調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ファッションブランド

「ファッションブランド」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2016年6月20日ベルメゾンフィードバック数:0ライフスタイル

「ファッション」について

ベルメゾン生活スタイル研究所 〈ウーマンスマイルアンケート〉◆結果発表:「ファッション」について洋服を買う際、9割近くが「流行より“好み”を重視」。重視するイメージは「シンプル」「ナチュラル」「上品」。総務省が毎月発表している家計調査によると、4月の二人以上世帯の「被服及び履物」支出は前年に比べて実質(物価変動分を除いた数字)で10.4%マイナス。ファッション商品の購入を節約する傾向が顕著になってきています。そこで今回は、「ファッション」に対する意識や価値観、購入の実態等についてベルメゾンデッセ

2015年5月31日アイティメディア★フィードバック数:0マーケティング

ルミネと丸井のユーザー比較です。

「ルミねえ」と「マルコ」さんを比較してみた。-データから見るペルソナ図鑑(41)-

マーケティングのはじめの一歩は消費者を理解することから。変化する消費者動向をとらえるためには仮説が大事。このブログでは消費者理解のための様々な仮説をデータに基づいてご紹介。商品開発・ブランディングのコンサルタントとして、あらゆる市場のイノベーションを目指して日々格闘している大久保惠司がお届けします。スーパーマーケットが苦しんでいます。日本チェーンストア協会の発表によると、前年の消費税率引き上げ直前の駆け込み需要の反動もあり、2015年3月のチェーンストア売上高は、前年同月比マイナス8.6%となり

2014年7月31日ADDIX★フィードバック数:0ライフスタイル

男性のファッションについての女性対象の調査です。

女性から見た男性のファッションについての意識調査

~女性から見た男性のファッションについての意識調査~恋人や夫と洋服のショッピングに「出かける」8割弱。BWRITEでは、「女性から見た男性のファッションについて」の意識調査を実施した。対象者は、マーケティング特化型クラウドソーシング「」会員の20代以上の女性199名。実施時期は、今年5月。■男性パートナーと洋服のショッピングに「出かける」77.9% 「出かけない」を大幅に上回る回答した女性の大多数にあたる77.9%が、彼氏や旦那さんなどの男性パートナーと洋服などのショッピングに出かけると回答。「

2013年7月15日アイティメディア★フィードバック数:7マーケティング

女性誌ごとの読者が好むブランドがわかります。

女性誌読者が好んでいるブランドは何か?-消費者データから見るブランドポジション(9)-

誠ブログは2015年4月6日に「オルタナティブ・ブログ」になりました。各ブロガーの新規エントリーは「オルタナティブ・ブログ」でご覧ください。女性誌読者が好んでいるブランドは何か?-消費者データから見るブランドポジション(9)-女性誌読者が好んでいるブランドは何か?-消費者データから見るブランドポジション(9)-株式会社コプロシステム取締役 商品計画研究所所長。携帯電話キャリア、電機・食品・化粧品各メーカー、エンタメ系企業等のブランディング、商品開発に関するプロジェクトを多数手がける。Mac大好き

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ