調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ペイメント

「ペイメント」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年6月10日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング要登録

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2015年5月度)

「Amazonログイン&ペイメント」認知者の4割が、「EC利用の頻度があがる」 モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2015年5月度)「Amazonログイン&ペイメント」認知者の4割が、「EC利用の頻度があがる」「ガラホ」の認知率は6割強。2割強が興味あり調査結果サマリー「Amazonログイン&ペイメント」の認知率は、36.2%Amazon以外のECサイトでも、Amazonアカウントによるログインと決済が可能になる「Amazonログイン&ペイメント」機能の認知率は36.2%でした。ただし、

PPP/PFIにおけるセカンダリー・マーケットの可能性(1) 英国のPFIにおけるセカンダリー・マーケットの動向

PPP/PFIにおけるセカンダリー・マーケットの可能性(1)英国のPFIにおけるセカンダリー・マーケットの動向 本稿より2回シリーズにて、PPP/PFIのセカンダリー・マーケットに係る基礎的情報として、英国における取り組み状況などを説明し、その上でわが国におけるPPP/PFIのセカンダリー・マーケットの構築可能性について検討・考察する 。第1回目の今回は、英国におけるアベイラビリティ・ペイメント型PFI を中心としたセカンダリー・マーケットの動向について整理を行う。 1. はじめに国およ

2012年5月17日MasterCardフィードバック数:1大型消費/投資

モバイル決済導入の対応状況度調査

ニュース編集室Mastercardの最新ニュースリリースをお届けします。 Mastercardモバイル決済導入の対応状況度調査:- シンガポール、カナダ、米国、ケニア、韓国がモバイル決済の導入への対応が最も進む -平成24年5月16日ペイメント・ソリューションで世界をリードするMastercard Worldwide(本社:ニューヨーク州パーチェス、日本地区社長:ロバート・R・ルートン、以下Mastercard)は、Mastercardモバイル決済の対応状況度調査 (Mastercard

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ