調査のチカラ TOP > タグ一覧 > パートタイム

「パートタイム」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年4月9日埼玉県フィードバック数:0社会/政治

平成27年度男女共同参画に関する意識・実態調査

ここから本文です。「平成27年度男女共同参画に関する意識・実態調査」の調査結果について 部局名:県民生活部課所名:男女共同参画課担当名:総務・推進担当担当者名:菅原、新井  埼玉県が平成27年9月に実施した男女共同参画に関する意識・実態調査の結果がまとまりましたので発表します。 この調査は県内にお住まいの満20歳以上の男女3、000人を対象に、男女の地位の平等感や女性に対する暴力の実態などを把握するために行っているものです。昭和52年度からほぼ3年に1度行い、前回は平成24年度に実施しました。

2014年12月1日大和総研★フィードバック数:0キャリアとスキル

人手不足についてのレポートです。

人手不足は本当に深刻なのか?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 人手不足は本当に深刻なのか?~建設業の人手不足・男性の非正規化・雇用のミスマッチなど~『大和総研調査季報』 2014年秋季号(Vol.16)掲載 「人手不足」が話題に上ることが多くなったが、現在の状況を見ると、経済全体としては人手不足には陥っていない。部分的には非製造業、とりわけ建設業や、パートタイムをはじめとする非正規雇用など、一部の業種と雇用形態で人手不足感が強い。雇用形態別の状況を詳しく見ると、

2014年8月31日経済産業省★フィードバック数:0社会/政治

北九州経済についてのまとめです。

平成25年の九州経済の動向(リサーチ九州)

平成25年の九州経済の動向(リサーチ九州)を作成しました  生産・消費などの主要な経済指標等を基に、平成25年の九州経済の年間記録として「リサーチ九州」を取りまとめました。 平成25年の経済は、円高修正などによる企業の業況回復、株価上昇や景気回復への期待感などにより消費マインドの回復など、全国的に緩やかな持ち直しの動きが続きました。そうした中、九州経済がどのように推移したか。各担当の視点により、様々な景気動向に係る経済指標を分析するとともに、各項目ごとの特徴的な動きなどをコラムとして掲載しており

2014年7月4日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル海外

米国の労働市場は堅調な量的改善が続く

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米国の労働市場は堅調な量的改善が続く2014年6月の米雇用統計:ただし質的改善は道半ば ◆2014年6月の非農業部門雇用者数は前月差28.8万人増と、前月(同22.4万人増)から増加幅が拡大し、6ヵ月平均も再び20万人台へ。雇用の量的改善は着実に進んでいることが示された。◆労働参加率は横ばいであったが、就業者数が増加したことにより、失業率は6.1%と前月から0.2%ポイント低下した。長期失業者の減少も

2014年5月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

FOMC: 資産買い入れ規模の縮小継続と論点

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 FOMC: 資産買い入れ規模の縮小継続と論点雇用面のみならず、利上げを巡る財政・金融面からの論点も要確認 ◆4月29日から30日にかけて開催されたFOMC(連邦公開市場委員会)でQE3(量的緩和第3弾)の資産買い入れ規模を、さらに月当たり100億ドル減額することが決定された。2014年は資産買い入れ規模の縮小が続き、QE3は年内に終了するだろう。◆経済の現状判断は悪天候の影響が和らいだことにより上方修

2014年2月28日厚生労働省★フィードバック数:0キャリアとスキル

求人倍率についての分析です。

平成25年の有効求人倍率と過去との比較

労働市場分析レポート第 29 号平成 26 年 2 月 28 日平成 25 年の有効求人倍率と過去との比較季節調整値でみた有効求人倍率は、平成 21 年 8 月の 0.42 倍を底として上昇に転じ、昨年(平成 25 年)11 月に 1.01 倍となり、1 倍を超えた。このレポートでは、過去の経済拡張過程において有効求人倍率が 1 倍を超えた局面と今回の動きを比較し、その概要をまとめる。1.有効求人倍率が 1 倍を超えた年~昭和 42 年、昭和 63 年、平成 17 年、平成 25 年~有効求人倍

最近の統計調査結果から 2013年12月

統計調査報告労働経済動向調査 ―平成25年11月―平成25年11月1日現在の正社員等労働者過不足判断D.I.(「不足」-「過剰」)は、調査産業計17ポイントと10期連続不足となった(平成25年8月調査15ポイント不足)。パートタイム労働者過不足判断D.I.は、調査産業計で22ポイントと17期連続不足となった(同20ポイント不足)。国民経済計算 ―平成25年7~9月期・2次速報値―平成25年7~9月期の実質GDP(国内総生産)の成長率(季節調整済前期比)は0.3%(年率1.1%)と1次速報値と比

2013年12月25日経済産業省★フィードバック数:0社会/政治

売上や営業利益も含む統計です。

平成25年企業活動基本調査の結果(速報)

平成25年企業活動基本調査の結果(速報)を公表します 経済産業省では、我が国企業の経営戦略や産業構造の変化の実態を明らかにし、行政施策の基礎資料を得るため、「企業活動基本調査」として毎年末に取りまとめております。 この度、平成25年調査結果(平成24年度実績)を速報版としてお知らせします。調査結果のポイントは以下のとおりです。 1企業当たりの売上高、営業利益及び経常利益は増加 1企業当たりのパートタイム従業者数は、調査開始以来の最高値を更新 製造企業の海外子会社保有は、27.0%(前年度差1.

2013年6月30日厚生労働省フィードバック数:4キャリアとスキル

65歳以上の高年齢者の求職・就職 [700KB]

労働市場分析レポート第 13 号平成 25 年6月 28 日65 歳以上の高年齢者の求職・就職平成 25 年 4 月 1 日施行の改正高年齢者雇用安定法により希望者全員の 65歳までの雇用確保が図られることとなったが、内閣府「高年齢者の地域社会への参加に関する意識調査」(2008)によると、高齢者の就業意識は非常に高く、65 歳を越えてまで働きたいと回答した人は約7割を占めている。そこで、職業安定業務統計(平成 24 年度実績)から 65 歳以上の高齢者の求職及び就職状況を分析したところ、①就職

2013年3月6日セレスフィードバック数:1キャリアとスキル

働く男性が女性に求めるキャリア調査

お小遣いサイトモッピー!ポイントを現金,WebMoney,Edy,iTunesコードなどに交換!◆「結婚後、結婚相手に働いてほしい」(82.1%)働く独身男性の本音!◆働く既婚男性のうち7割が共働き家庭!(妻フルタイム:47.9%、パートタイム:23.2%)◆専業主婦の妻を持つ男性の19.3%が「今すぐ妻に働いてほしい」◆望みの年収額をパートナーが稼いだとしても「自身の仕事辞めない」(73.3%)調査概要・調査手法: スマートフォンリサーチ・調査地域: 全国・調査対象: 働く20代以上男性・調査

冬のボーナスの見込み金額です。

2012年冬のボーナス見通し

2012年11月01日1.2012年夏のボーナスの一人当たり平均支給額は358,368円(前年比-1.4%)と2年連続で減少し、過去最低となった。「製造業」や「建設業」などで減少している一方、「卸売業・小売業」や「生活関連サービス」では増加した。もっとも、支給事業所数割合や支給労働者数割合はともに上昇している。2.2012年冬のボーナスは4年連続で減少し、過去最低水準をさらに更新すると見込まれる。ボーナス算定のベースとなる所定内給与の低迷が続いている上、ボーナスに反映されるであろう2012年度上

2012年6月26日内閣府★フィードバック数:19キャリアとスキル

リーマン前後の状況がわかります。

正社員・非正社員の雇用動向

今週の指標 No.1036 正社員と非正社員の雇用動向ポイント2012年6月25日雇用形態別に有効求人倍率をみると、正社員、非正社員は共に持ち直しているものの、リーマンショック以前の水準と比較すると、正社員はほぼ戻りつつあるが、非正社員は改善が遅れている(図1)。雇用形態別の動向について、労働需給等をやや仔細に分析する。労働需要の強さを示す有効求人数を、2005年を100としてみると、リーマンショック直後、正社員、非正社員は共に急落したものの、その後は持ち直しており、雇用形態で大きな差は見られな

2012年2月21日内閣府フィードバック数:7社会/政治

ユーロ圏における若年労働者の動向

今週の指標 No.1023 ユーロ圏における若年労働者の動向ポイント2012年2月20日ユーロ圏の失業率をみると、2008年の世界金融危機の発生以降から上昇しており、11年は10%台の失業率となるなど、厳しい雇用情勢が続いている。しかし、若年労働者(15~24歳の労働者)をみると、11年の失業率は20%台の高水準に達しており、さらに厳しい状況下に置かれていることが伺える。世界金融危機の発生以降における失業率の上昇幅をみても、若年労働者では4.8%ポイントの上昇(08年16.0%→11年20.8%

2008年11月17日厚生労働省★フィードバック数:3キャリアとスキル

厚生労働省による就業形態にフォーカスした調査です。

平成19年就業形態の多様化に関する総合実態調査結果

厚生労働省大臣官房統計情報部担当:雇用統計課労働経済第一係電話:03(5253)111103(3595)3145 平成19年就業形態の多様化に関する総合実態調査結果の概況 ○結果のポイントは以下のとおりです。 ・正社員以外の労働者がいる事業所は全体の8割、パートタイム労働者がいる事業所は6割・正社員以外の労働者の活用理由では「賃金の節約のため」、「1日、週の中の仕事の繁閑に対応するため」が多い・正社員・出向社員以外の労働者で現在の就業形態を選んだ理由は「自分の都合のよい時間に働けるから」、「

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ