調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ピースマインド

「ピースマインド」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

働く女性は職場でもプライベートでも「対人関係」に悩む傾向に ~ 2014年度EAPサービス利用の相談案件分析より ~

【調査結果】 働く女性は職場でもプライベートでも「対人関係」に悩む傾向に~ 2014年度EAPサービス利用の相談案件分析より ~ 働く人と組織のワーク・ライフ支援を提供するピースマインド・イープ株式会社(以下、ピースマインド・イープ)の調査・研究機関である国際EAP研究センターは、2014年4月1日~2015年3月31日の当社EAPサービス利用者における、働く男女の相談傾向の違いについて分析しました。今回の調査結果のポイント1. 「プライベート」に関する相談割合は、男性よりも女性の方が高い(図1

「睡眠」「運動」「食事」の健康3原則で赤信号が点滅! ~特に20~30代の若手ビジネスパーソンの間で顕著な結果に~

【意識調査】「睡眠」「運動」「食事」の健康3原則で赤信号が点滅! ~特に20~30代の若手ビジネスパーソンの間で顕著な結果に~EAP(従業員支援プログラム)事業を手掛けるピースマインド・イープ株式会社(以下、ピースマインド・イープ)の調査・研究機関である国際EAP研究センターは、今年1月に「ビジネスパーソンのワーク・ライフ・バランスに関するアンケート調査」の結果報告プレスリリースを配信し、ビジネスパーソンの8割近くが「仕事に影響するような生活上の悩みを抱えたことがある」と回答したことを報告いたし

“ソーハラ”危険度チェックリスト

コンサルタントコラム - SNSによるトラブル防止対策(“ソーハラ”危険度チェックリスト) 国際EAP研究センター 副センター長 渋谷英雄 / ピースマインド・イープ㈱ 中村洸太 最近、高校一年生のLINE利用率が72.4% 1)と、急激に高まったことが話題になりました。生まれたときからネットが当たり前にある“デジタルネイティブ”の世代にとって、ショート文字やスタンプ使用は、ごく日常の言語表現のひとつになっています。 “デジタルネイティブ”の人たちは、現実とネットの交流を区別しない相手の年齢

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ