「ヒノキ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年3月29日ウェザーニューズフィードバック数:0社会/政治

【花粉最前線】最近の症状を調査!つらい人の割合は?

【花粉最前線】最近の症状を調査!つらい人の割合は?北日本でも花粉の飛散が本格化…。そこで今日は、花粉症の症状について調査!(第5回)この1週間、花粉症の症状はどうですか?九州〜東北エリアの花粉症の方に聞いています↓※地図が見られない場合はオリジナルサイトでご覧ください。→花粉症の症状は?ウェザーニュースでは毎週水曜日に花粉症の症状について調査。花粉シーズンの動向を皆さんと追っていきます。 雨の翌日は花粉飛散に注意 22日(水)の花粉飛散予報 雨の日は、雄花が濡れて開かなくなり、花粉はほとんど飛び

2016年8月3日ウェザーニューズフィードバック数:0社会/政治

2016年スギ・ヒノキ花粉飛散状況のまとめ

ニュース 2016年07月25日 ウェザーニューズ、2016年スギ・ヒノキ花粉飛散状況のまとめを発表今年の花粉は暖冬でスタート早く、飛散はダラダラ継続型飛散量は昨年の55%と少なくなるも、昨年よりツライ症状続くシーズンにモバイル/インターネット >  株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は、2016年の花粉飛散状況および花粉症状の総括を発表しました。花粉症に悩む一般の方や企業、病院などの協力のもと、全国に設置しているオリジナル花粉観測機「ポールンロボ」にて計測

2015年6月17日ウェザーニューズ★フィードバック数:0ライフスタイル

今年の振り返りです。

2015年のスギ・ヒノキ花粉飛散傾向

ニュース 2015年06月16日 2015年のスギ・ヒノキ花粉飛散傾向のまとめ今年の花粉は短期集中型!昨年より3週間短い花粉シーズンに~西日本ほど飛散量は少なく症状も軽め、九州北部では9割減の地域も!〜  株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は、全国的にスギ・ヒノキの花粉シーズンの終了を迎え、一般の方と共に実施した「花粉プロジェクト2015」における花粉症及び、花粉飛散傾向のまとめを発表しました。花粉症に悩む一般の方や企業、病院などの協力のもと、全国1,000

2015年5月21日東京都フィードバック数:0ライフスタイル

都内のスギ・ヒノキ花粉の観測結果(速報)

今春の飛散花粉数は昨春の約1.2倍都内のスギ・ヒノキ花粉の観測結果(速報)平成27年5月21日福祉保健局 今春(平成27年)の都内スギ・ヒノキ花粉観測地点における、5月13日までの観測結果を取りまとめましたので、お知らせします。今春の飛散花粉数は、昨春の約1.2倍で過去10年平均の約6割 今春(平成27年)のスギ・ヒノキ花粉の飛散数は、昨春と比べて、約1.2倍でした。過去10年間の飛散数と比較すると6番目となり、平均の約6割でした。スギ花粉の飛散はほぼ終息、ヒノキ花粉も間もなく終息の見込み 都内

2015年1月27日東京都フィードバック数:0ライフスタイル

27年春のスギ・ヒノキ花粉に関する飛散予測

花粉の飛散開始日は2月14日から17日ごろ今春の飛散花粉数は昨春の2倍程度 平成26年度東京都花粉症対策検討委員会(第2回)検討結果平成27年1月22日福祉保健局 東京都では、花粉症の予防や治療を適切に行うことができるよう、飛散花粉数の観測を行うとともに、観測結果などに基づき、花粉飛散予測を実施しています。本日、東京都花粉症対策検討委員会を開催し、都内における平成27年春のスギ・ヒノキ花粉に関する飛散予測の検討を行いました。1 飛散開始日の予測 2月14日から17日ごろとされ、例年並みとなる見込

2014年6月12日ウェザーニューズ★フィードバック数:0ライフスタイル

花粉症の振り返りです。

2014年のスギ・ヒノキ花粉飛散傾向のまとめ

ニュース 2014年06月12日 2014年のスギ・ヒノキ花粉飛散傾向のまとめ花粉飛散量、昨シーズンの4割減も花粉症の緩和を実感せず~関東は花粉飛散量が昨シーズン比7割減、高知や佐賀では約5割以上増加~ 株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は、全国的にスギ・ヒノキの花粉シーズンの終了を迎え、一般の方と共に展開した「花粉プロジェクト2014」における花粉症及び、花粉飛散傾向のまとめを発表しました。花粉症に悩む一般の方や企業、病院などの協力のもと、全国1,000箇

2014年4月28日環境省フィードバック数:0ライフスタイル

平成26年春のスギ・ヒノキ花粉の飛散状況及び終息時期

平成26年春のスギ・ヒノキ花粉の飛散状況及び終息時期について環境省が実施している調査研究で報告された、スギ・ヒノキ花粉の今シーズンの飛散量及び終息時期は以下のとおりです。 1.今シーズンのスギ・ヒノキ花粉の総飛散量は、例年や昨シーズンと比較して少ない地域が多くなりましたが、九州及び四国地方など一部では非常に多い地域が見られました。2.スギ花粉の現時点の飛散量は、北陸、甲信及び関東地方でやや多い状態になっていますが、減少傾向にあります。スギ花粉の飛散の終息時期については、九州、四国、近畿及び東海地

2014年4月10日ウェザーニューズフィードバック数:0ライフスタイル

2014年2-3月の花粉飛散傾向

ニュース 2014年04月10日 ウェザーニューズ、花粉飛散傾向の中間まとめ発表花粉飛散量、関東は昨シーズン比8割減を確認、シーズン全体を通しても5割以下の予想~ 関東のヒノキ花粉は今がピーク、昨年より約一週間早くシーズン終了へ ~ 株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は、今後も飛散が見込まれる花粉に対して十分な対策を取っていただくため、2014年2~3月における花粉飛散数及び、今後予想される飛散傾向を発表しました。発表は、全国約1,000箇所に設置している花

2014年1月27日東京都★フィードバック数:0ライフスタイル

東京都の予測です。

26年春のスギ・ヒノキ花粉の飛散予測

花粉の飛散開始日は2月16日から20日ごろ今春の飛散花粉数は昨春より少ないものの注意が必要 平成25年度東京都花粉症対策検討委員会(第2回)検討結果平成26年1月23日福祉保健局 東京都では、花粉症の予防や治療を適切に行うことができるよう、飛散花粉数の観測を行うとともに、観測結果などに基づき、花粉飛散予測を実施しています。本日、東京都花粉症対策検討委員会を開催し、都内における平成26年春のスギ・ヒノキ花粉に関する飛散予測の検討を行いました。1 飛散開始日の予測 2月16日から20日ごろとされ、例

2013年5月30日ウェザーニューズ★フィードバック数:4ライフスタイル

今年のまとめです。

2013年のスギ・ヒノキ花粉飛散傾向のまとめ

発行日 : 2013年05月30日 2013年のスギ・ヒノキ花粉飛散傾向のまとめ 花粉飛散数、関東で平年の約3倍以上、全国では平年比の7割増を観測~関東では症状も“辛い”が倍増、花粉症の2人に1人が症状の重さを実感~株式会社ウェザーニューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:草開千仁)は、全国的にスギ・ヒノキの花粉シーズンの終了を迎え、一般の方と共に展開した「花粉プロジェクト2013」における花粉症及び、花粉飛散傾向のまとめを発表しました。内容は、花粉症に悩む一般の方や企業、病院などの協力のもと

2013年4月11日ウェザーニューズ★フィードバック数:6ライフスタイル

今年の花粉のまとめです。

2~3月の花粉飛散傾向のまとめ

発行日 : 2013年4月11日ウェザーニューズ、2~3月の花粉飛散傾向のまとめ発表花粉飛散量、関東で昨年比5倍増を確認、昨年より約一週間早くシーズン終了へ~ 4月中旬現在、西日本・東日本でヒノキ花粉、東北でスギ花粉のピークに 北海道のシラカバ花粉は4月下旬から飛散開始 ~株式会社ウェザーニューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:草開千仁)は、今後も飛散が見込まれる花粉に対して十分な対策を取っていただくため、2013年2~3月における花粉飛散数及び、今後予想される飛散傾向を発表しました。発表は

今年の花粉飛散量と花粉症対策について(滋賀)

今年の花粉飛散量予測と花粉症対策について今年の花粉飛散量は、一部の地域を除いて全国的に例年より多くなると予測されている。 年々、花粉症の患者数が上昇するなか、一部の試算では花粉症による国内の経済損失は数千 億円にも上るといわれている。 そこで、今回は今年の花粉飛散量予測とともに、花粉症の予防策と関連商品の動向につ いてみてみたい。1.花粉症の概要花粉症とは、スギやヒノキなどの花粉が、抗原(アレルギーの原因物質)となって起こるアレ ルギー疾患の一種である。日本では、1960 年代に初めてスギ花粉症

2013年1月22日東京都フィードバック数:96ライフスタイル

東京都 25年春のスギ・ヒノキ花粉の飛散予測

飛散開始日は2月14日から16日ごろ今春の飛散花粉の総数は昨春の5〜6倍 平成24年度東京都花粉症対策検討委員会(第2回)検討結果平成25年1月17日福祉保健局 東京都では、花粉症の予防や治療を適切に行うことができるよう、飛散花粉数の観測を行うとともに、観測結果などに基づき、花粉飛散予測を実施しています。本日、東京都花粉症対策検討委員会を開催し、都内における平成25年春のスギ・ヒノキ花粉に関する飛散予測の検討を行いました。1 飛散開始日の予測 2月14日から16日ごろとされ、例年(過去10年平均

2012年6月13日ウェザーニューズ★フィードバック数:3ライフスタイル

今年の花粉についてのデータです。

2012年のスギ・ヒノキ花粉飛散傾向のまとめ

発行日 : 2012年06月13日2012年のスギ・ヒノキ花粉飛散傾向のまとめ花粉飛散量、九州では平年の3割増、全国では1割減を観測~ 飛散開始が平年より遅く、全国的に約4日短い花粉シーズンに ~株式会社ウェザーニューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:草開千仁)は、全国的にスギ・ヒノキの花粉シーズンの終了を迎え、一般の方と共に展開した「花粉プロジェクト2012」における花粉症及び、花粉飛散傾向のまとめを発表しました。内容は、花粉症に悩む一般の方や企業、病院などの協力のもと、全国1,000箇

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ