「ファクト」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

2016年のデータフィード広告市場規模は前年比約5割増の649億円、2020年の市場規模は2016年の約2.3倍、1,507億円と予測

◆データフィード広告の市場規模は2016年に前年比約5割増の649億円、2017年は前年比約4割増の894億円と予測 ◆出稿する広告主の業種カテゴリは、Eコマース、人材、不動産、旅行など。今後もEコマースが主流となるも、新たにデジタルコンテンツが拡大 ◆一般サイトから検索サイト、ソーシャルメディアなど配信先媒体が拡大、2018年には1,090億円、2020年には1,507億円と予測 ※データフィードとは、企業の商品データなどを、第三者の媒体や広告システムにおいて利活用することを目的に、相手方の

動画広告市場の動向に関する業界アンケート調査

◆取り扱っている・利用している動画広告媒体はYouTubeが1位、Facebook、LINE、Twitterが追随 ◆動画広告のKPI、最重視されているのは”視聴回数”と”視聴者数” ◆動画広告の効果、影響が大きいのは”動画の内容” ””配信先の質” ◆嫌われない動画広告、”短尺化”“と”スキップ可能にする”ことが最重要!? 動画広告市場の発展には、”新しい媒体の登場”が不可欠! 株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表執行役 グローバルCEO:スコット・アーンスト、以下「マクロミル」)と、

第四回 クラウド型会計ソフトの利用動向調査

◆パッケージ型・クラウド型を合わせた会計ソフト利用率は34.0%、会計ソフトのクラウド率は、13.0% ◆法人、個人事業主合わせて最も利用されているクラウド型会計ソフト提供事業者はfreee(40.9%)、これに、弥生(25.5%)、マネーフォワード(13.0%)が続く ◆クラウド型会計ソフトのサービス選定では、全体の8 割超が「簡単」であることを重要視 デジタル領域専門の市場・サービス評価機関、株式会社デジタルインファクト(本社:東京都文京区 代表取締役 野下智之、以下デジタルインファクト)

2016年7月6日翔泳社★★フィードバック数:0マーケティング

EC市場とテクノロジー活用の最新動向調査

関心のあるECテクノロジーは「人工知能」と、約5割が回答。E...| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース TOP > プレスリリース一覧 > 関心のあるECテクノロジーは「人工知能」 と、約5割が回答。 EC市場とテクノロジ...関心のあるECテクノロジーは「人工知能」 と、約5割が回答。 EC市場とテクノロジー活用の最新動向についての 調査を実施 株式会社翔泳社(本社:東京都新宿区舟町5、社長:佐々木幹夫)と、株式会社デジタルインファクト(本社:東京都千代田区湯島3-

2014年12月25日日本共済協会★フィードバック数:0大型消費/投資

共済についてのまとめです。

日本の共済事業 ファクトブック2014

2014 / 12 / 24 日本の共済事業 ファクトブック2014を発行しました 一般社団法人 日本共済協会は「日本の共済事業 ファクトブック」を発行いたしましたので、お知らせいたします。 当協会では日本における主要な共済団体の事業概況と、日本共済協会とその会員団体の活動を紹介するために毎年「日本の共済事業 ファクトブック」を発行しています。今年度はより見やすくなるよう内容を見直しました。「日本の共済事業 ファクトブック」の主な内容主要な共済団体の年度事業概要は、組合員数万人、契約件数億万件、

クラウド型会計ソフトの利用動向調査

■会計ソフト利用者のうちクラウド型利用率は5% 国内事業所会計におけるパッケージ型・クラウド型を合わせた会計ソフト利用率は約3割。うち、クラウド型会計ソフト利用率は5%。 ■クラウド型利用者の4割強が「freee」を利用 最も利用されているクラウド型会計ソフトはfreee。クラウド型会計ソフト利用者の4割強がメインで利用していると回答。 ■クラウド型会計ソフト選定のポイントと課題 サービス選定時には、「簡単」であることを重要視。課題は「セキュリティーに対する信頼性の向上」。 (*) 本調査におけ

社内SNS サービス国内市場規模

株式会社 シード・プランニング(本社:東京都文京区 代表取締役 梅田佳夫)が運営する、デジタル領域専門の市場・サービス評価機関、デジタルインファクトは、「社内SNSサービス(*)」に関する市場調査を行い、このほど、その結果をまとめました。 一般ユーザー向けのSNSが幅広く普及し、ユーザーによるオンラインコミュニケーションの一定規模がSNS上で行われることが定着しつつある中で、従来メールが中心であったビジネスにおけるオンラインコミュニケーションのありかたも、変化がみられつつあります。 社内SN

2014年9月26日日本損害保険協会★フィードバック数:0大型消費/投資

損保についてのまとめ資料です。

日本の損害保険 ファクトブック2014

「日本の損害保険 ファクトブック2014」を作成日本損害保険協会(会長:櫻田 謙悟)では、「日本の損害保険 ファクトブック2014」(A4判・94ページ)を2万2千部作成し、全国各地の消費生活センターや図書館等に配付します。ホームページからPDFファイルをダウンロードすることもできます。損害保険の概況、損保協会の活動などを掲載するとともに、各種損害保険関連データなどを図表、グラフ等でわかりやすく整理しています。損保業界の「今」がわかるデータブックとして、ご活用ください。「日本の損害保険 ファクト

2014年1月28日日本共済協会★フィードバック数:0社会/政治

日本共済協会のまとめです。

ファクトブック2013 日本の共済事業

2014 / 1 / 23 「ファクトブック2013 日本の共済事業」を発行しました 一般社団法人 日本共済協会では、このほど「ファクトブック2013日本の共済事業」(A4判41ページ)を作成いたしました。  この冊子は、日本の主な共済団体の事業実績や日本共済協会とその会員団体の活動等をとりまとめたもので、全国の消費生活センターや共済に関係のある団体等に送付致しました。「ファクトブック2013日本の共済事業」の主な内容 ファクトブック2013 日本の共済事業」PDFファイルはこちらから

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ