調査のチカラ TOP > タグ一覧 > パブリッククラウド

「パブリッククラウド」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

日本のデジタル変革は勢いを増すも、企業は慎重に最適な戦略を模索していることが明らかに

デジタルPRとプレスリリース配信03-4570-3196受付 10:00〜18:00(土日祝日を除く) ピュア・ストレージがグローバル調査を発表-日本のデジタル変革は勢いを増すも、企業は慎重に最適な戦略を模索していることが明らかにビジネスクリティカルなワークロードのパブリッククラウド移行について、日本企業は決めかねている状況2017年7月12日(東京)― 市場をリードする独立系オールフラッシュベンダーであり、クラウド時代に適したデータプラットフォームを提供するPure Storage社(以降「ピ

2017年7月14日IDC★フィードバック数:0企業情報システム

国内クラウドITインフラストラクチャ市場 2016年の出荷実績

国内クラウドITインフラストラクチャ市場 2016年の出荷実績を発表 2016年における国内クラウドITインフラストラクチャ市場の出荷額は、前年比17.2%増の1,432億5,200万円に パブリッククラウド向けが63.7%を占め、前年比25.1%増の913億円に パブリッククラウド向けでは、ODM Directの占める割合が、2年連続で低下。2014年の43.4%から15.1ポイント低下して28.3%に IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東

2017年7月10日MM総研フィードバック数:0企業情報システム

2016年度 国内PCサーバー出荷概況

2016年度 国内PCサーバー出荷概況出荷台数は前年度比6.8%減と3年連続の減少 2017年06月29日■出荷台数は前年度比6.8%減の44万5,688台と3年連続の減少■出荷金額も7年振りの減少、5.2%減の2,456億円■2017年度は台数の減少幅縮小で金額も微減の見通し  MM総研は、2016年度(16年4月~17年3月)のPCサーバー国内出荷実績をまとめた。それによると、国内PCサーバーの出荷台数は、前年度比6.8%減の44万5,688台となった。半期別に見ると、上半期は前年同期比1

2017年6月2日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内法人ネットワークサービス利用動向の調査

~クラウド導入でWAN構築/運用管理負担が増加~ 国内法人ネットワークサービス利用動向の調査結果を発表 クラウドなどの新技術導入によって、過半数の企業で、WAN構築/運用負担が増加 負担の増加は、工数面よりスキル面で大きい 負担増加の対策として、約2割の企業がアウトソーシングを拡大したいと回答。アウトソーシングが徐々に増加する可能性が高まる IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:

2017年2月24日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

ERP/業務ソフトウェアの導入実態アンケート調査を実施(2016年)

2017年02月20日 ERP/業務ソフトウェアの導入実態アンケート調査を実施(2016年) ~財務・会計システムでは、オンプレミスからクラウドへのシフトが進む見通し~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて、ERPや業務ソフトウェアの導入実態と今後の動向について、国内の民間企業等に対し、法人アンケート調査を実施した。1.調査期間:2016年7月~12月2.調査対象:日本国内の民間企業及び地方自治体等551社・団体3.調査方法:郵送アンケート調査<ERPとは>ERP(Enterprise

2017年2月16日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内パブリッククラウド接続用途WANサービス市場予測

国内パブリッククラウド接続用途WANサービス市場予測を発表 パブリッククラウドと企業拠点/データセンターを接続する目的で導入されるWANサービスの2016年 国内市場規模は53億円、前年比成長率は72.1% 同市場は今後急拡大、2016年~2021年の年間平均成長率35.8%、2021年の市場規模は246億円と予測 大手コンテンツ事業者などのパブリッククラウド接続需要は一巡、今後は一般企業が増加 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田

2016年12月25日MM総研フィードバック数:0企業情報システム

2016年度 上半期国内PC サーバー出荷概況

2016年12月15日■出荷台数は12%減の20 万3,094 台、出荷金額は8.9%減の1,121 億円■出荷台数は5 半期連続減少、出荷金額は11 半期ぶりに減少に転じる  MM 総研(東京都港区、所長・中島洋)は12 月15 日、16 年度上半期(16 年4~9 月)のPCサーバー国内出荷実績をまとめた。それによると、PC サーバー出荷台数は前年同期比12%減の20 万3,094 台となった(グラフ1)。出荷金額は同8.9%減の1,121 億円。出荷金額は、2011 年度上期以降10 半

2016年12月22日MM総研フィードバック数:0企業情報システム

国内クラウドサービス市場規模の2015年度(2015年4月~2016年3月)の実績と2020年度までの予測、および需要動向に関する調査

国内クラウド市場は1兆円を突破MM総研調査レポート近刊 12月16日に関連セミナー開催(M&Dレポート購読者限定) 2016年12月13日■ 2015年度の国内クラウド市場規模は1兆108億円、2020年度には3兆円を超えると予測■ クラウドのセキュリティに対する不安イメージが低下■ IaaS/PaaS領域ではAWSとMicrosoft Azureが顧客獲得で競争  MM総研(東京都港区、所長・中島 洋)は12月13日、国内クラウドサービス市場規模の2015年度(2015年4月~2016年3月

2016年11月24日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内クラウドセキュリティ市場予測

2015年の国内クラウドセキュリティ市場規模は前年比19.1%増の66億円。2015年~2020年の年間平均成長率は23.8%、2020年には193億円と予測 オンプレミスの業務システムとパブリッククラウドサービスが共存するハイブリッド環境が広がり、境界防御によるセキュリティ対策の限界が顕在化 シャドーITによるセキュリティ脅威を防ぐには、クラウドセキュリティが必要 ハイブリッド環境では、ITリソースの活用状況を集中的に監視、管理するクラウドセキュリティゲートウェイをハブとしたセキュリティソリュ

2016年10月6日IDCフィードバック数:0ビジネス

エンタープライズITインフラストラクチャにおける新たな課題に関する調査

~パブリッククラウドサービスとオンプレミスITインフラストラクチャの連携利用を妨げる課題~エンタープライズITインフラストラクチャにおける新たな課題に関する調査結果を発表 エンタープライズITインフラストラクチャにおいて新たな課題が顕在化している 顕在化した課題は、パブリッククラウドサービスとオンプレミスITインフラストラクチャの連携利用の阻害要因となっている 連携利用の阻害要因に対処して、エンタープライズITインフラストラクチャの最適化実現に寄与することが、ハードウェアベンダーにおける注

2016年9月1日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内パブリッククラウドサービス市場予測

国内パブリッククラウドサービス市場予測を発表 2015年の国内パブリッククラウドサービス市場は、前年比39.8%増の2,771億円 2020年の市場規模は、2015年比2.7倍の7,346億円と予測 国内パブリッククラウドサービス市場には「効率化」と「変革」といった成長を促進する2つの要素があり、それらが連携するAPIエコノミーが、同市場を「新たな成長期」へと導く IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役

2016年6月30日MM総研フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2015年度 国内PCサーバー出荷概況

2016年06月23日■出荷台数は5.5%減の47万8,446台と2年連続の減少 ■出荷金額は6年連続の増加、前年度比4.9%増の2,590億円 ■データセンター新設一巡で台数減も仮想化進展で金額は過去最高を更新  MM総研(東京都港区 所長・中島洋)は、2015年度(15年4月~16年3月)のPCサーバー国内出荷実績をまとめた。それによると、わが国のPCサーバー市場は、前年度比5.5%減の47万8,446台を出荷した(表1)。半期別に見ると、上半期は前年同期比2.3%減の23万802台。下半

“Cloud is Critical to Digital Transformation in the Asia Pacific Financial Sector”(アジア太平洋の金融セクターのデジタルトランスフォーメーションにはクラウドが不可欠)

アジア太平洋地域の金融セクターにおけるデジタルトランスフォーメーションにはクラウドが不可欠、規制の正しい理解が重要課題[2016年6月9日]アジア太平洋地域の大手金融機関が、当局規制をパブリッククラウドの取り組みを推進するための要因として活用Forrester Consultingの調査によれば、アジア太平洋地域の金融機関は、機敏性の向上や効率の改善、およびデジタルトランスフォーメーションの導入という強いプレッシャーを感じています。しかし、クラウドコンピューティングを全面的に活用するためのクラウ

2016年2月7日パシフィックネットフィードバック数:0企業情報システム

【1,600名へアンケート調査】日本の法人IT利用におけるクラウド市場規模の実態2

【1,600名へアンケート調査】日本の法人IT利用におけるクラウド市場規模の実態2MM総研では、本格的な普及期を迎えている法人向けクラウドサービスについて年より日本の法人におけるクラウド市場全体を俯瞰する定点観測調査を実施しています。 年月の最新調査結果を元に、2回に渡り掲載しています。今回は第2回目 クラウド用途の課題と、導入における検討ポイントについて詳しく解説していきます。 <トピックス>①クラウドの定義と分類(前回) ②市場規模と予測(前回) ③サービス利用者ランキング、クラウドの用途と

2015年9月24日MM総研★フィードバック数:0企業情報システム

国内クラウドサービス市場規模の2014年度の実績と2019年度までの予測、および需要動向

2015年09月24日■ 2014年度の国内クラウド市場は7,749億円、2019年度には2兆円を超える予測 ■ 運用・移行コストやセキュリティに対する不安がユーザーの利用障壁に ■ パブリッククラウドのIaaS/PaaSではグローバルベンダーが多くの顧客を獲得 MM総研(東京都港区、所長・中島 洋)は9月24日、国内クラウドサービス市場規模の2014年度の実績と2019年度までの予測、および需要動向に関して調査結果を発表した。この調査は、クラウドサービスを導入済または検討中の法人計1,609

Three surprising digital bets for 2015

Three surprising digital bets for 20152015年が幕を開けた今、企業はどのようなテクノロジーに投資していくのでしょうか?PwCがビジネスリーダーおよびITリーダーを対象として実施した2015年のDigital IQ調査では、サイバーセキュリティ(69%)、プライベートクラウド(61%)、データマイニングおよび分析(54%)が上位の投資対象として挙げられていました。この上位3つは多くの企業で必要とされる重要テクノロジーですが、企業の競争優位性を高める可能性は低

2015年1月5日アバナードフィードバック数:0企業情報システム

ハイブリッドクラウドへの移行に関する意識調査

グローバル調査:ハイブリッドクラウドがより現実的な選択肢に、...| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース TOP > プレスリリース一覧 > グローバル調査:ハイブリッドクラウドがより現実的な選択肢に、 3年以内に導入へ...グローバル調査:ハイブリッドクラウドがより現実的な選択肢に、 3年以内に導入への転換期が到来ハイブリッドクラウドに関する理解はまだ浅いものの導入における障害を克服しようという意志は経営幹部層において非常に強いことが判明 ビジネス・テクノロジー・ソリュ

2014年11月4日MM総研★フィードバック数:0企業情報システム

市場データです。

国内クラウドサービスの市場規模・予測と需要動向

8割が新規システム構築時にクラウドを検討、 国内クラウド市場は2015年度に1兆円へ成長 2014年11月04日■ 2013年度の国内クラウド市場は6,257億円、2015年度に1兆円を超える ■ 8割の企業が新規システムの構築時にクラウドを検討、クラウドファーストの浸透が顕著に ■ セキュリティに対する不安やクラウドの移行・運用コストが利用障壁に ■ パブリッククラウドではAmazon、プライベートクラウドではNTTコムが利用・検討1位  MM総研(東京都港区、所長・中島 洋)は11月4日、

2014年2月12日MM総研フィードバック数:0企業情報システム

第2回「ビジネスクラウド総合評価調査」

第2回「ビジネスクラウド総合評価調査」を実施 2014年02月12日■最高水準のAAAサービスにNTTコミュニケーションズなどの8社を選定 ■プライベートクラウドのサービスが充実、ユーザーの関心はコストから品質へ ■ユーザーはバックアップサービス、脆弱性対策などの信頼性を重視  MM総研(東京都港区、所長 中島 洋)は2月12日、第2回「ビジネスクラウド総合評価調査」の結果を発表しました。この調査は、企業の情報システム基盤や災害時に継続運用できる社会基盤に適したサービスを選定する視点で、クラウ

2013年8月28日MM総研フィードバック数:0企業情報システム

国内クラウドサービス市場、需要動向調査

企業の情報投資行動が大きく変化「クラウド」利用を最優先―国内クラウドサービス市場、需要動向調査まとまる― 2013年08月28日■ ICT投資総額が伸び悩む中、クラウドサービスの需要は急拡大を続ける ■ 国内クラウド市場は2015年度に1兆円、2017年度に2兆円に達する見通し ■ システム構築の際にクラウドを優先的に検討する「クラウドファースト」企業が7割に ■ クラウドの選択基準~~「コスト」より「セキュリティ」重視へと転換 (調査の詳細な分析を加えたレポート「国内クラウドサービス需要動向

2012年10月29日テラスカイフィードバック数:5企業情報システム

2012パブリッククラウド利用動向調査

クラウド・インテグレーションクラウドコンサルティング ソーシャルウェアクラウドERP保険代理店向けソリューション 「2012パブリッククラウド利用動向調査」を実施 「2012パブリッククラウド利用動向調査」を実施 テラスカイ、「2012パブリッククラウド利用動向調査」を実施クラウド移行はこれまでシステム化されていなかったものが42%基幹系業務系システムの移行に前向きな回答は71%―サービス提供企業の102社からの回答を集計― クラウド・インテグレーションとシステム連携に特化したサービスやソ

2012年3月5日NTTデータ経営研究所★★フィードバック数:43企業情報システム

クラウドについてのまとまった調査です。

クラウド利用動向に関するアンケート調査

サービス 業界ごとに直面する特有の課題と、どの業界にも共通する課題。双方を解決してはじめて、ビジネスの基盤は揺るぎないものになり、さらなる成長への軌道が見えてきます。私たちは、インダストリー分野とファンクション分野、それぞれに精通したエキスパートが横断的にチームを組み、つねに最善のコンサルティング・サービスを提供いたします。 レポート NTTデータ経営研究所では、お客様が直面する重要な経営課題、IT課題を取り上げ、 独自の取組みから得られた実践的オピニオンを発信しています。主な発信情報をご

2011年2月4日アイティメディア★フィードバック数:15企業情報システム

ITRによるクラウドに関する調査結果です。

クラウド導入に踏み切れない理由

「クラウドコンピューティング」という言葉が登場して久しい。一般社会でも徐々に広がりを見せているが、言葉の認知度に比べて、導入に慎重なユーザーが少なくないと言われる。クラウドの本格普及に求められるものとは何か――アイ・ティ・アール(ITR)主催による「メディア横断企画 クラウド討論会2011」では、主要IT系メディアのトップがクラウド時代と向き合うためのポイントについて活発な議論を交わした。 本稿ではクラウドコンピューティングに対する企業ユーザーのマインドについて、「ITmedia リサーチインタ

2010年11月29日アイティメディアフィードバック数:12企業情報システム

調査から見えたクラウドの不安要素とセキュリティ強化への意欲

TechTargetジャパンでは2010年10月12日から26日にかけて、TechTargetジャパン会員を対象に「クラウド利用に伴うセキュリティ意識の変化」についてのアンケート調査を実施した。クラウドの利用状況については、有効回答数200件のうち17.5%がSaaS(パブリッククラウド)を、7.0%がPaaS/IaaS(パブリッククラウド)を、19.0%がプライベートクラウドを利用中であることが分かった。 用途としては、パブリッククラウドが電子メール(50.0%)やスケジュール共有(44.8%

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ