調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ヒノキ雄花

「ヒノキ雄花」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年10月8日ウェザーニューズフィードバック数:0社会/政治

2016年の花粉飛散傾向

ニュース 2015年10月08日 ウェザーニューズ、2016年の花粉飛散傾向発表来春の花粉飛散量は全国で平年より少なめ!関東では5割減〜風が強い日や雨の翌日は一時的な飛散増加に注意、油断せずに対策を~ 株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は、10月8日、2016年の花粉シーズンにおける全国の“スギ・ヒノキ花粉”傾向を発表しました。本発表は、花粉症に悩む方に来年の花粉の飛散傾向をお知らせすることで早めに対策をとっていただき、少しでも花粉シーズンを快適に過ごしてい

2014年12月28日環境省★フィードバック数:0ライフスタイル

環境省の調査です。

平成27年春の花粉総飛散量及び飛散開始時期の予測(第1報)

平成27年春の花粉総飛散量及び飛散開始時期の予測(第1報)について(お知らせ) 平成27年春のスギ・ヒノキ花粉の予測(第1報)を公表します。(1)スギ・ヒノキ花粉総飛散量について ■平成26年春との比較では、四国地方及び九州地方で少なくなると予測されますが、東北地方、関東地方、甲信地方、北陸地方及び東海地方では花粉量がかなり多くなる見込みです。また、近畿地方及び中国地方では並かやや多くなると予測されています。 ■例年との比較では、近畿地方、四国地方及び九州地方では少なくなりますが、東北地方、関東

2014年10月8日ウェザーニューズ★フィードバック数:0ライフスタイル

来年の花粉飛散予測です。

2015年の花粉飛散傾向

ニュース 2014年10月08日 ウェザーニューズ、2015年の花粉飛散傾向発表花粉飛散量は平年の1割増、東日本は3割増とやや多い予想~ 最も花粉飛散量が多いのは関東、平年より5割も増加する見込み ~ 株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は、10月8日(水)、2015年の花粉シーズンにおける全国および、各12エリアの“スギ・ヒノキ花粉”傾向を発表しました。本発表は、花粉症に悩む方にシーズンの花粉傾向を知ってもらい、早めの対策を取ってもらうことを目的としていま

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ