「ブース」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2014年9月10日デフィデ★フィードバック数:0モバイル

イベント公式アプリの利用状況レポートです。

日越文化交流フェスティバル「TOUCH 2014」公式アプリケーション活用の調査レポート

TOUCH 2014 マーケティングレポートイベント期間中(7/18-20)のアクティブユーザ数が多いが、イベント前のアクティブユーザ数も半分弱ある。新規とリピーターの割合では84%がリピーターとなる。アプリインストールした来場者が、イベント会場内をどのように行動しているか行動履歴をリアルタイムに確認した。ヒートマップは時間ごとの行動履歴となり、時間ごとに対象端末が移動したエリアを確認することができる。 ターゲットとしていた高校生よりも、22歳が最も割合が多かった。 イベント自体への参加者との

2012年11月22日リクルートフィードバック数:13キャリアとスキル

就職関連イベントのおすすめ活用法は?

掲載日:2012年11月22日 就活を経験した大学4年生・大学院2年生に、就職関連イベントに参加したかどうかを尋ねたところ、約7割が「はい」と回答。属性別に見ると、女子学生・学部生・文系学生の参加率が高い傾向が見られた。 1回のイベントで何社くらいのブースやセミナーを回りましたか? 次に、就職関連イベントに参加した学生たちに、1回のイベントで何社くらいのブースやセミナーを回ったかを尋ねたところ、「4〜6社」が一番多く、全体の5割強に上った。次に「1〜3社」が約2割、次いで「10〜15

2011年12月8日リクルートフィードバック数:7キャリアとスキル

就職関連イベントのお勧めの活用法は?

掲載日:2011年12月8日 大学4年生・大学院2年生に、就職関連イベントに参加したかどうかを尋ねたところ、約8割が「はい」と回答し、「いいえ」は約2割。ほとんどの学生が就職関連イベントに参加したことがわかった。またこの結果は、昨年の調査のときの79.4%と同水準だった。属性別では、学部生と文系学生に「はい」と答える学生の割合が高い傾向が見られた 。 1回のイベントで何社くらいのブースやセミナーを回りましたか? 次に、就職関連イベントに参加した学生たちに1回のイベントで何社くらいの

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ