調査のチカラ TOP > タグ一覧 > プラス成長

「プラス成長」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年10月11日IDCフィードバック数:0モバイル

2017年第2四半期 国内モバイルデバイス市場予測

2017年第2四半期 国内モバイルデバイス市場予測を発表 2017年第2四半期 国内モバイルデバイス市場の出荷台数は前年同期比10.4%増の1,190万台 2017年通年の同市場出荷台数は前年比10.1%増の5,344万台と予測 2017年通年の同家庭市場は8.8%増の4,154万台、ビジネス市場は14.8%増の1,190万台と予測 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03

2017年6月29日IDCフィードバック数:0モバイル

国内モバイルデバイス市場 2017年第1四半期の実績および予測

国内モバイルデバイス市場 2017年第1四半期の実績および予測を発表 2017年第1四半期 国内モバイルデバイス市場の出荷台数は前年同期比17.3%増の1,410万台 2017年通年の同市場出荷台数は前年比10.5%増の5,367万台と予測 2017年通年の同家庭市場は10.8%増の4,231万台、ビジネス市場は9.7%増の1,136万台と予測 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Te

2017年1月10日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

電子情報産業の世界生産見通し2016

電子情報産業の世界生産見通し2016の発表について本日、当協会では、東原敏昭会長会見により、電子情報産業の世界生産見通し2016を発表いたしました。その概要を無償公開いたしますので、広くご活用いただければ幸いです。電子情報産業の世界生産見通し【ドルベース】電子情報産業における世界生産額(ドルベース)は、経済減速やスマートフォン成長鈍化の影響を受けつつも、IoTによる世界的な産業構造変革の波から、イノベーション創出に向けたIT投資の増加を背景に拡大したITソリューション・サービス、スマートフォンの

2016年11月3日GfKフィードバック数:0モバイル

2016年第3四半期 スマートフォンのグローバル販売動向

「GfK調べ:2016年第3四半期 スマートフォンのグローバル販売動向」 【概要】 ・中南米は5四半期連続のマイナス成長から脱する ・EU離脱決定後のグレート・ブリテンはプラス成長 ・中国は携帯電話会社の補助削減により2017年には需要が縮小する見込み 2016年第3四半期(7-9月)におけるグローバルのスマートフォン販売台数は前年比7%増の3億5300万台、販売金額は同9%増の1040億USドルとなる見込みだ。中国が好調を維持していることに加え、北米以外のすべての地域でプラス成長となって

2016年9月14日矢野経済研究所★フィードバック数:0ライフスタイル

国内アイウエア市場に関する調査を実施(2016年)

国内アイウエア市場に関する調査を実施(2016年) ~オムニチャネル化、アイケアサービスにより市場が拡大~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内アイウエア(眼鏡)市場の調査を実施した。1. 調査期間:2016年6月~8月2. 調査対象:アイウエア業界に携わるメーカー・卸、海外企業現地法人、輸出入業者ならびに小売業等3. 調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話、FAX、郵送によるヒアリング、ならびに文献調査併用<国内アイウエア市場とは>本調査における国内アイウエア市場とは、①

2015年12月18日JEITAフィードバック数:0社会/政治

電子情報産業の世界生産見通し2015

電子情報産業の世界生産見通し2015の発表について 本日、当協会では、水嶋繁光会長会見により、電子情報産業の世界生産見通し2015を発表いたしました。その概要を無償公開いたしますので、広くご活用いただければ幸いです。1.電子情報産業の世界生産見通し電子情報産業における2015年の世界生産額は、スマートフォンや薄型テレビ等の拡大や為替変動による上ぶれもあり318兆870億円(対前年13%増)と見込んだ。今後は、CPS/IoT社会に向けた、スマートフォン等のインターネットに繋がる機器の拡大や、自動車

QE速報:1-3月期の実質GDPは前期比0.6%(年率2.4%)~民需中心で2四半期連続のプラス成長も、持ち直しのペースは緩慢

QE速報:1-3月期の実質GDPは前期比0.6%(年率2.4%)~民需中心で2四半期連続のプラス成長も、持ち直しのペースは緩慢 | ニッセイ基礎研究所 QE速報:1-3月期の実質GDPは前期比0.6%(年率2.4%)~民需中心で2四半期連続のプラス成長も、持ち直しのペースは緩慢 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2015年1-

2015年5月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2015年1-3月期GDP(1次速報)予測 ~前期比年率+1.7%と、2四半期連続のプラス成長を予想~

2015年1-3月期GDP(1次速報)予測 ~前期比年率+1.7%と、2四半期連続のプラス成長を予想~

QE速報:10-12月期の実質GDPは前期比0.6%(年率2.2%)~3四半期ぶりのプラス成長も力強さに欠ける

QE速報:10-12月期の実質GDPは前期比0.6%(年率2.2%)~3四半期ぶりのプラス成長も力強さに欠ける | ニッセイ基礎研究所 QE速報:10-12月期の実質GDPは前期比0.6%(年率2.2%)~3四半期ぶりのプラス成長も力強さに欠ける 経済研究部 経済調査室長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2014年10-12月期の

2015年1月20日矢野経済研究所フィードバック数:0ライフスタイル

国内時計市場に関する調査結果 2014

国内時計市場に関する調査結果 2014 ~国内ウォッチ、国内クロックともに拡大基調~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内時計市場の調査を実施した。1. 調査期間:2014年10月~12月2. 調査対象:時計業界に携わるメーカー・卸、海外企業現地法人、輸出入業者ならびに小売業等3. 調査方法:当社専門研究員による直接面談、及び郵送アンケート、文献調査を併用<国内時計市場とは>本調査における国内時計市場とは、「ウォッチ(腕時計)」、「クロック(置時計・掛時計・目覚まし時計)」の2分

2014~2016年度 東海経済見通し

2014年12月25日○東海経済は消費税率引き上げ前の駆け込み需要の反動による落ち込みの後、再び回復に向かおうとしている。景気動向指数の動きをみると年初をピークに下落傾向で推移してきたが、足下で持ち直しの動きがみられる。また、各種経済指標の動きをみると、個人消費や住宅投資は、消費増税の影響もあって、依然低い水準で推移しているが、生産など企業部門の活動には、持ち直しの動きがみられる。設備投資は、全国と比べて強めの動きとなっている。○14年度の東海の実質域内総生産(GRP)は、消費税率引き上げ前の駆

2014年5月9日日本ロボット工業会フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

ロボット統計受注 ・ 生産 ・ 出荷実績 2014(平成26)年1~3月期

(―社)日本ロボット工業会調査・統計部会 ロボット統計受注 ・ 生産 ・ 出荷実績2017(平成29)年10〜12月期及び年間【会員ベース】について 「ロボット統計受注・生産・出荷実績2017(平成29)年10〜12月期及び年間【会員ベース】」は、当会の月別統計調査を基に作成したもので、当会の正会員及び賛助会員対象企業32社のうち、回答企業32社による実績である(サービスロボットは調査対象外)。 2017年の見通しについては、17年年初、会員外も含めた年間生産額は対前年比7%増の7,500億

2013年5月15日日本機械輸出組合フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

最新の機械貿易動向(2013年3月分)

全商品貿易動向~輸出10.8%増で3年ぶりプラス、輸入も4年ぶりプラス~平成30年3月の機械輸出額は4兆8,412億円、対前年同月比2.9%増と、14ヶ月連続でプラスとなった。これは、①北米、韓国・台湾向けを除く4地域向けがプラス成長となったこと、②自動車をはじめ、主要な13輸出業種がプラスとなったことなどによる。為替・営業日要因が7.1%の減少寄与要因だったことを考慮すると、実質的な伸び率は10.0%増となった。平成30年4月の為替・営業日要因は1.5%の減少寄与要因となっているが、5月9日発

2013年4月11日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治海外

欧州経済指標コメント:2月ドイツ鉱工業生産 ~1-3月期のプラス成長復帰を確認~

欧州経済指標コメント:2月ドイツ鉱工業生産 ~1-3月期のプラス成長復帰を確認~

2013年3月11日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2012年10-12期四半期別GDP速報(2次速報値) ~小幅プラス成長に上方修正。1-3月期は持ち直しが明確に~

2012年10-12期四半期別GDP速報(2次速報値) ~小幅プラス成長に上方修正。1-3月期は持ち直しが明確に~

2013年2月20日矢野経済研究所フィードバック数:5ライフスタイル

国内時計市場に関する調査結果 2013

国内時計市場に関する調査結果 2013 ~~20代後半から30代の高級時計需要が拡大 セカンダリー・マーケットの活性化を追い風に、幅広い顧客層が出現~~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内時計市場の調査を実施した。1. 調査期間:2012年11月~2013年1月2. 調査対象:時計業界に携わるメーカー・卸、海外企業現地法人、輸出入業者ならびに小売業3. 調査方法:当社専門研究員による直接面談、及び郵送アンケートを併用<国内時計市場とは>本調査における国内時計市場とは、「ウォッチ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ