「パルプ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

【繊維・紙・パルプ】特許資産規模ランキング、トップ3は東レ、三菱レイヨン、大王製紙

【繊維・紙・パルプ】特許資産規模ランキング2016、トップ3は東レ、三菱レイヨン、大王製紙 弊社はこのほど、独自に分類した「繊維・紙・パルプ」業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「繊維・紙・パルプ業界 特許資産規模ランキング」をまとめました。2015年4月1日から2016年3月末までの1年間に登録された特許を対象に、個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」を用いた評価を行い、企業ごとに総合得点を集計しました。 その結果、1位 東レ、2位 三菱レイヨン、3

【繊維・紙・パルプ】特許資産規模ランキング、トップ3は東レ、三菱レイヨン、帝人

【繊維・紙・パルプ】特許資産規模ランキング2015、トップ3は東レ、三菱レイヨン、帝人 弊社はこのほど、独自に分類した「繊維・紙・パルプ」業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「繊維・紙・パルプ業界 特許資産規模ランキング」をまとめました。2014年4月1日から2015年3月末までの1年間に登録された特許を対象に、個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」を用いた評価を行い、企業ごとに総合得点を集計しました。 その結果、1位 東レ、2位 三菱レイヨン、3位

12月短観から見る2014年度経済の特徴

わたしの意見 ― 水野 創12月短観から見る2014年度経済の特徴(「(株)ちばぎん総研BusinessLetter」12月18日号に掲載)水野 創[ちばぎん総合研究所取締役社長] 12月調査の短観が公表された(15日)。今回の特徴は以下の通りである。(1) 業況判断(最近全産業・全規模)は9月調査に比べ小幅改善(+4→+5)。先行きは+1と慎重。(2) 2014年度上期は売上、経常利益とも上方修正され増収、増益(同、前年同期比各+2.8%、+4.9%)。(3) 設備投資は増加傾向にあり、大企業

2014年10月19日全国地方銀行協会フィードバック数:0社会/政治

地方経済天気図2014年10月分

地方経済天気図乗用車販売が増加したものの、大型小売店販売において衣料品が減少し、全体では足踏み 一般機械、鉄鋼が増加するなど、緩やかな持ち直し 乗用車、白物家電、百貨店における高額商品を中心に減少 自動車が増加したものの、化学製品が減少、全体として足踏み 情報通信機械、紙・パルプ・紙加工品など低下し、足許一服 天候に恵まれたことから、各地のイベントが盛り上がるなど、好調 地方経済天気図を作成するにあたって、会員銀行(経済研究所)から提出された都道府県別の景況は、こちらをご覧

【繊維・紙・パルプ】特許資産規模ランキング、トップ3は東レ、東洋紡、クラレ

【繊維・紙・パルプ】特許資産規模ランキング2014、トップ3は東レ、東洋紡、クラレ 弊社はこのほど、独自に分類した「繊維・紙・パルプ」業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「繊維・紙・パルプ業界 特許資産規模ランキング2014」をまとめました。2013年4月1日から2014年3月末までの1年間に登録された特許を対象に、個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」を用いた評価を行い、企業ごとに総合得点を集計しました。 その結果、1位 東レ、2位 東洋紡、3位 ク

2013年11月5日電気事業連合会フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

電力需要実績 2013年9月分(確報)

2013年10月31日電 気 事 業 連 合 会2013年9月分 電力需要実績 (確報)[需要実績の概要(10社計)]用途別電力量 対前年伸び率(10社計)○ 9月の電力需要は,10社販売電力量合計で 743 億kWh,対前年伸び率 2.7 %減月別となった。用途別○ 特定規模需要以外の需要のうち,電灯については,8月下旬から9月中旬にかけて, 気温が前年に比べ概ね低めに推移し,冷房需要が減少したことなどから,3.4 %減と なった。 特定規模需要における業務用については,9月上旬から中旬にかけ

2013年6月30日林野庁★フィードバック数:5製造業/エレクトロニクス

年間のまとめです。

平成24年木材需給表(用材部門)

「平成24年木材需給表(用材部門)」の概要について林野庁は、本日、平成24年(平成24年1月~12月)の木材需給表(用材部門)を取りまとめました。総需要量は7,063万3千立方メートル(丸太換算。以下同じ。)で、前年に比べ2.9%減少しました。国内生産量は1,968万6千立方メートルで前年に比べ1.6%増加したのに対し、輸入量は5,094万7千立方メートルで前年に比べ4.5%減少しました。このため、木材(用材)自給率は前年に比べ1.3ポイント上昇し、27.9%となりました。 1 木材需給

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ