「ビッグ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年11月14日ガートナー★★フィードバック数:0企業情報システム

日本企業のビッグ・データへの取り組みに関する調査

ホーム − 2016年 プレス・リリース −ガートナー、データ活用の未来はアルゴリズム・ビジネスにあるとの調査結果を発表 2016年11月8日ガートナー ジャパン株式会社広報室ガートナー、データ活用の未来はアルゴリズム・ビジネスにあるとの調査結果を発表ビッグ・データに既に取り組んでいる日本企業は67.2%と微増ガートナー ジャパン株式会社 (所在地:東京都港区、代表取締役社長:日高 信彦) は本日、日本企業のビッグ・データへの取り組みに関する調査結果を発表しました。従業員数500人以上のユーザー

2016年5月12日文化工房フィードバック数:0ライフスタイル

「キャベツ太郎」も参戦 30代が選ぶベスト駄菓子

「キャベツ太郎」も参戦 30代が選ぶベスト駄菓子 今週の「1000人リサーチ(※)」は、「一番好きな駄菓子」について調査した。今日は、30代の調査結果を発表!※WB編集部が、旬の話題を10代から50代まで世代別の男女、各100人ずつに独自調査を行う企画【一番好きな駄菓子(30代編)】30代でも「うまい棒」の人気は変わらず。子どもの頃から親しんでいる人も多く、大人になった今でも好んで食べているようだ。2位の「チロルチョコ」は女性、3位の「ビッグカツ」は男性が多かった。30代で票を伸ばしたのは「キ

2016年5月12日文化工房フィードバック数:0ライフスタイル

「好きな駄菓子」トップ5 納得の1位と意外なランク外

「好きな駄菓子」トップ5 納得の1位と意外なランク外 今週の「1000人リサーチ(※)」は、「一番好きな駄菓子」について調査した。あの名品がまさかのランク外!?※WB編集部が、旬の話題を10代から50代まで世代別の男女、各100人ずつに独自調査を行う企画【一番好きな駄菓子】■好みに男女差はっきり駄菓子の定番「うまい棒」が総合1位。50代を除く全ての世代でトップとなり、「安くて美味しい」という声が非常に多くあがった。2位は「好きな駄菓子はない」で、「駄菓子を食べない」という人が多かった。男女差が

2016年5月12日文化工房フィードバック数:0ライフスタイル

男は食べ応え重視? 20代が好きな駄菓子ランキング

男は食べ応え重視? 20代が好きな駄菓子ランキング 今週の「1000人リサーチ(※)」は、「一番好きな駄菓子」について調査した。今日は、20代の調査結果を発表!※WB編集部が、旬の話題を10代から50代まで世代別の男女、各100人ずつに独自調査を行う企画【一番好きな駄菓子(20代編)】20代でも「うまい棒」がトップ。安くいろいろな種類が楽しめる点が人気で、「コストパフォーマンスが良い」などの声が挙った。2位には「好きな駄菓子はない」。駄菓子を食べる機会がない人や、特に好きなものがない人が多いよ

2015年6月12日国土交通省★フィードバック数:0社会/政治

ビッグデータ分析です。

高速道路の通行止めワーストランキング(平成26年度)

高速道路の通行止めワーストランキング(平成26年度) ~全国の道路利用に関するビッグデータの集計 第2弾~ 平成27年6月12日 高速道路が通過する地域の地形的・気象的な要因や、工事のため、特定の時期や路線、箇所では長時間の通行止めを実施しています。このたび、全国の高速道路において収集した各種交通データを活用し、全国の高速道路の通行止めワーストランキングをビッグデータ集計の第2弾として取りまとめましたので、お知らせします。国土交通省では、このような道路の弱点箇所やその原因を把握したうえで、必要

2015年6月5日総務省フィードバック数:0キャリアとスキル

「地域における高度ICT人材の継続的な育成方策等に係る調査研究」報告書

報道資料「地域における高度ICT人材の継続的な育成方策等に係る調査研究」報告書等の公表総務省は、平成26年度に実施した「地域における高度ICT人材の継続的な育成方策等に係る調査研究」の結果をこのほど報告書として取りまとめましたので、公表いたします。1 概要総務省においては、産業競争力の源泉となるICT人材の育成・確保として、平成24年度から、「実践的ICT人材」を育成する取組を拡大させるための「遠隔地間における実践的ICT人材育成推進事業」を実施してきました。平成26年度の事業では、これまでの高

2015年5月25日ガートナーフィードバック数:0企業情報システム

ビッグ・データに関する調査

2015年5月25日ガートナー ジャパン株式会社広報室ガートナー、ビッグ・データに関する調査結果を発表ビッグ・データを実際に活用している日本企業は6%という結果に取り組みが進まない主な阻害要因について、48%の企業が「ビッグ・データから価値を得る方法が分からない」と回答『ガートナー ビジネス・インテリジェンス & アナリティクス サミット 2015』(6月18〜19日 東京コンファレンスセンター・品川) において、アナリストが知見を提供ガートナー ジャパン株式会社 (所在地:東京都港区、代表取締

2015年5月1日国土交通省★フィードバック数:0大型消費/投資

渋滞ランキングです。

高速道路の渋滞ワーストランキング

高速道路の渋滞ワーストランキングをとりまとめました(平成26年速報) ~全国の道路利用に関するビッグデータの集計 第1弾~ 平成27年5月1日 交通需要の時間的・空間的な偏在により、特定の時間帯や時期に、特定の箇所や路線で渋滞が発生しています。国土交通省では、このような道路の課題を、ビッグデータを活用しつつ、効率的に把握した上で、道路の更なる機能の向上に取り組み、円滑、安全、快適で、地域の活力向上にも資する道路交通サービスの実現を図ります。今回、全国の高速道路において収集した各種交通データを活

2015年2月15日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

地方創生に対する長野県内企業の意識調査

2015/2/12地方創生に対する長野県内企業の意識調査県内企業の3分の2近くが地方創生に「関心あり」〜 重要な政策としては「若い世代の経済的安定」が最多 〜はじめに国内経済を分析するうえで、常に指摘されるのが大都市圏と地方の格差。アベノミクスによる景気回復に関しても、大企業・中央官庁が集中する首都圏(大都市圏)と過疎地域も含む地方との間には、受け止め方に大きな格差が生じている。日本経済の発展には地域経済の活性化が欠かせない。2014年11月21日に可決・成立した「まち・ひと・しごと創生法」及び

「情報通信白書」最新版に見るICTの現在(中編)--到来するデータ活用社会

総務省が毎年7月に刊行している「情報通信白書」の平成26年版を解説する本記事、中編ではビッグデータ、オープンデータなどの「データ」を取り巻く事情について取り扱う。活用が本格的に始まったビッグデータ ここ数年で急激に活用されているビッグデータ。しかし、その現状や実際の活用方針を検討する上では、まだ明確な視点は定まっていない。「情報通信白書」ではビッグデータ活用を国単位のマクロ視点、個別企業でのミクロ視点の双方から分析されている。まず、実際にどのようなものが「ビッグ」になっているかの分析で、国際的な

2014年6月16日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国 カネはあるのに内需不振、事態は想像以上に厄介 ~共産党・政府はやはり「ビッグ・ブラザー」を抜け出せないのか~

中国 カネはあるのに内需不振、事態は想像以上に厄介 ~共産党・政府はやはり「ビッグ・ブラザー」を抜け出せないのか~

2014年3月31日野村総合研究所フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

パーソナルデータに関する国内外の制度改正の動向と企業への影響-ビッグデータ活用促進に必要な社会システムのあり方-

 事業・サービスTOP »「コンサルティング」「金融ITソリューション」「産業ITソリューション」「IT基盤サービス」の4つの事業を通して、社会の仕組みづくり、お客様のビジネス、人々の快適な暮らしを支えています。 NRIオピニオンTOP »NRIの調査・研究成果を集めたナレッジデータベースをご覧いただけます。 ニュースNRIが発信する最新のニュースリリースやお知らせ情報などをご覧いただけます。 サステナビリティTOP »NRIグループは、「攻めのCSR」「守りのCSR」「

2013年11月22日アイティメディア★フィードバック数:0企業情報システム

TechTargetがビッグデータについての調査結果を公表しました。

ビッグデータインフラに関する読者調査リポート

TechTargetジャパンは2013年10月29日〜11月11日にかけて、TechTargetジャパン会員を対象に、ストレージやデータウェアハウス(DWH)といったビッグデータ活用を支えるインフラ(ビッグデータインフラ)に関するアンケート調査を実施した。本稿は、アンケート調査から明らかになったビッグデータ活用やインフラ構築に関する実態の一部を抜粋して紹介する。全ての結果を記載したリポートは、文末のリンクから会員限定でダウンロードできる。調査概要目的:TechTargetジャパン会員の企業におけ

2013年5月15日ガートナーフィードバック数:16企業情報システム

国内の企業ユーザーのビッグ・データに対する意識に関する調査

ホーム − 2013年 プレス・リリース −ガートナー、「国内の企業ユーザーのビッグ・データに対する意識に関する 調査結果」を発表2013年5月13日ガートナー ジャパン株式会社広報室ガートナー、「国内の企業ユーザーのビッグ・データに対する意識に関する調査結果」を発表『ガートナー ビジネス・インテリジェンス&情報活用 サミット2013』(5月27〜28日、東京・品川) において知見を提供ガートナー ジャパン株式会社 (所在地:東京都港区、代表取締役社長:日高 信彦) は本日、「国内の企業ユーザー

認知や利用の状況を聞いています。

ビッグデータの利用意向に関する調査

こうした結果から、ユーザー企業のどのような実情を読み取ることができるのか。ビッグデータソリューションを手がける専門家に話を聞いた。まずIT業界では認知が進んでいると思われる“ビッグデータ”だが、今回の調査では半数近くが知らないと答えた。この点について、日本テラデータ マーケティング統括部 統括部長の中村博氏は、次のように指摘する。「ITの世界では既に当たり前の感があるビッグデータという言葉ですが、データを利用するユーザー側にとっては、これまでIT部門が主に扱ってきた構造化データと、ビッグデータの

2013年1月25日アイティメディア★フィードバック数:29企業情報システム

TechTargetがビッグデータについての調査結果を公開しました。

ビッグデータインフラに関する読者調査リポート

TechTargetジャパンは2012年11月26日から12月18日にかけて、TechTargetジャパン会員を対象に、ストレージやデータウェアハウス(DWH)といったビッグデータ活用を支えるインフラ(ビッグデータインフラ)に関するアンケート調査を実施した。本稿は、アンケート調査から明らかになったビッグデータ活用やインフラ構築に関する実態の一部を抜粋して紹介する。全ての結果を記載したリポートは、文末のリンクから会員限定でダウンロードできる。調査概要目的:TechTargetジャパン会員の企業にお

2012年8月30日翔泳社フィードバック数:82マーケティング

みんなが知りたいリスティング広告最新動向 アトリビューションマネジメント視点からの「ビッグワードの貢献度」分析

みんなが知りたいリスティング広告最新動向 アトリビューションマネジメント視点からの「ビッグワードの貢献度」分析 マーケティングを根本的に革新させる可能性を秘める分野、アドテクノロジー。広告代理店は技術革新にともなう変革、および時代の一歩先を描いた市場の創造が求められる。今回は「ビッグワードの貢献度~リスティング広告におけるアトリビューションマネジメント」をテーマに、先駆的にアドテクノロジー活用に取り組んでいるオプトの調査を例に紹介していく。リスティング広告の激戦区「ビッグワード」 リスティングに

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ