調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ヘッドセット市場

「ヘッドセット市場」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2017年7月31日BCN RETAILフィードバック数:0デジタル家電

ヘッドホンとヘッドセット市場におけるハイレゾの影響力

ここ数年、耳にする機会が増えた「ハイレゾリューション」(ハイレゾ)について、家電量販店・ネットショップの実売データを集計するBCNランキングをもとに、ヘッドホンとヘッドセットの市場でどれほどの影響を与えているのか探ってみた。近年よく耳にするようになったハイレゾ対応。日本オーディオ協会によると、高域再生性能が40kHz以上であることを、スピーカー・ヘッドホンにおけるハイレゾ対応機器と定義している。この定義に照らし、40kHz以上を対象とした販売数量比率を算出したところ、2015年6月時点ではわずか

2017年5月4日GfKフィードバック数:0デジタル家電

Bluetooth対応ヘッドホン・ヘッドセットの販売動向

「Bluetooth対応ヘッドホン・ヘッドセットの販売動向」 - iPhone7登場の9月以降、需要が拡大  GfKジャパン(東京:中野区)は、家電量販店、総合量販店、インターネット販売におけるBluetooth対応ヘッドホン・ヘッドセット※1の販売動向を発表した※2。 【概要】・2017年1-3月におけるBluetooth対応ヘッドホン・ヘッドセットの販売本数は前年比27%増。 【Bluetooth対応製品は数量ベースで市場の2割へ】ヘッドホン・ヘッドセット市場においてBluetooth

2017年4月12日IDC★フィードバック数:0デジタル家電

AR/VRヘッドセット市場 2016年の国内/世界出荷台数および世界市場予測

AR/VRヘッドセット市場 2016年の国内/世界出荷台数および世界市場予測を発表 2016年世界全体でのAR/VRヘッドセット出荷台数は1,010万台 2021年の出荷台数は9,940万台と予測、特にエンタープライズ用途の成長に期待 2016年の国内出荷は11.7万台、うちPlayStation VRは8.1万台 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ