調査のチカラ TOP > タグ一覧 > パート労働者

「パート労働者」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2014年5月15日日本銀行フィードバック数:0キャリアとスキル

高知県の雇用・賃金情勢について

特別調査BOJ 高知2014 年 5 月 14 日日本銀行高知支店高知県の雇用・賃金情勢について本稿の執筆は高知支店総務課 加藤達也(現・金融機構局) が担当しました。照会先:日本銀行高知支店総務課(TEL:088-822-0004)本稿は、インターネット(http://www3.boj.or.jp/kochi/)からもご覧いただけます。本稿の内容について、商用目的で転載・複製を行う場合は、予め日本銀行高知支店までご相談ください。転載・複製を行う場合は、出所を明記してください。11.はじめに高知

2013年9月13日内閣府★フィードバック数:0キャリアとスキル

内閣府によるレポートです。

賃金の動向について-最近の所定内給与・特別給与の変化-

1.はじめに我が国の景気は 2013 年に入り持ち直しに転じているが、本年1−3月期、4−6月期のGDP速報をみると、過去の持ち直し局面と比べ、個人消費の寄与が大きくなっている。もっともこれまでの消費の好調さは資産効果やマインドの改善を背景としている側面が強く、今後、引き続き個人消費が上向きのトレンドを維持するためには、雇用の拡大とともに賃金の上昇がカギとなってくる。また、賃金の持続的上昇はデフレ脱却を実現するための重要な基盤でもある。そこで、本稿では、今回の景気持ち直し局面において、賃金の上昇

2013年6月25日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

アベノミクスの鍵を握る賃金の行方

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 アベノミクスの鍵を握る賃金の行方所定内給与の増加に向けた構造改革が不可欠 ◆デフレからの脱却を目指して、「3本の矢」による経済政策を進める安倍政権は、同時に賃金の上昇を目指している。安倍首相は経済団体に対して賃上げを要求し、一部の企業がそれに呼応するように給与の引き上げを検討したこともあり、賃金動向が注目されている。◆日本では1990年代後半以降賃金が減少傾向にある。賃金の内訳をみると、特別給与と所定

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ