調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ボラティリティ

「ボラティリティ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年5月8日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

Jリート市場のボラティリティを考える

Jリート市場のボラティリティを考える | ニッセイ基礎研究所 Jリート市場のボラティリティを考える 金融研究部 主任研究員 岩佐 浩人Jリート市場のボラティリティは、内部要因ではなく外部環境が劇的に変化する局面で大きく上昇する。また、「高ボラティリティ期」は高いリスクに見合うリターンを得にくい傾向があり、リスクを能動的に管理することでリスク・リターン効率が高まる可能性もある。 レポート研究領域経済 金融・為替 アセットマネジメント 年金 社会保障制度 保険 不動産 経営・ビジネス

2013年11月29日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

再び上昇基調強める日本株~ボラティリティの高まりに警戒~

再び上昇基調強める日本株~ボラティリティの高まりに警戒~

2013年10月11日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国デフォルトリスク、16%株価暴落・5%円高

リサーチ TODAY2013 年 10 月 11 日米国デフォルトリスク、16%株価暴落・5%円高常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創米国では連邦政府機関の一部閉鎖から1週間以上が経過したが、米国の債務問題は未解決なままである。こうしたなか、償還が間近な米国債(T-Bill)の利回りは一段と上昇している。同時に、米国債の信用不安を意識し、下記の図表のように、6カ月物米国債CDSスプレッドは急上昇している。■図表:6カ月物米国債CDSスプレッド推移90(bp)8070605040302010

2013年4月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:5社会/政治

前向きはどっち? -3つのボラティリティを比較してみる

前向きはどっち? -3つのボラティリティを比較してみる | ニッセイ基礎研究所 前向きはどっち? -3つのボラティリティを比較してみる 金融研究部 主任研究員 高岡 和佳子基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 「前向きになろう!」という言葉は、人を励ます言葉としてよく使われる。しかし、前向きとはどっち向きか、今向いている方向が本当に前なのかなど、真剣に考え始めると絶

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ