調査のチカラ TOP > タグ一覧 > フジテレビ

「フジテレビ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年2月27日集英社フィードバック数:0マーケティング

視聴率最下位転落のフジテレビ、読者アンケートで65%が納得

視聴率最下位転落のフジテレビ、読者アンケートで65%が納得[2015年02月26日] フジが視聴率最下位に転落したことに関して、男女300人にアンケート調査を行なった 今年1月第1週(12月29日から1月4日)のゴールデン帯&プライム帯の平均視聴率で、テレビ東京にも敗れて最下位に転落したフジテレビ。今回、フジが視聴率最下位に転落したことに関して、週プレは男女300人にアンケート調査を行なった。その結果、「納得!」と答えたのは195人。実に65%もの人がなんの疑問も持っていなかったのだ。その理

2014年12月19日エイチームフィードバック数:0エンタテインメント

豪華5本立て!2015年はコレだ!〇〇ランキング

-シェア-あっという間に2014年も終わりを告げようとしています。2014年も話題の有名人や話題のドラマががたくさん出てきましたね。2015年は一体どうなるのでしょうか?今回のラルーンリサーチ!は 豪華5本立て!2015年に流行りそうな有名人を始め、お正月にチェックしておきたいことについて調査しました!(ラルーン調べ:2014年12月調査1,538人が回答)※複数回答可2015年話題になりそうな有名人は?1位は『三代目J Soul Brothers』、『EXILE』のメンバーの岩田剛典さん2位は

2014年8月11日NTTレゾナントフィードバック数:0エンタテインメント

バカ笑いできるTVバラエティ番組ランキング

2014年08月08日 19:00 バカ笑いできるTVバラエティ番組ランキング 思いっきり笑って一日の疲れを吹き飛ばす夕食が終わってほっと一息ついた後には、一日の疲れやストレス解消に思いっきり笑って嫌なことを忘れたいもの。そこで今回は「いまバカ笑いできるTVバラエティ番組」は何か皆さんに聞いてみました。1位:アメトーーク!(テレビ朝日)2位:しゃべくり007(日本テレビ)3位:人志松本のすべらない話(フジテレビ)4位:ホンマでっか!?TV(フジテレビ)5位:ロンドンハーツ(テレビ朝日)

第58回:復活してほしいテレビ番組(2013)

ブランドなんでもランキング第58回:復活してほしいテレビ番組テレビ番組の視聴率は以前に較べ近年は下がる傾向にあるようです。パソコンやスマホ、オンラインゲームなど自宅での時間の使い方が多様化しているのでしょう。それでも懐かしい番組、復活して欲しい番組、タイトルを聞くだけで当時を思い出す番組というのも少なからずあるのではないでしょうか。今回は続編またはシリーズ化してほしいテレビドラマと復活してほしいテレビ番組についてたずねました。もっとも高かったのは架空の警察署、七曲署を舞台にした刑事ドラマ「太陽に

2013年6月2日Yahoo!フィードバック数:9ライフスタイル

「メタボ」に続く国民病? 「ロコモ」に注目

「メタボ」に続く国民病? 「ロコモ」に注目骨や筋肉、関節などが衰え、要介護になる危険が高い状態を「ロコモティブシンドローム」といいます ※写真はイメージです Photo by whologwhy 最近テレビや雑誌で見かける「ロコモ」。「メタボ」に続く新たな国民病ともいわれる「ロコモティブシンドローム(運動器症候群)」の略称で、検索数はこの1年で「メタボ」を上回るようになりました。50歳を過ぎると7割以上にロコモの可能性があるそうですが、実は40代の5人に4人が"ロコモ予備群"なのだとか。検索数を

2009年6月22日アイシェアフィードバック数:0エンタテインメント

30代が最も見るのは「TBS」ドラマ~ネットで調べるのは「あらすじ」「キャスト」

2009年春のドラマ1番人気は「フジテレビ」! テレビドラマに関する意識調査 30代が最も見るのは「TBS」ドラマ~ネットで調べるのは「あらすじ」「キャスト」2009年4月10日公開の『最もよく見るテレビ番組に関する意識調査』では夜に見るテレビ番組として最も多いのは「ニュース・報道」との結果が出たが、ドラマについてはどうだろうか。20代から40代のネットユーザー男女594名に意識調査を実施、回答を集計した。現在放映されている民間放送の連続テレビドラマでよく見ているものはあるか尋ねたところ、「ある

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ