調査のチカラ TOP > タグ一覧 > フォレックス

「フォレックス」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年1月30日Forex Magnatesフィードバック数:0大型消費/投資

2014年年間FX取引高ランキング

FX関連ビジネスに取り組む人の為の電子業界誌  フォレックス・マグネイトは2014年の世界のブローカー別FX取引高を集計しランキングを作成した。その結果、3年連続で取引高世界第1位に輝いたのはGMOクリック証券であった。 取引高上位10社のシェアは下記図の通りGMOクリック証券が23%、次いで第2位のブローカーが19.3%。両社共に取引高の勢いを増しており、この2社による1位争いが今後も続く事が見込まれる。世界最大規模と言われる日本のFX市場、上位10社中4社が国内業者でそのシェア合計は56.3

2014年8月28日Forex Magnatesフィードバック数:0大型消費/投資

2014年上半期取引高世界第1位は、『GMOクリック証券』

FX関連ビジネスに取り組む人の為の電子業界誌  フォレックス・マグネイトが四半期毎に発行しているFX市場調査報告書(QIR)において常に注目度の高いコンテンツの一つに、世界のFXブローカーの取引高ランキングがある。これは、競合の取引高や、日系企業の取引高シェアや、成長率等を知る事ができる一つのデータとして業界関係者に活用されている。 日本のFX市場は取引高で世界最大の市場と言われ、日系企業はほぼ国内のみで営業しているにも関わらず、グローバル展開している大手海外ブローカーを抜き、ランキングの上位に

2013年8月1日Forex Magnatesフィードバック数:2大型消費/投資

2013年上半期FX取引高

FX関連ビジネスに取り組む人の為の電子業界誌  フォレックス・マグネイトは、2013年上半期(1月-6月)のリテールOTC FX取引高のランキングをまとめた。 2012年年間取引高世界第1位に輝いたGMOクリック証券は、2013年1月からもその勢いは衰えず6ヵ月連続で第1位を維持。その結果2013年上半期も第1位の座を勝ち取った。同社は、6月のOTC取引高で100兆円を突破するという快挙を成し遂げている。 1位のGMOクリック証券に次いで、第2位のDMM.com証券も、勢力的に取引高を伸ばし続け

2012年8月2日GCIキャピタルフィードバック数:3大型消費/投資

MetaTrader4 利用者アンケート

FX外国為替情報のKlug(クルーク) 為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載 FX(外国為替証拠金取引)の世界において、システムトレード(シストレ)の勢いが続いている。シストレとは、テクニカル分析の手法などによって、一定の売買ルールを決定し、そのルールに基づいて、自動的に取引を行うこと。自己の売買判断に基づく従来の裁量的な取引においては、損失を確定させたくないなど、感情的な判断が、適切な取引の妨げになるケースが見られるが、そうした要素を排除し、収益性の高い売

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ