調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ファンダメンタルズ

「ファンダメンタルズ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年4月27日内閣府★フィードバック数:0社会/政治

内閣府のレポートです。

フラジャイル・ファイブ再考

今週の指標 No.1120 新興国:フラジャイル・ファイブ再考 ポイント2015年4月27日2015年後半にもアメリカの金融政策の正常化が見込まれる中、これが世界の資金の流れ、とりわけ新興国に与える影響が注目されている。2013年5月~8月頃には量的緩和の縮小を示唆する発言を巡って新興国からの資金流出や通貨安が懸念され、外的ショックに脆弱な国の通貨はフラジャイル・ファイブ* (以下「F5」という)と呼ばれた。過去に市場の不安心理が高まった局面ではこうした新興国から資本が流出する動きもみられた(

2015年1月16日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

インド準備銀、先月の『約束』通り緊急利下げを決断 ~原油安は勢いを失いかけたインド経済の「光明」になりつつある~

1/3Asia Trendsマクロ経済分析レポートインド準備銀、先月の『約束』通り緊急利下げを決断~原油安は勢いを失いかけたインド経済の「光明」になりつつある~発表日:2015年1月15日(木)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 15日、インド準備銀は緊急利下げの実施を決定した。先月の定例会合でラジャン総裁は緊急利下げの可能性を示唆したが、インフレ圧力の後退と政府による財政赤字圧縮の動きが確認されたことが後押しした。当研究所ではモン

2015年1月16日PIMCOフィードバック数:0社会/政治

2015年のグローバル・クレジット市場の見通し

2015年のグローバル・クレジット市場の見通し​ファンダメンタルズ、テクニカル、バリュエーション、世界の中央銀行による政策などの複合的な要因を踏まえ、PIMCOは2015年のグローバル・クレジット市場に対し建設的な見方を維持しています。改善する米国の見通しを含む経済成長の動向や、各国で見込まれる中央銀行の政策の変化、継続するエネルギー価格のボラティリティ、企業がより株主に有利な行動をとる可能性などが、PIMCOのクレジットに対する見方や戦略の裏付けとなっています。米国、欧州、アジアの、投資適格社

2014年10月30日第一生命保険フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

アジア新興国にとっての原油市況の調整 ~資源輸入国を中心に、景気やファンダメンタルズの改善に寄与~

1/3Asia Trendsマクロ経済分析レポートアジア新興国にとっての原油市況の調整~資源輸入国を中心に、景気やファンダメンタルズの改善に寄与~発表日:2014年10月29日(水)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 足下で原油市況の調整が続く。欧州や中国景気に対する不透明感がくすぶる一方、産油国を中心に供給抑制の動きが出ず、需給が緩むとの見方が影響している。米国景気の堅調を背景とする「米ドル高」がドル建での原油価値の下落を招いたこ

直近のMLP市場の動向と今後の見通し

2014年10月21日直近のMLP市場の動向と今後の見通し(1/2)直近のMLP市場動向情報提供用資料2014年 各資産クラスの推移 9月以降、原油価格の下落や、欧州経済見通しの下方修正などに伴い、幅広い市場においてリスク許容度が縮小したことなどを受けて、米国株式市場および米国エネルギー・セクター株式が調整に転じたことを契機に、年初来から堅調に上昇してきたMLP市場もこれまでの反動から調整しています。一部ヘッジファンドのポジション整理など需給要因も加わり、MLP市場は10月3日から14日まで8

2014年9月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

新興国を巡る「明」と「暗」~内・外需を巡る構造、ファンダメンタルズは当面の景気の勢いを決定付けよう~

新興国を巡る「明」と「暗」~内・外需を巡る構造、ファンダメンタルズは当面の景気の勢いを決定付けよう~

2014年1月31日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

南アフリカも「通貨防衛」競争に参戦 ~ファンダメンタルズの脆弱さは潜在的リスクとして残るであろう~

南アフリカも「通貨防衛」競争に参戦 ~ファンダメンタルズの脆弱さは潜在的リスクとして残るであろう~

2014年1月22日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ブラジル中銀、スタグフレーション下で難しい政策の舵取りが続く ~物価や為替の安定と景気維持、対応困難はしばらく続くであろう~

1/2World Trendsマクロ経済分析レポートブラジル中銀、スタグフレーション下で難しい政策の舵取りが続く~物価や為替の安定と景気維持、対応困難はしばらく続くであろう~発表日:2014年1月20日(月)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) ブラジル中央銀行は16~17日に開催した金融政策委員会で7会合連続の利上げを決定した。事前には利上げ幅の縮小が予想されたが、50bpの利上げで水準も10.50%と2年ぶりの高水準となる。インフ

2014年1月14日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Weekly Market Report(2014年1月13日~) ~米ファンダメンタルズに対する自信取り戻せるか~

Weekly Market Report(2014年1月13日~) ~米ファンダメンタルズに対する自信取り戻せるか~

2013年11月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Weekly Market Report(2013年11月18日~) ~リスクオンに傾けられるほどのファンダメンタルズかどうかを確認~

Weekly Market Report(2013年11月18日~) ~リスクオンに傾けられるほどのファンダメンタルズかどうかを確認~

2013年10月16日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Weekly Market Report(2013年10月14日~) ~合意後はファンダメンタルズに~

Weekly Market Report(2013年10月14日~) ~合意後はファンダメンタルズに~

2013年10月9日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ベトナム景気は底打ちするも、山積する課題は未だ手付かず ~脆弱なファンダメンタルズを抱えるなか、中長期を見据えた環境整備が不可欠~

1/3Asia Trendsマクロ経済分析レポートベトナム景気は底打ちするも、山積する課題は未だ手付かず~脆弱なファンダメンタルズを抱えるなか、中長期を見据えた環境整備が不可欠~発表日:2013年10月8日(火)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) インフレや不良債権などが経済活動の足かせとなるなか、世界経済の減速なども重石となり景気減速が続いてきたベトナムだが、ようやく薄日が見えてきた。7-9月期の実質GDP成長率は前年比+5.14

2013年8月23日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

タイ経済の先行きに「黄信号」か!? ~V字回復の反動が色濃いなか、ファンダメンタルズの悪化に新たな懸念~

タイ経済の先行きに「黄信号」か!? ~V字回復の反動が色濃いなか、ファンダメンタルズの悪化に新たな懸念~

2013年7月25日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

トルコ中銀、リラ防衛へ金融引き締めに動く ~「コリドー」拡大実施も、ファンダメンタルズは悪化しており、効果は不透明~

トルコ中銀、リラ防衛へ金融引き締めに動く ~「コリドー」拡大実施も、ファンダメンタルズは悪化しており、効果は不透明~

2013年7月10日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

世界的なマネーの動きに翻弄されるインドネシア ~ファンダメンタルズ改善の動きに期待も、短期的には景気の下押し材料が溢れる~

世界的なマネーの動きに翻弄されるインドネシア ~ファンダメンタルズ改善の動きに期待も、短期的には景気の下押し材料が溢れる~

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ