調査のチカラ TOP > タグ一覧 > パーソナルコンピュータ

「パーソナルコンピュータ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年8月8日JEITAフィードバック数:0ビジネス

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2017年6月分)

2017年6月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 6月の概況○出荷台数は64万1千台(前年比102.3%)となった。うちデスクトップ:17万台(同114.6%)、ノート型:47万1千台(同98.5%)であった。ノート型比率は73.5%であった。 出荷金額は585億円(前年比109.1%)となった。うちデスクトップ:147億円(同118.9%)、ノート型:438億円(同106.2%)であった。6月は、4ヶ月振

2017年7月12日JEITAフィードバック数:0企業情報システム

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2017年5月分)

2017年5月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 5月の概況○出荷台数は40万1千台(前年比93.4%)となった。うちデスクトップ:10万2千台(同87.9%)、ノート型:29万9千台(同95.4%)であった。ノート型比率は74.6%であった。○出荷金額は373億円(前年比95.0%)となった。うちデスクトップ:93億円(同86.6%)、ノート型:279億円(同98.2%)であった。5月は、企業向けが低調で

2017年6月5日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2017年4月分)

2017年4月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 4月の概況○出荷台数は47万2千台(前年比98.6%)となった。うちデスクトップ:11万6千台(同106.1%)、ノート型:35万6千台(同96.4%)であった。ノート型比率は75.5%であった。○出荷金額は480億円(前年比103.5%)となった。うちデスクトップ:112億円(同106.2%)、ノート型:368億円(同102.7%)であった。4月は、台数が

2017年5月10日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2017年3月分)

2017年3月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 3月の概況○3月の出荷台数は82万5千台(前年比82.2%)となった。うちデスクトップ:23万9千台(同90.1%)、ノート型:58万6千台(同79.4%)であった。ノート型比率は71.1%であった。 出荷金額は737億円(前年比85.1%)となった。うちデスクトップ:187億円(同85.6%)、ノート型:550億円(同85.0%)であった。○第4四半期(1

2017年3月31日JEITAフィードバック数:0企業情報システム

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2017年2月分)

2017年2月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 2月の概況○出荷台数は58万9千台(前年比114.7%)となった。うちデスクトップ:15万3千台(同113.3%)、ノート型:43万6千台(同115.2%)であった。ノート型比率は74.1%であった。○出荷金額は536億円(前年比114.5%)となった。うちデスクトップ:129億円(同103.1%)、ノート型:406億円(同118.6%)であった。2月は、台

2017年3月3日JEITAフィードバック数:0ビジネス

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2017年1月分)

2017年1月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 1月の概況○出荷台数は49万8千台(前年比96.3%)となった。うちデスクトップ:12万6千台(同96.2%)、ノート型:37万1千台(同96.4%)であった。ノート型比率は74.6%であった。○出荷金額は491億円(前年比103.3%)となった。うちデスクトップ:117億円(同95.0%)、ノート型:374億円(同106.1%)であった。1月は、台数は前年

2017年2月1日JEITA★フィードバック数:0企業情報システム

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2016年12月分)

2016年12月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 12月の概況○出荷台数は78万6千台(前年比95.5%)となった。うちデスクトップ:18万5千台(同98.6%)、ノート型:60万1千台(同94.6%)であった。ノート型比率は76.5%であった。 出荷金額は680億円(前年比100.6%)となった。うちデスクトップ:146億円(同96.8%)、ノート型:534億円(同101.7%)であった。○第3四半期(

2017年1月10日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2016年11月分)

2016年11月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 11月の概況○出荷台数は43万6千台(前年比100.1%)となった。 うちデスクトップ:12万台(同101.1%)、ノート型:31万6千台(同99.8%)であった。 ノート型比率は72.5%であった。○出荷金額は394億円(前年比97.6%)となった。 うちデスクトップ:103億円(同95.3%)、ノート型:291億円(同98.4%)であった。11月は、金

2016年12月10日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2016年10月分)

2016年10月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 10月の概況○出荷台数は46万8千台(前年比113.6%)となった。 うちデスクトップ:11万9千台(同104.8%)、ノート型:34万9千台(同116.9%)であった。 ノート型比率は74.5%であった。○出荷金額は411億円(前年比106.0%)となった。 うちデスクトップ:107億円(同96.1%)、ノート型:304億円(同109.9%)であった。1

2016年11月6日JEITAフィードバック数:0ビジネス

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2016年9月分)

2016年9月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 9月の概況○出荷台数は72万台(前年比88.1%)となった。 うちデスクトップ:17万4千台(同90.9%)、ノート型:54万6千台(同87.3%)であった。ノート型比率は75.8%であった。 出荷金額は594億円(前年比90.5%)となった。うちデスクトップ:142億円(同90.9%)、ノート型:453億円(同90.3%)であった。9月は、台数・金額ともに

2016年10月9日JEITAフィードバック数:0ビジネス

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2016年8月分)

2016年8月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 8月の概況○出荷台数は52万6千台(前年比107.5%)となった。 うちデスクトップ:12万9千台(同107.1%)、ノート型:39万7千台(同107.6%)であった。 ノート型比率は75.5%であった。○出荷金額は436億円(前年比107.9%)となった。 うちデスクトップ:109億円(同105.3%)、ノート型:327億円(同108.8%)であった。法人

2016年9月7日JEITA★フィードバック数:0ビジネス

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2016年7月分)

2016年7月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 7月の概況○出荷台数は59万3千台(前年比130.7%)となった。 うちデスクトップ:14万4千台(同115.2%)、ノート型:44万9千台(同136.5%)であった。 ノート型比率は75.7%であった。○出荷金額は508億円(前年比124.3%)となった。 うちデスクトップ:126億円(同112.6%)、ノート型:382億円(同128.7%)であった。7月

2016年8月7日JEITAフィードバック数:0デジタル家電

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2016年6月分)

2016年6月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 6月の概況○出荷台数は62万6千台(前年比94.9%)となった。うちデスクトップ:14万8千台(同100.7%)、ノート型:47万8千台(同93.2%)であった。ノート型比率は76.3%であった。 出荷金額は536億円(前年比95.6%)となった。うちデスクトップ:124億円(同100.8%)、ノート型:412億円(同94.1%)であった。6月は、台数・金額

2016年6月30日JEITAフィードバック数:0企業情報システム

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2016年5月分)

2016年5月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 5月の概況○出荷台数は43万台(前年比83.5%)となった。 うちデスクトップ:11万6千台(同98.9%)、ノート型:31万4千台(同78.9%)であった。 ノート型比率は73.0%であった。○出荷金額は392億円(前年比81.3%)となった。 うちデスクトップ:108億円(同96.2%)、ノート型:284億円(同76.7%)であった。個人向けにおいて低い

2016年5月31日JEITAフィードバック数:0社会/政治

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2016年4月分)

2016年4月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 4月の概況○出荷台数は47万8千台(前年比101.2%)となった。 うちデスクトップ:10万9千台(同108.4%)、ノート型:37万台(同99.2%)であった。 ノート型比率は77.2%であった。○出荷金額は464億円(前年比103.6%)となった。 うちデスクトップ:105億円(同108.2%)、ノート型:359億円(同102.3%)であった。単月として

2016年5月11日JEITAフィードバック数:0ビジネス

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2016年3月分)

2016年3月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 3月の概況○3月の出荷台数は100万3千台(前年比91.9%)となった。うちデスクトップ:26万5千台(同87.1%)、ノート型:73万8千台(同93.8%)、ノート型比率は73.6%であった。 出荷金額は865億円(前年比100.6%)となった。うちデスクトップ:219億円(同97.0%)、ノート型:647億円(同101.8%)となった。3月単月としては、

2016年4月6日JEITA★★フィードバック数:0デジタル家電

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2016年2月分)

2015年度パーソナルコンピュータ国内出荷実績 各月のコメントは月表示欄をクリックするとご覧いただけます。四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。アップルジャパン(株)、NECパーソナルコンピュータ(株)、セイコーエプソン(株)、 (株)東芝、パナソニック(株)、(株)日立製作所、富士通(株)、 (株)ユニットコム、レノボ・ジャパン(株)計9社

2016年2月26日JEITA★★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2016年1月分)

2016年1月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 1月の概況○出荷台数は49万8千台(前年比96.3%)となった。うちデスクトップ:12万6千台(同96.2%)、ノート型:37万1千台(同96.4%)であった。ノート型比率は74.6%であった。○出荷金額は491億円(前年比103.3%)となった。うちデスクトップ:117億円(同95.0%)、ノート型:374億円(同106.1%)であった。1月は、台数は前年

2016年1月26日JEITA★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2015年12月分)

2015年12月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 12月の概況○出荷台数は82万3千台(前年比86.2%)となった。 うちデスクトップ:18万8千台(同74.2%)、ノート型:63万5千台(同90.5%)であった。 ノート型比率は77.2%であった。 出荷金額は676億円(前年比94.4%)となった。 うちデスクトップ:151億円(同79.6%)、ノート型:525億円(同99.8%)であった。個人向けは持

2015年12月31日JEITA★★フィードバック数:0社会/政治

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2015年11月分)

2015年11月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 11月の概況○出荷台数は43万6千台(前年比83.7%)となった。 うちデスクトップ:11万9千台(同77.5%)、ノート型:31万7千台(同86.3%)であった。 ノート型比率は72.7%であった。○出荷金額は404億円(前年比93.6%)となった。 うちデスクトップ:108億円(同83.6%)、ノート型:296億円(同97.9%)であった。個人・法人向

2015年12月2日JEITAフィードバック数:0デジタル家電

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2015年10月分)

2015年10月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 10月の概況○出荷台数は41万2千台(前年比65.1%)となった。 うちデスクトップ:11万4千台(同61.1%)、ノート型:29万8千台(同66.8%)であった。 ノート型比率は72.4%であった。○出荷金額は388億円(前年比71.4%)となった。 うちデスクトップ:111億円(同68.2%)、ノート型:277億円(同72.8%)であった。個人・法人向

2015年10月23日JEITAフィードバック数:0社会/政治

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2015年9月分)

2015年9月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 9月の概況○9月の出荷台数は81万7千台(前年比92.4%)となった。うちデスクトップ:19万2千台(同90.6%)、ノート型:62万5千台(同92.9%)であった。ノート型比率は76.5%であった。 出荷金額は657億円(前年比99.2%)となった。うちデスクトップ:156億円(同101.1%)、ノート型:501億円(同98.6%)であった。9月としては、

2015年9月25日JEITA★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2015年8月分)

2015年8月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 8月の概況○出荷台数は49万台(前年比80.2%)となった。うちデスクトップ:12万台(同65.8%)、ノート型:36万9千台(同86.4%)であった。ノート型比率は75.4%であった。○出荷金額は405億円(前年比90.3%)となった。うちデスクトップ:103億円(同75.3%)、ノート型:301億円(同97.0%)であった。8月としては、現行体系となった

2015年8月25日JEITAフィードバック数:0社会/政治

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2015年7月分)

2015年7月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 7月の概況○出荷台数は45万4千台(前年比67.8%)となった。うちデスクトップ:12万5千台(同64.5%)、ノート型:32万9千台(同69.1%)であった。ノート型比率は72.5%であった。○出荷金額は409億円(前年比76.2%)となった。うちデスクトップ:112億円(同69.1%)、ノート型:297億円(同79.3%)であった。旧OSリプレースの反動

2015年7月23日JEITA★フィードバック数:0デジタル家電

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2015年6月分)

2015年6月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 6月の概況○出荷台数は66万台(前年比81.5%)となった。うちデスクトップ:14万7千台(同57.8%)、ノート型:51万3千台(同92.3%)であった。ノート型比率は77.7%であった。○出荷金額は561億円(前年比90.9%)となった。うちデスクトップ:123億円(同63.6%)、ノート型:438億円(同103.3%)であった。 6月度は、台数、金額と

2015年6月23日JEITAフィードバック数:0ビジネス

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2015年5月分)

2015年5月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 5月の概況○出荷台数は51万5千台(前年比58.8%)となった。うちデスクトップ:11万7千台(同48.3%)、ノート型:39万8千台(同62.8%)であった。ノート型比率は77.3%であった。○出荷金額は483億円(前年比66.0%)となった。うちデスクトップ:112億円(同54.9%)、ノート型:371億円(同70.2%)であった。好調に推移した前年の需

2015年5月22日JEITAフィードバック数:0ビジネス

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2015年4月分)

2015年4月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 4月の概況○出荷台数は47万3千台(前年比49.6%)となった。うちデスクトップ:10万台(同36.1%)、ノート型:37万2千台(同55.1%)であった。ノート型比率は78.8%であった。○出荷金額は448億円(前年比56.8%)となった。うちデスクトップ:97億円(同42.4%)、ノート型:350億円(同62.7%)であった。好調に推移した前年の需要増の

2015年4月24日JEITAフィードバック数:0ビジネス

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2015年3月分)

2015年3月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 3月の概況○3月の出荷台数は109万1千台(前年比66.4%)となった。うちデスクトップ:30万4千台(同61.0%)、ノート型:78万7千台(同68.8%)、ノート型比率は72.1%であった。出荷金額は860億円(前年比65.6%)となった。うちデスクトップ:225億円(同59.5%)、ノート型:635億円(同68.1%)となった。○第4四半期(1〜3月)

2015年4月13日日本銀行フィードバック数:0デジタル家電

ヘドニック推計結果(CGPI・SPPI、タブレット型パーソナルコンピュータ)

ヘドニック推計結果(CGPI・SPPI、タブレット型パーソナルコンピュータ)

2015年3月24日JEITAフィードバック数:0ビジネス

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2015年2月分)

2015年2月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 2月の概況○出荷台数は66万9千台(前年比54.1%)となった。うちデスクトップ:18万1千台(同45.3%)、ノート型:48万9千台(同58.3%)、ノート型比率は73.0%であった。 出荷金額は571億円(前年比58.6%)となった。うちデスクトップ:154億円(同50.3%)、ノート型:417億円(同62.4%)となった。好調に推移した前年の需要増の反

2015年3月11日日本銀行フィードバック数:0ビジネス

ヘドニック推計結果(CGPI・SPPI、パソコン<デスクトップ型・ノートブック型>)

2016 年 9 月日本銀行調査統計局企業物価指数・企業向けサービス価格指数におけるヘドニック回帰式(再推計結果)―パーソナルコンピュータ(デスクトップ型・ノートブック型)―日本銀行調査統計局では、企業物価指数・企業向けサービス価格指数において、取扱商品がパーソナルコンピュータ(デスクトップ型・ノートブック型)である場合の品質調整に適用するヘドニック回帰式について1、以下のとおり再推計を行いましたので、お知らせします2(推計結果は、図表 1~2 を参照)。<推計の概要>対象品目適用範囲3・「パー

2015年2月24日JEITAフィードバック数:0ビジネス

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2015年1月分)

2015年1月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 1月の概況○出荷台数は51万7千台(前年比48.7%)となった。うちデスクトップ:14万台(同39.3%)、ノート型:37万7千台(同53.5%)、ノート型比率は72.9%であった。 出荷金額は431億円(前年比52.4%)となった。うちデスクトップ:123億円(同45.8%)、ノート型:308億円(同55.7%)となった。台数は、前年同月実績が単月で過去最

2015年1月23日JEITAフィードバック数:0ビジネス

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2014年12月分)

2014年12月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 12月の概況○出荷台数は95万4千台(前年比71.5%)となった。うちデスクトップ:25万3千台(同67.5%)、ノート型:70万1千台(同73.1%)、ノート型比率は73.5%であった。 出荷金額は716億円(前年比72.8%)となった。うちデスクトップ:190億円(同71.4%)、ノート型:526億円(同73.3%)となった。○第3四半期(10〜12月

2015年1月5日JEITAフィードバック数:0ビジネス

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2014年11月分)

2014年11月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 11月の概況○出荷台数は52万台(前年比58.6%)となった。うちデスクトップ:15万3千台(同53.9%)、ノート型:36万7千台(同60.7%)であった。ノート型比率は70.5%であった。○出荷金額は432億円(前年比64.0%)となった。うちデスクトップ:130億円(同61.1%)、ノート型:302億円(同65.3%)であった。アップルジャパン(株)

2014年11月26日JEITAフィードバック数:0ビジネス

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2014年10月分)

2014年10月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 10月の概況○出荷台数は63万2千台(前年比66.1%)となった。うちデスクトップ:18万6千台(同62.9%)、ノート型:44万6千台(同67.5%)であった。ノート型比率は70.6%であった。○出荷金額は543億円(前年比70.8%)となった。うちデスクトップ:163億円(同69.0%)、ノート型:380億円(同71.6%)であった。台数、金額ともに5

2014年10月23日JEITAフィードバック数:0ビジネス

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2014年9月分)

2014年9月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 9月の概況○9月の出荷台数は88万5千台(前年比81.7%)であった。うちデスクトップ:21万2千台(同68.2%)、ノート型:67万3千台(同87.1%)であった。ノート型比率は76.0%となった。 出荷金額は662億円(前年比85.9%)となった。うちデスクトップ:154億円(同70.2%)、ノート型:508億円(同92.2%)であった。 台数、金額とも

2014年10月10日日本銀行フィードバック数:0デジタル家電

ヘドニック推計結果(CGPI・SPPI、タブレット型パーソナルコンピュータ)

ヘドニック推計結果(CGPI・SPPI、タブレット型パーソナルコンピュータ)

ICT関連分野の市場動向-2014年7月の動向

ICT関連分野の市場動向−2014年7月の動向(株)情報通信総合研究所マーケティング・ソリューション研究グループ研究員 鷲尾 哲 2014年7月のICT関連分野の市場動向について、経済産業省が毎月公表している「特定サービス産業動態統計調査」と「生産動態統計調査」を元に整理した。 図表1はICT関連市場を法人向けサービス(売上高)、消費者向けコンテンツ(売上高)、プラットフォーム(売上高)、端末(生産額)の4つのレイヤに大別して動向を表したものである。これを見ると、すべてのレイヤで6月と比較

2014年9月25日JEITAフィードバック数:0ビジネス

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2014年8月分)

2014年8月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 8月の概況○出荷台数は61万台(前年比74.6%)となった。うちデスクトップ:18万3千台(同72.3%)、ノート型:42万7千台(同75.7%)であった。ノート型比率は70.0%であった。○出荷金額は448億円(前年比73.2%)となった。うちデスクトップ:138億円(同75.2%)、ノート型:310億円(同72.3%)であった。台数、金額とも6月、7月に

2014年9月10日日本銀行フィードバック数:0ビジネス

ヘドニック推計結果(CGPI・SPPI、パソコン<デスクトップ型・ノートブック型>)

2016 年 9 月日本銀行調査統計局企業物価指数・企業向けサービス価格指数におけるヘドニック回帰式(再推計結果)―パーソナルコンピュータ(デスクトップ型・ノートブック型)―日本銀行調査統計局では、企業物価指数・企業向けサービス価格指数において、取扱商品がパーソナルコンピュータ(デスクトップ型・ノートブック型)である場合の品質調整に適用するヘドニック回帰式について1、以下のとおり再推計を行いましたので、お知らせします2(推計結果は、図表 1~2 を参照)。<推計の概要>対象品目適用範囲3・「パー

2014年8月27日JEITAフィードバック数:0ビジネス

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2014年7月分)

2014年7月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 7月の概況○出荷台数は66万9千台(前年比84.0%)となった。うちデスクトップ:19万4千台(同79.8%)、ノート型:47万5千台(同85.8%)であった。ノート型比率は71.0%であった。○出荷金額は537億円(前年比90.4%)となった。うちデスクトップ:162億円(同90.0%)、ノート型:375億円(同90.6%)であった。台数、金額とも6月に続

2014年7月23日JEITAフィードバック数:0ビジネス

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2014年6月分)

2014年6月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 6月の概況○出荷台数は81万台(前年比86.8%)となった。うちデスクトップ:25万4千台(同106.8%)、ノート型:55万5千台(同80.0%)であった。ノート型比率は68.6%であった。○出荷金額は617億円(前年比88.3%)となった。うちデスクトップ:193億円(同115.6%)、ノート型:424億円(同79.7%)であった。○第1四半期(4〜6月

2014年7月1日JEITAフィードバック数:0ビジネス

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2014年5月分)

2014年5月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 5月の概況○出荷台数は87万5千台(前年比123.2%)となった。うちデスクトップ:24万2千台(同109.8%)、ノート型:63万3千台(同129.3%)であった。ノート型比率は72.3%であった。 2013年10月以降、単月で8ヶ月連続2桁増となり前年を大きく上回った。 5月としては、現行体系となった2007年度以降、過去最高となった。○出荷金額は731

2014年5月22日JEITAフィードバック数:0ビジネス

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2014年4月分)

2014年4月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 4月の概況○出荷台数は95万4千台(前年比146.9%)となった。うちデスクトップ:27万9千台(同148.2%)、ノート型:67万5千台(同146.3%)であった。ノート型比率は70.8%であった。 単月で2013年10月以降、7ヶ月連続で2桁増となり前年を大きく上回った。○出荷金額は788億円(前年比158.7%)となった。うちデスクトップ:230億円(

2014年4月27日JEITAフィードバック数:0ビジネス

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2014年3月分)

2014年3月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 3月の概況○出荷台数は164万2千台(前年比120.8%)となった。うちデスクトップ:49万8千台(同133.6%)、ノート型:114万4千台(同116.0%)、ノート型比率は69.7%であった。○出荷金額は1,312億円(前年比140.7%)となった。うちデスクトップ:379億円(同150.4%)、ノート型:933億円(同137.1%)となった。○第4四半

2014年3月25日JEITAフィードバック数:0ビジネス

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2014年2月分)

2014年2月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 2月の概況○出荷台数は123万7千台(前年比122.2%)となった。うちデスクトップ:39万9千台(同137.2%)、ノート型:83万8千台(同116.1%)、ノート型比率は67.8%であった。 全体として、5ヶ月連続で2桁増と前年を大きく上回った。また、2月単月でも過去最高の実績となり、単月での過去最高は12月から3ヶ月連続となった。○出荷金額は974億円

2014年3月12日日本銀行★フィードバック数:0ビジネス

重回帰分析です。

ヘドニック推計結果(企業物価指数・パーソナルコンピュータ)

ヘドニック推計結果(企業物価指数・パーソナルコンピュータ)

2014年2月25日JEITAフィードバック数:0ビジネス

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2014年1月分)

2014年1月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 1月の概況○出荷台数は106万1千台(前年比163.8%)となった。うちデスクトップ:35万6千台(同177.4%)、ノート型:70万4千台(同157.6%)、ノート型比率は66.4%であった。 全体として4ケ月連続で2桁増と前年を大きく上回った。 1月単月としても、過去最高の実績となった。○出荷金額は821億円(前年比182.3%)となった。うちデスクトッ

2014年1月24日JEITAフィードバック数:0ビジネス

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2013年12月分)

2013年12月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 12月の概況○出荷台数は133万4千台(前年比116.1%)となった。うちデスクトップ:37万5千台(同139.1%)、ノート型:96万台(同109.0%)、ノート型比率は71.9%であった。 法人向けリプレース需要が引き続き好調で、全体としても3ケ月連続で2桁増と前年を大きく上回り、12月単月としては、過去最高の実績となった。 出荷金額は984億円(前年

2013年12月26日JEITAフィードバック数:0ビジネス

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2013年11月分)

2013年11月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 11月の概況○11月の出荷台数は88万8千台(前年比123.8%)であった。うちデスクトップ:28万4千台(同135.2%)、ノート型:60万4千台(同119.1%)であった。ノート型比率は68.0%となった。 法人向けリプレース需要が引き続き好調で、全体としても2ケ月連続で2桁増と前年を大きく上回った。○出荷金額は675億円(前年比132.6%)となった

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ