調査のチカラ TOP > タグ一覧 > フォワードガイダンス

「フォワードガイダンス」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年4月5日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済(月次)予測(2015年3月)<フォワードガイダンスに拘り、金融政策の正常化に踏み出せない連銀>

米国経済(月次)予測(2015年3月)<フォワードガイダンスに拘り、金融政策の正常化に踏み出せない連銀>2015-03-30 〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階

2014年3月24日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook 半年のゼロ

Global Market Outlook半年のゼロ2014年3月20日(金)第一生命経済研究所 経済調査部藤代 宏一TEL 03-5221-452315:46 現在<主要株価指数>日経平均株価NYダウDAX(独)FTSE100(英)CAC40(仏)<外国為替>※ドル円ユーロドル<長期金利>※日本米国英国ドイツフランスイタリアスペイン<商品>NY原油NY金終値14224.2316,222.179,277.056,573.134,308.06(円)14550前日比-238.29-114.0234.

2014年3月20日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Weekly:3月FOMC~フォワードガイダンスを修正、総じてタカ派の印象

三菱東京UFJ銀行 経済調査室ニューヨーク駐在情報The Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJ, Ltd.Economic Research Group (New York)Toshiki Iwaoka 岩岡 聰樹Managing Director & Chief Economist+1(212)782-5701, tiwaoka@us.mufg.jp来週の Weekly は出張のため休刊となります。どうぞよろしくお願い致します。March 19, 2014HUU<FOCUS

【2月米雇用統計】雇用増17.5万人で市場予想超え、テーパリング継続の後押しに

【2月米雇用統計】雇用増17.5万人で市場予想超え、テーパリング継続の後押しに | ニッセイ基礎研究所 【2月米雇用統計】雇用増17.5万人で市場予想超え、テーパリング継続の後押しに 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 3月7日、米国労働省(BLS)は2月の雇用統計を公表した。2月の非農業部門雇用者数は前月対比で17.5万人の増加(前月:+12.

2014年2月24日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook FED内部は荒れ模様だが、そもそも利上げ観測が萎んでいる

Global Market OutlookFED内部は荒れ模様だが、そもそも利上げ観測が萎んでいる2014年2月20日(木)第一生命経済研究所 経済調査部藤代 宏一TEL 03-5221-452315:17 現在<主要株価指数>日経平均株価NYダウDAX(独)FTSE100(英)CAC40(仏)<外国為替>※ドル円ユーロドル<長期金利>※日本米国英国ドイツフランスイタリアスペイン<商品>NY原油NY金終値14449.1816,040.569,660.056,796.714,341.10101.8

2014年2月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済見通し 円滑な緩和縮小が重要に

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米国経済見通し 円滑な緩和縮小が重要に寒波で経済指標は軟調でもマインドは冷え込んでいない ◆悪天候を背景に軟調な経済指標が相次いでいる。自動車販売などの個人消費が落ち込み、企業活動も精彩さを欠く。ただし、マインド面では、消費者センチメントや企業マインドは低下したものの、なおポジティブさを失っていない。◆連邦政府の債務上限が2015年3月まで一時撤廃され、2014年度予算の成立と合わせて当面の財政関連の

2014年1月31日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

FOMC:一定ペースでの資産買い入れ規模縮小

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 FOMC:一定ペースでの資産買い入れ規模縮小頻繁な変更を必要としないフォワードガイダンスが必要に ◆1月28日から29日にかけて開催されたFOMC(連邦公開市場委員会)で、資産買い入れ規模を縮小することが、2会合連続で決定された。月あたりの購入額がさらに100億ドル減額される。投票権を有する地区連銀総裁が変わったが、反対票はなかった。◆声明文における景気の現状認識は、悪天候などのかく乱要因はあったが、

2014年1月29日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 資産購入額を100億ドル縮小し月額650億ドルに(1月FOMC予想) ~ファワードガイダンスは変更しない見込み~

U.S.Trends米国 資産購入額資産購入額を100億100億㌦縮小し縮小し月額650月額650億650億㌦に(㌦に(1月FOMC予想FOMC予想)予想)~ファワードガイダンスはファワードガイダンスは変更変更しないしない見込見込み変更しない見込み~発表日:201発表日:20142014年1月28日28日(火)第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 桂畑 誠治0303-52215221-5001○ バーナンキFRB議長が参加する最後のFOMCが1月 28、29 日に開催される。経済成長な

2013年12月22日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

減額開始後の世界 ~失業率の閾値接近でガイダンスの効き目が弱くなる~

US Trends減額開始後の世界発表日:2013年12月19日(木)~失業率の閾値接近でガイダンスの効き目が弱くなる~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527◇ 金融市場はFRBによる量的緩和の減額開始決定を比較的冷静に受け止めている。FRBは、失業率が6.5%を下回った後もかなりの間、ゼロ金利を継続することを約束。ガイダンスを強化したことで、減額開始後も金融緩和姿勢に変化がないと強調したことが大きい。◇ ただ、減額開始を巡る議論に終止符が打たれたことで

2013年12月22日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook 次の対戦相手は「利上げ」

Global Market Outlook次の対戦相手は「利上げ」2013年12月19日(木) 第一生命経済研究所 経済調査部 藤代 宏一16:14 現在 <主要株価指数> 日経平均株価 NYダウ DAX(独) FTSE100(英) CAC40(仏) 上海総合※ <外国為替>※ ドル円 ユーロドル <長期金利>※ 日本 米国 英国 ドイツ フランス イタリア スペイン <商品> NY原油 NY金 終値 15859.22 16,167.97 9,181.75 6,492.08 4,109.51 2

2013年12月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

FOMC:不透明感低下した米国の金融政策

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 FOMC:不透明感低下した米国の金融政策資産買い入れ規模(QE3)の縮小開始が決まる ◆12月17日から18日にかけて開催されたFOMC(連邦公開市場委員会)でQE3の資産買い入れ規模を、2014年1月から縮小することが決定された。月あたりの購入額が100億ドル減額される。背景は、財政の逆風にもかかわらず、雇用環境や個人消費などの改善が続いたことだと考えられる。◆声明文の現状認識に大きな変更はなく、若

2013年12月19日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 QE3を小幅縮小する一方、フォワードガイダンスをやや強化(13年12月17・18日FOMC) ~縮小ペースに事前のスケジュールはなく今後も経済情勢次第のスタンスを維持~

米国 QE3を小幅縮小する一方、フォワードガイダンスをやや強化(13年12月17・18日FOMC) ~縮小ペースに事前のスケジュールはなく今後も経済情勢次第のスタンスを維持~

2013年10月25日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

BOEの金融緩和継続の決意 ~フォワード・ガイダンスのルールは変更可能~

EU TrendsBOEの金融緩和継続の決意発表日:2013年10月23日(水)~フォワード・ガイダンスのルールは変更可能~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527◇ 足許の英国景気は予想を上回るペースで改善し、住宅市況の過熱感を警戒する声も出ている。失業率の7%達成がBOEの想定よりも早まることや、物価や金融市場の安定が脅かされるとの観測から、金利には上昇圧力が及んでいる。◇ BOEのビーン副総裁は、失業率で7%に設定した金融緩和継続の閾値を引き下げるな

2013年9月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

FOMC:QE3の次をどうするのか

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 FOMC:QE3の次をどうするのか フォワードガイダンスに変更なく、将来の利上げペースは緩やかに ◆9月17日から18日にかけて開催されたFOMC(連邦公開市場委員会)で政策変更はなかった。市場では今回でのQE3(量的緩和第3弾)縮小開始決定が織り込まれつつあったため、やや意外感のある決定であったと言えよう。◆FOMC参加者の経済見通しでは、2013年、14年の実質GDP成長率が下方修正された。また、

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ