「ベンダー」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年1月3日IDCフィードバック数:0ビジネス

2016年第3四半期 国内レーザーMFP/プリンター市場動向

2016年第3四半期 国内レーザーMFP/プリンター市場動向を発表 レーザー全体の2016年第3四半期の総出荷台数は、35万6,000台。前年同期比1.3%減 レーザーMFPの出荷台数は、17万5,000台。前年同期比2.5%減 レーザープリンターの出荷台数は、18万1,000台。前年同期比0.2%減 ベンダー別シェアでは第1位キヤノン、第2位リコー、第3位富士ゼロックス IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代

2017年1月3日IDCフィードバック数:0ビジネス

2016年第3四半期国内インクジェットプリンター/MFP市場動向

2016年第3四半期国内インクジェットプリンター/MFP市場動向を発表 2016年第3四半期のインクジェット製品総出荷台数は前年同期比16.4%減 MFPは前年同期比19.3%減。前四半期から2期連続大幅減 ベンダー別シェア第1位はキヤノン。第2位はセイコーエプソン、第3位にブラザー工業が続く IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内インクジェット

2016年12月15日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内コンバージドシステム市場予測

2016年の国内コンバージドシステム市場規模は、479億9,000万円と予測 2020年の市場規模は804億6,200万円、2015年~2020年の年間平均成長率は13.8%に 2020年におけるハイパーコンバージドシステムの構成比は35.9%に IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内コンバージドシステム市場の予測を発表しました。2015年の国内コンバ

2016年10月19日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内SD-WAN 企業ニーズ調査

SD-WAN導入に大きなメリットがあると回答した企業は、国内拠点については48.6%、海外拠点については59.5%にのぼる 一方、WANの課題解決策としてのSD-WANのマインドシェアは低い SD-WANの望ましい導入形態では、ベンダー製品の導入(83.7%)が、通信事業者の回線に組み込まれたサービスの利用(14.4%)を圧倒的に上回る IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-35

2016年8月18日IDCフィードバック数:0ビジネス

国内コンバージドシステム市場予測

2016年の国内コンバージドシステム市場は、前年比11.0%増、480億6,800万円と予測 2015年~2020年の年間平均成長率10.0%、2020年の市場規模を698億9,600万円と予測 ハイパーコンバージドシステムが市場をけん引 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内コンバージドシステム市場の予測を発表しました。国内における2015年のコンバ

2016年3月18日IDCフィードバック数:0ビジネス

2015年 国内レーザープリンター市場動向

2015年 国内レーザープリンター市場動向を発表 レーザープリンターの2015年出荷台数は、前年比11.5%減の79万9,000台 出荷台数の大きな落ち込みの要因は、前年にあった規模と同様の超大型案件がなかったこと、企業の投資意欲がレーザープリンター以外の分野にあったこと IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内レーザープリンター市場に関する201

2016年3月18日IDCフィードバック数:0ビジネス

2015年 国内レーザーMFP市場動向

レーザーMFPの2015年出荷台数は、前年比1.2%増の73万7,000台 出荷台数の増加はカラーレーザーMFPに大型案件の出荷があったため 大型案件の影響を除くと前年比若干の減少。企業の投資意欲がレーザーMFP以外の分野にあったと考えられる IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内レーザーMFP市場に関する2015年の実績を発表しました。プリンター機能

2016年3月18日IDCフィードバック数:0ビジネス

2015年 国内インクジェットプリンター/MFP市場動向

2015年 国内インクジェットプリンター/MFP市場動向を発表 インクジェット製品の2015年総出荷台数は、前年比9.9%減の492万台 第2四半期でやや回復も、第1四半期の減少(前年同期比23.9%減)が大きく影響 ベンダー別シェア第1位はキヤノン。第2位はエプソン、第3位にブラザー工業が続く IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内インクジェッ

2015年12月25日IDCフィードバック数:0ビジネス

2015年第3四半期 国内インクジェットプリンター/MFP市場動向

2015年第3四半期 国内インクジェットプリンター/MFP市場動向を発表 2015年第3四半期のインクジェット製品の総出荷台数は前年同期比5.1%の減少 前四半期からはMFPが22.2%増、2期連続で出荷台数増 ベンダー別シェア第1位はキヤノン、第2位がエプソン、第3位にブラザーが続く IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内インクジェットプリンタ

2015年9月16日IDCフィードバック数:0デジタル家電

2015年第2四半期 国内インクジェットプリンター/MFP市場動向

2015年第2四半期 国内インクジェットプリンター/MFP市場動向を発表 2015年第2四半期のインクジェット製品の総出荷台数は前年同期比1.9%の減少 前四半期からは9.0%の出荷台数増、但し購買意欲の回復見極めには時間が必要 ベンダー別シェアはキヤノンとエプソンが同率1位、第3位にブラザーが続く IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内インクジ

2015年6月30日IDCフィードバック数:0ビジネス

2015年第1四半期 国内レーザーMFP市場動向

2015年第1四半期 国内レーザーMFP市場動向を発表 2003年の調査開始以来、カラーレーザーMFPは最高の出荷台数実績 レーザーMFPの増加は景況の安定によるリプレイス需要顕在化の証 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内レーザーMFP市場に関する2015年第1四半期(1~3月期)の実績を発表しました。これによると、プリンター機能に加えて複写

2015年6月30日IDCフィードバック数:0ビジネス

2015年第1四半期 国内インクジェットプリンター/MFP市場動向

2015年第1四半期 国内インクジェットプリンター/MFP市場動向を発表 2015年第1四半期のインクジェット製品の総出荷台数は前年同期比24.9%減 主要因は消費者の購買意欲回復の遅れと前四半期に出荷した流通在庫の滞留 ベンダー別シェア第1位はエプソン。第2位はキヤノン、第3位にブラザーが続く IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内インクジェッ

2015年3月2日日経BP★フィードバック数:0企業情報システム

恒例のランキングです。

第10回クラウドランキング

「第10回クラウドランキング」、39ベストサービス/15ベストブランドを選出干場 一彦=日経BPイノベーションICT研究所 (筆者執筆記事一覧) 日経BP社は2015年3月2日、「第10回クラウドランキング」を発表した。ITベンダーが提供するビジネス向けクラウドサービスの提供内容や実績などを基に「ベストサービス」を、ビジネスパーソンに対するクラウド関連企業各社のイメージを基に「ベストブランド」をそれぞれ選出している。第10回では39の「ベストサービス」、および15の「ベストブランド」を選出した。

2015年1月21日ITRフィードバック数:0企業情報システム

ITR Market View:クラウド・コンピューティング市場2015

ITR Market View:クラウド・コンピューティング市場2015本レポートは、PaaS/IaaS、DaaS、エンタープライズSaaS(16分野)のクラウド・コンピューティング市場を対象に、国内34ベンダーへの調査に基づく市場動向と分析をまとめた市場調査レポートです。本レポートの主なトピックは以下の通りです。PaaS/IaaS市場:2013年度の市場は27.8%増と成長を維持、大半のベンダーが2桁成長DaaS市場:2013年度の市場は40.7%増と大幅に成長し、シェアが激しく変動エンタープ

2014年12月8日日経BP★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

製品分野ごとの利用ベンダーがわかります。

企業ネット/ICT利用実態調査 2014

調査で見えた!クラウド/モバイルのベンダー別利用率 調査で見えた!クラウド/モバイルのベンダー別利用率 出典:日経コミュニケーション 2014年10月号pp.46-49 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)  日経コミュニケーションが実施した「企業ネット/ICT利用実態調査 2014」により、スマートデバイスやセキュリティ、クラウドサービスのベンダー別の最新利用動向が分かった。調査は2014年7月から8月にかけて実施した。対象は上場企業3200社である。スマートフ

2014年9月29日日経BP★★フィードバック数:0企業情報システム

ICT分野の顧客満足度調査です。

詳報! 顧客満足度調査 2014-2015

出典:日経コンピュータ 2014年8月21日号 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)  今回で19回目を迎える顧客満足度調査では、14分野で首位が交代。製品やサービスを提供するベンダーに対する評価のランキングが、昨年に続いて大きく様変わりした。 新たなシステムニーズに向き合うため、ベンダーとの関係の再構築に動き出す企業が増えている表れと言える。もちろん、長い付き合いのある製品・サービスを変えるのは困難が伴う。ベンダー選びにつまずき、深刻なトラブルに陥るケースも少なく

2014年3月26日シーネットフィードバック数:0ビジネス

「WEB照会システム」セミナーのアンケート結果

倉庫管理システム/在庫管理システム/WMS(クラウド・ASP・SaaS型)でコスト削減を実現 2014年3月10日株式会社シーネット「荷主企業・物流センター・ベンダーの物流情報を繋げる 「WEB照会システム」 事例紹介セミナー」レポート【セミナー・展示会 概要】フードチェーンなどで多店舗展開を行う荷主企業が管理しなくてはならない情報は、複数の物流センターの入出庫・在庫実績、ベンダーへのVMI対応、月間の出荷高、荷役保管料など、多岐にわたっております。そのため、全ての情報を一元的に“見える化

2013年7月17日ITRフィードバック数:4企業情報システム

IT運用コストの削減施策に関する調査

― ITRが「IT運用コストの削減施策に関する調査」について調査結果を発表 ―運用・維持コストの削減は「喫緊」よりも「中長期的な」課題と捉えられているベンダーへの値引き交渉は67%の企業が実施今後の実施は、SaaSを上回りIaaS/PaaSの活用がトップ大型案件化と競争入札方式は、実施率がまだ低いが削減効果は高評価2013年7月17日 株式会社アイ・ティ・アール株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:内山悟志、以下「ITR」)は、国内企業を対象に実施した「IT運用コストの削

2012年4月26日日経BPフィードバック数:77企業情報システム

スルガ銀-IBM判決、ITベンダーも4割は「妥当」

スルガ銀-IBM判決、ITベンダーも4割は「妥当」

2012年4月17日日経BP★★★フィードバック数:27キャリアとスキル

資格についてのまとまった調査結果です。

2012年版「いる資格、いらない資格」

ITベンダーの技術者と営業担当者、ユーザー企業のシステム部員が、情報システムの分野で活躍するために必要な専門スキルは何か――。日経コンピュータは「2012年版 いる資格、いらない資格」調査を実施し、その答えを探った。 ユーザー企業189社のシステム部長、ITベンダー75社の人事担当者、そして1000人を超える技術者やシステム部員らの回答結果から、2012年にあなた自身が磨くべきスキルと、取得すべき資格を見つけ出そう。

2011年12月2日矢野経済研究所★フィードバック数:3企業情報システム

ベンダーからの注目も高まっているようです。

中小企業のIT化市場に関する調査結果 2011-高まる未開拓市場への熱い期待、81%のベンダーが今後注力-

調査結果サマリー ※プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。 お問い合わせ プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。商品に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。 無断転載禁止

2011年8月26日ガートナーフィードバック数:11企業情報システム

日本企業のグローバル・ソーシング利用、2011年は大手企業を中心に回復

ホーム − 2011年 プレス・リリース −ガートナー ジャパン 日本企業のグローバル・ソーシング利用、2011年は大手企業を中心に回復平成23年8月24日ガートナー ジャパン株式会社広報室ガートナー ジャパン日本企業のグローバル・ソーシング利用、2011年は大手企業を中心に回復 ガートナー ジャパン株式会社 (所在地:東京都目黒区、代表取締役社長:日高信彦) のリサーチ部門は、2011年7月、日本企業のグローバル・ソーシング利用についての調査結果をまとめました。これによると、日本企業のうち年商

ビデオ会議・Web会議・音声会議のメーカー・ベンダーに緊急アンケート

市場調査とコンサルティングのシード・プランニングビデオ会議・Web会議・音声会議のメーカー・ベンダーに緊急アンケートを実施しました。 ◆ 問い合わせ増加、無料サービスや割引サービスは39%が実施◆ 今後(2〜3年後)の市場は、全メーカー・ベンダーが増加すると予測◆ 今後、緊急時の危機管理ツール、テレワークツールとして注目されると考えるメーカー・ベンダーは96%市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都台東区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、3月11日に

2010年5月24日ガートナーフィードバック数:15企業情報システム

日本のSaaS市場は年平均11.7%で成長

2010年5月20日ガートナー ジャパン株式会社広報室ガートナー ジャパン発表日本のSaaS市場は年平均11.7%で成長既存ソリューションとの組み合わせがベンダーのビジネス・チャンスに ガートナー ジャパン株式会社 (所在地:東京都目黒区、代表取締役社長:日高 信彦) のリサーチ部門は、2010年5月、国内の「サービスとしてのソフトウェア (SaaS)」市場規模予測をまとめました。これによると、同市場は2010年から2013年にかけて年平均11.7%で成長し、2013年には427億円に達する見通

2009年8月12日日経BPフィードバック数:0企業情報システム

「今後利用したいベンダー」VMwareと米Googleが首位に並ぶ,セールスフォースは7ポイント低下

「今後利用したいベンダー」VMwareと米Googleが首位に並ぶ,セールスフォースは7ポイント低下

2009年5月11日アイティメディアフィードバック数:0企業情報システム

「営業マンのモチベーションを保つ」日本型CRM構築を

SaaS専業ベンダーが支えた第3次CRMブーム IT調査会社のアイ・ティ・アールが2008年7月から8月にかけて調査した「ITR Market View:CRM市場2008」では、2009年度の国内CRM市場規模を約180億円、2012年には270億円規模に成長すると予測している。同社シニア・アナリストの甲元宏明氏によると、CRM導入のブームは過去3回あったという。 第1次CRMブームは1990年代後半、いわゆるITバブルのころで、Siebel Systems(現Oracle)、Vantive(

2008年11月25日日経BPフィードバック数:0企業情報システム

「利用したい理由」IBMとNECの「機能」,富士通の「実績」が大きく低下,NECは「ブランド」が上昇

日経マーケット・アクセスが企業情報システムの担当者(ITpro Researchモニター登録者)を対象に行った2008年10月調査で,「今後利用したい」という回答を得たベンダーに対する「利用したい理由」を分析した。11月18日付け記事での得票数トップ5社に続き,今日の記事では得票数100以上の残り5社(アドビ システムズ,富士通,日本IBM,NEC,シスコシステムズ),およびそれ以外の利用意向率上位ベンダー(11月14日付け記事参照)についての結果を紹介する。アドビへの「導入後のサービス」期待は

2008年11月25日日経BPフィードバック数:0企業情報システム

「利用したい理由」MSは「機能」下がり「実績」上昇,HPの「ブランドや企業イメージ」上向く

日経マーケット・アクセスが企業情報システムの担当者(ITpro Researchモニター登録者)を対象に行った2008年10月調査で,「今後利用したい」という回答を得たベンダーに対する「利用したい理由」(複数回答)を,得票数上位の5社(マイクロソフト,デル,日本ヒューレット・パッカード(HP),NTT東日本/NTT西日本,日本オラクル)について分析した。 今回,30人以上の回答者から「今後利用したい」とされ,「利用したい理由」を1つ以上選ばれたベンダーは29社(下の「■調査概要」参照)。この29

2008年11月17日日経BPフィードバック数:1企業情報システム

「今後利用したいベンダー」VMwareが連続首位,ジャストシステム/MOTEXの国産勢に高い支持

「今後利用したいベンダー」VMwareが連続首位,ジャストシステム/MOTEXの国産勢に高い支持

2008年9月8日日経BP★★★フィードバック数:0企業情報システム

ITpro/ノークリサーチの中堅・中小企業を対象にした調査です。

2008年版中堅・中小企業のIT意識調査

有望市場と言われながらも,アプローチが難しいとされる中堅・中小市場。その原因は中堅・中小企業が抱える独特の経営課題やIT活用に対する意識にある。本特集ではノークリサーチが2008年春に実施した最新の意識調査を基に,5回にわたって中堅・中小企業のITに対する意識動向を解明していく。 本連載では中堅・中小企業を以下のように年商規模別にクラス分けする。・第1回:経営環境に大きく影響される中堅・中小企業のIT投資額中堅・中小企業は年間どれくらいのIT予算を投じているのか。その金額は増えているのか,減って

2008年8月25日日経BPフィードバック数:0企業情報システム

「利用したい理由」MSへの「機能重視」率上昇,デルへの「コスト重視」評価は変わらず

日経マーケット・アクセスが企業情報システムの担当者(ITpro Researchモニター登録者)を対象に行った2008年7月調査で,「今後利用したい」という回答を得たベンダーに対する「利用したい理由」(複数回答)を,得票数上位の5社(マイクロソフト,デル,NTT東日本/NTT西日本,日本ヒューレット・パッカード,日本オラクル)について分析した。 今回,30人以上の回答者から「今後利用したい」とされ,「利用したい理由」を1つ以上選ばれたベンダーは26社(「調査概要」参照)。この26社の単純平均では

2008年3月17日日経BPフィードバック数:0企業情報システム

ITベンダーのイメージ評価

「日経マーケット・アクセス」が主要ITベンダーのイメージ評価を企業ユーザーに調査したところ「存在感」ではマイクロソフトがトップであったが,「企業の勢い」ではアップルとセールスフォース・ドットコムが1位,2位を占めた。図 主要ITベンダーの「存在感」「企業の勢い」「利用意向」の調査結果(2008年1月調査)。利用意向の強さを○の大きさで示している。この調査は国内のIT投資とITマインドの状況と変化を把握するために毎月実施しているもの。ユーザー企業のIT投資予算の執行状況、四半期予算の前年同期比増減

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ