調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ベースライン

「ベースライン」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2016年11月17日アクセンチュア★★フィードバック数:0企業情報システム

アクセンチュア最新調査――2035年には人工知能によって先進12カ国の経済成長率が倍増し、労働生産性は最大40%向上することが判明

Skip to main content Skip to Footer2016年11月17日アクセンチュア株式会社アクセンチュア最新調査――2035年には人工知能によって先進12カ国の経済成長率が倍増し、労働生産性は最大40%向上することが判明アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査によると、人工知能(AI)が仕事の在り方を変え、人間と機械との新たな関係性を生み出すことで、2035年には年間経済成長率が倍増する可能性があることが判明しました。AI技術によって根本的に働き方が変わり、ビジネス成

2015年4月8日大和総研フィードバック数:0社会/政治

新しい財政健全化計画の策定に向けて ~ベースとなる内閣府中長期試算の検証

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 新しい財政健全化計画の策定に向けて ~ベースとなる内閣府中長期試算の検証長期的な視点に立った財政健全化計画の策定が期待される 2015年4月8日パブリック・ポリシー・チーム エコノミスト 神田 慶司◆本稿では、2015年夏までに策定される新しい財政健全化計画に関して、定量的なベースとされる可能性が高い内閣府の「中長期の経済財政に関する試算」(以下、中長期試算、2015年2月)を概観する。その上で、財政

2015年1月20日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

円安でも原油安でゼロ近傍に物価下落の可能性も

リサーチ TODAY2015 年 1 月 20 日円安でも原油安でゼロ近傍に物価下落の可能性も常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創円安進行を背景に食料品価格の値上げが相次ぐ一方、原油安に伴いガソリン価格の下落が続いている。また、電気代・ガス代への影響も今後本格化する可能性が高く、値上げ品目と値下げ品目が拮抗する状況である。みずほ総合研究所は、円安と原油安の及ぼす影響に関するリポートを発表している1。さらに、一段の原油価格下落が続き、デフレマインドの転換が遅延すれば、コアCPIの前年比マイナ

2013年9月4日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

消費増税時の住宅購入補助の効果

リサーチ TODAY2013 年 9 月 4 日消費増税時の住宅購入補助の効果常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創消費税率を引き上げた場合の景気等への影響が大きな話題になっており、なかでも最も大きな消費項目である住宅への影響に関心が集まっている。消費税率を2014年4月に8%、2015年10月に10%の二段階で引き上げることがすでに定められているが、その時々の駆け込みと反動の影響の度合いの評価が必要になる。与党は6月に消費増税に伴う住宅購入の負担増緩和策として「すまい給付金」を創設すること

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ