調査のチカラ TOP > タグ一覧 > パーキングエリア

「パーキングエリア」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年2月8日マイボイスコムフィードバック数:0大型消費/投資

マイボイスコム 高速道路の利用(3)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ2015年の高速道路利用者は7割弱、6回以上利用者が3割強。高速道路利用目的は、「旅行、観光等」が最も多く、「家族・親類や友人・知人宅の訪問」「帰省」「ドライブ、ツーリング」「仕事、出張」「パーキングエリア、サービスエリアの利用」「ショッピング、外食など」が続く 2015年高速道路利用者の、高速道路利用理由は「目的地まで早く行ける、時間短縮」の他、「快適に走行できる」「道がわかりやすい・迷いにくい」「目的地までかかる時間が見積やすい」「信号

2014年10月10日パーク24フィードバック数:0大型消費/投資

「ドライブ時の気分転換」についてのアンケート

ページ内リンク 【パーク24】ドライブ時の気分転換は「音楽を聴く」が最多 ~オススメサービスエリア、東は「海老名」、西は「淡路」~パーク24株式会社(本社:東京都千代田区、社長:西川光一)は、ドライバー向け会員制サービス「タイムズクラブ」※1の会員を対象に実施した、「ドライブ時の気分転換」についてのアンケート結果を発表いたします。□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□調査結果トピックス① 渋滞時の気分転換方法は「音楽を聴く」が最多で85%② オ

2013年1月22日マイボイスコムフィードバック数:1大型消費/投資

マイボイスコム 高速道路の利用(2)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ2012年の高速道路利用者は7割強。2012年の高速道路利用目的は、観光・レジャーに続き、「家族・親類や友人・知人宅の訪問」「帰省」「ドライブ、ツーリング」「ショッピングに行く」などが続く 2012年のPA・SA利用者の利用目的は「トイレに行く」「休憩、疲れをとる」が上位2位。「気分転換、眠気を覚ます、体を動かす」「食事をする」「特産品・おみやげなどの買い物」「車の中で飲食する物を買う」「小腹がすいたとき」が続く 2012年の仕事以外でのP

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ