「ブーム」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2016年12月10日クックパッドフィードバック数:0ライフスタイル

2016年「おうちごはん番付」

クックパッド株式会社〜クックパッド、2016年「おうちごはん番付」を発表〜東の横綱は「週末作り置き」、西の横綱は「無限◯◯」2017年はネクスト万能調味料「トマト味噌」に注目クックパッド株式会社は、2016年「おうちごはん番付」を選出しましたのでお知らせします。同番付は、クックパッドの検索データ分析ツール「たべみる」*やクックパッドニュースのアクセス数などのデータをもとに、今年を代表するおうちごはんトレンドキーワードを選出したものです。■2016年は東西ともに「時短調理の味方」に軍配東の横綱「週

2014年11月11日オールアバウトフィードバック数:0ライフスタイル

2015年に向けた「食トレンド予測」

【生活トレンド研究所レポート2014 vol.14】“節約”と”健康”がキーワード 第三次からあげブーム到来!?~「鶏むね肉からあげ+ソース」が新たなトレンドに!~~ソースは甘味、酸味、塩味等に“辛味”や”しびれ“が加わった「怪味(かいみ)」に注目~

夏にさっぱり美味しい!魔法の調味料「塩レモン」が今ブーム

夏にさっぱり美味しい!魔法の調味料「塩レモン」が今ブーム 朝の人気情報番組NHK『あさイチ』やTBS『いっぷく!』などで紹介され、話題の“塩レモン”。 ジメジメした梅雨、そしてこれからの暑い夏に向けて、ますます爽やかなフレーバーが料理に大活躍しそうだ。今年の夏、イチバンの注目調味料「塩レモン」の作り方からアレンジレシピ、食べた人の評判などをまとめた。 材料は手に入りやすいし作り方は簡単がいい。そんな現代人のわがままを叶えるのに、ぴったりはまった一品だったからではないかともいえそうです。

2014年6月26日NTTレゾナントフィードバック数:0ライフスタイル

タベアルキストが選ぶ東京のパンケーキ10選

0000年00月00日 00:00 タベアルキストが選ぶ東京のパンケーキ10選 数年前に上陸し、空前のブームとなったパンケーキ。いまでは全国に広まり、日本初上陸の海外の有名店から小さなカフェまでパンケーキが食べられるお店はどんどん増えています。話題のパンケーキを求める行列は、連日途切れることがないほど。もはやブームから定番スイーツになったと言っても過言ではないパンケーキ。「パン」とはもともとフライパンのパンと同じ「平たい鍋」という意味だそう。粉と水を混ぜて焼けば何でもパンケーキといえる

2013年12月17日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

欧州も「日本化?」、欧州債へのブームは続く

欧州も「日本化?」、欧州債へのブームは続く

2013年11月12日グロッシーフィードバック数:0ライフスタイル

2013年 食のトレンド総決算

「食ラボ」では、フードソムリエの料理家による座談会を実施し、食周りで流行っていること、これからブレイクしそうな事象を定期的に追いかけます。第一回目の今回は、「2013年・食のトレンド総決算」と題して、ベスト10を発表します!(まとめ・文:ライター北條芽以) 仕事ではもちろんのこと、プライベートでも「食」へのアンテナは感度良好なフードソムリエのみなさん。2013年を振り返ってみると、今年の食の傾向・トレンドがわかります。料理教室の生徒さんとの情報交換が楽しみ、という料理家・山口 はるのさん、マス

2013年9月8日アサヒビール★フィードバック数:0エンタテインメント

トップは「猛暑」でした。

この夏、酒の席(晩酌)で話題になった印象深いニュースとは?

「人がしあわせを感じるモノやコトって、何だろう?」衣・食・住・美など生活に密着したテーマでその答えを考える"しあわせ探しの情報サイト" PR&InformationsラウンドエッジRound-Edge現代の高感度消費者は「バランスのいいオタク」。今の時代の気分やリアルコンシューマーを読み取る一冊。 Symbol of Happiness 〜しあわせのシンボル〜あなたのしあわせのシンボルは何ですか?ぬいぐるみ?あんこのつまったたいやき?現代の日本人が考えるしあわせの姿を形にした必読の一冊。

2013年7月9日Yahoo!フィードバック数:11ライフスタイル

ブーム再び! バブル期の懐かしファッション「プロデューサー巻き」

ブーム再び! バブル期の懐かしファッション「プロデューサー巻き」最近、「プロデューサー巻き」をする若い女性が増えているそうです 1990年前後のバブル期、薄手のセーターやカーディガンを肩に掛けるファッションが流行。テレビ業界の人が、よくこの装いをしていたことから「プロデューサー巻き」、あるいは石田純一がトレンディドラマで多用していたことから「純一巻き」などと呼ばれていました。しかし、バブル崩壊とともにブームが去ると状況は一変。時代遅れなファッションの代名詞となり、夙川アトムや小石田純一などのお笑

40~50歳代男性サラリーマンらの意識調査(エコ意識篇)

40~50歳代男性サラリーマンらの意識調査(エコ意識篇)エコ活動は重要だと思う:91.0%反面、エコに対して『少々お疲れ気味』な実態も~「我慢エコは続かない」コミュニケーションデザイン総合研究所(東京都港区)では、2009年7月13日から14日にかけ、経済活動の中枢を担う、40~50歳代サラリーマン・公務員の男性を対象として、エコブームに関する意識調査を行ないました。結果の概要を公表いたします。「エコについて重要だ」と思う人が91.0%、また「エコ活動に自ら積極的に取り組みたい」と思う人が76.

2009年6月22日アイシェアフィードバック数:0ライフスタイル

賛否両論「ゲーム脳」の存在~「脳ブームは過剰になっていると思う」男性の2割が懸念

脳科学関連の書籍、ゲーム、テレビに興味がある5割 脳科学に関する意識調査 賛否両論「ゲーム脳」の存在~「脳ブームは過剰になっていると思う」男性の2割が懸念脳科学者の活躍を描いたドラマ「MR.BRAIN」が高視聴率をマークしたり、脳科学者・茂木健一郎氏の著作「脳を活かす」シリーズが人気を博している。一方で、脳科学は科学的根拠がないなど批判的な見解を示す人も少なくないのもまた事実だ。そこで、20代から40代のネットユーザーに対し、脳科学に対する意識調査を実施、597名の回答を集計した。脳科学関連の書

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ