「プリズム」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年2月6日参議院フィードバック数:0社会/政治

量的・質的金融緩和の効果とこれからの課題

「量的・質的金融緩和の効果とこれからの課題」調査情報担当室2014 年 10 月 27 日、「量的・質的金融緩和の効果とこれからの課題」をテーマとした講演会が開催されたので、その内容を紹介する1。なお、本稿に掲載されているデータ等は、講演会開催時点の情報に基づくものであり、講演会の資料(スライド)は末尾に添付している。基調講演左三川郁子コーディネーター氏(日本経済研究センター主任研究員)後藤康雄兼コメンテーター氏(三菱総合研究所主席研究員、企画調整室客員調査員)○後藤氏(以下、敬称略)三菱総合研

2014年11月16日参議院★フィードバック数:0社会/政治

貿易収支についてのレポートです。

貿易収支の悪化とその背景

貿易収支の悪化とその背景~燃料輸入の増加と交易条件の悪化、海外生産比率の上昇~経済産業委員会調査室縄田康光1.はじめに我が国の貿易収支は、2011 年に 31 年ぶりの赤字となった。貿易収支は 1990年代に 10 兆円前後の黒字を示し、1998 年には黒字額は 13 兆 9,914 億円に達していたが、2011 年以降、3年連続の赤字となり、2013 年には 11 兆 4,684 億円図表1-1我が国の輸出入額の推移(単位:兆円)90807060504030200197919801981198

2014年9月7日参議院フィードバック数:0社会/政治

主要経済指標 時系列データ集

��経�指������ート�平成26年4-6月期GDP1次速報(H26.8.13公表)反映1、GDP成長率(前期比年率)2、実質GDP成長率寄与度分解(前期比年率)3、売上高経常利益率(法人企業統計季報ベース)4、鉱工業生産指数(生産、出荷、在庫、前年比)5、消費性向(GDPベース、家計調査ベース)6、雇用者報酬(1人当たり雇用者報酬、現金給与総額、前年比)7、完全失業率と有効求人倍率8、常用雇用者指数(一般労働者、パート労働者、前年比)9、物価(GDPデフレーター、消費者物価指数、国内企業物価

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ