調査のチカラ TOP > タグ一覧 > パートタイム

「パートタイム」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年2月7日GMOメディアフィードバック数:0キャリアとスキル

女子中高生の将来の働き方に関する調査

10代女子のhappyを研究する「プリキャンティーンズラボ」 「女子中高生の将来の働き方に関する調査」を実施 ~過半数が「女性が働きやすい制度のある企業」を希望するも、 「子供が生まれたら専業主婦」が約4割~ GMOインターネットグループのGMOメディア株式会社(代表取締役社長:森 輝幸 以下、GMOメディア)が運営する、10代の女の子に関する研究機関「プリキャンティーンズラボ( )」は、女子中高生を対象に「女子中高生の将来の働き方に関する調査」を実施いたしました。<調査概要>■ 調査テーマ 女

2016年4月9日埼玉県フィードバック数:0社会/政治

平成27年度男女共同参画に関する意識・実態調査

ここから本文です。「平成27年度男女共同参画に関する意識・実態調査」の調査結果について 部局名:県民生活部課所名:男女共同参画課担当名:総務・推進担当担当者名:菅原、新井  埼玉県が平成27年9月に実施した男女共同参画に関する意識・実態調査の結果がまとまりましたので発表します。 この調査は県内にお住まいの満20歳以上の男女3、000人を対象に、男女の地位の平等感や女性に対する暴力の実態などを把握するために行っているものです。昭和52年度からほぼ3年に1度行い、前回は平成24年度に実施しました。

2014年12月1日大和総研★フィードバック数:0キャリアとスキル

人手不足についてのレポートです。

人手不足は本当に深刻なのか?

トップレポート・コラム経済分析日本人手不足は本当に深刻なのか? ここから本文です人手不足は本当に深刻なのか?~建設業の人手不足・男性の非正規化・雇用のミスマッチなど~『大和総研調査季報』 2014年秋季号(Vol.16)掲載サマリー「人手不足」が話題に上ることが多くなったが、現在の状況を見ると、経済全体としては人手不足には陥っていない。部分的には非製造業、とりわけ建設業や、パートタイムをはじめとする非正規雇用など、一部の業種と雇用形態で人手不足感が強い。雇用形態別の状況を詳しく見ると、パートタイ

2014年7月4日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル海外

米国の労働市場は堅調な量的改善が続く

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米国の労働市場は堅調な量的改善が続く2014年6月の米雇用統計:ただし質的改善は道半ば 2014年7月4日 笠原 滝平ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆2014年6月の非農業部門雇用者数は前月差28.8万人増と、前月(同22.4万人増)から増加幅が拡大し、6ヵ月平均も再び20万人台へ。雇用の量的改善は着実に進んでいることが示された。◆労働参加率は横ばいであったが、就業者数が

2014年5月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

FOMC: 資産買い入れ規模の縮小継続と論点

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 FOMC: 資産買い入れ規模の縮小継続と論点雇用面のみならず、利上げを巡る財政・金融面からの論点も要確認 2014年5月1日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕 笠原 滝平◆4月29日から30日にかけて開催されたFOMC(連邦公開市場委員会)でQE3(量的緩和第3弾)の資産買い入れ規模を、さらに月当たり100億ドル減額することが決定された。2014年は資産買い入れ規模の縮小が続

最近の統計調査結果から 2013年12月

統計調査報告労働経済動向調査 ―平成25年11月―平成25年11月1日現在の正社員等労働者過不足判断D.I.(「不足」-「過剰」)は、調査産業計17ポイントと10期連続不足となった(平成25年8月調査15ポイント不足)。パートタイム労働者過不足判断D.I.は、調査産業計で22ポイントと17期連続不足となった(同20ポイント不足)。国民経済計算 ―平成25年7~9月期・2次速報値―平成25年7~9月期の実質GDP(国内総生産)の成長率(季節調整済前期比)は0.3%(年率1.1%)と1次速報値と比

2013年5月8日大和総研フィードバック数:1社会/政治海外

米国経済 改善する雇用統計に力強さはない

トップレポート・コラム経済分析米国改善する雇用統計に力強さはない ここから本文です改善する雇用統計に力強さはない2013年4月の雇用統計:失業率は7.5%へ低下サマリー◆2013年4月の非農業雇用者数は前月差16.5万人増と、3月から増加幅が拡大した。過去2ヵ月分は合計で11.4万人上方修正された。◆分類別に見ると、歳出の強制削減の影響などから政府部門は引き続き減少した。一方で、民間部門は建設業の減少や製造業の足踏みがあったものの、小売業などのサービス業が全体を牽引し増加幅が拡大した。◆失業率は

2013年3月6日セレスフィードバック数:1キャリアとスキル

働く男性が女性に求めるキャリア調査

お小遣いサイトモッピー!ポイントを現金,WebMoney,Edy,iTunesコードなどに交換!◆「結婚後、結婚相手に働いてほしい」(82.1%)働く独身男性の本音!◆働く既婚男性のうち7割が共働き家庭!(妻フルタイム:47.9%、パートタイム:23.2%)◆専業主婦の妻を持つ男性の19.3%が「今すぐ妻に働いてほしい」◆望みの年収額をパートナーが稼いだとしても「自身の仕事辞めない」(73.3%)調査概要・調査手法: スマートフォンリサーチ・調査地域: 全国・調査対象: 働く20代以上男性・調査

冬のボーナスの見込み金額です。

2012年冬のボーナス見通し

2012年11月01日1.2012年夏のボーナスの一人当たり平均支給額は358,368円(前年比-1.4%)と2年連続で減少し、過去最低となった。「製造業」や「建設業」などで減少している一方、「卸売業・小売業」や「生活関連サービス」では増加した。もっとも、支給事業所数割合や支給労働者数割合はともに上昇している。2.2012年冬のボーナスは4年連続で減少し、過去最低水準をさらに更新すると見込まれる。ボーナス算定のベースとなる所定内給与の低迷が続いている上、ボーナスに反映されるであろう2012年度上

2008年11月17日厚生労働省★フィードバック数:3キャリアとスキル

厚生労働省による就業形態にフォーカスした調査です。

平成19年就業形態の多様化に関する総合実態調査結果

厚生労働省大臣官房統計情報部担当:雇用統計課労働経済第一係電話:03(5253)111103(3595)3145 平成19年就業形態の多様化に関する総合実態調査結果の概況 ○結果のポイントは以下のとおりです。 ・正社員以外の労働者がいる事業所は全体の8割、パートタイム労働者がいる事業所は6割・正社員以外の労働者の活用理由では「賃金の節約のため」、「1日、週の中の仕事の繁閑に対応するため」が多い・正社員・出向社員以外の労働者で現在の就業形態を選んだ理由は「自分の都合のよい時間に働けるから」、「

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ