調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ポイント上昇

「ポイント上昇」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年7月12日健美家フィードバック数:0大型消費/投資

収益物件市場動向マンスリーレポート2017/07

収益物件市場動向マンスリーレポート2017/07投資用不動産...| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース 収益物件市場動向マンスリーレポート2017/07 投資用不動産の表面利回り 全種別で上昇不動産投資と収益物件の情報サイト「健美家(けんびや)」を運営する健美家株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:倉内敬一)では、毎月、新規に登録された全国の収益物件3種別(区分マンション/ 一棟アパート/ 一棟マンション)のデータ(物件数、物件価格、表面利回り)を集計し、最新の市

2017年6月27日MM総研フィードバック数:0デジタル家電

ITデジタル家電購入意向調査(2017年夏ボーナス商戦編)

ITデジタル家電購入意向調査(2017年夏ボーナス商戦編) 2017年06月13日■ボーナス支給額は引き続き改善傾向、購買意欲は昨夏・昨冬とほぼ同水準■商品・サービス別の購入意向はITデジタル家電、健康・美容家電が増加■ITデジタル家電は薄型テレビが1位。スマートフォン(3位)が人気上昇  MM総研(東京都港区、所長・中島 洋)は6月13日、インターネットアンケート・サービス「NTTコム リサーチ※」の会員モニターを使い、全国の20歳以上の就業者1,121人を対象とした「夏のボーナス商戦に関す

2017年6月21日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2017年3月期決算 単独決算ベース「銀行114行 預貸率」調査

2017年3月期決算 単独決算ベース「銀行114行 預貸率」調査 公開日付:2017.06.08 2016年2月に日本銀行がマイナス金利を導入し、 2017年3月期決算が初の通期決算となった。国内銀行114行の2017年3月期の預貸率は、66.47%(前年同期67.59%)と3月期では調査を開始した2011年以降で最低を記録した。また、預金と貸出金の差額の預貸ギャップは前年同期(244兆円)より19兆円膨らみ、過去最大の263兆円に拡大した。業態別では、マイナス金利導入で「地元密着型金融」を強め

2017年4月13日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

平成28年中小企業実態基本調査(平成27年度決算実績)速報

平成28年中小企業実態基本調査(平成27年度決算実績)速報を取りまとめました 中小企業庁は、「平成28年中小企業実態基本調査(平成27年度決算実績)」を取りまとめました。速報のポイント 売上高は485兆円(前年度比1.6%減)、経常利益は18兆5,730億円(同0.5%減)。 売上高経常利益率(法人企業)は3.18%(前年度差0.04ポイント上昇)。 海外に子会社、関連会社または事業所を有する法人企業の割合は0.9%(前年度差0.0ポイント低下)。 新製品または新技術の研究開発を行った法

2017年3月11日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2016年「業歴30年以上の『老舗』企業倒産」調査

2016年「業歴30年以上の『老舗』企業倒産」調査 公開日付:2017.03.07 2016年に倒産した企業のうち、業歴30年以上の老舗企業の構成比は32.2%で、前年より0.1ポイント低下した。一方、業歴10年未満の企業の構成比は22.4%で同0.5ポイント低下している。企業倒産はバブル期並みの低水準だが、老舗企業と新興企業の構成比の差は拡大している。2016年に倒産した企業の平均寿命は24.1年で、前年と同じだった。産業別で最も平均寿命が長いのは製造業の32.1年(前年30.6年)、逆に短命

2017年3月7日健美家フィードバック数:0大型消費/投資

収益物件市場動向マンスリーレポート2017/03

収益物件市場動向マンスリーレポート2017/03投資用不動産...| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース 収益物件市場動向マンスリーレポート2017/03 投資用不動産価格上昇の勢い止まる?利回りはわずかに上昇不動産投資と収益物件の情報サイト「健美家(けんびや)」を運営する健美家株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:倉内敬一)では、毎月、新規に登録された全国の収益物件3種別(区分マンション/ 一棟アパート/ 一棟マンション)のデータ(物件数、物件価格、表面利回り)を

2017年3月1日博報堂フィードバック数:0マーケティング

[来月の消費予報・2017年3月](消費意欲指数)

NEWS博報堂生活総研[来月の消費予報・3月](消費意欲指数) 2017年02月24日2月の冷え込みから一転。春を迎え、季節消費が高まる兆し3月の消費意欲指数は46.9点で、前年同月比+1.0pt。過去最低値だった前月から+5.4ポイント上昇しました。株式会社博報堂(本社・東京)のシンクタンク博報堂生活総合研究所は、20~69歳の男女1,500名を対象に「来月の消費意欲」を点数化してもらうなど、消費の先行きに関する調査を毎月実施。その結果を「来月の消費予報」として発表しています。3月のポイントP

2017年2月20日リクルートフィードバック数:0大型消費/投資

『住まいの買いどき感』調査(2016年12月度)

ホームプレスリリース『住まいの買いどき感』調査(2016年12月度) ~一般生活者の住まいの買いどき感は前回より1.8ポイント減少の15.6%に~ 『住まいの買いどき感』調査(2016年12月度) ~一般生活者の住まいの買いどき感は前回より1.8ポイント減少の15.6%に~2017年2月13日 株式会社リクルート住まいカンパニー 株式会社リクルート住まいカンパニー(本社:東京都中央区 代表取締役社長:野口 孝広)は、「『住まいの買いどき感』調査(2016年12月度)」を行いました。この調査は

2017年2月17日東京商工リサーチフィードバック数:0大型消費/投資

2016年9月中間決算 単独決算ベース「銀行114行 預貸率」調査

2016年9月中間決算 単独決算ベース「銀行114行 預貸率」調査 公開日付:2017.02.08 2016年2月16日に日本銀行が戦後初のマイナス金利を導入してから1年を迎える。企業の資金需要が低迷する中で金融機関の金利競争は激しさを増し、銀行114行の2016年9月中間決算の預貸率は前年同期を0.64ポイント低下し調査開始以来、最大の落ち込み幅を記録した。また、預金と貸出金の差額である預貸ギャップも、同じく最大の246兆円に拡大した。地銀・第二地銀の多くは、マイナス金利の導入以降は地元回帰の

2017年2月10日エデルマン★★フィードバック数:0社会/政治

トラストバロメーター2017

トラストバロメーター2017Home » インサイト » トラストバロメーター20172017 エデルマン・トラストバロメーター世界28カ国、33,000人以上を対象に実施した第17回信頼度調査「2017 エデルマン・トラストバロメーター[1]」(2017 Edelman Trust Barometer) の日本の調査結果を発表しました。本調査結果によると、自国に対する信頼度(自国の企業、政府、メディア、NGOに対する信頼度の平均値)において、日本の知識層[2] と一般層[3] の間に初めて大き

2017年1月6日JETROフィードバック数:0社会/政治

2016年度 アジア・オセアニア進出日系企業実態調査

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最近のビジネスニュースや政治・経済の概況、貿易・投資実務に役立つ制度・手続き情報や各種統計、調査レポートなどをお届けしています。 各国・地域別にご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。 各種サービスメニューを取り揃えて日本企業の皆様の海外ビジネス展開を支援します。 海外ビジネスの目的にあわせてご利用いただける、ジェトロのビジネス情報とサービスをご案内します。 「2016年度 アジア

2016年12月21日伊予銀行フィードバック数:0社会/政治

第58回愛媛県内企業業況見通し調査

平成28年12月12日No.16−308株式会社 いよぎん地域経済研究センター第 58 回愛媛県内企業業況見通し調査結果について―景況感は横ばい、先行きも慎重な見方―株式会社いよぎん地域経済研究センター(略称 IRC、社長重松 栄治)では、このたび標記の調査結果を取りまとめましたので、その概要をお知らせします。なお、詳細は 2017 年1月1日発行の「IRC Monthly」2017 年1月号に掲載の予定です。記【調査要旨】1. 愛媛県内企業の 2016 年下期(7∼12 月)の業況判断DIは前

2016年12月2日東京都フィードバック数:0社会/政治

東京都中小企業の景況 平成28年11月調査

ここから本文です。東京都中小企業の景況平成28年11月調査都内中小企業の景況調査の結果がまとまりましたのでお知らせいたします。10月の景況業況:模様眺め見通し:前月と同水準で推移10月の都内中小企業の業況DI(業況が「良い」とした企業割合-「悪い」とした企業割合)は、当月▲34(前月▲33)とほぼ横ばいで推移、模様眺めとなった。今後3か月間(11~1月)の業況見通しDI(当月(10月)に比べて「良い」とした企業割合-「悪い」とした企業割合)は、当月▲18と前月(▲18)と同水準で推移した。業種別

2016年11月4日日本政策金融公庫フィードバック数:0社会/政治

中小企業景況調査(2016年10月調査)

ニュースリリース2 0 1 6 年 1 0 月 2 6 日株式会社日本政策金融公庫総合研究所中小企業景況調査(2016中小企業景況調査(2016年2016年10月)10月) 要約版[概況] 中小企業の売上げDIは、8カ月連続でマイナス売上げ見通しDIは、プラス1 売上げ2016年10月の売上げDIは、前月(▲5.3)から3.3ポイント上昇し、▲2.0となった。マイナスは、8カ月連続である。今後3カ月(10月~12月)の売上げ見通しDIは、前月(▲8.6)から9.2ポイント上昇し、0.6となった。

エデルマン・ブランド・リレーションシップ・インデックス

エデルマン、マーケティングの新たな効果測定指標を開発ブランド...| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース エデルマン、 マーケティングの新たな効果測定指標を開発 ブランドと消費者との関係性を分析する 「エデルマン・ブランド・リレーションシップ・ インデックス」 ~消費者意識調査「2016 エデルマン・アーンドブランド」 日本の調査結果発表~ 世界のコミュニケーションズ・マーケティングをリードする、エデルマンの日本法人エデルマン・ジャパン株式会社(東京都港区、代表取締役:ロ

2016年8月19日ニールセン★フィードバック数:0社会/政治

消費者景況感調査2016年 第2四半期

2016年第2四半期の世界の消費者景況感は、第1四半期からほぼ横ばいの98ポイントにとどまりました。唯一成長傾向を維持したのは北米地域で、その景況感は3ポイント増加の111となっています。ニールセン消費者景況感調査は、2005年の調査開始以来、四半期ごとに63ヵ国を対象とし、世界中の消費者について、地域の雇用見通し、個人の経済状況、短期的な購買意欲および関連のある経済問題を計測しています。景況感の水準がベースラインの100を上回る場合は楽観傾向を、下回る場合は悲観傾向をそれぞれ意味します。今期レ

2016年6月11日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2016年3月期 単独決算ベース「銀行114行 預貸率」調査

2016年3月期 単独決算ベース「銀行114行 預貸率」調査 公開日付:2016.06.08 2016年3月期決算の国内銀行114行の預貸率は前年同期より低下した。これに伴い預金と貸出金の差額である預貸ギャップは調査以来で最大の244兆円に拡大した。2016年2月から日銀によるマイナス金利政策が導入され、銀行貸出しの増加が期待された。しかし、預金流入の増加から大手行の預貸率が低下するなど、銀行業態によって「まだら模様」で、力強さに欠けるため現状では全体の預貸率を上昇させるまでには至っていない。本

2016年5月21日ニールセンフィードバック数:0大型消費/投資

消費者景況感調査2016年 第1四半期

アメリカの消費者景況感は回復力が高く110ポイントを維持中国の消費者景況感は2ポイント低下アジアの成長市場の星はインド(134)とインドネシア(117)今調査期間、世界の消費者景況感は最適ベースラインスコアの100下で安定的に推移し、景況感指数はわずかに1%上昇した98に落ち着きました。この数値は、各地域に混在するさまざまなレベルの景況感を反映しています。最新の「ニールセン グローバル消費者景況感調査」によると、消費者景況感は調査を行った市場の33%(61市場1のうち20)で増加しました(201

2016年3月11日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2015年9月期 単独決算ベース「銀行114行 預貸率」調査

2015年9月期 単独決算ベース「銀行114行 預貸率」調査 公開日付:2016.03.08 2015年9月期中間決算の国内銀行114行の預貸率は67.98%で、前年同期とほぼ横ばいながらも0.08ポイント上昇した。一方、預金と貸出金の差額である預貸ギャップは236兆円に拡大した。多くの銀行で貸し出しは増えたが、企業の資金需要が低迷し、リスク回避に向けた慎重な貸出姿勢は変わっていないことも浮き彫りになった。景気の先行き懸念から企業の設備投資は慎重だが、日銀が初のマイナス金利を導入した。金融機関は

2016年2月9日東京商工リサーチ★フィードバック数:0社会/政治

2015年「業歴30年以上の『老舗』企業倒産」調査

2015年「業歴30年以上の『老舗』企業倒産」調査 公開日付:2016.02.05 2015年に倒産した業歴30年以上の『老舗』企業は2,531件だった。前年(2,647件)より116件減少したが、倒産に占める構成比は32.3%と前年比1.7ポイント上昇した。これは過去20年間で最高を記録した。全産業の倒産がバブル末期の25年ぶりの低水準で推移するなか、老舗企業の倒産は構成比を高めている。老舗企業の倒産構成比を都道府県別でみると、最高は福井県の62.7%(前年比21.4ポイント増)だった。東証1

2016年2月7日スタイルアクトフィードバック数:0大型消費/投資

第32回 マンション購入に対する意識調査

第32回マンション購入に対する意識調査の公表について【要旨】 ■不動産価格上昇の停滞を感じ、「1年後価格が上がる」が5割に減少 ■買い時感は-28.4ptと大きく下がり、売り時と強く感じる割合が1割上昇不動産ビッグデータでビジネス展開するスタイルアクト株式会社(東京都中央区・代表取締役:沖有人)は、マンション購入検討者の定例意識調査を実施いたしましたので公表します。本調査は、自社インターネットサイト「住まいサーフィン」の登録会員のうち、直近3か月間に新築マンションの販売センターに行った経験がある

2016年2月5日ニールセンフィードバック数:0社会/政治

消費者景況感調査2015年第4四半期

日本を含むアジア太平洋地域の景況感指数は横ばい北米とヨーロッパではテロへの恐怖と移民に関する不安が増大2015年の世界の消費者景況感は、第3四半期比で2ポイント低下して年初の数値と同じ97となり、下降気味で1年を終えました。2015年の第1四半期と比べ、第4四半期の消費者景況感は、アジア太平洋では107と横ばい状態だったいっぽう、ヨーロッパでは4ポイント上昇して81となりました。他の地域はすべて年初より低くなっており、北米と中東/アフリカ地域は6ポイント低下してそれぞれ100と90で終えています

2015年12月11日リクルートフィードバック数:0大型消費/投資

2015年 注文住宅動向・トレンド調査

2015年 注文住宅動向・トレンド調査2015年12月 8日 株式会社リクルート住まいカンパニー 全国の注文住宅建築者のうち、建築費用における3,000万円以上の割合は41.0%と前年より上昇。平均建築費は2,943万円と、対前年で138万円上昇している。株式会社リクルート住まいカンパニー(本社:東京都中央区 代表取締役社長:野口孝広)は、注文住宅の建築者・検討者を対象に調査を実施しました。2015年の調査結果の一部を抜粋してご報告申し上げます。※ページ数表記は、下記PDF版プレスリリースのペ

2015年12月11日J.D. Powerフィードバック数:0大型消費/投資

2015年米国住宅ローン販売会社顧客満足度調査

このサイトはCookieを使用しています。サイトを引き続きご覧になる場合はCookieの使用を許可して下さい。詳しくは“Cookie ポリシー”をご覧下さいX 新規テクノロジー導入や効率性改善を受け、住宅ローンに関する顧客満足度が向上 米国住宅ローン販売会社顧客満足度調査で、クイッケン・ローンズが6年連続トップに ※本報道資料は、日本時間11月17日午前1時に米国で発表された資料を翻訳したものです 米国カリフォルニア州ウェストレイク・ビレッジ:2015年11月16日 — J

2015年9月18日東京商工リサーチフィードバック数:0大型消費/投資

2015年3月期単独決算ベース「銀行114行 預貸率」調査

2015年3月期単独決算ベース「銀行114行 預貸率」調査 公開日付:2015.09.17 2015年3月期決算の国内銀行114行の預貸率は6年連続で低下した。預金と貸出金の差額である預貸ギャップは236兆円に拡大し、景気が上向きになったとはいえ、先行きの不透明さを懸念して手元資金を確保する慎重な企業がまだ多く、前向きな資金需要が乏しいことを反映した。また、一時より貸出しを増やす銀行は多くなったが、中小企業向けに比べて、地方公共団体向け貸出の増加率が大きいなど、リスクを回避した貸出姿勢は変わって

2015年7月27日ニールセンフィードバック数:0ライフスタイル

2015年第2四半期消費者景況感調査

● 欧州の景況感指数は79ポイントに達し過去5年間で最高● 北米は楽観的とされる101ポイントに留まるも対前四半期比5ポイントの下落● アジア太平洋は107ポイントで他のすべての地域を上回る高水準を堅持ニールセン ニューヨーク 報道発表資料を基に作成:本日発表された消費者景況感および購買意向に関するグローバル調査によると、2015年第2四半期の世界の消費者景況感指数は前四半期からわずかに1ポイント減少し、96ポイントとなりました。ニールセンの消費者景況感指数は、世界の60の国と地域で3万人以上を

2015年7月6日博報堂フィードバック数:0ライフスタイル

[生活インデックスレポート・消費動向編・2015年7月](消費意欲指数・デフレ生活指数)

NEWS博報堂生活総研[生活インデックスレポート・消費動向編・7月](消費意欲指数・デフレ生活指数) 2015年07月01日●生活者の消費動向を、[消費意欲][デフレ生活]の2種類から分析 ●7月は [消費意欲指数= 50.5点][デフレ生活指数= 63.3点] 生活インデックスとは、生活総研が生活者の意識変化を読み解くために、【消費動向】【生活感情】【生活価値観】の3つの領域から開発したオリジナルの指数です。今回の生活インデックスレポートでは、【7月の消費動向】(消費意欲・デフレ生活志向)に関

2015年6月30日中央調査社フィードバック数:0社会/政治

第669回 時事世論調査〔2015年5月結果〕

■「中央調査報(No.692)」より5月の時事世論調査の結果、安倍内閣の支持率は前月より2.4ポイント上昇して48.0%となった。不支持率は同0.8ポイント減の30.7%だった。安倍首相は、国賓級として訪れた米国で54年ぶりに議会演説し、先の大戦への「痛切な反省」に言及、戦後の日米和解の歩みを強調した。従来の歴史認識を引き継ぐ考えも述べたが「侵略」や「おわび」の言葉はなく、韓国などからの批判も生じた。また日米同盟のさらなる強化として集団自衛権の容認にもとづく安保法制を今夏に成立させると表明した。

2015年6月26日日本旅行業協会フィードバック数:0大型消費/投資

2015年6月期(第1回)旅行市場動向調査

JATA15-262015年6月25日発行「2015年6月期(第1回) 旅行市場動向調査」一般社団法人 日本旅行業協会(JATA)では、会員各社へ調査モニターへの登録を依頼し、登録のあった611社を対象として、四半期ごとに「旅行市場動向調査」を実施しております。今回、6月期の調査がまとまりましたのでお知らせします。●海外旅行DIは、3月期(-38)より2ポイント回復して-36 ※3月期の見通しを1ポイント上回る。 ※中国は9ポイント、アジアは8ポイント上昇。ヨーロッパは2ポイントの続落。  ※顧

第7回-住宅購入に関するアンケート調査

ハイアス・アンド・カンパニーがお届けする、住宅・土木・不動産業界の経営革新情報サイト 第7回−住宅購入に関するアンケート調査 (ページ:1/1)景況感は回復せずとも、住宅の買い時感は回復傾向 マイホームは“夢の実現”より“現実思考”調査概要1) 調査名 :「住宅購入に関するアンケート調査」2) 調査方法 :「ハッピーリッチ・アカデミー」、「二世帯住宅大作戦」、「住宅ローン大作戦」 「土地活用大作戦」上でのアンケートにて選択式にて回答を得た。3) 調査対象 :住宅購入前、住宅購入後のそれぞれのイ

日銀短観(2015年6月調査)予測

2015年06月18日○7月1日に公表される日銀短観(2015年6月調査)の業況判断DI(最近)は、大企業製造業では前回調査(15年3月調査)から1ポイント上昇し、13になると予測する。円安が企業業績に与えるインパクトが徐々に限定的なものになっていることに加え、内外需要の持ち直しも緩やかにとどまっていることから、業況感の改善は小幅にとどまるだろう。先行きについても、内外景気の持ち直しペースが高まると期待しにくい中で、大企業製造業の業況判断DI(先行き)は1ポイント上昇の14にとどまると予測する。

「最近の統計調査結果から -2015年-」 5月分

統計調査報告平成26年労働災害動向調査(事業所調査(事業所規模100人以上)及び総合工事業調査)規模100人以上の事業所の労働災害の発生状況をみると、度数率(注1)(労働災害発生の頻度)は1.66(前年1.58)、強度率(注2)(労働災害の重さの程度)は0.09(同0.10)、死傷者1人平均の労働損失日数(注3)は56.4日(同63.2日)となった。(注1)100万延べ実労働時間当たりの労働災害による死傷者数で、災害発生の頻度を表す。(注2)1,000延べ実労働時間当たりの延べ労働損失日数で、

2015年6月3日ファーストロジックフィードバック数:0大型消費/投資

2015年5月期投資用不動産の市場動向調査

2015.06.03【投資用不動産の市場動向】日経平均株価が上昇する中、投資用不動産の価格は下落 日経平均株価が上昇する中、投資用不動産の価格は下落収益物件数No.1 国内最大の不動産投資サイト『楽待』物件統計レポート 2015年5月期投資用不動産の市場動向調査発表株式会社ファーストロジック(東京都港区、代表取締役:坂口 直大)は、不動産投資サイト『楽待』を運営しており、この度、同サイトの「投資用 市場動向データ 最新版2015年5月期分」の調査結果を発表いたします。『楽待』は、使いやすさ・利用

2015年5月28日東京都フィードバック数:0キャリアとスキル

「東京の労働力」平成27年1~3月期平均結果

「東京の労働力」(平成27年1〜3月期平均結果)平成27年5月27日総務局 「労働力調査」(総務省統計局所管)の東京都分について、平成27年1〜3月期平均の集計結果を公表します。結果の概要は、次のとおりです。東京都の完全失業率 3.8%前年同期に比べ0.2ポイント上昇した。 主な動き労働力人口 東京都の労働力人口は756万人で、前年同期に比べ4万2千人(0.6%)増加した。男女別にみると、男性は前年同期に比べ2万人(0.5%)、女性は2万3千人(0.7%)、いずれも増加した。就業者数 東京都の就

2015年5月28日企業共済協会フィードバック数:0ビジネス

企業倒産調査月報2015年6月号(2015年4月調査)

【5/27更新】企業倒産調査月報2015年6月号(2015年4月調査)の掲載について 2015年4月の負債額1千万円未満の企業倒産は36件(前月比16.1%増、前年同月比12.2%減)となりました。月次倒産全体(784件)に占める割合は4.6%で、前月比1.1ポイント上昇、前年同月比0.3ポイント上昇となりました。負債額1千万円以上の倒産につきましては東京商工リサーチのレポートをご参照下さい。【5/27更新】企業倒産調査月報2015年6月号(2015年4月調査)速報を掲載しました。

企業情報サイト調査結果分析2014 第6回:企業情報サイトの閲覧効果

企業情報サイト調査結果分析2014第6回:企業情報サイトの閲覧効果若年層ほど上昇効果が大きい図1は企業情報サイトの閲覧効果として、閲覧前後での企業信頼度の変化を示したものである。全体では閲覧前の企業信頼度74ポイントが閲覧後に83ポイントへと9ポイント上昇したことが示されている。次に、年代別に見ると、20代・30代の上昇度合いがプラス12ポイントと、40代や50歳以上(いずれもプラス9ポイント)と比較して最も大きかった。あくまで一つの見方だが、年齢が若いほど外部からの情報による影響を受けやすいと

景気ウォッチャー調査(東海地区:2015年4月)

2015年05月13日○5月13日に内閣府が公表した「景気ウォッチャー調査」によると、東海地区の4月の現状判断DI(3ヶ月前と比較しての景気の現状に対する判断:各分野計)は、前月差1.5ポイント上昇の52.5となった。5ヶ月連続で上昇しており、横ばいを示す50を3ヶ月連続で上回った。家計動向関連(小売、飲食、サービス、住宅関連)DIは、4月は、前月差3.5ポイント上昇の51.5となり、5ヶ月連続で上昇した。一方、企業動向関連と雇用関連からなるDIは、4月は、前月差2.1ポイント低下の54.6とな

2015年4月期投資用不動産の市場動向調査

2015.05.11【投資用不動産の市場動向】投資用一棟マンションの表面利回りが過去最低に 投資用一棟マンションの表面利回りが過去最低に収益物件数No.1 国内最大の不動産投資サイト『楽待』物件統計レポート 2015年4月期投資用不動産の市場動向調査発表株式会社ファーストロジック(東京都港区、代表取締役:坂口 直大)は、不動産投資サイト『楽待』を運営しており、この度、同サイトの「投資用 市場動向データ 最新版2015年4月期分」の調査結果を発表いたします。『楽待』は、使いやすさ・利用者数・収益物

「最近の統計調査結果から -2015年-」 4月分

統計調査報告毎月勤労統計調査 ―1月分結果確報―平成27年1月の現金給与総額は前年同月比0.6%増となった。きまって支給する給与は0.3%増(一般労働者0.5%増、パートタイム労働者0.3%増)で、特別に支払われた給与が7.6%増であった。きまって支給する給与の内訳は、所定内給与0.2%増、所定外給与2.1%増である。実質賃金(総額)は前年同月比2.3%減となった。製造業の所定外労働時間(季調値)は前月比3.2%増となった。毎月勤労統計調査 ―2月分結果速報・平成26年年末賞与―2月分結果につ

2015年5月6日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米利上げ予想後ずれで買い優勢の新興・資源国市場

情勢判断海外経済金融米利上げ予想後ずれで買い優勢の新興・資源国市場多田 忠義要旨4 月に発表された米雇用統計は事前予想を下振れたほか、多くの経済指標が不冴えだったことで、米景気に対する先行き懸念が浮上し、利上げ時期が後ずれするとの見方が広がり、新興・資源国の株・通貨は買い優勢となった。また、原油価格は 1 バレル=55 ドル前後まで回復し、底入れしたとの見方も資源国にとっては好材料である。ただし、世界的な低成長が懸念されており、この流れは長続きしない可能性もある。買い優勢の新興・資源国の株・通貨

2015年3月期投資用不動産の市場動向調査

2015.04.10【投資用不動産の市場動向】投資用不動産の全物件種別で、利回りが横ばい傾向 投資用不動産の全物件種別で、利回りが横ばい傾向収益物件数No.1 国内最大の不動産投資サイト『楽待』物件統計レポート 2015年3月期投資用不動産の市場動向調査発表株式会社ファーストロジック(東京都港区、代表取締役:坂口 直大)は、不動産投資サイト『楽待』を運営しており、この度、同サイトの「投資用 市場動向データ 最新版2015年3月期分」の調査結果を発表いたします。『楽待』は、使いやすさ・利用者数・収

日銀短観(2015年3月調査)結果

2015/04/01調査部 藤田 隼平 業況判断は大企業製造業で横ばい、大企業非製造業で緩やかな改善が続く本日発表された日銀短観(3 月調査)における大企業製造業の業況判断DI(最近)は、前回調査(2014 年12 月調査)と同じ12 となった。素材業種は2 ポイント上昇の8、加工業種は1 ポイント上昇の15 と 小幅改善したものの、製造業全体で見ると横ばいにとどまった。素材業種では、原油価格の下落による コスト低下を受けて「化学」が9 ポイント上昇の16 と大きく改善した一方、「非鉄金属」が1

「最近の統計調査結果から―2015年―」 3月分

統計調査報告被保護者調査(注) ― 12月分概数―平成26年12月の生活保護の被保護世帯数は1,618,196世帯、被保護実人員は2,170,161人となった。(注)生活保護法に基づく保護を受けている世帯及び保護を受けていた世帯の保護の受給状況を把握するための調査である。国民経済計算 ―平成26年10~12月期・2次速報値―平成26年10~12月期の実質GDP(国内総生産)の成長率(季節調整済前期比)は0.4%(年率1.5%)と1次速報値と比べて0.2ポイント(年率0.7ポイント)の下方修正と

2015年3月28日企業共済協会フィードバック数:0ビジネス

企業倒産調査月報2015年4月号(2015年2月調査)

【4/13更新】企業倒産調査月報2015年4月号(2015年2月調査)の掲載について 2015年2 月の負債額1千万円未満の企業倒産は29件(前月比20.8%増、前年同月比11.5%増 )となりました。月次倒産全体(721%で、前月比0.8ポイント上昇、前年同月比0.8ポイント上昇となりました。負債額1千万円以上の倒産につきましては東京商工リサーチのレポートをご参照下さい。【3/26更新】企業倒産調査月報2015年4月号(2015年2月調査)速報を掲載しました。【4/13更新】「最近の景気動向と

2015年3月25日共立総合研究所★フィードバック数:0マーケティング

主婦の消費です。

第17回『主婦の消費行動に関するアンケート』

平成27年3月24日報道関係各位株式会社共立総合研究所第 17 回「主婦の消費行動に関するアンケート」結果株式会社 共立総合研究所(大垣市郭町 2-25 取締役社長 森秀嗣)は、標題のアンケートの結果を取りまとめましたのでご紹介します。≪要約≫2014 年の主婦の景況感は、アベノミクスの効果で大きく改善した 2013 年から一転して大きく後退し、消費税増税に加えて、円安に伴う輸入価格の上昇から「食料」、「光熱費」を中心に家計支出が増え、物価上昇が強く意識された。2014 年後半、消費税増税の反動

日銀短観(2015年3月調査)予測

2015年03月19日○4月1日に公表される日銀短観(2015年3月調査)の業況判断DI(最近)は、大企業製造業では前回調査(14年12月調査)から2ポイント上昇し、14になると予測する。「自動車」など円安の恩恵を受けやすい業種を中心に業況感の改善が見込まれる。一方、「紙・パルプ」など円安によってコスト上昇に直面する業種のほか、原油価格の下落で業績が悪化している「石油・石炭」などでは業況感が悪化すると考えられる。もっとも、製造業全体で見ると、円安と原油安は業績にプラスに働き、業況感は緩やかに改善

日銀短観(3月調査)予測~大企業製造業の業況判断D.I.は3ポイント上昇の15を予想

日銀短観(3月調査)予測~大企業製造業の業況判断D.I.は3ポイント上昇の15を予想 | ニッセイ基礎研究所 日銀短観(3月調査)予測~大企業製造業の業況判断D.I.は3ポイント上昇の15を予想 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 3月調査短観では、注目度の高い大企業製造業で景況感の改善が示されると予想する。大企業非製造業

2015年3月20日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

全国27万社「都道府県別財務データ分析」調査

全国27万社「都道府県別財務データ分析」調査 公開日付:2015.03.20 全国27万社の赤字企業率は21.9%(前期比3.1ポイント改善)で、全国9地区すべてで前期より改善した。円安、株高を背景に上場企業の好業績が目立つなか、未上場企業も全国的に業績を持ち直していることがわかった。本調査は、東京商工リサーチの財務データベースのうち、最新決算からさかのぼって3期連続の財務データがある27万4,138社(上場企業を除く)を無作為に抽出し、分析した。最新決算データは2014年12月期まで。なお、比

2015年2月期投資用不動産の市場動向調査

2015.03.10【投資用不動産の市場動向】投資用不動産の高騰続く、全物件種別で価格が上昇 投資用不動産の高騰続く、全物件種別で価格が上昇 収益物件数No.1 国内最大の不動産投資サイト『楽待』物件統計レポート 2015年2月期投資用不動産の市場動向調査発表株式会社ファーストロジック(東京都港区、代表取締役:坂口 直大)は、不動産投資サイト『楽待』を運営しており、この度、同サイトの「投資用 市場動向データ 最新版2015年2月期分」の調査結果を発表いたします。『楽待』は、使いやすさ・利用者数・

「最近の統計調査結果から―2015年―」 2月分

統計調査報告第9回中高年者縦断調査(中高年の生活に関する継続調査)(注)第1回調査で仕事をしていた者(81.2%)のうち、今回も仕事をしている者は70.9%(パート・アルバイト19.4%、自営業主、家族従業者17.9%、正規の職員・従業員15.4%、労働者派遣事業所の派遣社員、契約社員・嘱託10.6%等)である。前回(第8回調査)、仕事をしていない者(36.5%)で仕事をしたいとした者(その27.8%)のうち、今回、仕事をしている者は15.3%、仕事をしていない者は84.4%であった。(注)平

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ