調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ボランティア

「ボランティア」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2016年12月25日フェリシモ猫部フィードバック数:0ライフスタイル

猫の保護活動についてのアンケート調査

[猫ブログ] いろいろな連載と、ときどきお知らせ。ネコノミストの研究室2016年12月14日「猫の保護活動についてのアンケート調査結果」を公開します ネコノミストの北洋祐です。私が現在所属している会社「三菱UFJリサーチ&コンサルティング」では、昨年度、「人と動物の共生」をテーマとした自主研究のプロジェクトを行いました。その成果は、この連載の中でもちょこちょことご紹介してきましたが、今回はその中でも、まだどこにも公開していなかった成果の1つ、「猫の保護活動についてのアンケート調査」の結果について

2016年12月9日GfKフィードバック数:0社会/政治

人の手助け(ボランティアなど)をする頻度に関するグローバル調査

本ウェブサイトのすべての機能を使用するためには、ブラウザーのJavaScriptを有効にする必要があります「人の手助け(ボランティアなど)をする頻度に関するグローバル調査」 GfKは17カ国、22,000人に対しボランティア活動などの人の手助けを行う頻度を調査し、結果を発表しました。 【概要】・グローバルでは約4割が月に1回以上ボランティアなどの人助けを行っていると回答。・日本では1割強にとどまる。  ボランティアなどの人助けをどれくらいの頻度で行っているか、GfKは世界17カ国の22,0

2015年3月24日NPO法人ETICフィードバック数:0社会/政治

NPOについての若者認知度・イメージ調査 2014年度版

TOP > 社会政策 > 「NPO」の認知度は8割超、しかし印象は「良くも悪くもない」詳しいことは知られていない実態が浮き彫りに「NPOについての若者認知度・イメージ調査 2014年度版」 「NPO」の認知度は8割超、しかし印象は「良くも悪くもない」詳しいことは知られていない実態が浮き彫りに「NPOについての若者認知度・イメージ調査 2014年度版」2015.03.24 744view「ソーシャルビジネス」・「社会起業家」の認知度調査に引き続き、NPO法人ETIC.は、「NPO」についても認知度

2015年3月16日埼玉県フィードバック数:0社会/政治

埼玉県外国人住民意識調査

ここから本文です。埼玉県外国人住民意識調査の結果を発表します ― 2020年東京では外国人住民も日本人といっしょにおもてなし― 部局名:県民生活部課所名:国際課担当名:多文化共生・NGO担当担当者名:田中・伊藤  平成26年度埼玉県外国人住民意識調査の集計結果がまとまりましたので発表します。 「外国人の人権」と「2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会におけるボランティアなど」について外国人住民の御意見を伺いました。「外国人の人権」では、一部の国籍の方への差別をなくすために必要なこと

2015年2月11日東京都★フィードバック数:0エンタテインメント

東京都の調査です。

都民のスポーツ活動に関する世論調査

「都民のスポーツ活動に関する世論調査」結果平成27年2月9日生活文化局 この度「都民のスポーツ活動に関する世論調査」の結果がまとまりましたので、お知らせします。この世論調査は、東京都スポーツ推進計画に掲げた目標の達成度を把握し、2020年に向けた「スポーツ都市東京」実現のためのスポーツ推進策を展開する基礎資料とするものです。調査結果のポイントスポーツに対する意識約9割の人がスポーツ活動全般(実施、観戦、支援、イベントの開催等)を「必要である」と思っている「必要である」と「ある程度必要である」の計

2014年8月31日マインドシェアフィードバック数:0ライフスタイル

約○割のママが実行!? 絵本の読み聞かせ、してる?

大人の世界では最近「本が売れなくなった」などと騒がれていますが、 子どもたちにとってはまだまだ絵本は身近な存在ですよね。 特にママが絵本の読み聞かせをしてくれるのが大好き、という子どもは多いはず。 ママたちは、実際に絵本の読み聞かせをしているのか、聞いてみました。『絵本の読み聞かせ、してる?』1位 「ときどきしている」 42% 2位 「毎日している」 25% 3位 「あまりしていない」 17% 4位 「していない」 14% 5位 「その他」 2%「ときどきしている」「毎日している」を合わせると6

2011年8月18日リクルートフィードバック数:7キャリアとスキル

アルバイトやボランティアなどの社会活動、してる?

掲載日:2011年8月18日 アルバイトやボランティアなどの社会活動をしていますか? 大学生・大学院生に、アルバイトやボランティアなどの社会活動をしているかどうかを尋ねたところ、6割強が「はい」と回答。「いいえ」と答えた学生は4割弱となった。学年別の内訳では、大学2年生と大学院1・2年生に、社会活動をしている学生の割合が多く見られた。 どんな社会活動をしていますか?(複数回答) 次に、どんな社会活動をしているのか尋ねたところ、「アルバイト」が約6割、「ボランティア」も全体の7分

2011年4月14日アイシェアフィードバック数:2社会/政治

復興へのアクションに関する意識調査

復興へのアクションに関する意識調査東日本大震災発生から1カ月。いまだ余震が続いている状態ではあるが、募金活動やチャリティーイベントなど、復興のためのアクションが各所で起こっている。では実際にどのようなアクションを起こした人が多いのか、インターネットユーザー(被災地域を除く)を対象に調査を実施。20代から40代の男女853名の回答を集計した。調査実施日は2011年4月1日。3月11日以降(4月1日までの間)に、東日本大震災からの復興のために募金や献血など何かアクションを起こしたか尋ねたところ、63

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ