調査のチカラ TOP > タグ一覧 > パートタイム労働者

「パートタイム労働者」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年11月9日兵庫県フィードバック数:0社会/政治

毎月勤労統計調査地方調査結果(平成29年8月分)

ここから本文です。毎月勤労統計調査地方調査結果(平成29年8月分)2017年10月25日担当部署名/企画県民部ビジョン局統計課経済統計班直通電話/078-362-4126 調査結果の概要 1 賃金の動き調査産業計(規模5人以上)における一人平均月間給与額現金給与総額 260,291円(前年同月比 2.8%増)きまって支給する給与 245,166円(前年同月比 1.7%増)特別に支払われた給与15,125円2 労働時間の動き調査産業計(規模5人以上)における一人平均月間労働時間総実労働時間 1

2017年10月18日香川県フィードバック数:0キャリアとスキル

平成28年香川県の賃金・労働時間及び雇用の動き

サイト内検索サイト内検索(未入力では実行できません)サイト内検索(未入力では実行できません) お問い合わせ政策部 統計調査課 電話:087-832-3145FAX:087-806-0224メール:tokei@pref.kagawa.lg.jp 平成28年香川県の賃金・労働時間及び雇用の動き調査のあらましはしがき 毎月勤労統計調査(基幹統計、厚生労働省所管)は、賃金・労働時間及び雇用について、毎月の変動を明らかにすることを目的に実施されており、我が国の労働経済に関する基本的な統計として広く

2016年11月9日日本生産性本部★★フィードバック数:0社会/政治

日本の労働生産性の動向 2016年版

公益財団法人日本生産性本部は「日本の労働生産性の動向2016年版」をまとめた。 日本の労働生産性は、OECD加盟34カ国中21位(『労働生産性の国際比較』日本生産性本部、2015年)で加盟国平均を下回っており、低迷が続いている。 2015年度の日本の労働生産性は、時間当たりの名目労働生産性が4,518円(前年度比+2.3%)で、8年ぶりに過去最高を更新したことが明らかとなった。これは、パートタイム労働者比率の上昇に加え、パートタイム労働者一人あたりの労働時間が短くなっていることが影響しているが、

「最近の統計調査結果から -2015年-」 5月分

統計調査報告平成26年労働災害動向調査(事業所調査(事業所規模100人以上)及び総合工事業調査)規模100人以上の事業所の労働災害の発生状況をみると、度数率(注1)(労働災害発生の頻度)は1.66(前年1.58)、強度率(注2)(労働災害の重さの程度)は0.09(同0.10)、死傷者1人平均の労働損失日数(注3)は56.4日(同63.2日)となった。(注1)100万延べ実労働時間当たりの労働災害による死傷者数で、災害発生の頻度を表す。(注2)1,000延べ実労働時間当たりの延べ労働損失日数で、

「最近の統計調査結果から -2015年-」 4月分

統計調査報告毎月勤労統計調査 ―1月分結果確報―平成27年1月の現金給与総額は前年同月比0.6%増となった。きまって支給する給与は0.3%増(一般労働者0.5%増、パートタイム労働者0.3%増)で、特別に支払われた給与が7.6%増であった。きまって支給する給与の内訳は、所定内給与0.2%増、所定外給与2.1%増である。実質賃金(総額)は前年同月比2.3%減となった。製造業の所定外労働時間(季調値)は前月比3.2%増となった。毎月勤労統計調査 ―2月分結果速報・平成26年年末賞与―2月分結果につ

2015年5月1日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

毎月勤労統計(2015年3月) ~2014年度の所定内給与は物足りない結果~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:毎月勤労統計(2015年3月)発表日:2015年5月1日(金)~2014年度の所定内給与は物足りない結果~担当第一生命経済研究所 経済調査部副主任エコノミスト 高橋 大輝TEL:03-5221-4524(単位:%)現金給与総額前年比2014年2015年常用雇用者数所定内前年比総労働時間一般前年比前年比パート前年比所定内前年比前年比所定外前年比1月▲ 0.6▲ 0.51.20.62.71.30.87.32月3月▲ 0.50.3▲ 0

2015年3月31日厚生労働省★フィードバック数:0キャリアとスキル

厚労省の調査です。

平成26年度「能力開発基本調査」

平成27年3月31日【照会先】職業能力開発局総務課基盤整備室室長稲原 俊浩(内線5960)室長補佐 近藤 有希子(内線5602)(代表電話) 03(5253)1111(直通電話) 03(3595)3377 報道関係者各位平成26年度「能力開発基本調査」の結果を公表します 〜企業がOFF−JTなどの能力開発に支出する費用は今後増加する見込み〜 厚生労働省では、このほど、平成年度「能力開発基本調査」の結果を取りまとめましたので公表します。 「能力開発基本調査」は、国内の企業・事業所と労働者の

2015年3月29日宮崎県フィードバック数:0キャリアとスキル

みやざきの賃金・労働時間・雇用の動き(平成26年平均)

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。 ここから本文です。更新日:2017年3月17日みやざきの賃金・労働時間・雇用の動き(平成26年平均)平成26年平均の概況(調査産業計)1.賃金現金給与総額は253,499円で前年比3.0%増きまって支給する給与は214,277円で前年比1.7%増2.労働時間総実労働時間数は150.6時間で前年比0.1%増所定外労働時間数は9.6時間で前年比1.4%増3.雇用

賃金動向についてのレポートです。

賃金低迷の原因を探る

賃金低迷の原因を探る | ニッセイ基礎研究所 基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 賃金(一人当たり現金給与総額)は、国内景気の悪化を背景に企業の人件費抑制姿勢が高まったことなどから1997年をピークに緩やかな減少傾向が続いている。2014年の現金給与総額は前年比0.8%と2010年以来4年ぶりに増加したものの、1997年のピーク時(36.0万円)注1と比較すると、

2015年3月6日埼玉県フィードバック数:0キャリアとスキル

平成26年の「埼玉県の賃金・労働時間及び雇用の動き」(速報)(毎月勤労統計調査結果・年平均値)

ここから本文です。平成26年の「埼玉県の賃金・労働時間及び雇用の動き」(速報)(毎月勤労統計調査結果・年平均値) 部局名:総務部課所名:統計課担当名:労働学事担当担当者名:大石、松本、岡安  現金給与総額が3年ぶりに増加 平成26年の年平均は、現金給与総額は3年ぶりに、総実労働時間は4年ぶりに増加に転じました。雇用は9年連続で増加となりました。1 賃金 現金給与総額は、一人平均月間280,876円(前年比1.0%増)となり3年ぶりに増加に転じました。 主な産業の前年比は、製造業2.8%増、卸売

「最近の統計調査結果から―2015年―」 2月分

統計調査報告第9回中高年者縦断調査(中高年の生活に関する継続調査)(注)第1回調査で仕事をしていた者(81.2%)のうち、今回も仕事をしている者は70.9%(パート・アルバイト19.4%、自営業主、家族従業者17.9%、正規の職員・従業員15.4%、労働者派遣事業所の派遣社員、契約社員・嘱託10.6%等)である。前回(第8回調査)、仕事をしていない者(36.5%)で仕事をしたいとした者(その27.8%)のうち、今回、仕事をしている者は15.3%、仕事をしていない者は84.4%であった。(注)平

「最近の統計調査結果から―2015年―」 1月分

統計調査報告被保護者調査(注) ― 10月分概数―平成26年10月の生活保護の被保護世帯数は1,615,240世帯、被保護実人員は2,168,393人となった。(注)生活保護法に基づく保護を受けている世帯及び保護を受けていた世帯の保護の受給状況を把握するための調査である。毎月勤労統計調査 ―11月分結果確報―平成26年11月の現金給与総額は前年同月比0.1%増となった。きまって支給する給与は0.1%増(一般労働者0.6%増、パートタイム労働者1.0%減)で、特別に支払われた給与が1.6%増であ

2015年1月27日福岡県★フィードバック数:0キャリアとスキル

福岡県の調査です。

平成26年度福岡県の賃金事情

県内の民間事業所に雇用される常用従業員及びパートタイム労働者の平均賃金や労働時間並びに新規学卒者の初任給等の労働条件の実態を明らかにし、賃金や労働時間等の労働条件改善の際の基礎資料とするため、平成28年7月の状況を調査し、その結果をまとめたものです。平成28年度 福岡県の賃金事情第1 調査の説明第2 調査結果の概要第3 統計表第4 資料一括ダウンロード過去の調査結果 福祉労働部 労働局 労働政策課 労働福祉係Tel:092-643-3587Fax:092-643-3588 (添付ファイルが

「最近の統計調査結果から―2014年―」 12月分

 統計調査報告被保護者調査(注) ―9月分概数―平成26年9月の生活保護の被保護世帯数は1,611,953世帯、被保護実人員は2,164,909人となった。(注)生活保護法に基づく保護を受けている世帯及び保護を受けていた世帯の保護の受給状況を把握するための調査である。国民経済計算 ―平成26年7~9月期・2次速報値―平成26年7~9月期の実質GDP(国内総生産)の成長率(季節調整済前期比)は-0.5%(年率-1.9%)と1次速報値と比べて0.1ポイント(年率0.3ポイント)の下方修正となった。

2014年9月23日内閣府フィードバック数:0キャリアとスキル海外

アメリカ:経済的理由によるパートタイム労働者の動向

今週の指標 No.1105 アメリカ:経済的理由によるパートタイム労働者の動向 ポイント2014年9月22日14年9月の連邦公開市場委員会(FOMC)において、労働市場の状況は、「総じてやや一層改善したものの、失業率はほとんど変化がなく、広範な労働市場の指標は労働資源の未活用が著しいことを示唆している」と評価された。労働資源の未活用を示す指標の1つとしてイエレンFRB議長は経済的理由によるパートタイム労働者を挙げており、この改善の程度は利上げ開始時期に影響を及ぼすと考えられることから、注目されて

人事制度についての調査です。

企業の諸手当等の人事処遇制度に関する調査

企業の諸手当等の人事処遇制度に関する調査 概要研究の目的本調査は、今まで明らかになっていなかった小規模企業を含めた諸手当の支給実態について把握することを目的としている。研究の方法郵送による調査票の配布・回収。常用労働者1人以上を雇用している全国の民間企業20,000社(農林漁業、公務除く)を対象に産業・規模別に層化無作為抽出。調査実施期間は2013年9月11日から9月27日。有効回収数:7,409件/有効回収率:37.0%。主な事実発見期間を定めずに雇われている常用労働者について諸手当制度があ

最近の統計調査結果から 2014年6月

 統計調査報告被保護者調査(注) ―3月分概数―平成26年3月の生活保護の被保護世帯数は1,602,163世帯、被保護実人員は2,171,139人となった。(注)生活保護法に基づく保護を受けている世帯及び保護を受けていた世帯の保護の受給状況を把握するための調査である。国民経済計算 ―平成26年1~3月期・2次速報値―平成26年1~3月期の実質GDP(国内総生産)の成長率(季節調整済前期比)は1.6%(年率6.7%)と1次速報値と比べて0.1ポイント(年率0.8ポイント)の上方修正となった。内需

最近の統計調査結果から 2014年5月

 統計調査報告平成25年労働災害動向調査(事業所調査(事業所規模100人以上)及び総合工事業調査)規模100人以上の事業所の労働災害の発生状況をみると、度数率(注1)(労働災害発生の頻度)は1.58(前年1.59)、強度率(注2)(労働災害の重さの程度)は0.10(同0.10)、死傷者1人平均の労働損失日数(注3)は63.2日(同63.3日)となった。(注1)100万延べ実労働時間当たりの労働災害による死傷者数で、災害発生の頻度を表す。(注2)1,000延べ実労働時間当たりの労働損失日数で、災

2014年4月15日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

配偶者控除見直し論議、始まる ~さらに分厚い“130万円の壁”~

Economic Trendsマクロ経済分析レポート配偶者控除見直し論議、始まる発表日:2014年4月14日(月)~さらに分厚い“130万円の壁”~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 星野 卓也TEL:03-5221-4547(要旨)○本日の政府税制調査会において、配偶者控除の見直しに関する議論が始まった。配偶者控除は配偶者の収入が 103 万円に満たない場合に主たる生計者の所得控除を行うものである。これが逆に 103 万円以上の所得が生じないよう、配偶者が就業調整を行うインセンテ

2014年3月31日厚生労働省★★フィードバック数:0キャリアとスキル

企業の人材育成、個人の自己啓発についての調査です。

平成25年度「能力開発基本調査」

平成26年3月31日【照会先】職業能力開発局総務課基盤整備室室長 内田 敏之 (内線5960)職業能力開発指導官 近藤 有希子 (内線5970)(代表電話) 03(5253)1111(直通電話) 03(3595)3377 報道関係者各位平成25年度「能力開発基本調査」の結果を公表します 〜企業がOFF−JTなどの能力開発に支出する費用は今後上昇する見込み〜 厚生労働省では、このほど、平成年度「能力開発基本調査」の結果を取りまとめましたので公表します。 「能力開発基本調査」は、国内の企業・

2013年11月25日内閣府★フィードバック数:0キャリアとスキル海外

アメリカの状況です。

アメリカ:賃金・報酬の動向

今週の指標 No.1083 アメリカ:賃金・報酬の動向 ポイント2013年11月25日13年7~9月期の雇用コスト指数は前年同期比+1.9%となった(図1)。雇用コスト指数は賃金・報酬と諸手当(注)から構成されているが、どちらも世界金融危機による雇用環境の悪化により伸び率が鈍化した。諸手当は世界金融危機後に減少していた労働時間が増加に転じたことを背景に伸び率が高まる局面も見られたが、賃金・報酬は09年7~9月期以降、おおむね横ばいで推移している(図2)。このことが物価上昇率を抑える一因となってい

冬のボーナスです。

2013年冬のボーナス見通し

2013年11月01日○ 2013年夏のボーナスの一人当たり平均支給額は359,317円(前年比+0.3%)と3年ぶりに増加した。産業別にみると「複合サービス業」や「情報通信業」などで大幅に伸びた。もっとも、「製造業」ではほぼ横ばいにとどまっており、収益環境の厳しさが続く「電気・ガス業」では大きく落ち込んでいる。支給事業所割合は前年と同水準だったものの、支給労働者割合は81.4%(同+0.2%ポイント)と上昇しており、ボーナスの支給は徐々に多くの企業に広がりつつある。○ 2013年冬のボーナスは

毎月勤労統計13年8月 ~2ヶ月連続の前年比減と、依然厳しい所得環境

毎月勤労統計13年8月 ~2ヶ月連続の前年比減と、依然厳しい所得環境 | ニッセイ基礎研究所 毎月勤労統計13年8月 ~2ヶ月連続の前年比減と、依然厳しい所得環境 押久保 直也基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・現金給与総額は前年比で2ヶ月連続減少・常用雇用者数は緩やかな増加基調が続く10月1日に厚生労働省から発表された2013年8月の毎月勤労統計によると、8月

2013年9月4日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

毎月勤労統計(2013年7月) ~夏のボーナスは増加~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:毎月勤労統計(2013年7月)発表日:2013年9月3日(水)~夏のボーナスは増加~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 大塚 崇広TEL:03-5221-4525(単位:%)現金給与総額前年比2012年2013年常用雇用者数所定内前年比総労働時間一般前年比前年比パート前年比所定内前年比前年比所定外前年比1月▲ 1.2▲ 0.30.5▲ 0.12.20.00.00.62月3月4月5月0.10.90.2▲ 1.10.00

2013年8月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

毎月勤労統計13年6月 ~特別給与の増加が賃金を押し上げる

毎月勤労統計13年6月 ~特別給与の増加が賃金を押し上げる | ニッセイ基礎研究所 毎月勤労統計13年6月 ~特別給与の増加が賃金を押し上げる 押久保 直也基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・現金給与総額は5ヶ月ぶりに前年比で増加・常用雇用者数は緩やかな増加基調が続く7月31日に厚生労働省から発表された2013年6月の毎月勤労統計によると、6月の現金給与総額は前

2013年7月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

毎月勤労統計13年5月 ~まだ遠い賃金の本格的な回復

毎月勤労統計13年5月 ~まだ遠い賃金の本格的な回復 | ニッセイ基礎研究所 毎月勤労統計13年5月 ~まだ遠い賃金の本格的な回復 押久保 直也基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・現金給与総額は2ヶ月連続で前年比横ばい・常用雇用者数は緩やかな増加基調が続く7月2日に厚生労働省から発表された2013年5月の毎月勤労統計によると、5月の現金給与総額は前年比0.0%(

2013年5月15日厚生労働省フィードバック数:4キャリアとスキル

労使関係総合調査(労働組合基礎調査):調査の結果

労使関係総合調査(労働組合基礎調査):調査の結果1 労働組合 労働組合とは、労働者が主体となって、自主的に労働条件の維持改善その他経済的地位の向上を図ることを主たる目的として組織する団体及びその連合団体をいう。2 単位組織組合、単一組織組合(1) 単位組織組合とは、規約上労働者が当該組織に個人加入する形式をとり、かつ、その内部に独自の活動を行い得る下部組織(支部等)を持たない労働組合をいう。(2) 単一組織組合とは、規約上労働者が当該組織に個人加入する形式をとり、かつ、その内部に下部組織(支部等

2013年5月2日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:1キャリアとスキル

毎月勤労統計13年3月~賃金の低迷が続く

毎月勤労統計13年3月~賃金の低迷が続く | ニッセイ基礎研究所 毎月勤労統計13年3月~賃金の低迷が続く 押久保 直也基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・現金給与総額は2ヶ月連続で減少・雇用環境は厳しさが続く5月1日に厚生労働省から発表された2013年3月の毎月勤労統計によると、3月の現金給与総額は前年比▲0.6%(2月:前年比▲0.8%)となり、2ヶ月連続で

夏のボーナスの見通しです。

2013年夏のボーナス見通し

2013年04月03日○ 2012年冬のボーナスの一人当たり平均支給額は365,687円(前年比-1.5%)と4年連続で減少した。すべての事業所規模で減少している。また、産業別にみると2012年度上期の企業収益が悪化した「製造業」で減少に転じるなど、幅広い業種で前年の水準を下回っている。○ 2013年夏のボーナスは3年連続で減少すると予測する。民間企業(パートタイム労働者を含む)の一人当たり平均支給額は357,400円(前年比-0.3%)と、過去最低水準を更新する見込みだ。もっとも、2012年夏

2013年3月27日厚生労働省★★フィードバック数:17キャリアとスキル

企業の人材育成、ビジネスマンの自己啓発についての調査です。

平成24年度「能力開発基本調査」の調査

平成24年25年3月26日職業能力開発局総務課基盤整備室室長 内田敏之(5960)専門官 岸田京子(5970)(電話代表) 03(5253)1111(直通番号) 03(3595)3377 平成24年度「能力開発基本調査」の調査結果を公表〜昨年に引き続き、企業が能力開発に支出する費用は今後上昇する見込み〜 厚生労働省では、このほど、平成24年度「能力開発基本調査」の結果を取りまとめましたので公表します。「能力開発基本調査」は、国内の企業・事業所と労働者の能力開発の実態を、正社員注1、正社員以

2012年8月24日厚生労働省★フィードバック数:71キャリアとスキル

パートタイム労働者についての実態調査です。

平成23年パートタイム労働者総合実態調査(個人調査)の結果

平成23年パートタイム労働者総合実態調査の概況【事業所調査】I就業形態別就労状況II正社員とパートの両方を雇用している事業所における状況印刷用PDFファイルのダウンロードはこちらから PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。 〒100-8916 東京都千代田区霞が関1-2-2 電話:03-5253-1111(代表)Copyright © Minis

2012年3月29日厚生労働省★フィードバック数:12キャリアとスキル

企業の能力開発についてのまとまった調査結果です。

平成23年度「能力開発基本調査」の結果公表~「労働者全体の能力を高める」ことを重視する企業が昨年に引き続き増加~

平成24年3月28日職業能力開発局総務課基盤整備室室長 大津英喜(5960)室長補佐 佐藤 誠(5970)(電話代表) 03(5253)1111(直通電話) 03(3595)3377 平成23年度「能力開発基本調査」の結果公表〜「労働者全体の能力を高める」ことを重視する企業が昨年に引き続き増加〜 厚生労働省では、このほど、平成23年度「能力開発基本調査」の結果を取りまとめましたので公表します。「能力開発基本調査」は、国内の企業・事業所と労働者の能力開発の実態を、正社員注1、正社員以外注2別

2011年12月15日厚生労働省フィードバック数:9キャリアとスキル

平成23年パートタイム労働者総合実態調査(事業所調査)の結果

雇用の構造に関する実態調査(パートタイム労働者総合実態調査) 政策統括官付参事官付雇用・賃金福祉統計室電話:03-5253-1111(内線7615, 7622)過去情報については、結果の概要からご覧ください。 PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。 〒100-8916 東京都千代田区霞が関1-2-2 電話:03-5253-1111(代表)Copy

2011年8月18日厚生労働省フィードバック数:3キャリアとスキル

毎月勤労統計調査 地域別特別集計(平成23年6月分)

平成23年8月17日大臣官房統計情報部雇用統計課課長 南 和男企画調整係長 前原 庸司企画調整係(電話代表) 03(5253)1111(内線7609,7610)(直通電話) 03(3595)3145 報道関係者各位毎月勤労統計調査 地域別特別集計(平成23年6月分) 毎月勤労統計調査 地域別特別集計(平成23年6月分)を厚生労働省のWebページに掲載しましたのでお知らせします。 【地域別特別集計について】毎月勤労統計調査では、臨時的な措置として、当分の間、東北電力・東京電力管内の東北・関東

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 

お知らせ