調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ホームセキュリティ

「ホームセキュリティ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年12月11日綜合警備保障フィードバック数:0デジタル家電

防犯カメラに関する意識調査

<防犯カメラに関する意識調査>半数以上の人が「もっと防犯カメラを設置したほうが良い」と思っている防犯カメラ「安心」と回答した人は65.4% 12.8%は「安心だけど不快」防犯カメラを設置してほしい場所は、「公園」「学校の出入り口」など子供だけで行動することが多い場所自宅の防犯カメラ設置率は22.0% 賃貸住宅の標準仕様化が進んだためALSOK(本社:東京都港区、社長:青山幸恭)は、近年、犯罪捜査の決め手となることが多く、またカメラの低価格化や性能の向上で、様々な場所に設置されるようになった「防犯

2014年3月26日マイナビフィードバック数:0大型消費/投資

物件選びの決め手になる? 家賃に「+1,000円」で欲しい“設備・サービス”

あなたがお部屋選びで最も優先させる条件は何ですか? 家賃や立地などを優先させたために、泣く泣く欲しかった設備を諦めるというケースもあるのではないでしょうか。仮にその設備が「家賃」に「+1,000円」で手に入るなら、お部屋選びの幅も広がってくるかもしれませんね。そこで今回は「もし『家賃+1,000円』で手に入るなら欲しい設備・サービス」について調査してみました! ■「インターネット使い放題」が月々1,000円はお得!ということで第1位に Q あなたが「家賃+(プラス)1,000円」で手に入るとする

第369回 我が家は大丈夫?防犯対策チェック! 2008.06.12~2008.06.18

●分析日に日に気温が上昇してくる、これからの季節。ただ、クーラーのスイッチを入れるほどの暑さでもなく、窓を開けて過ごしているのではありませんか?そのとき、気になるのが防犯対策。寝苦しい夜なんかは窓を開けておきたいのですが、やっぱり不安ですよね。もちろん、留守の際の防犯もしっかりしておきたいもの。また、お子さまのこと、個人情報のことなど、実行したい対策がたくさんあると思います。そこで、今回は55192ファミリーの防犯対策について教えていただきました。 Q1.お住まいの住居の形態は? 今回、ご投

第205回 我が家は大丈夫?防犯対策チェック! 2005.02.10~2005.02.16

●分析日本では「安全と水は無料」といわれていましたが、残念なことに年々犯罪が増加し、安全神話が崩れているよう。テレビや新聞などでもさまざまな事件が頻繁に報道され、55192ファミリーのみなさまも「家族や我が家は大丈夫かな」と心配になったり、対策を取られたりしていることでしょう。そこで今回は防犯対策についてリサーチしてみました。 Q1.お住まいの住居の形態は? 55192ファミリーがお住まいの住居形態は、集合住宅の方が約58.1%、戸建住宅の方が約41.9%でした。 Q2.住居の防犯対策を教え

第534回 我が家は大丈夫?防犯対策チェック! 2011.12.01~2011.12.07

●分析今年も残すところ、1ヵ月あまり。来年に向けて準備を始める年末は慌ただしく、犯罪が起こりやすい時期でもあります。そこで今回は皆さんの「防犯対策」についてリサーチ。普段から気をつけていらっしゃること、取り入れている防犯グッズやセキュリティシステムなどについてを教えていただきました。 Q1.お住まいの住居の形態は? 今回ご投票いただいた皆さんのお住まいの形態は、「戸建住宅(54.3%)」 「集合住宅(45.7%)」という割合でした。Q2-1.住居の防犯対策を教えてください。(複数可) 皆さんが実

2013年8月6日マーシュ★フィードバック数:0社会/政治

防犯、護身についての調査です。

防犯に関するアンケート

マーシュHOMEアンケート結果防犯に関するアンケート調査防犯に関するアンケート調査 ・属性(性別、年代、居住地、婚姻状況と同居家族、住居形態、オートロックの有無(集合住宅のみ)・防犯についての不安感(単一回答)・自宅防犯設備の設置状況と設置意向(複数回答)・離れて暮らす家族の自宅に設置してほしい防犯設備(複数回答)・防犯、護身用グッズの所持状況(複数回答)・防犯、護身用グッズを持つようになったきっかけ(複数回答) 【性別】 男性:50.0%、女性:50.0%【年代】 20代:20.0%、30代:

2013年7月2日綜合警備保障★フィードバック数:1社会/政治

ストーカーをテーマとしたアンケートです。

ストーカーに関するアンケート調査

「ストーカーに関するアンケート調査」実施について ALSOK(本社:東京都港区、社長:青山 幸恭)は、20歳から49歳までの働く未婚女性を対象に、「ストーカーに関するアンケート調査」を実施しました。調査結果は、以下の通りです。 調査対象:20歳から49歳までの未婚の働く女性600人調査期間:2013年6月14日〜17日調査方法:インターネット調査<調査結果トピックス>■女性の約半数が、日常生活の中で危険や不安を感じているストーカー被害を受けたことのある女性では、7割以上に増加■外出先で不安を感じ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ