「ホンダ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年12月29日リクルートフィードバック数:0大型消費/投資

カーセンサー・カー・オブ・ザ・イヤー 2016-2017

現行型ハリアーは2013年12月にデビューしたクロスオーバーSUV。ハリアーとしては3代目にあたる。水平基調ののびやかなラインで構成されたボディや高級感のある内外装、優れた静粛性を実現した上質な乗り心地などが特徴で、新車価格は272万~469万円。初代ハリアーは1997年12月に、「WILD but FORMAL」のキャッチコピーとともに登場。高級クロスオーバーSUVの先駆け的存在となった。編集長よりコメントイヤーカーとなった「ハリアー」。流通量も増え中古車相場にも「旨み」がでてきたのが直接要因

『リセール・プライス』ランキング

バイク王 バイクライフ研究所『リセール・プライス』ランキングを発表!『ホンダ・モンキー』が首位を獲得!対象期間2015年12月~2016年2月2016年4月1日 バイク王 バイクライフ研究所 バイクライフの楽しさやバイク市場の動向を広く社会に発信することを目的に活動を行う『バイク王 バイクライフ研究所』(所在地: 東京都港区、所長: 澤篤史)は、2015年12月~2016年2月の期間を対象に、『再び売却した際、高値の付くバイク』=『“リセール・プライス”の高いバイク』上位10車種を発表します。

2015年4月3日コンデナストフィードバック数:0大型消費/投資海外

米国でいちばん人気のクルマは?──50州別インフォグラフィック

SHARE 2015.04.03 FRI 11:40 米国でいちばん人気のクルマは?──50州別インフォグラフィック米国の各州で最も人気がある車種が発表された。50州中39州で1位となったのはフォードのピックアップだが、日産やホンダも入っている。EveryCarListed.comが、米国の各州で最も人気がある車種や、州民の平均乗車時間などを発表した。米国の大多数の州で疑う余地なく覇者となったのはフォードのピックアップ・トラック「F-150」で、50州中39州で1位となった。EveryCarLi

2015年4月1日アイティメディアフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

イカすクルマニュース2014年度ランキング

MONOistオートモーティブフォーラムが隔週で発行しているメールマガジン(登録はこちらから。もちろん無料!)では、編集担当が「こいつぁすごいぜ!」と独断で判断した自動車関連のニュースを「イカすクルマニュース」として不定期に紹介しています。 2012年度(2012年4月1日〜2013年3月31日)、2013年度(2013年4月1日〜2014年3月31日)に引き続き、2014年度(2014年4月1日〜2015年3月31日)もイカすクルマニュースだけの記事ランキング(読まれた回数)のトップ10を発表

2015年3月5日東洋経済新報社★フィードバック数:0キャリアとスキル

東洋経済のランキングです。

最新版! 「有給休暇取得率」トップ300社

最新版!「有給休暇取得率」トップ300社ホンダは4年連続トップ、80%以上は47社 リコール連発やタカタのエアバッグ問題に苦しんだホンダだが、有休取得の取り組みは随一(撮影:梅谷 秀司) いよいよ有給休暇の消化が企業の責任となる時代がやってきそうだ。政府は2016年4月から従業員に年5日の有休を取らせることを企業に義務づける。厚生労働省「平成26年就労条件総合調査」によると、日本の民間企業における有給休暇取得率は48.8%と低水準にある。これを少しでも増やそうということのようだ。現時点で有給

2015年1月9日オートックワンフィードバック数:0大型消費/投資

新車見積依頼 2014年年間ランキングベスト50

メッセージ 会社情報 事業紹介 広告掲載について 新車見積依頼 2014年年間ランキングベスト50以下のランキングは、インターネットユーザーがオートックワン( )の新車見積もりサービスを利用し、見積もりを希望した上位車種について集計したものです。当ランキングは、インターネットユーザーの購買プロセスの一環である「見積もり依頼」を指数としているため実際の「購買希望車種」の傾向が顕著に表れるデータとなっています。2014年の新車見積もり年間ランキングで1位に輝いたのは、2013年12月に発売された「

2014年3月23日東洋経済新報社★フィードバック数:0キャリアとスキル

企業ランキングです。

最新「有給休暇取得率」トップ300

2014年版!「有給休暇取得率」トップ300ホンダ首位堅持、ANA76位、ソフトバンク161位etc. 岸本 吉浩1996年東洋経済新報社入社。各種企業調査に関わる。現在は『CSR企業総覧』編集長として、CSR調査、各種企業評価を担当。著書に『週1回株スクリーニングで資産10倍をめざす本』、『実証会計学で考える企業価値と株価』、『指標とランキングでわかる! 本当のホワイト企業の見つけ方』(共著含む)、ほか関連電子書籍など。 ASIMOからF1まで。ホンダはやっぱり夢のある会社のひとつ。社員の

2014年1月17日オートックワン★フィードバック数:0大型消費/投資

年間ランキングです。

新車見積依頼 2013年度年間ランキングベスト50

メッセージ 会社情報 事業紹介 広告掲載について 採用情報 新車見積依頼 2013年度年間ランキングベスト50以下のランキングは、インターネットユーザーがオートックワン( )の新車見積もりサービスを利用し、見積もりを希望した上位車種について集計したものです。当ランキングは、インターネットユーザーの購買プロセスの一環である「見積もり依頼」を指数としているため実際の「購買希望車種」の傾向が顕著に表れるデータとなっています。2013年度の新車見積もり年間ランキングは、昨年に引き続き、1位、2位にはト

第39回:懐かしの商品ブランドに関するイメージ調査(2010)

ブランドなんでもランキング第39回:懐かしの商品ブランドに関するイメージ調査缶ビールやインスタントラーメン、最近ではお菓子やドーナツなど「限定復刻版」商品の発売がニュースになっています。以前はよく見かけたけれど最近そういえば・・・なんていうものも多いのではないでしょうか。今回は現在販売終了してしまった商品ブランドのイメージについて聞いてみました。当時を思い出させてくれる あのブランド まずは販売当時この商品のファンだったかどうかについて聞いてみました。最もファンだった人が多かったのは1946年に

第52回:企業を代表する商品ブランド(2012)

ブランドなんでもランキング第52回:企業を代表する商品ブランド企業ブランドの価値を構成する重要な要素に商品ブランドがあります。企業は時間と労力をかけ開発した一つひとつの商品がやがてその企業を代表するブランドに育ってくれることを願っているはずです。それでは、人々はそれぞれの商品をどのように捉えているのでしょうか。今回は企業を代表する商品ブランドについて聞いてみました。伝統と信頼の定番はビール -キリン-まずは日本で初めて作られたビールを起源にもつキリンです。グループを代表する商品は第一にビールであ

第24回 子育てファミリーに人気の車は? 2001.05.24~2001.05.30

子育てファミリーに人気の車のことならハッピー・ノート.com! ●分析子育てファミリーに人気の車は? と題した第24回目の投票。有効回答数は231票でした。新しく会員になられた方、また今回もご協力いただいた方、皆さままことにありがとうございます。子どもがいると、何かと便利な「車」。遊びに行く時はもちろん、毎日の買い物や保育園・幼稚園の送り迎えなどにも使っておられるママ・パパも多いのではないでしょうか? しかし「車」とひとことで言ってもその種類やタイプはさまざま。個人の好みもあるとは思いますが、

2013年3月6日東洋経済新報社★フィードバック数:696キャリアとスキル

有給取得率でのランキングです。

最新「有給休暇取得率」トップ300

2013年版「有給休暇取得率」トップ300ホンダが2年連続トップ、業種では電気・ガスが首位 岸本 吉浩1996年東洋経済新報社入社。各種企業調査に関わる。現在は『CSR企業総覧』編集長として、CSR調査、各種企業評価を担当。著書に『週1回株スクリーニングで資産10倍をめざす本』、『実証会計学で考える企業価値と株価』、『指標とランキングでわかる! 本当のホワイト企業の見つけ方』(共著含む)、ほか関連電子書籍など。 首位となったホンダの鈴鹿工場にある社員食堂 「なかなか思うように有給休暇が取れ

2012年7月2日日経BPフィードバック数:12製造業/エレクトロニクス

中国自動車市場 事始め

中国自動車市場 事始め気が付いたら「日本化」していた※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となりますclose  中国の自動車市場に抱くイメージはどのようなものだろうか。 米国を抜き、世界最大だったはず。日本メーカーも一定のプレゼンスを保っているが、今ひとつ食い込みが足りない。ランボルギーニやアストンマーチン、マイバッハといった高級車が日本より売れる。 その通り。でも、せっかくだから、もう少しだけ情報を仕入れてみたい。歴史はともかく、今を切り取ってみる。まずは下の表を。 5月の中国におけ

2009年1月14日産経デジタルフィードバック数:0社会/政治

【2009年 主要企業アンケート】景気見通し

総合経済情報サイト:SankeiBizホンダは8日、ハンドルやアクセル、ブレーキの操作が一切いらない完全自動運転を平成37年ごろに実用化する計画を発表した。ホンダが完全自動運転の実用化のめどを明確にしたのは初めて。【記事詳細】 フジサンケイビジネスアイから フジサンケイビジネスアイ公式ウェブサイトがスタート。ツイッター、フェイスブックを同一画面で展開するほか、オリジナルコンテンツを電子書籍化し提供するコーナーも。総合ビジネス経済紙フジサンケイビジネスアイの魅力をより身近にするサイトです。

2008年10月27日アイシェアフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

エコへの関心が最も高いのは「ホンダ」ユーザー~2割強がアイドリング・ストップ実践

エコへの関心が最も高いのは「ホンダ」ユーザー ~2割強がアイドリング・ストップ実践 アイドリングストップに関する意識調査 エコへの関心が最も高いのは「ホンダ」ユーザー~2割強がアイドリング・ストップ実践停車時にエンジンを止める「アイドリング・ストップ」が個人ドライバーにも推奨されているが、実際、どの程度実行されているのだろうか。また、乗っている車やバイクのメーカーによって、エコへの関心などに差はあるのだろうか。20代から40代を中心とするネットユーザー男女402名の回答を集計した。「車やバイクの

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ