「パーマ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2014年12月4日リクルート★フィードバック数:0ライフスタイル

ビューティ総研のレポートです。

【美容センサス2014年下期】≪美容室編≫

【美容センサス2014年下期】≪美容室編≫ 2014年12月04日株式会社リクルートライフスタイル ●美容室(※1)の利用率は昨年と比べてほぼ横ばい。1回あたりの利用金額と年間利用回数はともに減少。 ●スマートフォンからのネット予約率が20~34歳の女性で高め。 株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:北村 吉弘)に設置されたビューティ総研()では、このたび全国の人口20万人以上の都市在住者のうち20〜49歳の女性3,600人を対象に、「美容領域に関する調査」を

2014年11月4日NTTレゾナントフィードバック数:0ライフスタイル

女性が選んだ!3割増し美人に見える髪型ランキング

女性の髪形は、美しさの重要な要素。顔はそれほどではなくても、髪型によって美人に見えることもあるのが不思議ですよね。今回は、3割増しで美人に見える髪型を女性の皆さんに聞いてみました。1位に輝いたのは、《黒髪+ストレート+ロング》。流れるような黒髪のストレートロングは女性を美しく見せる髪型と考えている女性が多いようです。この回答は「男性が選んだ!3割増し美人に見える髪型ランキング」でも1位を獲得。男女ともに、美しいと思う髪型は同じなのですね。2位には、《茶髪+ゆるいパーマ+ロング》が選ばれました。茶

2014年1月28日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム ヘアケア(3)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ髪・頭髪について悩みや気にしていることがある人は全体の7割弱。「悩みがある」は女性5割、男性3割弱。悩みの内容は「白髪が多い」「ボリュームが少ない」「抜け毛が多い」「くせ毛である」「髪が細い」「パサついている」など、多様 髪のために気をつけていることがある人は全体の6割、男性5割弱、女性7割強。「毎日髪の毛を洗う」「髪が濡れたまま寝ない」「髪の洗い方に気をつけている」などが上位。「毎日髪の毛を洗う」は若年層で多い。「髪が濡れたまま寝ない」「

2013年11月13日リクルート★フィードバック数:0ライフスタイル

サービス形態ごとのレポートです。

【美容センサス2013年下期】≪アイビューティサロン編≫

【美容センサス2013年下期】≪アイビューティサロン編≫ 発表 2013年11月12日株式会社リクルートライフスタイル 株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:北村 吉弘)に設置されたビューティ総研( センター長:野嶋 朗)では、このたび全国の人口20万人以上の都市在住の20〜49歳の女性を対象に、「美容領域に関する調査」を実施しましたので結果をご報告いたします。●女性のアイビューティサロン利用率は減少傾向だが、利用金額は増加傾向。 ●まつ毛パーマ・カールの利用

第623回 美容院にいってますか? 2013.10.03~2013.10.09

ママの美容院のことならハッピー・ノート.com! ●分析お子さまをおいて外出しにくいママ。中でも美容院は、意外に時間がかかるので、なかなか行きにくいのではないでしょうか。そこで、今回はママの美容院事情を調査。美容院に行く頻度、その時、お子さまはどうするかなどを教えていただきました。 Q1.お子さまの年齢は?(きょうだいがいる場合は下のお子さま)今回のリサーチの対象となるお子さまの年齢は、「0歳~1歳(50.0%)」「2歳~3歳(22.1%)」「4歳~5歳(10.6%)」「6歳以上(17.3%)

第398回 美容院にいってますか? 2009.01.15~2009.01.21

●分析いくつになってもきれいでいたい、オシャレには手を抜きたくないと思うのがオンナ心。ただ妊娠中や授乳中、育児中は子ども最優先となってしまい、自分の時間がとれないのがママ。とくに困るのが美容院ではありませんか?大きなおなかを抱えて行くのは大変。子どもたちを置いて出かけるのは無理。「髪は妊娠してから何もできなくて」という声もよく耳にします。そこで今週は「美容院にいってますか?」と題してリサーチを実施しました。 Q1.お子さまの年齢は?(きょうだいがいる場合は下のお子さま) 今回、ご投票いただい

2013年6月27日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム シャンプーの利用(5)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ主使用シャンプーを使い始めたきっかけは「店頭で商品を見た」「テレビ番組・CM」「家族が使っている・買ってきた」などが上位。メリット主利用者では「家族が使っている・買ってきた」が最も多い シャンプーと同ブランドのヘアケア・ボディケア用品使用者は、シャンプー使用者の7割弱、男性5割、女性8割強。「コンディショナー」がシャンプーと同じブランドの人はシャンプー使用者の4割弱、「リンス」「トリートメント」は各1〜2割 シャンプー購入時の重視点は「価格

2013年5月15日リクルート★フィードバック数:2ライフスタイル

アイビューティサロン編です。

【美容センサス2013年上期】≪アイビューティサロン編≫

2013年5月14日【美容センサス2013年上期】≪アイビューティサロン編≫●女性のアイビューティサロン利用率は減少。20~34歳女性では前年比3.5ポイント減少の12.6%。●アイビューティサロン利用回数は35~49歳女性が最も多く、年間で6.11回。●まつ毛美容液を使った自宅ケアは、20~34歳女性の約5人に1人が実施。株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:北村 吉弘)の事業創造部に設置されたビューティ総研(http://r-bmr.net/ センター長:野

2010年3月8日アイシェアフィードバック数:0ライフスタイル

身近な人のヘアスタイルの変化に男性の5割『気付かない』~しかし6割半が自分の変化に『気付いてくれると嬉しい人がいる』

髪変えたけど…男性の5割は変化に『気付かない』 ヘアスタイルの変化に関する意識調査 身近な人のヘアスタイルの変化に男性の5割『気付かない』~しかし6割半が自分の変化に『気付いてくれると嬉しい人がいる』身近な人のヘアスタイルの変化には、どのくらい敏感なものなのだろうか。20代~40代のネットユーザー531名(男性303名、女性228名)の回答を集計した。身近な人がヘアスタイルを変えたことにすぐ気付くほうかとの問いには、「すぐ気付く」が16.9%、「気付くことが多い」が44.8%で、合計61.8%が

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ