調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ファイナンス

「ファイナンス」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年8月12日Forex Magnatesフィードバック数:0社会/政治

2015年上半期店頭FX取引高

FX関連ビジネスに取り組む人の為の電子業界誌 ファイナンス・マグネイトは2015年上半期(1月-6月)の世界のブローカー別FX取引高を集計、その結果、取引高世界第1位となったのは、日系大手のGMOクリック証券であった。取引高上位10社のシェアは下記図の通りで、国内業者のシェア合計は68.8%に及んだ。2014年年間取引高調査ではこの割合は56.3%で、日系業者が益々勢力を上げている事が分かる。上半期FX取引高世界第1位のGMOクリック証券は、同社ウェブサイトで開示している通り、上半期は月間売買代

2015年4月19日財務省フィードバック数:0社会/政治

「ファイナンス」平成27年4月号

「ファイナンス」平成27年4月号

2015年3月13日財務省★フィードバック数:0社会/政治

財務省の広報誌です。特集は予算です。

「ファイナンス」平成27年3月号

「ファイナンス」平成27年3月号 内容紹介グラビア・目次G20財務大臣・中央銀行総裁会議(2月8-10日)於:トルコ(イスタンブール)他 (778KB)巻頭言 ピケティ教授が伝えようとしたこと…岩瀬 大輔 ライフネット生命保険(株)代表取締役社長兼COO平成27年度予算特集(349KB)エイゴは、辛いよ。−第2回人間関係が壊れる英会話-…大矢 俊雄超有識者場外ヒアリングシリーズ … 神田 眞人ライブラリー『世界の中央銀行 欧州中央銀行の金融政策』河村 小百合著 … 渡部 晶 『平成財政史―平成元

2014年7月25日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度電源立地推進調整等事業(電力システム改革に係る実務とファイナンスに関する実態調査)調査報告書

平成25年度電源立地推進調整等事業(電力システム改革に係る実務とファイナンスに関する実態調査)調査報告書

2014年2月25日日本銀行フィードバック数:0ビジネス

商流ファイナンスに関するワークショップ報告書

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 商流ファイナンスに関するワークショップ報告書2014年2月24日日本銀行金融機構局金融高度化センター本報告書は、「商流ファイナンスに関するワークショップ」(2013年7月〜12月、事務局:日本銀行金融機構局金融高度化センター)の議論の模様をまとめたものです。商流ファイナンスに関するワークショップは、金融機関が商流情報を活用することにより、融資手法の多様化を図り、それによって、中小企業を含めた企業の資金調達機会を拡げてい

2013年9月23日東洋経済新報社★フィードバック数:0ビジネス

日本電産、オルトプラス、リアルコムの順です。

最高益更新!今期純益増加率トップ200

最高益更新!今期純益増加率トップ200今期、来期とも最高益を更新する絶好調企業を探せ! 山内 哲夫SI・ソフトウエア開発、タイヤなどの業界を担当 永守重信社長率いる日本電産が増益率トップで最高益を更新する見通し(撮影:今井康一) 米国を中心に世界経済が復調傾向にあるなか、円安進行も手伝って企業業績の回復が鮮明だ。急激な株価上昇により割高感の出ている銘柄がある一方、業績回復が顕著な銘柄のなかには割安感が鮮明になっているところも多い。今回は、今期に過去最高益の更新が見込まれ、来期も一定水準の増

2013年4月5日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

国内外のメザニン・ファイナンスの実態調査

平成 24 年度産業金融システムの構築及び整備調査委託事業「国内外のメザニン・ファイナンスの実態調査」報 告 書平成 25 年 2 月株式会社三菱総合研究所平成 24 年度 国内外のメザニン・ファイナンスの実態調査平成 24 年度産業金融システムの構築及び整備調査委託事業「国内外のメザニン・ファイナンスの実態調査」報告書 目次調査の概要 ................................................................................

2012年5月31日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(論文)長期金利の変動要因:主要国のパネル分析と日米の要因分解

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 長期金利の変動要因:主要国のパネル分析と日米の要因分解2012年5月30日一上響*1清水雄平*2要旨本稿は、日米を含む先進10か国のフォワードレートに関するパネル分析を通して、長期金利の変動要因について検証したものである。インフレ予想や自然利子率を左右する労働生産性の上昇率に加え、財政状況や対外ファイナンス、人口動態も長期金利に有意な影響を及ぼすことが確認された。主たる分析結果は、以下の通りである。第1に、財政指標とし

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ