「プリーツ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年9月1日ユニ・チャームフィードバック数:0ライフスタイル

マスクのサイズや装着によるPM2.5の捕集性能の違いを検証

ニュースリリース2015年9月1日マスクを下にズラし鼻を出して装着すると、捕集性能が約2割まで下がる※1:(微小粒子状物質)とは、大気中に浮遊する小さな粒子のうち、粒子の大きさがμ以下の非常に小さな粒子を指す。 ユニ・チャーム株式会社(本社:東京都港区、社長:高原豪久)は一人ひとりの“生活者”の心とからだの健康をサポートする企業として、さまざまな世代に向けた商品やサービスをお届けしております。これからのマスクシーズンに向けて、近年その有害性が問題視されるの対策として、当社の『超立体マスク』『超快

2013年12月3日ユニ・チャームフィードバック数:0ライフスタイル

布団の上げ下ろしによって発生する浮遊ダニアレルゲンのマスクによる捕集率の検証

ニュースリリース2013年12月3日立体マスク着用で、ダニアレルゲンの侵入を約9割ブロック!~第回日本アレルギー学会秋季学術大会(年月日)にて発表~ ユニ・チャーム株式会社(本社:東京都港区、社長:高原豪久)は、白井秀治氏(東京環境アレルギー研究所)、成田 泰章氏(暮らしの科学研究所)、野﨑 淳夫氏(東北文化学園大学大学院)、阪口雅弘氏(麻布大学獣医学部)の協力のもと、布団の上げ下ろしによって発生する浮遊ダニアレルゲンのマスクによる捕集率の検証を行いました。この研究成果を、年月日の第回日本アレル

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ