジタルコンテンツの配信が活発化しています。本ランキングでは、これらデジタルコンテンツ全般の課金技術について調査することを目的とし、関連特許5,787

広告課金技術、特許総合力トップ3はヤフー、Google、NHN

広告課金技術、特許総合力トップ3はヤフー、Google、NHN 弊社はこのほど、2015年12月末までに日本の特許庁に出願された「広告課金技術」について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用い、参入企業に関する調査結果をまとめ、レポートの販売を開始しました。 広告課金技術には、広告の表示回数や、インターネット上でユーザーが広告をクリックした回数に応じて広告主に課金したりする技術などがあります。本ランキングでは、広告課金技術全般について調査することを目的とし、関連特許4,274件について

車両用キーレスエントリ関連技術 特許総合力ランキングトップ3は東海理化電機製作所、デンソー、トヨタ自動車

車両用キーレスエントリ関連技術 特許総合力ランキングトップ3は東海理化電機製作所、デンソー、トヨタ自動車 弊社はこのほど、日本に出願された車両用キーレスエントリ関連技術について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用い、参入企業に関する調査結果をまとめ、レポートの販売を開始しました。 本調査では、1993年から2015年9月末までに日本の特許庁で公開された関連特許4,590件を対象として、特許の質と量から総合的に参入企業の競争力を見た「特許総合力ランキング(注1)」を集計しました。 その

CMP関連技術、特許総合力トップ2は米・APPLIED MATERIALS、荏原

CMP関連技術、特許総合力トップ2は米・APPLIED MATERIALS、荏原 弊社はこのほど、日本に出願されたCMP関連技術(※1)について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用いて参入企業に関する調査結果をまとめ、レポートの販売を開始しました。 CMP(化学機械研磨)は、半導体プロセスにおけるウェハー平坦化に使われる技術です。配線幅の微細化や配線層の多層化が進むにつれて求められるウェハー平坦度も厳しくなることから、CMP技術は半導体プロセスの中でも非常に重要なものとなっています。

機械・摺動部材へのDLCコーティング技術・部材、特許総合力トップ3は日産自動車、神戸製鋼、NTN

機械・摺動部材へのDLCコーティング技術・部材、特許総合力トップ3は日産自動車、神戸製鋼、NTN 弊社はこのほど、日本に出願された機械・摺動部材へのDLCコーティング技術・部材について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用いて参入企業に関する調査結果をまとめ、レポートの販売を開始しました。 様々な機械部品で構成される製品、装置等において、部品間の接触部分に生じる摩擦力によりエネルギーロスが生じ、さらには摩耗によるロスも発生します。こうした摩擦力や摩耗を低減するため、主に潤滑油が用いられ

インホイールモーター関連技術、特許総合力トップ3はトヨタ自動車、NTN、本田技研工業

インホイールモーター関連技術、特許総合力トップ3はトヨタ自動車、NTN、本田技研工業 弊社はこのほど、日本に出願されたインホイールモーター関連技術について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用いて参入企業に関する調査結果をまとめ、レポートの販売を開始しました。 インホイールモーターは、電気自動車の駆動用モーターを車輪近くに搭載し、直接車輪を駆動する技術です。従来の電気自動車はガソリン自動車のエンジンと同じような場所に駆動モーターを搭載していましたが、インホイールモーターを搭載することに

車両用ワイパー関連技術、特許総合力トップ3は独・ROBERT BOSCH、ミツバ、アスモ

車両用ワイパー関連技術、特許総合力トップ3は独・ROBERT BOSCH、ミツバ、アスモ 弊社はこのほど、日本に出願された車両用ワイパー関連技術について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用いて参入企業に関する調査結果をまとめ、レポートの販売を開始しました。 本調査では、1993年以降に日本の特許庁で公開された、ワイパーを構成するアーム、ブレード、及びワイパーアッセンブリーや駆動方法等に関する特許を集計し、各個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」をベースとして、特許の質と量から

スパッタリング装置関連技術、特許総合力トップ3はキヤノンアネルバ、米・APPLIED MATERIALS、アルバック

スパッタリング装置関連技術、特許総合力トップ3はキヤノンアネルバ、米・APPLIED MATERIALS、アルバック 弊社はこのほど、日本に出願されたスパッタリング装置関連技術(※1)について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用いて参入企業に関する調査結果をまとめ、レポートの販売を開始しました。 スパッタリングは薄膜製造技術の一つとして半導体やディスプレイ等の製造プロセスに用いられています。本調査ではスパッタリング装置関連技術の特許を集計し、各個別特許の注目度を得点化する「パテントス

摩擦撹拌接合技術、特許総合力トップ3は日本軽金属、日立製作所、米・BOEING

摩擦撹拌接合技術、特許総合力トップ3は日本軽金属、日立製作所、米・BOEING 弊社はこのほど、日本に出願された摩擦撹拌接合技術について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用いて参入企業に関する調査結果をまとめ、レポートの販売を開始しました。 摩擦撹拌接合とは、先端に突起のある工具を回転させながら押しつけ、摩擦熱によって軟化した材料を塑性流動させることにより接合する技術で、鉄道、自動車等、幅広い分野で利用されています。本技術はイギリスのThe Welding Institute(TWI

大学・研究機関 特許資産規模ランキング2014、トップ3は産総研、JST、東北大

大学・研究機関 特許資産規模ランキング2014、トップ3は産総研、JST、東北大 弊社はこのほど、「大学・研究機関 特許資産の規模ランキング2014」を集計いたしました(※1)。2014年3月末時点において公開されている権利継続中の登録特許を対象として、個別特許の注目度を指数化する「パテントスコア」を用い、各大学・研究機関が保有する特許資産を、質と量の両面から総合的に評価しました。 集計の結果、上位5機関が前年度と同じとなりました。【大学・研究機関 特許資産の規模ランキング2014】※今回新たに

乳酸菌関連技術、特許総合力トップ3は明治、ヤクルト本社、NESTLE

乳酸菌関連技術、特許総合力トップ3は明治、ヤクルト本社、NESTLE 弊社はこのほど、日本に出願された乳酸菌関連技術について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用いて参入企業に関する調査結果をまとめました。 乳酸菌は、ヨーグルトやチーズなどの乳製品に含まれており、腸内の環境を整える効果が知られています。 このほかには、乳酸菌発酵を行うことで腐敗や臭いを抑える効果が期待できることから、食料品や飼料などの長期保存や、汚泥の処理にも活用されています。 近年では、化粧品への応用や、アレルギーの

日本版バイ・ドール関連特許 特許総合力ランキングトップ3はNEC、産業技術総合研究所、日立製作所

日本版バイ・ドール関連特許 特許総合力ランキングトップ3はNEC、産業技術総合研究所、日立製作所 弊社はこのほど、国内に出願された日本版バイ・ドール関連特許(注1)について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用いて参入企業に関する調査結果をまとめ, レポートの販売を開始しました。 日本版バイ・ドール制度とは、各省庁の委託研究開発契約(注2)に基づく研究成果(発明)であっても、その成果に対して民間企業や大学・研究者が特許権を取得することを認めたものであり、特に産業界において科学技術の進展

米国におけるデプスセンサ関連技術、特許総合力トップ3はMICROSOFT、ソニー、APPLE

【米国】デプスセンサ関連技術、特許総合力トップ3はMICROSOFT、ソニー、APPLE 弊社はこのほど、米国特許商標庁に出願されたデプスセンサ関連技術について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用い、参入企業に関する調査結果をまとめ、レポートの販売を開始しました。 MICROSOFTが2010年に発売したXbox360向けゲームデバイス「Kinect(キネクト)」の登場により、3次元計測技術の1つであるデプスセンサが産業用途から民生用途へと広がりを見せています。そこで、弊社は2014

車両用塗装関連技術、特許総合力トップ3は関西ペイント、日本ペイント、BASF COATINGS(ドイツ)

車両用塗装関連技術、特許総合力トップ3は関西ペイント、日本ペイント、BASF COATINGS(ドイツ) 弊社はこのほど、日本に出願された車両用塗装関連技術について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用いて参入企業に関する調査結果をまとめました。 自動車製造における塗装プロセスは非常に長い工程からなり、またVOC(揮発性有機化合物)の排出が多いことから、コスト面、環境面から改善が求められています。近年ではさまざまな企業からこれらの課題を克服する技術が提案されています。本調査では車両用塗

2014年4月9日パテント・リザルトフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

車両用シートの安全技術、特許総合力トップ3はトヨタ自動車、テイ・エステック、ニッパツ

車両用シートの安全技術、特許総合力トップ3はトヨタ自動車、テイ・エステック、ニッパツ 弊社はこのほど、日本に出願された車両用シートの安全技術について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用い、参入企業に関する調査結果をまとめ、レポートの販売を開始しました。 車両用シートには、衝突時の衝撃を吸収する技術や、エアバッグを的確に制御するための着座センサなど、安全性を高めるさまざまな技術が使われています。本調査では、これら車両用シートの安全技術全般について、個別特許の注目度を得点化する「パテント

ヘッドアップディスプレイ関連技術 特許総合力トップ3はパイオニア、デンソー、東芝

ヘッドアップディスプレイ関連技術 特許総合力トップ3はパイオニア、デンソー、東芝 弊社はこのほど、日本に出願されたヘッドアップディスプレイ関連技術について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用いて参入企業に関する調査結果をまとめ、レポートの販売を開始しました。 ヘッドアップディスプレイは、フロントガラスまたはフロントガラス前方に走行情報を映し出す表示技術です。この技術は、走行状況の確認に伴うドライバーの視線移動を最小限に抑えるため、走行時の安全性向上に大きな期待が寄せられています。映し

人工透析関連技術、特許総合力トップ3はBaxter、Fresenius、日機装

人工透析関連技術、特許総合力トップ3はBaxter、Fresenius、日機装 弊社はこのほど、日本に出願された人工透析関連技術について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用いて参入企業に関する調査結果をまとめ、レポートの販売を開始しました。 日本透析医学会の集計によると、透析患者は毎年増加し続けており、2011年末には初めて30万人を超えました。透析患者は日本の他に米国、欧州などの先進国に集中していましたが、今後中国をはじめとした新興国でも増加が予想されています。それに伴い先進国以外

フォークリフト関連技術、特許総合力トップ3はニチユ三菱フォークリフト、豊田自動織機、コマツ

フォークリフト関連技術、特許総合力トップ3はニチユ三菱フォークリフト、豊田自動織機、コマツ 弊社はこのほど、日本に出願されたフォークリフト関連技術について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用いて参入企業に関する調査結果をまとめました。 フォークリフトは物流業務には欠かせない産業車両の一つです。日本では第二次世界大戦後から普及し始めましたが、現在では物流倉庫内での効率的な作動技術、省エネルギー技術、バッテリーの燃料電池化等、ハイテク化が進んでいます。また、近年では事業統合も相次いでおり

金属回収技術、特許総合力トップ3はJX日鉱日石金属、住友金属鉱山、DOWAグループ

金属回収技術、特許総合力トップ3はJX日鉱日石金属、住友金属鉱山、DOWAグループ 弊社はこのほど、日本に出願された金属回収技術について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用いて参入企業に関する調査結果をまとめ、レポートの販売を開始しました。 電化製品や自動車等に使用される部品には多くの金属製品が含まれています。これらの金属にはレアメタル等の日本では採掘されていないものも多く含まれています。近年では産業廃棄物に含まれる金属資源が「都市鉱山」と呼ばれ、天然金属資源に乏しい日本では大きな注

2014年1月6日パテント・リザルトフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

犬猫用ペットフード関連技術、特許総合力トップ3はネスレ、ヒルズペットニュートリション、アイムス

犬猫用ペットフード関連技術、特許総合力トップ3はネスレ、ヒルズペットニュートリション、アイムス 弊社はこのほど、日本に出願された犬猫用ペットフード関連技術について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用いて参入企業に関する調査結果をまとめ、レポートの販売を開始しました。 近年、犬や猫などのペットの4頭に1頭が、肥満であるといわれており、人の生活習慣病と共に問題となっています。その原因としては、飼い主の都合による避妊・去勢や運動不足などにより、体脂肪率が増加することで、人の生活習慣病と同様

機能性飲料(栄養強化・改善)関連技術、特許総合力トップ3は花王、伊藤園、森永乳業

機能性飲料(栄養強化・改善)関連技術、特許総合力トップ3は花王、伊藤園、森永乳業 弊社はこのほど、日本に出願された機能性飲料関連技術について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用いて参入企業に関する調査結果をまとめ、レポートの販売を開始しました。 生活習慣病は、現代社会において最も深刻な社会問題の1つであり、特に食生活の欧米化により、動物性脂肪、糖類および塩分を過剰に摂取していることや、定期的に運動する習慣が減少していることから、年々深刻化する傾向にあります。このような中で、多くの人が

半導体エネルギー研究所、シャープ、セイコーエプソンの順です。

電子書籍関連技術 特許総合力ランキングトップ3は半導体エネルギー研究所、シャープ、セイコーエプソン ―アマゾンは2008年の76位から8位に躍進

電子書籍関連技術 特許総合力ランキングトップ3は半導体エネルギー研究所、シャープ、セイコーエプソン ―アマゾンは2008年の76位から8位に躍進 スマートフォンやタブレット端末の普及に伴い、電子機器を使って著作物を閲覧・販売する「電子書籍」の市場が拡大しています。インターネットメディア総合研究所の調査結果によると2012年度の電子書籍市場は前年比15.9%増の729億円に拡大し、2017年度には約3.3倍の2390億円に達する見込みとなっています。 そこで弊社は、日本の特許庁において2013年6

2013年7月4日パテント・リザルトフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

米国 燃料電池分野の特許総合力、トップ3はGM、トヨタ、ホンダ

【米国】燃料電池関連技術の特許総合力、トップ3はGM、トヨタ、ホンダ※2013年7月3日付 日本経済新聞 朝刊3面に掲載されました  弊社はこのほど、米国における燃料電池分野について、参入企業の競争力に関する調査を行いました。今回の調査は2011年7月に実施した調査に続くもので、1980年から2013年5月末までに米国特許商標庁で公開された燃料電池関連の特許を対象に、個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」による評価を実施し、特許の質と量から総合的に見た「特許総合力ランキング(※)」を集計

スポーツシューズ・作業靴など履物関連技術 特許総合力ランキングトップ3はNIKE、アシックス、ミドリ安全

スポーツシューズ・作業靴など履物関連技術 特許総合力ランキングトップ3はNIKE、アシックス、ミドリ安全 靴・足袋・サンダルなど足の保護やファッションのために着用される履物は、使用する目的や用途、また使用者の性別や年齢によって様々な種類が存在します。長距離走行のため軽量で且つ着地時の負荷を吸収するジョギングシューズ、工事現場や工場など危険を伴う作業場で足を保護する安全靴、美容を目的として身長を高く見せるハイヒールなどが一例として挙げられます。そこで弊社は、これら履物全般に着目し、関連分野に参入す

2013年6月12日パテント・リザルトフィードバック数:13製造業/エレクトロニクス

大学・研究機関 特許資産規模ランキング2013、東北大、東工大が躍進

大学・研究機関 特許資産規模ランキング2013、東北大、東工大が躍進 弊社はこのほど、「大学・研究機関 特許資産の規模ランキング2013」を集計いたしました(※1)。2013年3月末時点において公開されている権利継続中の登録特許を対象として、個別特許の注目度を指数化する「パテントスコア」を用い、各大学・研究機関が保有する特許資産を、質と量の両面から総合的に評価しました。 集計の結果、1位 産業技術総合研究所(産総研)、2位 科学技術振興機構(JST)と上位2機関は前年度と同じですが、3位には東北

電子制御スロットル、特許総合力トップ3は日立オートモティブシステムズ、デンソー、本田技研工業

電子制御スロットル、特許総合力トップ3は日立オートモティブシステムズ、デンソー、本田技研工業 弊社はこのほど、日本に出願された電子制御スロットル技術について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用いて参入企業に関する調査結果をまとめました。 電子制御スロットルは、アクセルワイヤとスロットルバルブをケーブルでつなぐのではなく、センサーでアクセル踏み込み量を検知し、ECU(エンジコントロールユニット)の命令に従いモーターでスロットルを開く技術で、ドライブ・バイ・ワイヤとも呼ばれれています。本

オンライン広告関連技術 特許総合力ランキング、ヤフー、Googleに続き楽天が躍進

オンライン広告関連技術 特許総合力ランキング、ヤフー、Googleに続き楽天が躍進電通が2013年2月に発表したデータによると、2012年のインターネット広告市場の規模は、前年比7.7%の8,680億円に達し、景気回復とともに市場のさらなる拡大が期待されています。弊社では、2012年4月にオンライン広告全般に関する特許総合力ランキングを発表しましたが、めまぐるしく動く同分野において、このほど最新の競合状況を改めて調査いたしました。 1993年から2013年2月末までに日本の特許庁で公開された関連

2013年4月9日パテント・リザルトフィードバック数:2製造業/エレクトロニクス

建物の制振・耐震・耐力壁技術 特許総合力ランキングトップ3は清水建設、竹中工務店、オイレス工業

建物の制振・耐震・耐力壁技術 特許総合力ランキングトップ3は清水建設、竹中工務店、オイレス工業 弊社はこのほど、国内に出願された建物の制振・耐震・耐力壁関連技術について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用いて参入企業に関する調査結果をまとめました。 自然災害に対する防災の意識が高まりつつある中、免震構造(注1)は既存建物への後付けが容易ではない一方、後付けが比較的容易な制振構造(注2)に関する技術に注目が集まっています。本調査では、建物の制振構造のみならず、技術的に関連性が高い耐震・

2013年4月4日パテント・リザルトフィードバック数:2製造業/エレクトロニクス

住宅リフォーム技術 特許総合力ランキングトップ3はYKK AP、ミサワホーム、LIXIL

住宅リフォーム技術 特許総合力ランキングトップ3はYKK AP、ミサワホーム、LIXIL 弊社はこのほど、国内に出願された住宅リフォーム関連技術について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用いて参入企業に関する調査結果をまとめました。 国内の住宅購入では新築偏重が主流の中、国土交通省の住宅着工統計(注1)によると、20年以上100万戸以上で推移していた新設住宅着工数は、長期的なトレンドとして減少傾向を示しており、平成21年以降はついに100万戸以下となりました。一方、平成18年6月に施

2013年3月4日パテント・リザルトフィードバック数:1製造業/エレクトロニクス

車載用カメラ、特許総合力トップ3はデンソー、住友グループ、パナソニック

車載用カメラ、特許総合力トップ3はデンソー、住友グループ、パナソニック 弊社はこのほど、日本に出願された車載用カメラ関連技術について、参入企業に関する調査結果をまとめました。 近年、運転者の視界を支援するために、車両周辺を監視するカメラを搭載する自動車が普及してきています。本調査では周辺を監視するための車載用カメラに着目し、個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」をベースとして、特許の質と量から総合的に見た評価を行いました。 その結果、「総合力ランキング(注1)」では、1位 デンソー、2位

【農業機械】脱穀機、特許総合力トップ3はクボタ、ヤンマー、井関農機

【農業機械】脱穀機関連技術、特許総合力トップ3はヤンマー、クボタ、井関農機 弊社はこのほど、日本に出願された「脱穀機関連技術」について、参入企業に関する調査結果をまとめました。 1993年から2012年12月末までに日本特許庁で公開された関連特許5,955件を対象に個別特許スコアリング指標「パテントスコア」による評価を最新の2012年12月末時点で実施し、競合状況を特許の質と量から総合的に見た「特許総合力ランキング」を集計しました。 その結果、「総合力ランキング(注1)」では、1位 ヤンマー、2

2013年2月7日パテント・リザルトフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

【農業機械】収穫・刈取機、特許総合力トップ3はクボタ、ヤンマー、井関農機

【農業機械】収穫・刈取機関連技術、特許総合力トップ3はクボタ、ヤンマー、井関農機 弊社はこのほど、日本に出願された「収穫・刈取機関連技術」について、参入企業に関する調査結果をまとめました。 1993年から2012年12月末までに日本特許庁で公開された関連特許13,427件を対象に個別特許スコアリング指標「パテントスコア」による評価を2012年12月末時点で実施し、競合状況を特許の質と量から総合的に見た「特許総合力ランキング」(※)を集計しました。【収穫・刈取機関連技術 特許総合力トップ5】 前回

2013年2月5日パテント・リザルトフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

【農業機械】移植・田植機、特許総合力トップ3は井関農機、クボタ、ヤンマー

【農業機械】移植・田植機関連技術、特許総合力トップ3は井関農機、クボタ、ヤンマー 弊社はこのほど、日本に出願された「移植機、田植機関連技術」について、参入企業に関する調査結果をまとめました。 1993年から2012年12月末までに日本特許庁で公開された関連特許9,820件を対象に個別特許スコアリング指標「パテントスコア」による評価を2012年12月末時点で実施し、競合状況を特許の質と量から総合的に見た「特許総合力ランキング」(※)を集計しました。【移植・田植機関連技術 特許総合力トップ5】 その

2013年2月1日パテント・リザルトフィードバック数:3製造業/エレクトロニクス

【農業機械】耕運・整地機、特許総合力トップ3は小橋工業、クボタ、ヤンマー

【農業機械】耕運・整地機関連技術、特許総合力トップ3は小橋工業、クボタ、ヤンマー 弊社はこのほど、日本に出願された「耕運機、整地機関連技術」について、参入企業に関する調査結果をまとめました。 1993年から2012年12月末までに日本特許庁で公開された関連特許4,256件を対象に個別特許スコアリング指標「パテントスコア」による評価を2012年12月末時点で実施し、競合状況を特許の質と量から総合的に見た「特許総合力ランキング」(※)を集計しました。 その結果、「総合力ランキング」では、1位 小橋工

2013年1月23日パテント・リザルトフィードバック数:12製造業/エレクトロニクス

車載用レーダー、特許総合力トップ3はデンソー、富士通テン、三菱電機

車載用レーダー関連技術、特許総合力トップ3はデンソー、富士通テン、三菱電機 弊社はこのほど、日本に出願された車載用レーダー関連技術について、参入企業に関する調査結果をまとめました。 近年自動車の安全技術が活発になっており、特に予防安全(アクティブセイフティ)技術はこれまで以上に事故を減らす技術として積極的に研究・開発が進められています。予防安全技術の中でレーダーは車間距離制御や衝突被害軽減等のため、非常に重要な技術となっております。本調査では車載用レーダー技術関連の特許を集計し、各個別特許の注目

拡張現実(AR)/複合現実(MR)技術、特許総合力トップ3はキヤノン、パナソニック、任天堂

拡張現実(AR)/複合現実(MR)関連技術、特許総合力トップ3はキヤノン、パナソニック、任天堂 弊社はこのほど、日本に出願された拡張現実(AR:Augmented Reality)及び複合現実(MR:Mixed Reality)関連技術について、参入企業に関する調査結果をまとめました。 ARとは、現実環境にVR(Virtual Reality:仮想現実)による情報を重ね合わせることで、現実世界を「拡張」するものを指します。例えば、ある現実風景をAR機器(アプリ)を通して見ると、VRによる情報が重

ナノインプリント、特許総合力トップ3は東芝、米・Molecular Imprints、キヤノン

ナノインプリント関連技術、特許総合力トップ3は東芝、米・Molecular Imprints、キヤノン 弊社はこのほど、日本に出願されたナノインプリント関連技術について、参入企業に関する調査結果をまとめました。 ナノインプリントとは、モールド(スタンパー、テンプレート)を樹脂に押しつけ、モールド上に形成されたパターンを樹脂に転写する技術で、1995年に米・プリンストン大学のChou教授により発明されました。微細加工に適しており、半導体リソグラフィ、光デバイス、記録メディア、MEMS技術等への応用

米国 音声認識関連技術、トップはアップルに技術供与のNUANCE、Google は4位 ~ ソニー、キヤノン、パナソニックも上位に ~

【米国】音声認識関連技術、特許総合力トップはアップルに技術供与のNUANCE、Google は4位 ~ ソニー、キヤノン、パナソニックも上位に ~弊社はこのほど、音声認識関連技術について米国における競合分析を行い、参入企業に関する調査結果をまとめました。音声認識技術は、翻訳機やスマートフォンの操作など、幅広い用途で利用され始めており、今回は周辺技術を含めた音声認識関連技術全般について調査を実施しました。1980年から2012年6月末までに米国特許商標庁において公開された特許10,259件を対象に

2012年8月9日パテント・リザルトフィードバック数:2製造業/エレクトロニクス

ターボ分子ポンプ関連技術 特許総合力ランキング

ターボ分子ポンプ関連技術 特許総合力ランキング、EDWERDSと島津製作所が大きくリード弊社はこのほど、半導体やフラットパネルディスプレイの製造など高真空を必要とする分野で幅広く利用されるターボ分子ポンプ関連技術について競合分析を行い、参入企業に関する調査結果をまとめました。 1993年から2012年6月末までに日本特許庁で公開された関連特許1,570件を対象に個別特許スコアリング指標「パテントスコア」による評価を最新の2012年6月末時点で実施し、競合状況を特許の質と量から総合的に見た「特許総

2012年8月8日パテント・リザルトフィードバック数:6製造業/エレクトロニクス

抗体医薬品の特許総合力ランキング

抗体医薬品関連技術の特許総合力ランキング トップ3は米GENENTECH、中外製薬、協和発酵キリン ~ 直近5年間では米MERCK、米PFIZERが躍進弊社はこのほど抗体医薬品の中でもモノクローナル抗体を含有する医薬品製剤に着目し、参入企業の競争力に関する調査を行いました。抗体医薬品は人間の免疫機能を活用し、特定の細胞や組織にのみ効果のある抗体を利用した医薬品です。従来の化学合成による医薬品に比べて、副作用の軽減が期待できることから注目を集めています。 1993年から2012年5月末までに日本の

車両の前方衝突防止技術 特許総合力ランキング

車両の前方衝突防止技術 特許総合力ランキング トップ3は日産自動車、本田技研工業、トヨタ自動車 直近5年間では富士重工業が躍進弊社はこのほど、車両の前方衝突防止技術について、参入企業の競争力に関する調査を行いました。 近年、前方の障害物を検知し、自動的にブレーキ制御を行う衝突回避システムの需要が高まっていますが、本調査ではこのほかに、運転者に対して接触の可能性を知らせる警告システムや、渋滞時の車間距離を保つための運転支援技術など、前方衝突防止に関する技術全般が含まれます。 1993年から2012

放射線検出器関連技術 特許総合力ランキング

放射線検出器関連技術 特許総合力ランキング トップ3はキヤノン、浜松ホトニクス、東芝 ~直近5年間ではコニカミノルタエムジーが大躍進~弊社はこのほど、シンチレータを用いた放射線検出器関連技術について競合分析を行い、参入企業に関する調査結果をまとめました。 1993年から2012年2月末までに日本の特許庁で公開された関連特許4,776件を対象に、個別特許スコアリング指標「パテントスコア」による評価を、最新の2012年2月末および2006年末の2つの時点で実施し、各時点での競合状況を特許の質と量から

オンライン広告 特許総合力ランキング トップはヤフー 直近5年で電機メーカーからネット企業へ主力交代

オンライン広告関連技術 特許総合力ランキング トップはヤフー 直近5年で電機メーカーからネット企業へ主力交代インターネット上のウェブサイトに掲載されるオンライン広告は、インターネット上で商品を販売、サービスを提供するための大きな有効手段となっています。 近年ではユーザーの嗜好にもとづくターゲティング広告や、スマートフォンに代表されるタブレット端末の爆発的な普及により、モバイル広告市場が急激な拡大を見せています。 そこで弊社は、オンライン広告技術に注目し、参入企業の競争力に関する調査を行いました。

2011年9月4日パテント・リザルトフィードバック数:4製造業/エレクトロニクス

台湾企業2社が急成長!! タッチパネル特許戦国時代

台湾企業2社が急成長!! タッチパネル特許戦国時代iPhoneに代表されるスマートフォンの普及で重要度が高まっているのがタッチパネル関連技術だ。 この分野は素材からアプリケーションまで多岐にわたり、多くの企業が複雑に牽制・競争しあいながら怒涛の勢いで発展している。日本特許を戦場とした、特許力の競合状況を表したのが、以下の図である。図の見方この図は、日本のタッチパネル関連分野(FI:G06F 3, G02F 1等の一部)の特許1件1件に評価をつけた「パテントスコア」を元に、各社の競合状況を表したも

FacebookはGoogleを狙い撃ちか?注目度1位の特許はWEB検索関連

FacebookはGoogleを狙い撃ちか?注目度1位の特許はWEB検索関連弊社はこのほど、米国特許商標庁に出願された米Facebook社の特許について、個別特許の注目度を測る指標「パテントスコア(※)」により評価した結果をまとめました。 集計の結果、ウェブ検索に関する技術「特許番号7788260:Ranking search results based on the frequency of clicks on the search results by members of a social

2011年7月22日パテント・リザルトフィードバック数:14製造業/エレクトロニクス

燃料電池 米国特許 総合力ランキング、 ホンダ、トヨタ、パナソニックがトップ5入り

【米国】燃料電池関連技術 特許総合力ランキング、 ホンダ、トヨタ、パナソニックがトップ5入り弊社はこのほど、米国における燃料電池分野について、参入企業の競争力に関する調査を行いました。燃料電池は、ハイブリッド自動車をはじめとする車載用や、携帯機器向けなど、さまざまな用途で需要が高まっていますが、今回の調査では、あらゆる用途を含めて評価しています。 1980年から2011年5月末までに米国特許商標庁で公開された燃料電池関連の特許を対象に、個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」による評価を実

風力発電、特許総合力トップ3はAloys, WOBBEN氏、三菱重工業、日立製作所

風力発電関連技術、特許総合力トップ3はAloys, WOBBEN氏、三菱重工業、日立製作所弊社はこのほど、風力発電関連技術について、特許分析ツール「BizCruncher」を用いて参入企業に関する調査結果をまとめました。 日本国内における風力発電は、地理的な制約や気候の条件などからあまり普及しておらず、「再生可能エネルギーといえば太陽光発電」と捉えらえがちですが、世界的に見ると風力発電は太陽光発電以上に普及しており、その普及率は昨今急激に増加している状況です。 本調査では風力発電関連の特許を集計

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ