「ベンダ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年8月30日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

2017年 ベンダ/クラウド事業者に対する中小規模IT企業からの評価とニーズ

2017年 ベンダ/クラウド事業者に対する中小規模IT企業からの評価とニーズ

2017年8月30日ノークリサーチフィードバック数:0企業情報システム

2017年 中小規模IT企業におけるベンダ/クラウド事業者の取り扱い状況と今後

2017年 中小規模IT企業におけるベンダ/クラウド事業者の取り扱い状況と今後

農業IT化の市場予測

市場調査とコンサルティングのシード・プランニング農業IT化の市場予測 農業IT化の市場規模は、● 2020年に732億円強と予測→ 2015年比約4.5倍の成長(2015年の市場規模は165億円と推定)● なかでも農業クラウドサービスが大きく進展→ 2015年比約7.5倍の伸びとなり、農業IT化市場の48%を占める 市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、農業IT化の現状と将来展望に関する調査を実施し、このほど

2014年3月26日経済産業省フィードバック数:0企業情報システム

OSS活用による新たなアプリ等ビジネス創出事例調査

OSS活用による新たなアプリ等ビジネス創出事例調査報告書 オープンソースソフトウェア(Open Source Software(以下、OSS))は、IT投資コスト削減が実現できることから、大きな資本を持たない地域のITベンダでもOSSを活用して、画期的な新たなコンテンツを付加したアプリケーションを開発し、競争力を高めることができるものとして期待されています。なかでも、生産性が従来の言語の2倍と言われる日本製の開発言語Rubyは、ソフトウェアを短期間で開発でき、企画・開発も比較的行いやすいため

2013年12月1日経済産業省フィードバック数:0企業情報システム

平成24年度中小ものづくり集積地におけるIT利活用促進と中小ベンダのクラウド等展開に係る調査報告書

平成24年度中小ものづくり集積地におけるIT利活用促進と中小ベンダのクラウド等展開に係る調査報告書 現在、次世代情報処理基盤としてクラウドコンピューティング(以下、クラウド)を利活用したビジネス向けのサービス等が提供・活用されつつあり、今後もさらに普及していくものと予想されています。一方で、急速に進展するクラウドによる情報技術環境の変化は、情報サービス産業の構造変化をもたらすものと推測されており、今後、中小ITベンダにおいてもクラウドサービス等に対応したビジネスモデルの転換等が必要となってき

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:1企業情報システム

平成23年度次世代高信頼・省エネ型IT基盤技術開発・実証事業(中小ITベンダの新ビジネス創出に向けた普及基盤整備)

平成23年度次世代高信頼・省エネ型IT基盤技術開発・実証事業(中小ITベンダの新ビジネス創出に向けた普及基盤整備)

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0企業情報システム

平成23年度次世代高信頼・省エネ型IT基盤技術開発・実証事業(中部地域中小企業利活用基盤整備事業)/地域中小ITベンダ等におけるサービス供給力強化事業 事業報告書

平成23年度次世代高信頼・省エネ型IT基盤技術開発・実証事業(中部地域中小企業利活用基盤整備事業)/地域中小ITベンダ等におけるサービス供給力強化事業 事業報告書

2013年2月13日矢野経済研究所フィードバック数:14ビジネス

デジタル地図DB(電子地図)市場に関する調査結果2012

2013年02月13日 デジタル地図DB(電子地図)市場に関する調査結果 2012 ~2013年度には554億円市場を予測、Web/ケータイサイト用途が牽引役に~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内デジタル地図DB(電子地図)市場に関する調査を実施した。1.調査期間:2012年7月~12月2.調査対象: (1)デジタル地図DBベンダ(GIS分野、カーナビ/PND分野、Webサイト/ケータイサイト向け配信/データ提供分野、個人/法人向け地図ソフト分野)(2)GIS(地理情報システム)

2011年2月3日ノークリサーチフィードバック数:4企業情報システム

国内大手ITベンダの中堅・中小向けグループ企業再編に関する調査報告

国内大手ITベンダの中堅・中小向けグループ企業再編に関する調査報告

2010年12月21日矢野経済研究所フィードバック数:6企業情報システム

システム保守サポートサービスに関する調査結果2010

2010年12月20日 システム保守サポートサービスに関する調査結果2010 ~クラウドの普及が保守ベンダにビジネスモデルの変革を要求~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて保守サポートサービスに関する調査を実施した。1. 調査期間:2010年9月~12月2. 調査対象:ITシステム機器/ソフトウェア/ネットワークの保守サービスを展開する企業、ITシステムの運用支援サービスを展開する企業3. 調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・Eメールによる取材、ならびに文献調査を併用<保守サ

2009年8月12日アイティメディアフィードバック数:0企業情報システム

ブレードサーバのシェア

日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、ノークリサーチの情報を元に、ブレードサーバのシェア情報をご紹介しよう。 ※「ブレードサーバ/「ブレードサーバ」シェア」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「ブレードサーバ/「ブレードサーバ」シェア」の記事全文がお読みいただけ

2009年1月5日NTTデータ経営研究所★フィードバック数:0企業情報システム

NTTデータ経営研究所による企業のITに関する調査です。

企業のITへの取り組み調査2008

サービス 業界ごとに直面する特有の課題と、どの業界にも共通する課題。双方を解決してはじめて、ビジネスの基盤は揺るぎないものになり、さらなる成長への軌道が見えてきます。私たちは、インダストリー分野とファンクション分野、それぞれに精通したエキスパートが横断的にチームを組み、つねに最善のコンサルティング・サービスを提供いたします。 レポート NTTデータ経営研究所では、お客様が直面する重要な経営課題、IT課題を取り上げ、 独自の取組みから得られた実践的オピニオンを発信しています。主な発信情報をご

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ