調査のチカラ TOP > タグ一覧 > フィーチャーフォン

「フィーチャーフォン」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

ガラケー・スマホの利用実態調査

2016年 ガラケー&スマートフォン利用率・満足度調査ガラケー(フィーチャーフォンやガラパゴス携帯などの携帯電話)とスマートフォン。 どちらを選ぶかは、使う人のこだわりや、用途によってさまざま。次に買い換える時は、どっちにしよう? 私の使い方にぴったりなのはどっち?そんなあなたにとって、検討いただく一助となるよう、 ガラケーとスマートフォンユーザーのみなさんに調査をおこない、インフォグラフィックにまとめました。通話と電話だけでなく、インターネット閲覧やSNS、カメラ機能が充実しているスマホ。 い

2016年度 モバイル通信端末の利用実態調査

ホーム > プレスリリース > プレスリリース 2016 > 「2016年度 モバイル通信端末の利用実態調査」(旧 携帯電話の利用実態調査)を実施 ~MVNOの認知度アップ次回購入は格安スマホ希望者が大幅増!~ CIAJは、この度「2016年度 モバイル通信端末の利用実態調査 (旧 携帯電話の利用実態調査)」を実施し、報告書としてとりまとめました。この報告書は、昨年度まで「携帯電話の利用実態調査」としていましたが、モバイル通信端末の選択肢が増えたことを受け、本年度より表題を新たに「モバイル通信端

2016年5月17日MM総研フィードバック数:0モバイル

2015年度通期国内携帯電話端末出荷概況

■2015年度通期の総出荷台数は前年度比5.6%減の3,658.5万台で4年連続減少 ■スマートフォン出荷台数は前年度比2.9%増の2,916.5万台 ■SIMフリースマートフォン出荷台数は前年度比2倍の170.5万台 ■フィーチャーフォン出荷台数は前年度比28.7%減の742万台 ■2016年度の総出荷台数は3,420万台、スマートフォン出荷台数2,770万台と予測 MM総研(東京都・港区、所長・中島 洋)は2015年度通期(2015年4月〜2016年3月)の国内携帯電話端末(※1)の出荷台数

2016年4月13日MM総研フィードバック数:0キャリアとスキル

スマートフォン・MVNOの月額利用料とサービス利用実態(2015年12月)

スマートフォン・MVNOの月額利用料とサービス利用実態(2015年12月) 2016年04月07日■ 月額平均利用料はフィーチャーフォン 3,260円/スマートフォン 6,283円 ■ 音声対応MVNOの平均月額利用料金は2,072円でスマートフォンの3分の1 ■ 1週間の通話時間はフィーチャーフォン 19.9分/スマートフォン 23.5分/MVNO 5.9分 ■ スマートフォンの月間データ通信量は平均 4.31GB/中央値 3.00GB(ギガバイト) ■ 1日の通信サービス利用時間はフィーチャ

2016年2月13日MM総研フィードバック数:0モバイル

2015年国内携帯電話端末出荷概況

2016年02月09日■ 2015年1-12月期の総出荷台数は前年比6.6%減の3,577万台 ■ スマートフォン出荷台数は前年比0.4%減の2,758万台 ■ Appleが1,473万台(シェア41.2%)で4年連続1位も10.6%減で初の前年割れ ■ フィーチャーフォン出荷台数は前年比22.6%減の819万台で初の1,000万台割れ■ 今後は料金タスクフォースの影響もあり、iPhone台数・シェアが減少の見通し  MM総研(東京都・港区、所長・中島 洋)は2015年暦年(2015年1月~2

2015年11月2日MM総研フィードバック数:0モバイル

2015年度上期国内携帯電話出荷概況

2015年10月29日■ 2015年度上期出荷台数は1,638万台(前年同期比3.8%増) ■ スマートフォン出荷台数は1,262万台(20.2%増)、スマートフォン出荷比率は77.0% ■ Appleが631万台で半期別シェア8期連続1位もOS別シェアでAndroidと並ぶ ■ 2015年度通期は総出荷台数3,650万台、うちスマートフォン2,760万台と予測 ■ 出荷台数は微減傾向となるが、2018年度にはスマートフォン契約数1億件を突破 MM総研(東京都・港区、所長・中島 洋)は2015

2015年10月20日MMDLaboフィードバック数:0モバイル

2015年10月携帯端末購入に関する定点調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > 2015年10月スマートフォンの所有率は63.9%、昨年より4.9ポイント増 2015年10月スマートフォンの所有率は63.9%、昨年より4.9ポイント増 MMD研究所は15歳以上の男女6,128人を対象に「2015年10月携帯端末購入に関する定点調査」を実施致しました。【 調査結果サマリー(※一部抜粋)】■ 2015年10月スマートフォ

2015年度 携帯電話の利用実態調査

CIAJは、この度「2015年度 携帯電話の利用実態調査」を実施し、報告書としてとりまとめました。携帯端末買替え意向はここ13年間で過去最高となり、サービスや端末の多様化進展により、国内携帯端末市場がより活性化されることが期待できます。また、スマートフォンを主に使っている人が全体で8割近くになったことがわかりました。更に、MVNO、SIMフリー/SIMロック解除、動画利用、ウェアラブル端末に関しても、より詳細な実態が明らかになりました。概 要 本調査は、国内携帯電話・PHS利用実態を把握すること

2015年7月13日MMDLaboフィードバック数:0モバイル

格安SIMに関する利用動向調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > 格安SIM利用者の5割はフィーチャーフォンとの2台持ち タブレット所有も5割を超える 格安SIM利用者の5割はフィーチャーフォンとの2台持ち タブレット所有も5割を超える MMD研究所は、現在、格安SIMを利用していると回答した20歳以上の男女1,064人を対象に「格安SIMに関する利用動向調査」を実施致しました。本調査は、2014年12月

2015年7月6日MMDLaboフィードバック数:0モバイル

2015年シニア世代のスマートフォン利用動向調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > シニア世代のフィーチャーフォンからスマートフォンへの切り替えの決め手 「インターネット機能」64.7%、「画面の大きさ」54.1% シニア世代のフィーチャーフォンからスマートフォンへの切り替えの決め手 「インターネット機能」64.7%、「画面の大きさ」54.1% MMD研究所は、スマートフォンを利用する60歳以上の男女883人を対象に「2

2015年7月6日MMDLaboフィードバック数:0モバイル

2015年シニア世代のフィーチャーフォン利用動向調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > シニア世代の58.8%がフィーチャーフォンを4年以上継続利用 シニア世代の58.8%がフィーチャーフォンを4年以上継続利用 MMD研究所は、フィーチャーフォンを利用する60歳以上の男女1,110人を対象に「2015年シニア世代のフィーチャーフォン利用動向調査」を実施致しました。本調査は、シニア世代における携帯電話の利用動向調査の第2弾にな

2015年6月23日矢野経済研究所★フィードバック数:0モバイル

市場データです。

携帯電話の世界市場に関する調査結果 2015

2015年06月23日 携帯電話の世界市場に関する調査結果 2015 ~3G/4G契約数は増加が続く、スマートフォンの伸びは鈍化~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて世界の携帯電話サービスおよび端末市場に関する調査を実施した。1.調査期間:2014年6月~2015年5月2.調査対象:携帯電話・スマートフォンメーカー、国内半導体メーカー、通信事業者、関連業界団体等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用<第四世代携帯電話サービス

2015年6月11日MM総研★フィードバック数:0モバイル

市場データです。

スマートフォン契約数および端末別の月額利用料金・通信量(2015年3月)

スマートフォン契約数および端末別の月額利用料金・通信量(2015年3月) 2015年06月11日■ 2015年3月末のスマートフォン契約数は6,850万件で端末契約数の54.1% ■ 月額平均利用料はスマートフォン 6,342円/フィーチャーフォン2,739円 ■ 音声非対応MVNO SIMカードの平均月額利用料金は1,199円でスマートフォンの5分の1 ■ スマートフォン利用者の月間通信量は平均 3.53GB/中央値 2.30GB(ギガバイト) MM総研(東京都・港区、所長・中島 洋)は独自

2015年5月20日マイナビフィードバック数:0モバイル

ドコモの夏モデル、一番人気は? iPhoneも加えるとどうなる?

NTTドコモは13日、2015夏モデルとなるスマートフォンやフィーチャーフォン全10機種を発表した。虹彩認証搭載スマホや、Android搭載フィーチャーフォンなど多種多様のモデルが用意されている。このなかで最も人気の機種を探るべく、マイナビニュース会員513人を対象にアンケート調査を行った。ドコモ2015夏モデル。クリックで拡大最新スマホを抑えてガラホが健闘ドコモの2015夏モデルとして発表されたのは、「Galaxy S6 edge SC-04G」(サムスン電子製)、「Galaxy S6 SC-

2015年5月14日MM総研★フィードバック数:0モバイル

市場データです。

2014年度通期 国内携帯電話端末出荷概況

2015年05月14日■ 2014年度通期の総出荷台数は前年比3.9%減の3,788万台 ■ スマートフォン出荷台数は前年度比7.2%減の2,748万台 ■ フィーチャーフォン出荷台数は前年度比6.0%増の1,040万台■ 2015年度の出荷台数は3,810万台、スマートフォンは2,860万台と予測 MM総研(東京都・港区、所長・中島 洋)は2014年度通期(2014年4月~2015年3月)の国内携帯電話端末の出荷台数調査結果を発表した。総出荷台数(従来型携帯電話【以下、フィーチャーフォン】及

2015年4月13日MMDLaboフィードバック数:0モバイル

2015年4月携帯端末購入に関する定点調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > 「SIMロック解除」の認知度は73.3%、うち内容を理解している人は37.5% 「SIMロック解除」の認知度は73.3%、うち内容を理解している人は37.5% MMD研究所は、15歳以上の男女6,219人を対象に「2015年4月携帯端末購入に関する定点調査」を実施致しました。【 調査結果サマリー(※一部抜粋)】■ 「SIMロック解除」の認知

2015年2月25日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング要登録

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査[2014年度総集編]

10代で加速するスマホシフト。スマホファーストから『スマホオンリー化』へ あの月次定点調査を1年分いっきに公開!推移がひとめでわかる!10代で加速するスマホシフト。スマホファーストから『スマホオンリー化』へモバイル&ソーシャルメディア月次定点調査[2014年度総集編]調査結果サマリー10代で加速するスマホシフト。スマホファーストから『スマホオンリー化』へ2013年10月度の調査で、初めてスマートフォンの利用率がフィーチャーフォンを上回って以降、それぞれの利用率の差は広がり続けています。2014年

2015年2月3日MM総研★フィードバック数:0モバイル

市場データです。

2014年国内携帯電話端末出荷概況

2015年02月03日■ 2014年1-12月期の総出荷台数は前年比2.5%減の3,828万台 ■ スマートフォン出荷台数は前年比5.3%減の2,770万台 ■ フィーチャーフォン出荷台数は前年比5.7%増の1,058万台■ 14年12月末のスマートフォン契約数は6,544万件で端末契約数の52.3%  MM総研(東京都・港区、所長・中島 洋)は2014年暦年(2014年1月~2014年12月)の国内携帯電話端末の出荷台数調査結果を発表した。総出荷台数(従来型携帯電話【以下、フィーチャーフォン

2014年12月15日ビッグローブ★フィードバック数:0モバイル

40代以上の女性対象の調査です。

40代以上女性のスマホ・携帯電話利用に関するアンケート調査

プレスルームBIGLOBEが40代以上女性のスマホ・携帯電話利用に関するアンケート調査を実施~スマホユーザの約7割が使いこなせていると回答、非スマホユーザのスマホ利用のネックは月額料金~ビッグローブ株式会社BIGLOBEは、40代以上の女性を対象に、スマートフォン(以下、スマホ)及びフィーチャーフォンの利用実態、利用意向に関するアンケート調査を行いました。本アンケートは、株式会社うるるのインターネット調査パネル(暮らしの根っこ)を活用し、2014年11月28日~12月9日に実施したもので、434

2014年11月2日MM総研★フィードバック数:0モバイル

市場データです。

2014年度上期 国内携帯電話端末出荷概況

2014年10月30日■ 2014年度上期出荷台数は半期別で過去最低の1578万台(前年同期比4.1%減) ■ スマートフォン出荷台数は1050万台(13.7%減)でスマートフォン出荷比率も減少 ■ Appleが601万台(シェア38.1%)で半期別台数シェア6期連続1位 ■ 2014年度通期は総出荷台数3530万台、うちスマートフォン2510万台と予測  MM総研(東京都・港区、所長・中島 洋)は2014年度上期(2014年4月~2014年9月)の国内携帯電話端末出荷台数(※1)調査結果を発

2014年10月23日MM総研★フィードバック数:0モバイル

市場データです。MVNOにも注目しています。

スマートフォン契約数および端末別の月額利用料金(2014年9月)

スマートフォン契約数および端末別の月額利用料金(2014年9月) 2014年10月23日■ 2014年9月末のスマートフォン契約数は6,248万件で端末契約数の50.3%で過半数に ■ MVNO SIMカード利用率は1.8%。利用者の66.1%が月間2GB(ギガバイト)以下のプラン ■ 主要キャリアの新料金プラン加入率はスマートフォン 20.6%、フィーチャーフォン 11.7% ■ MVNO SIMカードの月額利用料金は1,572円でスマートフォン利用料金の22%  MM総研(東京都・港区、所

携帯、スマホ利用についての調査です。

2014年度 携帯電話の利用実態調査

ホーム > プレスリリース > プレスリリース 2014 > 「2014年度 携帯電話の利用実態調査」を実施 ~70代も加えた1,400人への留置調査実施 既存キャリアサービス以外の利用の活発化も~ CIAJは、この度「2014年度 携帯電話の利用実態調査」を実施し、報告書としてとりまとめました。今回は新たな試みとして70代にまで調査対象を拡大し、昨年に続いてスマートフォン、フィーチャーフォン別に利用実態の調査を行い、購入重視点やよく利用されている機能等も明らかにしました。本調査により、男女・年

2014年7月24日ガイアックスフィードバック数:0マーケティング

中高校生のソーシャルメディア利用実態調査

中高生のLINE、Twitterの利用率、スマホ所有で2倍以上伸長することが判明 中高生のLINE、Twitterの利用率、スマホ所有で2倍以上伸長することが判明 ~スクールガーディアン、中高校生のソーシャルメディア利用実態調査を実施~ 2014年7月24日株式会社ガイアックス(本社:東京都品川区、代表執行役社長:上田祐司、証券コード:3775 、以下ガイアックス)は、のべ3,400校導入の学校非公式サイト対策「スクールガーディアン」事業において、2013年12月~2014年3月にかけて

2014年7月13日アイティメディア★フィードバック数:0モバイル

通信キャリア選択についての調査です。

あなたが通信キャリアを選ぶ決め手は?

ITmedia Mobileでは6月2日から9日まで、通信キャリアに関する読者アンケートを実施した。通信キャリアを選ぶ決め手、今最も魅力的だと感じているキャリア、利用しているサービスについて、読者の皆さんにお聞きしたところ、500件以上の回答が集まった。アンケートのご回答にあらためて御礼を申し上げるとともに、調査結果の詳細をご紹介したい。 まずは現在利用している通信キャリアについて、1台目から3台目までを聞いた。1台目はNTTドコモが46.4%、KDDIが35.9%、ソフトバンクモバイルが11.

2014年6月24日ICT総研★フィードバック数:0モバイル

市場データです。

2014年度 スマートデバイス需要動向調査

ICTマーケティング・コンサルティング・市場調査はICT総研にお任せ下さい。 HOME ≫ レポート ≫ 2014年度 スマートデバイス需要動向調査■ スマートデバイスの出荷台数は、2013年度 3,679万台と過去最高に。■ 2015年度には、タブレット端末とノートPCの年間出荷台数が逆転する見込み。■ 今後は「法人向け」の存在感が年々増加。スマートデバイス市場拡大の原動力に。■ 2台持ち歩くなら、スマホ+タブレット(WiFiモデル)の組み合わせが一番人気。  株式会社 ICT総研 (東京都

2014年6月10日MMDLabo★フィードバック数:0モバイル

端末購入についての調査です。

2013年10月~2014年3月携帯端末購入に関する定点調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > docomo、auのiPhoneシリーズ所有者が大きく増加 MMD研究所は、15歳以上の男女934人を対象に「2013年10月~2014年3月携帯端末購入に関する定点調査」を2014年4月14日~4月16日にかけて実施致しました。【 調査結果サマリー(※一部抜粋)】■ 2013年10月~2014年3月までに携帯端末を購入した人の83.7%が

2014年5月21日MMDLabo★フィードバック数:0モバイル

MVNOについてもカバーしています。

2014年4月携帯端末購入に関する定点調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > 2014年4月スマートフォン所有率は56.5%、10代の所有率は84.5% 2014年4月スマートフォン所有率は56.5%、10代の所有率は84.5% MMD研究所は、フィーチャーフォンまたはスマートフォンを所有している15歳以上の男女(N=30,993)を対象に「2014年4月携帯端末購入に関する定点調査」を2014年4月10日~4月1

2014年4月23日MM総研★★フィードバック数:0モバイル

市場データです。

スマートフォン市場規模の推移・予測(2014年4月)

スマートフォン市場規模の推移・予測(2014年4月)■ 2014年3月末の携帯電話契約数は1億4,413万件で人口普及率113.4% ■ 2014年3月末のスマートフォン契約数は5,734万件で端末契約数の47.0% ■ 2014年3月末のOSシェアはAndroid 57.1%:iOS 41.8% ■ 2019年3月末のスマートフォン契約数は1億300万件に拡大と予測 MM総研(東京都港区 代表取締役所長:中島洋)は携帯電話事業者と電気通信事業者協会(TCA)が発表する契約数およびMM総研による

2013年11月18日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング要登録

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2013年10月度)

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2013年10月度)10 代は1 日平均80 分間以上「SNS アプリ」を利用するモバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2013年10月度)10 代では75 %が利用。スマホ利用率がついにフィーチャーフォンを上回る。調査結果サマリー10代は1日平均80分間以上「SNSアプリ」を利用する10 代では75 %が利用。スマホ利用率がついにフィーチャーフォンを上回る。App Storeの値上げで、半数近くが既に利用中のアプリ課金にも消極的iPhoneユーザー

2013年11月7日MMDLaboフィードバック数:0モバイル

フィーチャーフォン、スマートフォンの購買に関する満足度調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > 携帯購買者の満足度、スマートフォンがフィーチャーフォンより約15%高い 携帯購買者の満足度、スマートフォンがフィーチャーフォンより約15%高い MMD研究所は、2013年10月11日~10月15日にかけて、フィーチャーフォンまたはスマートフォンを所有している18歳以上の男女995人を対象に「フィーチャーフォン、スマートフォンの購買に関する

2013年11月4日MMDLaboフィードバック数:0モバイル

携帯端末購入に関する定点調査(購入編)

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > 2013年4月~9月携帯端末購入 フィーチャーフォンからスマートフォンへの乗換は? 2013年4月~9月携帯端末購入 フィーチャーフォンからスマートフォンへの乗換は? MMD研究所は、2013年10月11日~10月15日にかけて、フィーチャーフォンまたはスマートフォンを所有している18歳以上の男女995人を対象に「携帯端末購入に関する定点

2013年10月9日MM総研★フィードバック数:0モバイル

市場データです。

スマートフォン市場規模の推移・予測(2013年10月)

スマートフォン市場規模の推移・予測(2013年10月)■ 2013年度のスマートフォン出荷台数は2,990万台(前年度比0.6%増)で前年度並み ■ 2013年9月末のスマートフォン契約数は5,015万件で携帯電話契約数の42.2% ■ 2013年9月末のOSシェア1位はAndroid 63.0%。ドコモiPhone登場で競争激化 ■ 2017年度末スマートフォン契約数は8,924万件で携帯電話契約数の68.2%に拡大 MM総研(本社:東京都港区、所長:中島 洋)は携帯電話利用者に対するアンケー

日本の携帯電話メーカー(2013年7~8月考察)

※この記事は、会員サービス「InfoComモバイル通信ニューズレター」より一部を無料で公開しているものです。政策関連(携帯電話メーカー)日本の携帯電話メーカー(2013年7〜8月考察)NECは2013年7月31日、スマートフォンの開発と生産からの撤退を正式発表した。従来型携帯電話機(フィーチャーフォン)およびタブレット端末事業の開発および生産は継続する。「社会ソリューション事業を軸とした成長戦略を加速すべく携帯電話端末事業を見直した」としている。長年にわたって日本の携帯電話市場を牽引してきたNE

2013年8月29日ビッグローブフィードバック数:0モバイル

「ほぼスマホ」購入者の利用状況アンケート

プレスルームNECビッグローブ株式会社NECビッグローブ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役執行役員社長:古関 義幸、以下BIGLOBE)は、月額2,980円(税込)(注1)から利用できるLTE対応のAndroid(TM)搭載端末「ほぼスマホ」の購入者向けに、利用状況アンケートを実施いたしました。本アンケートは、2013年7月16日~7月31日に実施し、673件の有効回答が集まりました。本アンケートの結果、「ほぼスマホ」購入者の7割強が40~50代で、購入前にフィーチャーフォンを利用していた

広告主数でスマートフォン広告がフィーチャーフォン広告を追い抜いています。

モバイル広告の出稿動向

2012年11月度以降、出稿広告主数は「スマートフォン広告>フィーチャーフォン広告」 〜 モバイル広告の出稿動向 〜 インターネット利用状況を調査している株式会社ビデオリサーチインタラクティブ(本社:東京都千代田区、社長:荻野 欣之)は、モバイル広告(スマートフォン広告/フィーチャーフォン広告)の出稿動向を取りまとめました。今回の結果は、当社独自基準に基づいて収集したスマートフォン広告のDBサービス「SmartPhone Ads Report」、及びフィーチャーフォン広告の

スマートフォンとフューチャーフォンを対比しています。

2013年度 携帯電話の利用実態調査

CIAJは、この度「2013年度 携帯電話の利用実態調査」を実施し、報告書としてとりまとめました。今回はスマートフォン、フィーチャーフォン別に利用実態の調査を行い、購入重視点やよく利用されている機能等も明らかにしました。本調査により、性・年代別の利用実態の違いや、スマートフォン、フィーチャーフォンの二極化、利用サービスの変化等を浮き彫りにすることができました。概 要 本調査は、国内携帯電話・PHS利用実態を把握することを目的に、1998年より毎年4月に定点調査を実施しており、1年で最も販売の多い

2013年7月7日総務省★フィードバック数:2セキュリティ/ネットワーク

利用状況と依存状況を聞いています。

青少年のインターネット利用と依存傾向に関する調査

青少年のインターネット利用と依存傾向に関する調査調査結果報告書平成25年6月 総 務 省 情報通信政策研究所1調査実施概要調査の背景・目的ソーシャルメディアの進展やスマートフォンの急速な普及により、利便性が向上する一方で、 ネットの長時間利用により実生活に悪影響が出る、いわゆる「ネット依存」と呼ばれる事例が一 部で問題となっている。 総務省情報通信政策研究所では、東京大学大学院情報学環 橋元良明教授ほか※の協力を 得て、若年層のインターネットの利用やネット依存につながる傾向への影響を把握するため

2013年7月4日D2C★★フィードバック数:21マーケティング

スマートフォン、タブレットの利用についての調査です。

マルチデバイス利用動向調査(2013年5月調査)

マルチデバイス利用動向調査(2013年5月調査)~スマートフォンユーザの比率は43.3%、タブレット端末の利用率は16.2%、デバイスの併用、使い分けが進む~ モバイル広告/マーティング会社の株式会社D2C(本社:東京都港区、代表取締役社長:宝珠山 卓志、以下D2C)は、普及が進むスマートフォン、タブレット端末およびフィーチャーフォンの利用動向調査を実施した。全国の15 歳~69 歳の男女、携帯電話・PHS・スマートフォン所有者3,096名を対象に、2013年5月、PC インターネットによるアン

2013年4月30日MMDLabo★フィードバック数:9マーケティング

モバイルでのクーポン利用についての調査です。

クーポンの利用に関する実態調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > クーポンがあることによる、購入・申込への影響度は新規・継続ともに80%以上 クーポンがあることによる、購入・申込への影響度は新規・継続ともに80%以上 MMD研究所は、2013年2月21日~2月24日にかけてクーポンを利用したことがある20歳以上のフィーチャーフォン利用者250人、スマートフォン利用者250人の計500人を対象に「クーポン

2012年11月7日MMDLabo★フィードバック数:11モバイル

企業でのスマートフォン利用についての調査です。

ビジネスパーソンにおけるモバイルの業務利用動向調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > 法人スマートフォン端末の支給率は6.8% MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)は、10月5日~10日にかけてビジネスパーソンを対象にモバイル端末の支給状況、BYODの実態、利用状況などの「ビジネスパーソンにおけるモバイルの業務利用動向調査」を実施しました。調査結果及び、調査概要については以下の通りです。【 調査結果サマリー(

2012年9月20日MM総研★フィードバック数:26モバイル

iPhone 5についての調査結果です。

iPhone5購入意向に関する実態調査

2012年09月20日■ iPhone5 購入意向は41.4%。購入意向ユーザーの31.8%が発売後6 ヶ月以内の購入を予定 ■ iPhone5 を購入したい理由は「iPhone は人気があるから」 ■ 購入意向ユーザーの53.3%がソフトバンクのiPhone5 を支持  MM総研(東京都・港区、所長・中島 洋)は2012年9月12日(米国時間)に発表された、iPhone5の購入意向に関する実態調査を実施。調査方法はWEBアンケートで回答対象者はスマートフォン利用者1,005人(NTTドコモ:

2012年6月25日ICT総研★フィードバック数:1モバイル

スマートフォンをはじめとした各種デバイスのニーズ調査・出荷台数予測です。

スマートデバイス需要動向調査

ICTマーケティング・コンサルティング・市場調査はICT総研にお任せ下さい。 HOME ≫ レポート ≫ 2012年度 スマートデバイス需要動向調査■ ドコモ版iPhoneがもし発売された場合、回答者の27%が購入を検討■ スマートデバイスの出荷台数は2016年度にPC市場の2.8倍の4,210万台へ■ 2011年度スマートフォンの出荷台数は2,352万台、2016年度には3,290万台に■ スマートデバイスの法人比率は、2011年度4.9%から2016年度は12.6%へ  株式会社 ICT総

2012年5月7日日経BP★フィードバック数:63モバイル

スマートフォンとフィーチャーフォンの利用実態についての調査です。

スマホユーザーの3割がフィーチャーフォン併用

スマートフォンは携帯電話市場において、スマートフォン同士だけでなく、フィーチャーフォンとも比較される存在である。そんな中、どれだけのスマートフォンユーザーがフィーチャーフォンを所持し、そしてどのような点に満足したり、不満を抱いたりしているのだろうか。基本的な問題について、データを見ていこう。 スマートフォンユーザーに「フィーチャーフォン(仕事用を除く)を所持しているか」を聞いたところ、男性は29.5%、女性は21.5%が「あり」と回答(図1)。スマートフォンはフィーチャーフォン同様、通話、メール

2012年3月22日D2C★フィードバック数:30モバイル

スマートフォンやメディアの利用についての調査です。

モバイル利用動向調査(2012年2月調査)

プレスリリース 2012.03.22 モバイル利用動向調査(2012年2月調査) 株式会社ディーツー コミュニケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:宝珠山 卓志、以下D2C)は、普及が進むスマートフォンの利用動向調査を実施した。全国の15歳~69歳の男女3095名を対象に、2012年2月、PCインターネットによるアンケート調査を行い、フィーチャーフォンおよびスマートフォンの利用動向についてまとめた。 ※本リリースに記載されております「10月調査」とは、2011年10月に実施したもの

2012年3月13日MM総研★フィードバック数:82モバイル

スマートフォンの市場データです。

スマートフォン市場規模の推移・予測(12年3月)

スマートフォン市場規模の推移・予測(12年3月) 2012年03月13日■ 2011年度のスマートフォン出荷台数は2,340万台(前年比2.7倍) ■ 2016年度のスマートフォン出荷台数は3,555万台で総出荷の83.4%を占める ■ 2016年度末のスマートフォン契約数は8,119万件で端末契約数の67.3%と予測  MM総研(東京都港区、所長・中島 洋)は2012年3月13日に2016年度までのスマートフォン市場規模の予測を発表した。「クロス・マーケティング」のモニターを活用した携帯電話

2012年1月19日日経BP★フィードバック数:31モバイル

スマートフォンのビジネス利用についての調査結果です。

スマホの「会社支給率」は約1割

スマートフォンの普及が進む中、プライベートでの所持率やその利用方法などはデータとしてよく見るが、仕事上での実態はどうなのかはあまり取り上げられていない。しかし、スマートフォンの登場初期段階のメインユーザーは30代以上の男性ビジネスパーソンであり、スマートフォンと仕事は切っても切り離せない関係がある。今回は、会社からのスマートフォン支給状況や、その利用方法や目的などについて職種別に見ていきたい。 まず、どれだけのビジネスパーソンが会社からフィーチャーフォンやスマートフォンを支給されているか見てみる

2011年12月14日D2C★フィードバック数:25モバイル

D2Cによるスマートフォン他モバイル機器の利用動向調査です。

モバイル利用動向調査(2011年10月調査)

プレスリリース 2011.12.14 モバイル利用動向調査(2011年10月調査) 株式会社ディーツー コミュニケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:宝珠山 卓志、以下)は、普及が進むスマートフォンの利用動向調査を実施した。全国の歳歳の男女名を対象に、年月、インターネットによるアンケート調査を行い、フィーチャーフォンおよびスマートフォンの利用動向についてまとめた。※なお、年月に実施した調査の数値は、サイトにてご確認いただけます。【ポイント①】フィーチャーフォンとスマートフォンのユー

2011年12月6日インプレス★フィードバック数:5モバイル

サマリーが公開されています。

スマートフォン利用動向調査報告書2012 [個人/法人調査から分析する市場動向と展望]

―アプリ・コンテンツ利用ジャンルはフィーチャーフォンの2倍以上 スマートフォン利用で「情報取得量が増えた」75.7%― スマートフォン黎明期から続く5年目の実績 『スマートフォン利用動向調査報告書2012 [個人/法人調査から分析する市場動向と展望]』アプリ・コンテンツ利用ジャンルはフィーチャーフォンの2倍以上スマートフォン利用で「情報取得量が増えた」75.7%スマートフォン黎明期から続く5年目の実績[個人/法人調査から分析する市場動向と展望]』発売  インプレスグループで法人向け情報コミュニケ

スマートフォンの購買誘導効果についての調査結果です。

スマートフォン利用実態調査2011

2011 年 11 月 4 日 デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社スマートフォン利用実態調査 2011スマートフォンの購買プロセスにおけるメディアとしての有効性を調査 ~スマートフォン利用者の 1/3 以上がテレビを見ながら検索した経験がある 店頭誘導効果は、フィーチャーフォンの 3 倍近くに変化~デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:矢嶋弘毅・以下 DAC)は、子会社である株式会社スパイア(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 C

2011年10月25日日経BP★フィードバック数:120モバイル

スマートフォンでのネット利用についての調査結果です。

スマホで進むPC離れ? ネット市場は既に「PC<スマホ」

ユーザーにとって従来型携帯電話(フィーチャーフォン)を購入するか、スマートフォンに買い替えるかを検討するのは普通のことだろう。企業側にとっても、フィーチャーフォンとスマートフォンを比較してモバイル市場を把握をしたり、戦略を考えたりするケースが多い。 しかし、スマートフォンとフィーチャーフォンの二つだけを比較して戦略を考えても、その視点は非常に限られたものとなってしまう。スマートフォンのポイントの一つにネットの使いやすさが挙げられる。人によってはスマートフォンを「持ち歩けるWeb環境」と呼ぶ。これ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ