調査のチカラ TOP > タグ一覧 > フィリップス曲線

「フィリップス曲線」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年5月7日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(論文)トレンドインフレ率は変化したか?-レジームスイッチング・モデルを用いた実証分析-

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 トレンドインフレ率は変化したか?−レジームスイッチング・モデルを用いた実証分析−2015年5月1日開発壮平*1中島上智*2要旨本稿は、トレンドインフレ率とフィリップス曲線の傾きをレジームスイッチング・モデルを用いて推計する新しい手法を提案する。本稿の特徴は、トレンドインフレ率のとり得る値を1%刻みで複数設定し、トレンドインフレ率がそれぞれの値をとる確率を推計している点にある。トレンドインフレ率を離散的に捉えることは、推

2014年11月16日経済産業研究所★★フィードバック数:0社会/政治

セミナー資料です。

消費税引き上げ後の物価・景気

第8回RIETIハイライトセミナー 消費税引き上げ後の物価・景気 (議事概要)イベント概要日時:2014年7月2日(水)16:00-18:00会場:RIETI国際セミナー室 (東京都千代田区霞が関1丁目3番1号 経済産業省別館11階1121)議事概要講演1 消費税引き上げ後の物価・景気深尾 光洋 (RIETIプログラムディレクター・ファカルティフェロー/慶應義塾大学商学部教授) 1. 景気の現状と見通し2013年度のGDP成長率は、消費税引き上げ前の駆け込み消費や住宅投資による押し上げもあり、2

「日本経済研究」No71

日本経済研究「日本経済研究」は日本有数の学術論文誌です。年に2,3回発行しています。論文は公募しており、レフェリーの厳正な審査などを経たうえで掲載となります。【71】 2014年9月発行1990年代半ばから2000年代半ばにかけて、日本ではフィリップス曲線のフラット化と価格改定頻度の上昇が同時に観察された。ニュー・ケインジアン・モデルでは価格改定確率の上昇はフィリップス曲線のスティープ化を意味するため、観察結果とは矛盾する。この時期のフィリップス曲線のフラット化はLucas(1972)の不完全情

2014年8月25日大和総研フィードバック数:0社会/政治

消費税率の引き上げがフィリップス曲線に与える3つの影響

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 消費税率の引き上げがフィリップス曲線に与える3つの影響 2014年8月25日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 久後 翔太郎消費税率が引き上げられて4ヶ月が経過した。消費税率引き上げの影響は今後の政策運営に大きな影響を与えるため、注視が必要である。今回のコラムでは金融政策運営に影響を与える物価について、フィリップス曲線(横軸:GDPギャップ、縦軸:インフレ率)の形状変化を中心に消費税

2014年2月25日日本銀行フィードバック数:0キャリアとスキル

(論文)賃金版ニューケインジアン・フィリップス曲線に関する実証分析

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 賃金版ニューケインジアン・フィリップス曲線に関する実証分析:日米比較2014年2月24日新谷幸平*1武藤一郎*2要旨本稿では、賃金と労働市場の需給バランスについて考察を深めるため、賃金上昇率と失業率の関係についての実証分析を、日米のデータを用いて行う。具体的には、Gali (2011)の研究に基づき、ニューケインジアン理論の枠組みの中で、ミクロ的基礎付けを持つ動学的な構造方程式として導出される「賃金版ニューケインジアン

2014年2月4日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

岡山市における最近の物価動向について

日 銀 おかやま金 融 経 済 レポート2014 年 2 月岡山市における最近の物価動向について日本銀行岡山支店本稿に関するお問い合わせは、日本銀行岡山支店総務課(電話 086-227-5111)までお願い致します。なお、本稿は日本銀行岡山支店のホームページ(http://www3.boj.or.jp/okayama/)でもご覧頂けます。本稿の内容について、商用目的で転載・複製を行う場合は、予め日本銀行岡山支店までご相談ください。転載・複製を行う場合は、出所を明記してください。1.はじめに日本銀

2013年10月9日大和総研フィードバック数:0社会/政治

物価連動債発行で注目される期待インフレ率の見方

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 物価連動債発行で注目される期待インフレ率の見方フィリップス曲線の上方シフトには企業の期待インフレ率上昇が必要 ◆2013年3月に日銀が新体制に移行してから、期待インフレ率を巡る議論が高まっている。足下では、消費者物価指数の上昇が続いていること、財務省が物価連動国債の発行を再開することなどから、インフレ率の予測に対する注目度が増している。◆期待インフレ率とは、物価上昇率の予測値である。大別すれば、期待イ

2013年9月5日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

雇用改善から物価上昇への道のり ~円安・株高がフィリップス曲線を動かす~

Economic Trends経済関連レポート雇用改善から物価上昇への道のり発表日:2013年9月4日(水)~円安・株高がフィリップス曲線を動かす~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)7 月の消費者物価(除く生鮮食品)は前年比 0.7%までプラス幅を広げた。同時に失業率は 3.8%まで低下しており、2009 年以降ではフィリップス曲線が成立しているようにみえる。しかし、この物価上昇は、コスト・プッシュ型インフレであり、教科書的なフィリップス曲線上の変化では

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ