調査のチカラ TOP > タグ一覧 > フィンテック企業

「フィンテック企業」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

フィンテックが自動車業界に生み出す新たな収益機会: 自動車リース・保険ツールの進化で自動車販売台数の拡大に期待 フロスト&サリバン

[] フロスト&サリバンは、フィンテック(金融とテクノロジーの融合)の自動車産業における活用の見通しをまとめました。自動車業界では収益性の減少のリスクに常に直面しており、新たな収益源の確保は重要なテーマと言えます。フィンテックは、自動車販売やアフターサービスなどの従来のサービスを超えた新たな収益機会を生み出すことを可能にします。消費者におけるデジタル決済の普及に伴い、自動車メカーにとっての新たな収益源としてフィンテックサービスの導入が進むことが予測されます。自動車メーカーはフィンテック企業と提携

2017年5月24日App Annie★フィードバック数:0モバイル

銀行やフィンテックアプリを分析 - 調査レポート『アシ?アのファイナンスアフ?リ』

日本ではフィンテック企業のアプリが旧来の金融機関をリード AppAnnie、「アジアのファイナンスアプリ」調査レポートを公開 アプリ市場データを提供するApp Annie(アップアニー社、本社:サンフランシスコ市、代表:Bertrand Schmitt)は、この度、弊社初となるアジア太平洋地域ファイナンスアプリレポートを発表しました。 いま、世界的にモバイルアプリを通じた金融サービスの利用が進み、ファイナンスアプリの総セッション数は2014年~2016年の2年間で2倍以上の増加を記録しました。

2015年11月30日アクセンチュアフィードバック数:0社会/政治

2015年における日本でのフィンテック投資は堅調に推移、アジア・パシフィック地域における投資額は前年比4倍以上に急増の見通し

Skip to main content Skip to Footerアクセンチュア最新調査――2015年における日本でのフィンテック投資は堅調に推移、アジア・パシフィック地域における投資額は前年比4倍以上に急増の見通し 日本におけるフィンテック投資は、2015年1月から9月の9か月間で約4,400万ドルに達し、アジア・パシフィック地域では約35億ドルに急伸 【東京/香港発:2015年11月25日】アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査によると、アジア・パシフィック地域の金融テクノロジー(

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ