調査のチカラ TOP > タグ一覧 > プラットフォーム支出

「プラットフォーム支出」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2017年8月17日IDCフィードバック数:0大型消費/投資

国内金融分野の第3のプラットフォーム市場予測とFinTechの利活用動向

国内金融分野の第3のプラットフォーム市場予測とFinTechの利活用動向を発表 2017年の国内第3のプラットフォーム市場の金融分野(銀行、保険、証券/その他金融サービス)は、モバイルに加えてクラウドなどの利用拡大により堅調な拡大を予測 FinTech(ITを活用した新しい金融関連サービス)は、金融機関に加えて他の産業分野にも影響が及び、各産業分野での関連IT支出の総額は、2021年に1,179億円に拡大 金融機関においてFinTechの活用の本格化が見込まれるが、ITサプライヤーは金融機

2017年6月20日IDC★★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

国内第3のプラットフォーム市場 産業分野 企業規模別予測

国内第3のプラットフォーム市場 産業分野 企業規模別予測を発表 2017年の国内第3のプラットフォーム市場は、13兆2,126億円、前年比成長率は6.1%を予測 消費者市場の成長は鈍化し、企業分野と公的分野の第3のプラットフォーム支出が拡大する 金融、製造、小売、運輸/運輸サービス、公共/公益分野、官公庁において堅調に拡大 金融の「Fin Tech」のサービス化や製造業のIoT実装の本格化、小売や運輸業における人手不足を補うための第3のプラットフォーム活用が同市場を牽引する SMB(Sma

2016年7月24日IDC★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

国内第3のプラットフォーム市場 産業分野・企業規模別予測

国内第3のプラットフォーム市場 産業分野・企業規模別予測を発表 第3のプラットフォーム市場は、企業向け市場の成長率が高く、モビリティを中心に成長した一般消費者市場は飽和状態となる 予測期間前半ではモビリティをベースにクラウド、ソーシャル市場を取り込んで成長し、後半には、ビッグデータ市場の成長も誘発する結果、2020年には約14兆円市場に成長する 特に小売、銀行、製造業、公益業界における大企業を中心に成長し、予測期間後半には中堅中小企業においても活用するケースが増えていく

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ