調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ブランド製品

「ブランド製品」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

エイサー大研究(上)―成長の経緯―

以下は2009年9月に公開した「エイサー大研究(1)-(5)」を編集したものです。 パソコン業界は世界的な経済不況の影響により、2008年第4四半期から先進国、新興国にかかわらず前例のない落ち込みを見せている。ガートナーの予測では、2009年のパソコン販売台数は世界市場全体で前年比11.9%も減少し、2001年以来で最悪の落ち込みになる見通しだ。 2008年第4四半期のパソコン業界上位5社の出荷量を見ると(図1)、不況の中で Acer(エイサー、宏碁)社が最も成長を遂げたことが分かる。Acer社

2013年5月20日日本総研★フィードバック数:1ビジネス

日中韓の比較です。

中韓企業の台頭とわが国企業との国際競争力比較

中韓企業の台頭とわが国企業との国際競争力比較調査部 上席主任研究員 岩崎 薫里目   次1.はじめに2.中国・韓国経済の台頭(1)マクロ・ミクロ両面で存在感高まる(2)グローバル化の推進と国際競争力の向上が奏功3.中韓企業の国際競争力(1)国際競争力とは(2)中韓企業の非価格競争力が向上(3)韓国製品への評価が向上(4)中国ブランド製品は低価格のまま品質が若干改善4.日本企業の国際競争力と中韓企業との競合(1)国際競争力の喪失分野と維持分野が混在(2)将来の国際競争力低下に危機感(3)アジアで競

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ